『ド近眼の救い』 サンコー EYE THEATER FOCUS WFHDHDET ryu-00さんのレビュー・評価

EYE THEATER FOCUS WFHDHDET 製品画像

拡大

THANKOに問い合わせる

最安価格(税込):

¥21,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥21,800¥21,800 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:ヘッドマウントディスプレイ 解像度:1280x800 幅x高さx奥行:166x90x110mm EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETの価格比較
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETの店頭購入
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのスペック・仕様
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのレビュー
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのクチコミ
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETの画像・動画
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのピックアップリスト
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのオークション

EYE THEATER FOCUS WFHDHDETサンコー

最安価格(税込):¥21,800 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 4月24日

  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETの価格比較
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETの店頭購入
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのスペック・仕様
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのレビュー
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのクチコミ
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETの画像・動画
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのピックアップリスト
  • EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのオークション

『ド近眼の救い』 ryu-00さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのレビューを書く

ryu-00さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
11件
イヤホン・ヘッドホン
0件
4件
ヘッドマウントディスプレイ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ3
調整機能4
サイズ5
ド近眼の救い

【デザイン】
 可もなく不可もなく。とくに格好悪いということは無い。
【発色・明るさ】
 明るさは調整できるので薄暗い映画館ぽくも明るい部屋のようにもできます。明るくすると発色が良くなり綺麗になるがドットも目立つようになるので6割から7割位の明るさがちょうど良いかと思う。
【シャープさ】
 4kや有機ELに慣れているとちょっとボヤけ気味だが並のフルHD程度には。
 画質が悪いとレビューが4k等の最近のTVと比べればそれは悪いのは当然。フルHDとしてはそれほど悪い画質では無いと思う。
 ただし液晶の性能かドット(というか液晶の素子?)はアニメでは気にならないが実写ではかなり目立ち気味。明るい部分、白部分や肌などはかなり線が見える。逆にアニメでは虹ムラまではいかないがグラデーションがかなり目立つ。実写ではそれほど気にならない。
 とはいえずっと見ていると気にならなくなってくる。
【調整機能】
 かなり調整は手間がかかる。細かく数字で調整できるか装着したまま焦点の調整ができると良いのだが。
 とはいえ手間をかけてもしっかり片目づつ調整すればド近眼でも裸眼できちんと見えるので他に変えがたい素晴らしい機能。
 マジックテープはもうちょっと長くても良い気がする。
【サイズ】
 初期のHMD(SONYのやつ)と比べると随分と小さくなったと思う。最近の機種はどうなのか分からないが大きいということは無いと思う。
【総評】
楽天のレビューである点で
@ 画質が悪い
 画質は悪くない。ドット(素子?)が見えるだけでそれはドライブレコーダー位のサイズの液晶をオペラグラスで拡大して見ているようなものなのでそれは仕方ない。TVだってめいっぱい近づくなり拡大して見ればそうなるでしょう。
A 隅がぼやける
 球面レンズなのだから当たり前。拡大するのだから眼鏡の非球面レンズのようにはいかないでしょう。やろうとしたら倍の大きさになるでしょう。
B レンズが曇る
 試しにルームランナーで歩きながら視聴してみた(危ないのでおすすめはしません。やるなら自己責任で)。確かにエアコンかけててもちょっと曇った。眼鏡の曇り止めを試してみようと思う。が、そもそも動かなければ平気だと思われる。

 総じるととにかくド近眼が裸眼で使用できるのが素晴らしい。
 視界の外まで広がっている映画館のような大画面というを期待するのは無理。カタログ通りの120インチを4mの距離というのが正しいところで正直70インチ前後のTVを2mで見るほうが大きく見える。(量販店で試聴するときの感じ)120インチを2m位になるとかなりの大画面感になると思うのだが。映画館のように視聴したいならプロジェクターの方が良いでしょう。
 とはいえ、すくなくとも50インチを2mで見るよりは大きく見れますので部屋の大きさ、金額の問題でプロジェクターや大画面のTVが使えない場合にはオススメできます。
 一点注意点はイヤホンの差込口。お好みのイヤホンを使用する場合小型のプラグでないと本体に干渉して刺さらない。ストレート型はほぼ使用できないでしょう。L型はよほど大きいものでもなければ大丈夫かと。

追記
 重量とコスト軽減のためでしょうがレンズに安いプラスチックを使用しているため傷がつきやすい。付属のレンズ拭きより良いマイクロファイバーの眼鏡吹きで軽く拭いただけで傷だらけになった。大きいものではないので重量はそれほど変わらないと思うのでそこは傷つきにくいガラスなりハードコートして欲しかった。
 使用しているうちにレンズの内側にゴミが混入した。これは致命的な欠陥だと思われる。

