トヨタ ヤリスクロス 2020年モデル HYBRID X(2020年8月31日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ヤリスクロス 2020年モデル

ヤリスクロス 2020年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:ヤリスクロス 2020年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:HYBRID X 絞り込みを解除する

満足度:4.06
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:133人 (試乗:44人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.38 4.33 63位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 2.98 3.92 115位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.81 4.11 102位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.09 4.20 85位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.66 4.04 110位
燃費 燃費の満足度 4.40 3.87 34位
価格 総合的な価格の妥当性 4.01 3.86 50位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリスクロス 2020年モデルのレビューを書く

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

Horizontal-6さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:669人
  • ファン数:4人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格5

セカンドカーとしてヤリスクロスの購入を検討していて、走行性能、快適性、燃費性能などを調べるためにタイムズカーのカーシェアに入会し、数ヶ月毎に様々な所に使用し、千キロ以上乗りました。

ライバルとなるCX30やヴェゼル 、ノートeパワーも比較として試乗したのでその違いや、トヨタ車のカローラクロス、CH-R、RIZEとの違いについても書きたいと思います。

現在乗っているファーストカーは現行メルセデス・ベンツEクラスです。

【エクステリア】

口がぱっくり空いていてあまり好きな顔ではないです。でも、2022ワールドアーバンカー賞を受賞しましたし、客観的に街なかで見ると高そうなクルマに見えるので、評価は4とします。

【インテリア】

比較対象の六台と比べて一番劣っていますが、値段を考えれば不満はありません。しかし、メーターに関しては下位グレードのメーターが小さすぎてなんじゃこりゃー!となります。RIZEの方がよっぽど高級に見えます。でも、欲しい情報がメーターに整然と並んでいるので、とても見やすくて実用性に富んでいます。

【エンジン性能】

ダイナミックフォースエンジンがとても素晴らしいです。欲しい時に欲しい分だけのトルクが過不足無く出てくれて、不満はありません。急な坂道の続くワインディングを走りましたが、レスポンスよくエンジンが反応し、楽しかったです。ノートeパワーも楽しかったです。CX30も問題なかったです。RIZEは1リッターターボ車は最も加速性能が良く、スポーツカーのように感じました。ハイブリッドは上質でした。

それに対してカローラクロスやCH-Rは一世代古いので、登り坂などはとてもしんどく感じます。ヴェゼルはエンジンがかかると唸りだすのが残念ですが、ヤリスクロスはいつエンジンがかかったか分からないくらいなのでトヨタのハイブリッドは流石だな!と感じました。

【走行性能】

操安をレクサスのFスポーツを担当した人が関わっているようで、ハンドリングはとても楽しいです。特に急な斜面のあるワインディングでは威力を発揮し、車体が思った通りに曲がるので、後続車が見えなくなりました。FRベースのシャシーのベンツEクラスには敵わないのは当然ですが、ヤリスクロスの価格帯を考えると、とても素晴らしいものがあると感じました。

とはいえ、街なかでは過敏なわけでもなく、バランスのとてもよく取れた操作性だと感じます。

ノートeパワーも同じくハンドリングは良く、CH-Rもスポーツタイプだけあり好印象です。CX30は上質で欧州車のように感じました。日本車離れしていたのでウインカーレバーと間違えてワイパーを動かしてしまいました。ヴェゼルもホンダ車だけあり違和感のないハンドリングでした。カローラクロスは普通です。RIZEは恐怖を感じました。自動車専用道路で60キロで隣の車線に行こうとしてハンドルを切ってもなかなか曲がらず、途中から急に曲がりだしたのでかなり怖かったです。これでRIZEは購入の候補から落ちました。

【乗り心地】

以前Vitzを所有していましたが、Vitzの名残があり、上質な乗り心地では無く、凹凸をよく拾い、体が結構揺さぶられます。なので、長距離走ると結構疲れます。でもRIZEはもっと疲れます。やはり、軽自動車ベースなので、比較対象の車の中では比較になりません。カローラクロスは乗り心地がよく丸一日500キロ以上運転しても疲労感がありませんでした。CX30はヨーロッパ車の如く滑らかな乗り心地です。CH-Rやノートe パワーは上質で、ヤリスクロスのワンランク上です。ヴェゼルはバランスが良いです。

