『サラウンドは「なんちゃって」だが再生音質は良質!マイクも絶品』 ゼンハイザー GSP 370 西川善司さんのレビュー・評価

2020年 5月 7日 発売

GSP 370

最大100時間のバッテリー駆動時間を実現したヘッドセット

GSP 370 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

ヘッドホンタイプ:オーバーヘッド 装着タイプ:両耳用 GSP 370のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GSP 370の価格比較
  • GSP 370の店頭購入
  • GSP 370のスペック・仕様
  • GSP 370のレビュー
  • GSP 370のクチコミ
  • GSP 370の画像・動画
  • GSP 370のピックアップリスト
  • GSP 370のオークション

GSP 370ゼンハイザー

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年 5月 7日

  • GSP 370の価格比較
  • GSP 370の店頭購入
  • GSP 370のスペック・仕様
  • GSP 370のレビュー
  • GSP 370のクチコミ
  • GSP 370の画像・動画
  • GSP 370のピックアップリスト
  • GSP 370のオークション

『サラウンドは「なんちゃって」だが再生音質は良質!マイクも絶品』 西川善司さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GSP 370のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:40件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
フィット感5
音質5
マイク性能5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

サラウンドは「なんちゃって」だが再生音質は良質!マイクも絶品

パッケージと内包物

USBドングル。システムからはUSBサウンドデバイスとして認識される

ボリュームツマミ

マイク部。使用時は押し下げる

不使用時はせり上げる。自動的にミュートになる

コンパニオンソフトの画面(一部)。[7.1CH]はステレオ音声に残響を適用するだけのもの

こちらGSP370、ゼンハイザー/EPOSからのサンプル提供によるレビューと言うことをあらかじめお断りしておく。

このGSP370。
実勢価格にして2万円超えのゲーミングヘッドセットなのでちょっとした上級機に相当する。

実際、製品の質感はいい。頭頂部に当たるパッドは通気性もよく、全体的な色あいにも高級感がある。

製品にはUSBドングル、充電用USBケーブル(1m)、ヘッドセット本体、説明書が同梱される。

接続は2.4GHz帯の電波を使う独自接続方式。Bluetooth接続には対応しないが、ペアリングなどの面倒な設定は不要で、USBドングルを接続して、ヘッドセットの電源を入れればほぼ瞬間的に繋がる。
公称到達距離は10m前後。まあホストPCが見えている範囲であれば実際に公称範囲で普通に繋がり続けてくれた。

身に付けていて気になったのは、側圧…すなわちヘッドバンドの締め付けのテンションが比較的強いこと。イヤーパッドを側頭部に押しつけて、外界のノイズを聞かせないための配慮だと思うが、人によっては「締め付けが強い」と感じるかもしれない。

また、左右スピーカー部(ドライバー部)の開口部は遠景ではなく、耳の輪郭の形をしているのだが、これがそれほど大きくない。筆者のようにやや耳が大きい人はイヤーパッドと干渉して長時間着用時には耳が痛くなるかもしれない。自分との相性は実機で確認して欲しい。

さて、ヘッドセット側の操作系はシンプル。使い方はとても分かりやすい。
右耳側にボリュームつまみがあり、左側に電源スイッチがあるだけ。
いわゆる、楽曲再生制御系のコントロールには対応しない。
ボリュームつまみはホストPC側のサウンドデバイスの音量の上げ下げを行う方式だ。

マイクは左耳側についており、脱着には対応しない。
ただ、不使用の場合はヘッドバンド側にせり上げることで邪魔にならない収納が可能。
なお、マイクユニットのせり上げ操作は、中に仕込まれた物理スイッチによって、自動的にミュート操作になる。ミュートボタンはないので、音声を出したくないと思ったときにはマイクをせり上げればよい。直感的な操作系である。

基本的にUSBドングルを接続するだけで、2CHステレオサウンドを普通に楽しむことは出来るが、それ以上の音響カスタマイズを行いたい場合はメーカーがオンラインで配布している専用コンパニオンソフトを利用することになる。

留意しておきたいポイントもある。
いちおうGSP370はサラウンド対応ということになっているが、これはいわゆる「なんちゃってサラウンド」であるという点だ。

コンパニオンソフトをインストールして起動すると(写真参照)、画面内に7.1CHのロゴが見えるので、これを押すと、実際、残響がついて音像に広がりが増す。
しかし、ホスト側から出力されるサウンドは2CHステレオのままであるため、ステレオの出音に残響ほ装飾して聞くことになるだけ、ということである。

もう少し詳しく解説すると、このコンパニオンソフトをインストールしたからといって、ホストPC側からGSP370がディスクリートな5.1CHや7.1CHサラウンドシステムには見えないということだ。つまり、ステレオサウンドシステムのままということである。
PS4に接続した場合も同様。というのもPS4ではソニー・インタラクティブエンタテインメント純正ヘッドセット以外にマルチチャンネルサウンドを出力しない制限が掛けられているため。
ネット上には「サラウンド対応で後ろから来る敵の足音が分かる」…というようなレビュー記事があるようだが、そうした記事はあまり信用しない方がいいだろう。

念のためにゼンハイザー/EPOS側の担当に聞いてみたが「2CHステレオサウンドの音場を拡張しているだけである」とのことであった。ここは誤解なきように。

補足すると、ちゃんとしたバーチャルサラウンド対応ヘッドフォン/サウンドシステムは、Dolby Digital LiveないしはDTS Connectに対応したサウンドデバイスを組み合わせるか、PCやXboxであればDolby AccessソフトウェアやDTS Sound Unboundを別途購入する必要がある。
https://www.microsoft.com/store/productId/9N0866FS04W8
https://www.microsoft.com/store/productId/9PJ0NKL8MCSJ

さて、サラウンドヘッドフォンとしては「なんちゃって」仕様な本機だが、2CHステレオサウンド再生用としては音質は極めて良好である。
ゲーミングヘッドセットの領域を超えた高音質ぶりがあり、音楽視聴用途にも十分使えると思う。

また、思いのほか、感動したのがマイクの音質である。
ゲーミングヘッドセットのマイクの音質はあまり芳しくないものが多い中、本機のはとても高音質であった。
筆者がゲーム実況で活用した限りでは、普段使いのお高いコンデンサマイクと同等か、マイクが口に近い分、GSP370の方が高音質なときもある…といったような動画視聴者からのレスポンスがあったほど。

ここはさすがオーディオ機器メーカー、ゼンハイザー印といったところか。

バッテリーの保ちは特に不満なし。

筆者のYouTubeチャンネルで、実際にゲーム実況で使ってみた際のインプレッションの動画も示しておくのであわせてご覧頂ければと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=DlVHyggUVlQ&t=488s

https://www.youtube.com/watch?v=1t2HrhC9b5c


参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「GSP 370」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

GSP 370のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

GSP 370
ゼンハイザー

GSP 370

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年 5月 7日

GSP 370をお気に入り製品に追加する <9

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(ヘッドセット)

ご注意