『こんなTVを待っていた!テレビ本体完結型では非の打ち所がない。』 シャープ 4T-C55CQ1 [55インチ] Risa@Hさんのレビュー・評価

2020年 5月23日 発売

4T-C55CQ1 [55インチ]

  • 深い黒と鮮やかな発色を表現する有機ELパネル採用の4K有機ELテレビ(55V型)。8K高画質技術を応用した4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載。
  • 有機ELパネルの輝度性能を高める独自の「Sparkling Drive」を搭載。暗いシーンは明暗のメリハリ感を高め、明るいシーンでは明るく色鮮やかに描く。
  • 画面角度を調節できる「回転スタンド」や、画面で見られる「電子取扱説明書」など、便利な機能が充実している。
4T-C55CQ1 [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥129,777

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥129,777

アジカン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥129,777¥233,454 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥138,000 〜 ¥138,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:○ 録画機能:外付けHDD 4T-C55CQ1 [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、アップデート(更新)後、再起動が繰り返されるという事象が発生していることが発表されました。詳しくはメーカーページ(PDF)をご覧下さい。

4T-C55CQ1 [55インチ] の後に発売された製品4T-C55CQ1 [55インチ]とAQUOS OLED 4T-C55DQ1 [55インチ]を比較する

AQUOS OLED 4T-C55DQ1 [55インチ]

AQUOS OLED 4T-C55DQ1 [55インチ]

最安価格(税込): ¥135,518 発売日:2021年 5月22日

画面サイズ:55V型(インチ) 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:○ 録画機能:外付けHDD
 
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の価格比較
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の店頭購入
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のスペック・仕様
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の純正オプション
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のレビュー
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のクチコミ
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の画像・動画
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のピックアップリスト
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のオークション

4T-C55CQ1 [55インチ]シャープ

最安価格(税込):¥129,777 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 5月23日

  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の価格比較
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の店頭購入
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のスペック・仕様
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の純正オプション
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のレビュー
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のクチコミ
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]の画像・動画
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のピックアップリスト
  • 4T-C55CQ1 [55インチ]のオークション

『こんなTVを待っていた!テレビ本体完結型では非の打ち所がない。』 Risa@Hさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

4T-C55CQ1 [55インチ]のレビューを書く

Risa@Hさん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:2883人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
25件
30件
エアコン・クーラー
9件
10件
空気清浄機
11件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質5
応答性能5
機能性5
サイズ5
こんなTVを待っていた!テレビ本体完結型では非の打ち所がない。

ソニーBRAVIAの液晶55インチを実家の自室用に買いに行きましたが、
プラス少額でこちらが買えるのがわかりこちらに。

売り場としてはかなり明るい環境での展示で、
各メーカー機種を見ないで比べてみました。

明るさに弱いOLEDですが、展示場所はヨドバシや
ビックのような暗いOLEDテレビコーナでなく
LEDも混ざっての展示でした。

映像は宇多田ヒカルの音楽のライブ映像でした。

結果、ソニーの中級LED以外はどれも
甲乙つけ難いクォリティで、
あとはソニー、シャープ、パナソニックの
ハイエンドLED、OLED共好みだけという感じでした。

本機種にした事由は、
・音響が素晴らしい。
 SONYの「アコースティック サーフェス オーディオ」は、
 画面の中にスピーカーがあるため肝心の音がこもるのに対し、
 こちらは画面の後ろ下向き2箇所プラス5スピーカーで、
 音がちゃんと跳ね返ってきて立体感あり
 素晴らしい音響でサウンドバーは不要。
 テレビ本体で完結できる。
 音声を前方に導く独自のリフレクター構造と前面開口機構で、
 新機構で、聞き取りやすさを高める
 「 FRONT フロント OPEN オープン
 SOUND サウンド SYSTEM システム 」に感動。
 出力は65Wあり、パナソニックのHZ2000の120Wには
 及ばないものの、大音量にさえしなければ遜色なし。
 参考までにSONYのA9Gは4スピーカー60W、
 A8Hは4スピーカーで30Wでしかも音がこもる。
 好みにもよりますが、
 SONYのBRAVIAは個人的には基本サウンドバー必須。

・OLEDの弱点である映り込みがとても少なくて低反射で見やすい。
・高精細。
・画質がSONYのA9G、A8Hより好みで綺麗でした。

・2年前くらいにAndroidのハングアップが頻発していた
 シャープ機ですが、解決されて安定していた事。
(トラブルが頻発していた旧機種は原因が判明し解決済み)

・Androidの画面がSONYのBRAVIAと同じバージョンで、
 インターフェースが同じ。
 DAZN、FOD、TVer等のアプリは
 追加できること。

・SONYの録画機能が1番組に対し、
 同時2番組の録画が可能。

という事でSONY機との差額で録画用の
外付けHDDを買ってもお釣りが来ました!