【燃費】

大阪から鳥取まで行って大阪に戻って来てもガソリン代が1900円でした。エコ運転しなくてもリッターが27で凄い燃費でした。真冬にガンガン暖房つけて高速に乗ってもリッター21でした。春にエコランして奈良から京都まで行って帰るとリッター34でした。凄まじすぎます!!同じ感じで走るとカローラクロスはリッター23でした。ヴェゼルは下道で渋滞の中走ってもリッター25。CX30はエコランしてリッター8,7。この時点で候補から落ちました。ノートはリッター17。RIZEはハイブリッドでは26。ガソリン車では17。CH-Rは21でした。

【価格】

コスパ良いと思いますが、カローラクロスとの価格差が少ししかなく、カローラクロスがヤリスクロスよりワンランク上の乗り味なので、ヤリスクロス買うならカローラクロス欲しいなと思ってしまいます。カローラクロスのコスパが良すぎて霞んでしまってるだけかも知れませんが。

しかし、価格差が少ししかないRIZE買うなら断然ヤリスクロスです。モノが違います。CH-Rは高いので対象外です。

【総評】

燃費がトップランクに良く、ハンドリングもエンジンも良いヤリスクロスはとてもいい車だと思います。

しかし、乗り心地がコンパクトカー並みなので、長距離乗るならカローラクロスにしたいというのが本音です。

とはいえ、街なか中心で時にはワインディングでスポーツ走行したい、そして何と言っても世界でもトップレベルの燃費性能を誇る車に乗りたいと言う方はヤリスクロスを選んで間違いないと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヒラミーさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:717人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

フロント

リヤ

運転席まわり

今回、ヤリスクロスに乗る機会を得たのでレビューします。下道で20kmほどでしたが、様々なシチュエーションがあったので、それなりには分かったような気がします。

タイムズカーシェアでお借りしました。走行距離15000kmのハイブリッド車でした。ベージュが意外に似合ってました。

【エクステリア】
…イマイチだ。顔つきは、リヤはヴェゼルみたいでいいのだが、フロントが何となくボケッとしている。フロントはもう少し頑張っても良かったと思う。

【インテリア】
…安っぽい。まず、何故室内から塗装面(ボディ)が見える場所があるのか。せめてもうちょっと隠せ。
コックピットまわりだが、やはりベースのヤリスが5ナンバーなのに対して3ナンバーになっているだけあり、左右の余裕は感じた。同時に車幅の大きさもある程度感じた。
それ以外はほぼ変わらない。ステアリングとヤリスのものを流用している。シートはヘッドレスト一体型の為、ヘッドがレストしない。エアコンはハイブリッド車では全グレードでオートのものがつく。これは○。
気になる後席空間だが、ヤリスに比べたら全然いい。ただ、このクルマでもヤリス同様に閉塞感があるのだ。シートも背もたれが割と立っており、ここで長時間は厳しいかもしれない。これが無理なら格上のカローラクロスかハリアーでも買えって(幻聴)?

【エンジン性能】
ここまで大分悪く言っているが、動力性能はスゴいことになってる。ハイブリッド嫌いの僕が唸ったぐらいだから。
まず、エンジンがスゴい。新開発のM15Aは、ダウンサイジングして3気筒でありながら、同排気量で旧型の4気筒:1NZとは比べものにならないパワー感がある。トルク感については同じぐらいか。振動や音については、低回転では1NZより遥かに静かなのだが、ある程度回るとやはり3気筒のネガな部分が顔を出す。それでも日産のに比べたら全然気にならないレベルだと思う。
もう1つの要であるハイブリッド機構もスゴい進化だ。乗って5mで分かるぐらいにモーターのパワー・トルクが上がっており、制御もその滑らかさが以前とはまるで別物。とにかくカバー領域が広く、アクセルの踏み方次第で40km/hオーバーまでモーターでイケた。この進化はスゴい。

