『ゴリラ史上最強を名乗るのにふさわしい地図の充実度』 パナソニック GORILLA CN-G1400VD 石田 功さんのレビュー・評価

2020年 6月中旬 発売

GORILLA CN-G1400VD

  • 全国の市街地を100%カバーする「全国市街地図」を搭載したSSDポータブルカーナビゲーション(7V型)。「安全・安心運転サポート」機能を搭載。
  • 最大3年間の「部分地図更新」に加え、全国市街地図やガイドブック情報を含む全情報を更新できる「全地図更新」の無料サービスに対応。
  • 走る車の情報(プローブ情報)を活用する道路交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した「スイテルート案内」機能で、渋滞を回避して案内する。
GORILLA CN-G1400VD 製品画像
最安価格(税込):

¥45,750

(前週比:+1,105円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥45,750

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥45,750〜¥72,117 (36店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥47,800 〜 ¥59,400 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

記録メディアタイプ:SSD 設置タイプ:ポータブル 画面サイズ:7型 TVチューナー:ワンセグ(地デジ) GORILLA CN-G1400VDのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • GORILLA CN-G1400VDの価格比較
  • GORILLA CN-G1400VDの店頭購入
  • GORILLA CN-G1400VDのスペック・仕様
  • GORILLA CN-G1400VDのレビュー
  • GORILLA CN-G1400VDのクチコミ
  • GORILLA CN-G1400VDの画像・動画
  • GORILLA CN-G1400VDのピックアップリスト
  • GORILLA CN-G1400VDのオークション

GORILLA CN-G1400VDパナソニック

最安価格(税込):¥45,750 (前週比:+1,105円↑) 発売日:2020年 6月中旬

  • GORILLA CN-G1400VDの価格比較
  • GORILLA CN-G1400VDの店頭購入
  • GORILLA CN-G1400VDのスペック・仕様
  • GORILLA CN-G1400VDのレビュー
  • GORILLA CN-G1400VDのクチコミ
  • GORILLA CN-G1400VDの画像・動画
  • GORILLA CN-G1400VDのピックアップリスト
  • GORILLA CN-G1400VDのオークション

『ゴリラ史上最強を名乗るのにふさわしい地図の充実度』 石田 功さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GORILLA CN-G1400VDのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:124件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランス・ライターの石田 功です。カーナビやカーオーディオを中心に、雑誌やWebで記事を書いています。現在、執筆中のおもな雑誌はカーオーディオ専門誌のオートサウンド、カーオーディオマガジンなど。またカー&ドライバーなどの自動車専門誌や…続きを読む

満足度4
デザイン4
操作性4
ナビ性能4
画面表示4
AV機能3
拡張性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ゴリラ史上最強を名乗るのにふさわしい地図の充実度

パナソニックのポータブルナビ、ゴリラの2020年モデルに試乗しました。あいにく試乗時にカメラを持っていなかったので、広報写真を使うことをお許しください。半日ほど本体を借りて某編集部のクルマに装着して試乗しています。

本来なら五輪が行われるはずだった2020年の新製品だけあって、公式カーナビとなっているゴリラは例年以上に力が入っているようです。ましてやゴリラは、サンヨー時代に誕生してから25周年だから、なおさらですね。

外観は昨年モデルとほとんど変わらないCN-G1400VDですが、地図を表示させるとまったく違います。市街地図の収録エリアは2019年モデルが1,295都市だったのが2020年モデルでは1,741都市に拡大。なんと、全国100%の市街地をすべてカバーしています。

都内を走っている限り、それほど違いは感じませんでしたが、むしろ地方のほうが恩恵が大きいでしょうね。例えば僕の出身地である秋田県の藤里町の地図を見比べてみると、昨年モデルは道路の線だけで寂しい感じですが、2020年モデルは家形まで表示されています。これなら、ピンポイントで家を訪ねられるはずです。

交差点拡大図等の案内も、とても親切でわかりやすいものです。とくにリアル3D交差点拡大図のわかりやすさは格別。常に出てくるわけではなく、主要な一部交差点に限定されていますが、最近増えているカラー舗装などもリアルに表現されているし進路も黄色い矢印で表示されるので、一瞬で進行方向を把握できます。高速道路でのジャンクションビューや方面看板表示もわかりやすいものですね。このへんは、スマホのナビアプリとは違います。

2021年6月から2023年7月末までの期間中に1回、全地図無料更新を無料でできるのも太っ腹です。しかも2ヶ月ごとに配信される部分更新のデータも無料で入手可能です。ギリギリまで粘れば、3年後も最新地図で使えます。いつのタイミングで全地図更新するかは、ユーザーのお好み次第です。

止まれの案内や制限速度、踏切、急カーブなどの案内も大きく出てきます。あまりにも大きいので最初はびっくりしますが、とてもわかりやすいものです。自車位置の精度も上々。走り初めは多少不安定なところもありましたが、ほんの数分走っただけで、道路をぴったりトレースして、まったくずれなくなりました。このあたりはGPSとGジャイロを併用している効果でしょう。