再追記
 サポートの対応はとても良くすぐに交換対応してくれた。が、今度はHDMIの接触不良で左の画像が出たり出なかったりで再度交換。そうしたら何故か2台送られてきて確認したところ1台は返送する手間がかかった。確認して問題ないほうをお使い下さいとのことだったので、2台確認したところ返送した方は1ドット欠けどころか10か所は欠けていた。
 さらにPCなど一部の機材では音が出力ものがある模様(USB→HDMIの変換機の問題かもしれませんが)。音だけはスピーカーから出せば良いので、どうしてもヘッドホンで聞きたいというのでなければ問題ありません。アンプからのDVDの音はヘッドホンから問題なく出力されました。
 品質は中華出来なので当たり外れが大きく、ドット欠けを気にしないか根気よく交換していく気がなければ購入は控えた方が良いでしょう。
 ただ値段と性能的にはとても良い商品だと思います。ライブ配信が増えている昨今の状況では重宝します。

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ3
調整機能4
サイズ5
ド近眼の救い

【デザイン】
 可もなく不可もなく。とくに格好悪いということは無い。
【発色・明るさ】
 明るさは調整できるので薄暗い映画館ぽくも明るい部屋のようにもできます。明るくすると発色が良くなり綺麗になるがドットも目立つようになるので6割から7割位の明るさがちょうど良いかと思う。
【シャープさ】
 4kや有機ELに慣れているとちょっとボヤけ気味だが並のフルHD程度には。
 画質が悪いとレビューが4k等の最近のTVと比べればそれは悪いのは当然。フルHDとしてはそれほど悪い画質では無いと思う。
 ただし液晶の性能かドット(というか液晶の素子?)はアニメでは気にならないが実写ではかなり目立ち気味。明るい部分、白部分や肌などはかなり線が見える。逆にアニメでは虹ムラまではいかないがグラデーションがかなり目立つ。実写ではそれほど気にならない。
 とはいえずっと見ていると気にならなくなってくる。
【調整機能】
 かなり調整は手間がかかる。細かく数字で調整できるか装着したまま焦点の調整ができると良いのだが。
 とはいえ手間をかけてもしっかり片目づつ調整すればド近眼でも裸眼できちんと見えるので他に変えがたい素晴らしい機能。
 マジックテープはもうちょっと長くても良い気がする。
【サイズ】
 初期のHMD(SONYのやつ)と比べると随分と小さくなったと思う。最近の機種はどうなのか分からないが大きいということは無いと思う。
【総評】
楽天のレビューである点で
@ 画質が悪い
 画質は悪くない。ドット(素子?)が見えるだけでそれはドライブレコーダー位のサイズの液晶をオペラグラスで拡大して見ているようなものなのでそれは仕方ない。TVだってめいっぱい近づくなり拡大して見ればそうなるでしょう。
A 隅がぼやける
 球面レンズなのだから当たり前。拡大するのだから眼鏡の非球面レンズのようにはいかないでしょう。やろうとしたら倍の大きさになるでしょう。
B レンズが曇る
 試しにルームランナーで歩きながら視聴してみた(危ないのでおすすめはしません。やるなら自己責任で)。確かにエアコンかけててもちょっと曇った。眼鏡の曇り止めを試してみようと思う。が、そもそも動かなければ平気だと思われる。

 総じるととにかくド近眼が裸眼で使用できるのが素晴らしい。
 視界の外まで広がっている映画館のような大画面というを期待するのは無理。カタログ通りの120インチを4mの距離というのが正しいところで正直70インチ前後のTVを2mで見るほうが大きく見える。(量販店で試聴するときの感じ)120インチを2m位になるとかなりの大画面感になると思うのだが。映画館のように視聴したいならプロジェクターの方が良いでしょう。
 とはいえ、すくなくとも50インチを2mで見るよりは大きく見れますので部屋の大きさ、金額の問題でプロジェクターや大画面のTVが使えない場合にはオススメできます。
 一点注意点はイヤホンの差込口。お好みのイヤホンを使用する場合小型のプラグでないと本体に干渉して刺さらない。ストレート型はほぼ使用できないでしょう。L型はよほど大きいものでもなければ大丈夫かと。

追記
 重量とコスト軽減のためでしょうがレンズに安いプラスチックを使用しているため傷がつきやすい。付属のレンズ拭きより良いマイクロファイバーの眼鏡吹きで軽く拭いただけで傷だらけになった。大きいものではないので重量はそれほど変わらないと思うのでそこは傷つきにくいガラスなりハードコートして欲しかった。
 使用しているうちにレンズの内側にゴミが混入した。これは致命的な欠陥だと思われる。