【走行性能】
これには○なところも△なところもあるので、項目別に挙げたいと思う。
・ボディ剛性の大幅向上:○
やはりTNGAプラットフォームの剛性は、今までの国産車とは次元が違う。いつ乗っても驚くこのボディ剛性の高さには、トヨタの本気を見た。
・柔らかいサスペンション:△
重心の高いSUVボディで、サスは柔らかくてストロークも多い。それゆえ、動きは船のよう。しかし、一昔前の酔うような動きはしない。しっとりしている。ただ、カーブなどではフロントのロールが大きく、ロールアンダーになる。
一方、リヤはバッテリーを搭載していることが効いて安定感がある。ただ、ガソリン車ではバッテリーがないので多少変わってくると思う。
・高扁平のタイヤ(205/65R16):△
いかんせんたわむ。走行性能の面で言うなら、今回乗ったXはスチールホイールということもあり、フットワークが重く感じる。そこでアルミホイールが欲しくなるが、乗り心地も求めたいなら17インチのZにはせず、同サイズでアルミホイール装着のGがいいと思うが、実際に乗り比べて感じてもらうのがベストだろう。
・CVT制御:○+△
CVTはステップ制御的なものがつき、ATに近いフィーリングを得られるようになったという。確かに、今までのようにひたすら回転だけ上がっていくラバーバンドフィールのようなものはあまり感じなかった。ただ、時に「ン?」となる場面もあった。

【乗り心地】
…極端だ。道のいいところでは本当にいいし、悪いところだと結構酷い。
道のいいところでは、まるで水澄しの如くクルマが路面をいなす。その順序はこうだ。
@高扁平タイヤで凹凸などの入力を受け、この時点である程度和らげる。
A柔らかいサスは入力を更に減衰する。
B高剛性なボディは残りの入力をある程度まではダイレクトに伝えるが、適度に逃がし(力の分散)もする。
C乗員に伝わる時には、伝わる入力は少なく快適な乗り心地をもたらす。
反対に道の荒れたところでは、このバランスが崩れる。
@高扁平タイヤはエラくたわむ。減衰作用自体はあるのだが、今度は入力が大きいだけに減衰しても「残る」。
A柔らかいサスは荒れた道ではその性能が生かされず、入力が「残る」。ここで道の良し悪しによって生まれる性能差が大きく出る。
Bボディが高剛性ゆえに入力をダイレクトに伝えてしまう。それに対して逃がしても「残る」ことになってしまう。
Cゴツゴツした乗り心地になってしまう。

【燃費】
正確に数値を見た訳ではないが、体感でもこりゃガソリン減らないなと分かる。これなら原油価格の高騰にもへっちゃらだ。

【価格】
…これはピンキリ。オプション次第でどうにでもなるので、これをしっかり吟味する必要がある。僕ならGを何も付けずに買って、ETC、ドラレコのような装備品はオートバックスに頼むかな。

【総評】
昨今のSUVブームに上手く乗っかり、売れているヤリスクロス。まさしく優等生だ。クルマはとてもいいし、おサイフにも優しい。
ただ、なんかな…。コレッという個性がどうも見つからないのだ。例えば、同じSUVでもランクルは、あの存在感なり誰にでも分かる個性というのがある。対してこのクルマは全てが優等生過ぎて、そういった面白みがないのだ。これは僕の個人的な意見だが、例えば駐車場などで見かけても「オッ!」となる何かが欲しかったなと思う。
優等生なクルマは素晴らしい。現にとても売れている。だが、優等生過ぎるクルマは逆にコワい。何年かして似たようなクルマが出た時、アピールする個性に欠けるがゆえにユーザーに飽きられて売れなくなったクルマなんてのは過去にもある。このクルマがそうなってしまわないか心配だ。もっとも今はそんなに長く乗らずに乗り換える人が多いみたいだから、それはそれでどうかと思うんだけどね…。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリスクロス 2020年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ヤリスクロス 2020年モデル HYBRID X
トヨタ

ヤリスクロス 2020年モデル HYBRID X

新車価格:228万円

中古車価格:159〜422万円

ヤリスクロス 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <393

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ヤリスクロスの中古車 (1,921物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
ヤリスクロスの中古車 (1,921物件)