とにかくシャープ独自のリスニングエリアを
広げる音質補正の新技術「Eilex PRISM」と
「VIR Filter」が素晴らしく感動ものです!!
ドルビーアトモスに代わる新しく素晴らしい技術です!
もっと言うと、ドルビーアトモスを実装していても
搭載スピーカーがしょぼいとSONYのこもった音の
テレビのようになってしまうと実感しました。

シャープ独自のEilex PRISMは、
特定ポイントの音圧変化のみを補正するのではなく、
空間全体の音響パワーの変化を捉え補正する新技術です。

Eilex PRISMにより、
原音に近い高音質が得られるばかりではなく、
自然な音の広がり・奥行感・明瞭度の高い
音声が再生されます。
また、従来のデジタルフィルタに比べて
高性能なVIR Filterを採用することで、
より広帯域かつ高精度な補正が可能となりました。

OLEDパネルはどこのメーカーも
LG製パネルなので、
液晶で積み重ねた画像エンジン技術に加え、
薄型テレビの弱点である音響を強化した
ユーザーのニーズに対応した素晴らしいTVです。

SONYとPanasonicの良いとこ取りをしたようで
LEDTV並みの予算で入手できます!

多くのサウンドバーを前提とした
大画面薄型テレビは+サウンドバーの
費用最低2-3万円かかるのでその分が不要と思えば、
買わない手はないです。

視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった60人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質5
応答性能5
機能性5
サイズ5
こんなTVを待っていた!テレビ本体完結型では非の打ち所がない。

ソニーBRAVIAの液晶55インチを実家の自室用に買いに行きましたが、
プラス少額でこちらが買えるのがわかりこちらに。

売り場としてはかなり明るい環境での展示で、
各メーカー機種を見ないで比べてみました。

明るさに弱いOLEDですが、展示場所はヨドバシや
ビックのような暗いOLEDテレビコーナでなく
LEDも混ざっての展示でした。

映像は音楽のライブ映像でした。

結果、ソニーの中級LED以外はどれも
甲乙つけ難いクォリティで、
パナソニックのHZ2000は明るさでは
ひとつ頭抜けてましたが、
あとはソニー、シャープ、パナソニックの
ハイエンドLED、OLED共好みだけという感じでした。

本機種にした事由は、
・音響が素晴らしい。
 SONYの「アコースティック サーフェス オーディオ」は、
 画面の中にスピーカーがあるため肝心の音がこもるのに対し、
 こちらは画面の後ろ下向き2箇所プラス5スピーカーで、
 音がちゃんと跳ね返ってきて立体感あり
 素晴らしい音響でサウンドバーは不要。
 テレビ本体で完結できる。
 音声を前方に導く独自のリフレクター構造と前面開口機構で、
 新機構で、聞き取りやすさを高める
 「 FRONT フロント OPEN オープン
 SOUND サウンド SYSTEM システム 」に感動。
 出力は65Wあり、パナソニックのHZ2000の120Wには
 及ばないものの、大音量にさえしなければ遜色なし。
 参考までにSONYのA9Gは4スピーカー60W、
 A8Hは4スピーカーで30Wでしかも音がこもる。
 好みにもよりますが、
 SONYのBRAVIAは個人的には基本サウンドバー必須。

・OLEDの弱点である映り込みがとても少なくて低反射で見やすい。
・高精細。
・画質がSONYのA9G、A8Hより好みで綺麗でした。

・2年前くらいにAndroidのハングアップが頻発していた
 シャープ機ですが、解決されて安定していた事。
(トラブルが頻発していた旧機種は原因が判明し解決済み)

・Androidの画面がSONYのBRAVIAと同じバージョンで、
 インターフェースが同じ。
 DAZN、FOD、TVer等のアプリは
 追加できること。

・SONYの録画機能が1番組に対し、
 同時2番組の録画が可能。

という事でSONY機との差額で録画用の
外付けHDDを買ってもお釣りが来ました!