VICSワイドに対応しているので、ビーコン無しでスイテルート案内も行います。渋滞回避レベルは高/中/低の3段階に調整可能。渋滞回避ルートを探索した時は、新旧ルートの距離や時間を比較してルートを選ぶことができるので、そのままのルートを進むか、新ルートを選ぶかを洗濯できます。リルートが素早いのもありがたいですね。

地図をなるべく広く見せるように、ランチャーメニューによって普段あまり使わないようなボタンを隠しているあたりは見易さに貢献しています。そのぶん、操作時に一手間かかるという面もありますが、地図がすっきり見えるので、これで良いのかなと思います。

操作感はスムース。特段、動きが早いわけではなくスマホよりはもたもたしている感じがありますが、まあ十分でしょう。以前のモデルと比べるとTVがフルセグからワンセグになったという点に不満を感じる人もいるでしょうが、カーナビとして考えれば問題なし。ゴリラ史上最強を謳うにふさわしいモデルです。

参考になった10人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性4
ナビ性能4
画面表示4
AV機能3
拡張性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ゴリラ史上最強を名乗るのにふさわしい地図の充実度

ディスプレイは7V型。全国100%の市街地図をカバー

2019年の藤里町の地図。やや寂しい印象

2020年の地図は家形まで表示されている

制限速度も大きく表示するのでわかりやすい

これが3D交差点拡大図。カラー舗装も表示

別売のバックカメラも増設可能

パナソニックのポータブルナビ、ゴリラの2020年モデルに試乗しました。あいにく試乗時にカメラを持っていなかったので、広報写真を使うことをお許しください。半日ほど本体を借りて某編集部のクルマに装着して試乗しています。

本来なら五輪が行われるはずだった2020年の新製品だけあって、公式カーナビとなっているゴリラは例年以上に力が入っているようです。ましてやゴリラは、サンヨー時代に誕生してから25周年だから、なおさらですね。

外観は昨年モデルとほとんど変わらないCN-G1400DVDですが、地図を表示させるとまったく違います。市街地図の収録エリアは2019年モデルが1,295都市だったのが2020年モデルでは1,741都市に拡大。なんと、全国100%の市街地をすべてカバーしています。

都内を走っている限り、それほど違いは感じませんでしたが、むしろ地方のほうが恩恵が大きいでしょうね。例えば僕の出身地である秋田県の藤里町の地図を見比べてみると、昨年モデルは道路の線だけで寂しい感じですが、2020年モデルは家形まで表示されています。これなら、ピンポイントで家を訪ねられるはずです。

交差点拡大図等の案内も、とても親切でわかりやすいものです。とくにリアル3D交差点拡大図のわかりやすさは格別。常に出てくるわけではなく、主要な一部交差点に限定されていますが、最近増えているカラー舗装などもリアルに表現されているし進路も黄色い矢印で表示されるので、一瞬で進行方向を把握できます。高速道路でのジャンクションビューや方面看板表示もわかりやすいものですね。このへんは、スマホのナビアプリとは違います。

2021年6月から2023年7月末までの期間中に1回、全地図無料更新を無料でできるのも太っ腹です。しかも2ヶ月ごとに配信される部分更新のデータも無料で入手可能です。ギリギリまで粘れば、3年後も最新地図で使えます。いつのタイミングで全地図更新するかは、ユーザーのお好み次第です。

止まれの案内や制限速度、踏切、急カーブなどの案内も大きく出てきます。あまりにも大きいので最初はびっくりしますが、とてもわかりやすいものです。自車位置の精度も上々。走り初めは多少不安定なところもありましたが、ほんの数分走っただけで、道路をぴったりトレースして、まったくずれなくなりました。このあたりはGPSとGジャイロを併用している効果でしょう。

VICSワイドに対応しているので、ビーコン無しでスイテルート案内も行います。渋滞回避レベルは高/中/低の3段階に調整可能。渋滞回避ルートを探索した時は、新旧ルートの距離や時間を比較してルートを選ぶことができるので、そのままのルートを進むか、新ルートを選ぶかを洗濯できます。リルートが素早いのもありがたいですね。

地図をなるべく広く見せるように、ランチャーメニューによって普段あまり使わないようなボタンを隠しているあたりは見易さに貢献しています。そのぶん、操作時に一手間かかるという面もありますが、地図がすっきり見えるので、これで良いのかなと思います。

操作感はスムース。特段、動きが早いわけではなくスマホよりはもたもたしている感じがありますが、まあ十分でしょう。以前のモデルと比べるとTVがフルセグからワンセグになったという点に不満を感じる人もいるでしょうが、カーナビとして考えれば問題なし。ゴリラ史上最強を謳うにふさわしいモデルです。

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「GORILLA CN-G1400VD」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

GORILLA CN-G1400VDのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

GORILLA CN-G1400VD
パナソニック

GORILLA CN-G1400VD

最安価格(税込):¥45,750発売日:2020年 6月中旬 価格.comの安さの理由は?

GORILLA CN-G1400VDをお気に入り製品に追加する <301

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(カーナビ)

ご注意