『コスパ最強!! その名も『BTR3K』』 FiiO FIO-BTR3K ★はるこ★さんのレビュー・評価

2020年 5月22日 発売

FIO-BTR3K

  • 3.5mmシングルエンド出力のほか、2.5mmバランス出力を搭載したBluetoothアンプ。1.5時間の充電で約11時間の連続再生が可能。
  • 旭化成エレクトロニクス製DACとアンプ統合型チップ「AK4377A」を左右独立構成で2基搭載。低ノイズ・低ひずみと高出力を両立する。
  • AAC/apt X/aptX LL/apt X HD/LDACなど、主要な高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応。
FIO-BTR3K 製品画像

拡大

プロダクトアワード2020

最安価格(税込):

¥10,480

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥10,480¥12,100 (10店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥10,890 〜 ¥10,890 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 FIO-BTR3Kのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • FIO-BTR3Kの価格比較
  • FIO-BTR3Kの店頭購入
  • FIO-BTR3Kのスペック・仕様
  • FIO-BTR3Kのレビュー
  • FIO-BTR3Kのクチコミ
  • FIO-BTR3Kの画像・動画
  • FIO-BTR3Kのピックアップリスト
  • FIO-BTR3Kのオークション

FIO-BTR3KFiiO

最安価格(税込):¥10,480 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 5月22日

  • FIO-BTR3Kの価格比較
  • FIO-BTR3Kの店頭購入
  • FIO-BTR3Kのスペック・仕様
  • FIO-BTR3Kのレビュー
  • FIO-BTR3Kのクチコミ
  • FIO-BTR3Kの画像・動画
  • FIO-BTR3Kのピックアップリスト
  • FIO-BTR3Kのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

FIO-BTR3Kのレビューを書く

★はるこ★さん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:1041人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
7件
383件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
22件
イヤホン・ヘッドホン
12件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性無評価
コスパ最強!! その名も『BTR3K』
 

SHURE AONIC4・SE535LTDと接続しています

兄貴分のBTR5とのサイズ比較

 

前モデルBTR3からの大進化!
 → 上位機のBTR5には敵わない。

ハイエンド性能を求めるのであればBTR5。
https://s.kakaku.com/review/K0001226051/ReviewCD=1321630/

アンバランス重視はSHANLING UP4。
https://s.kakaku.com/review/K0001227273/ReviewCD=1318327/

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【デザイン】★★★★☆
BTR3を踏襲したシンプルなデザイン。

本体からクリップを独立させたのは大正解で、クリップ不要な人からすれば超コンパクトです。側面は2.5Dと丸みを帯びていて、ブラックカラーにして可愛らしさも持ち合わせており好印象。

■ 付属のクリップが使いやすい
付属のクリップが扱いやすく助かっています。本体を四方向どれでセットしてもイヤホンジャックを挿せるので、ケーブルの向きによる煩わしさゼロになりました。また、経年によって黄ばむかと思いきやしっかりと透明度を保てています。

■ 不満点をあげるとすれば・・・
BTR5とボタン配置が上下逆になっていることくらい。ですが、慣れるとなんとでもないです。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【音質】★★★★★
前モデルからノイズが低減されていて、クリア感が飛躍!
「低域ではBTR5に全く歯が立ちません」
 → 『中高域はしっかり出ます』

■ 本体は小さくても音にはパワーがあります
サイズからは想像できない力強さと音の広がりに驚かされました。最近のスマホは音質が良くなってきていますが、未だに直差しには戻れないくらいです。

■ バランスとアンバランス
バランス(2.5mm)とアンバランス(3.5mm)で聞き比べができるのが良いですね。安価なケーブルでも違いが分かりやすいと思います。音質が良くなるのではなく、聞こえ方が違います。
バランス接続では音がより分解されて一音一音がくっきりとし、アンバランスよりも立体的になります。
接続するイヤホンによるものと思いますが、「バランスは中高域がハッキリした硬めな音」で「アンバランスは中低域がやや強めの温かみある音」。このように感じます。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【操作性・安定性】−

■ 画面がない
画面がなくても基本操作を覚えてしまえば問題ありません。
もちろん、BTR5のように画面ありの方が扱いやすいですね。

■ 安定した接続
相当混線した場所でなければ心配無用です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【総評】★★★★★+
非常にコストパフォーマンスに優れたBluetoothポタアンです。

随時、更新していきたいと思います。

by はるこ

参考になった17人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
音質5
操作性5
機能性無評価
プレミアムコンパクト ★ミ

再生する

製品紹介・使用例
ボタンがガタツいている(仕様)

BTR3からの大進化!
 → しかし、BTR5には敵わない。

ハイエンド性能を求めるのであればBTR5。
https://s.kakaku.com/review/K0001226051/ReviewCD=1321630/

アンバランスの極みはSHANLING UP4。
https://s.kakaku.com/review/K0001227273/ReviewCD=1318327/

▼以下、価格に対しての評価です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【デザイン】★★★★★☆☆
BTR3を踏襲したシンプルなデザイン。

クリップを独立させたのは大正解で、クリップ不要な人からすれば超コンパクトBluetoothポタアンです。

側面は2.5Dとなっていて程よい丸みを帯びていて、ブラックカラーにして可愛らしさも持ち合わせており好印象。

裏面にはハイレゾロゴが筐体ガラス面にプリントされていて見栄えもします(^^)


▼ 不満点をあげるのであれば、
@ BTR5とボタン配置が逆になっていること
A ボタンの作りが甘いこと

@はBTR5を併用している人からすれば使いづらいです。

A構造上の問題なので初期不良ではありません。
(内部で全ボタンがセットで組まれているため)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【音質】★★★★★★★
BTR3に比べて低ノイズでクリア感が飛躍していています。

サイズからは想像できないくらいのパワフルさと音の広がりがありますので、スマホ直差しには戻れなくなるくらいです。

アンバランスでも十分な音質で楽しめます(^^)

接続の安定性も抜群で混線がひどい場所でなければ音切れは皆無。

また、Fiio musicでデジタルフィルターやイコライザを設定できるので好みに合わせてリスニングできます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【総評】★★★★★★☆
非常にコストパフォーマンスに優れたポタアンです。

随時、更新していきたいと思います。

by はるこ

参考になった8

「FIO-BTR3K」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

FIO-BTR3Kのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

FIO-BTR3K
FiiO

FIO-BTR3K

最安価格(税込):¥10,480発売日:2020年 5月22日 価格.comの安さの理由は?

FIO-BTR3Kをお気に入り製品に追加する <155

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意