とにかくシャープ独自のリスニングエリアを
広げる音質補正の新技術「Eilex PRISM」と
「VIR Filter」が素晴らしく感動ものです!!
ドルビーアトモスに代わる新しく素晴らしい技術です!
もっと言うと、ドルビーアトモスを実装していても
搭載スピーカーがしょぼいとSONYのこもった音の
テレビのようになってしまうと実感しました。

シャープ独自のEilex PRISMは、
特定ポイントの音圧変化のみを補正するのではなく、
空間全体の音響パワーの変化を捉え補正する新技術です。

Eilex PRISMにより、
原音に近い高音質が得られるばかりではなく、
自然な音の広がり・奥行感・明瞭度の高い
音声が再生されます。
また、従来のデジタルフィルタに比べて
高性能なVIR Filterを採用することで、
より広帯域かつ高精度な補正が可能となりました。

OLEDパネルはどこのメーカーも
LG製パネルなので、
液晶で積み重ねた画像エンジン技術に加え、
薄型テレビの弱点である音響を強化した
ユーザーのニーズに対応した素晴らしいTVです。

SONYとPanasonicの良いとこ取りをしたようで
LEDTV並みの予算で入手できます!

多くのサウンドバーを前提とした
大画面薄型テレビは+サウンドバーの
費用最低2-3万円かかるのでその分が不要と思えば、
買わない手はないです。

視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった33

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質5
応答性能5
機能性5
サイズ5
こんなTVを待っていた!テレビ本体完結型では非の打ち所がない。

ソニーBRAVIAの液晶55インチを実家の自室用に買いに行きましたが、
プラス少額でこちらが買えるのがわかりこちらに。

売り場としてはかなり明るい環境での展示で、
各メーカー機種を見ないで比べてみました。

明るさに弱いOLEDですが、展示場所はヨドバシや
ビックのような暗いOLEDテレビコーナでなく
LEDも混ざっての展示でした。

映像は音楽のライブ映像でした。

結果、ソニーの中級LED以外はどれも甲乙つけ難いクォリティで、
パナソニックのHZ2000は明るさではひとつ頭抜けてましたが、
あとはソニー、シャープ、パナソニックのハイエンドLED、OLED共
あとは好みだけという感じでした。

本機種にした事由は、
・音響が素晴らしい。
 SONYのアコースティック サーフェス オーディオは、
 画面の中にスピーカーがあるため肝心の音がこもるのに対し、
 こちらは画面の後ろ下向き2箇所プラス5スピーカーで、
 音がちゃんと跳ね返ってきて立体感あり素晴らしい音響でサウンドバーは不要。
 テレビ本体で完結できる。
 音声を前方に導く独自のリフレクター構造と前面開口機構で、
 新機構で、聞き取りやすさを高める
「 FRONT フロント OPEN オープン SOUND サウンド SYSTEM システム 」に感動。
 出力は65Wあり、パナソニックのHZ2000の120Wには
 及ばないものの、大音量にさえしなければ遜色なし。
 参考までにSONYのA9Gは4スピーカー60W、
 A8Hは4スピーカーで30Wでしかも音がこもる。
 好みにもよりますが、SONYのBRAVIAは個人的には基本サウンドバー必須。

・OLEDの弱点である映り込みがとても少なくて低反射で見やすい。

・高精細。

・画質がSONYのA9G、A8Hより好みで綺麗でした。

・2年前くらいにAndroidのハングアップが頻発していたシャープ機ですが、
解決されて安定していた事。
(トラブルが頻発していた旧機種は原因が判明し解決済み)

・Androidの画面がSONYのBRAVIAと同じバージョンで、
 インターフェースが同じ。
 DAZN、FOD、TVer等のアプリは追加できること。

・SONYの録画機能が1番組に対し、同時2番組の録画が可能。

という事でSONY機との差額で録画用の外付けHDDを買ってもお釣りが来ました!

とにかくシャープ独自のリスニングエリアを広げる音質補正の新技術「Eilex PRISM」と
「VIR Filter」が素晴らしく感動ものです!!
ドルビーアトモスに代わる新しく素晴らしい技術です!
もっと言うと、ドルビーアトモスを実装していても搭載スピーカーがしょぼいと
SONYのこもった音のテレビのようになってしまうと実感しました。

シャープ独自のEilex PRISMは、特定ポイントの音圧変化のみを補正するのではなく、
空間全体の音響パワーの変化を捉え補正する新技術です。
Eilex PRISMにより、原音に近い高音質が得られるばかりではなく、
自然な音の広がり・奥行感・明瞭度の高い音声が再生されます。
また、従来のデジタルフィルタに比べて高性能なVIR Filterを採用することで、
より広帯域かつ高精度な補正が可能となりました。

視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった4

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

4T-C55CQ1 [55インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

4T-C55CQ1 [55インチ]
シャープ

4T-C55CQ1 [55インチ]

最安価格(税込):¥129,777発売日:2020年 5月23日 価格.comの安さの理由は?

4T-C55CQ1 [55インチ]をお気に入り製品に追加する <328

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(液晶テレビ・有機ELテレビ)

ご注意