参考になった0

満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ3
調整機能4
サイズ5
ド近眼の救い

【デザイン】
 可もなく不可もなく。とくに格好悪いということは無い。
【発色・明るさ】
 明るさは調整できるので薄暗い映画館ぽくも明るい部屋のようにもできます。明るくすると発色が良くなり綺麗になるがドットも目立つようになるので6割から7割位の明るさがちょうど良いかと思う。
【シャープさ】
 4kや有機ELに慣れているとちょっとボヤけ気味だが並のフルHD程度には。
 画質が悪いとレビューが4k等の最近のTVと比べればそれは悪いのは当然。フルHDとしてはそれほど悪い画質では無いと思う。
 ただし液晶の性能かドット(というか液晶の素子?)はアニメでは気にならないが実写ではかなり目立ち気味。明るい部分、白部分や肌などはかなり線が見える。逆にアニメでは虹ムラまではいかないがグラデーションがかなり目立つ。実写ではそれほど気にならない。
 とはいえずっと見ていると気にならなくなってくる。
【調整機能】
 かなり調整は手間がかかる。細かく数字で調整できるか装着したまま焦点の調整ができると良いのだが。
 とはいえ手間をかけてもしっかり片目づつ調整すればド近眼でも裸眼できちんと見えるので他に変えがたい素晴らしい機能。
 マジックテープはもうちょっと長くても良い気がする。
【サイズ】
 初期のHMD(SONYのやつ)と比べると随分と小さくなったと思う。最近の機種はどうなのか分からないが大きいということは無いと思う。
【総評】
Amazonのレビューである点で
@ 画質が悪い
 画質は悪くない。ドット(素子?)が見えるだけでそれはドライブレコーダー位のサイズの液晶をオペラグラスで拡大して見ているようなものなのでそれは仕方ない。TVだってめいっぱい近づくなり拡大して見ればそうなるでしょう。
A 隅がぼやける
 球面レンズなのだから当たり前。拡大するのだから眼鏡の非球面レンズのようにはいかないでしょう。やろうとしたら倍の大きさになるでしょう。
B レンズが曇る
 試しにルームランナーで歩きながら視聴してみた(危ないのでおすすめはしません。やるなら自己責任で)。確かにエアコンかけててもちょっと曇った。眼鏡の曇り止めを試してみようと思う。が、そもそも動かなければ平気だと思われる。

 総じるととにかくド近眼が裸眼で使用できるのが素晴らしい。
 視界の外まで広がっている映画館のような大画面というを期待するのは無理。カタログ通りの120インチを4mの距離というのが正しいところで正直70インチ前後のTVを2mで見るほうが大きく見える。(量販店で試聴するときの感じ)120インチを2m位になるとかなりの大画面感になると思うのだが。映画館のように視聴したいならプロジェクターの方が良いでしょう。
 とはいえ、すくなくとも50インチを2mで見るよりは大きく見れますので部屋の大きさ、金額の問題でプロジェクターや大画面のTVが使えない場合にはオススメできます。

追記
 重量とコスト軽減のためでしょうがレンズに安いプラスチックを使用しているため傷がつきやすい。付属のレンズ拭きより良いマイクロファイバーの眼鏡吹きで軽く拭いただけで傷だらけになった。大きいものではないので重量はそれほど変わらないと思うのでそこは傷つきにくいガラスなりハードコートして欲しかった。
 使用しているうちにレンズの内側にゴミが混入した。これは致命的な欠陥だと思われる。

参考になった1

満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ3
調整機能4
サイズ5
ド近眼の救い

【デザイン】
 可もなく不可もなく。とくに格好悪いということは無い。
【発色・明るさ】
 明るさは調整できるので薄暗い映画館ぽくも明るい部屋のようにもできます。明るくすると発色が良くなり綺麗になるがドットも目立つようになるので6割から7割位の明るさがちょうど良いかと思う。
【シャープさ】
 4kや有機ELに慣れているとちょっとボヤけ気味だが並のフルHD程度には。
 画質が悪いとレビューが4k等の最近のTVと比べればそれは悪いのは当然。フルHDとしてはそれほど悪い画質では無いと思う。
 ただし液晶の性能かドット(というか液晶の素子?)はアニメでは気にならないが実写ではかなり目立ち気味。明るい部分、白部分や肌などはかなり線が見える。逆にアニメでは虹ムラまではいかないがグラデーションがかなり目立つ。実写ではそれほど気にならない。
 とはいえずっと見ていると気にならなくなってくる。
【調整機能】
 かなり調整は手間がかかる。細かく数字で調整できるか装着したまま焦点の調整ができると良いのだが。
 とはいえ手間をかけてもしっかり片目づつ調整すればド近眼でも裸眼できちんと見えるので他に変えがたい素晴らしい機能。
 マジックテープはもうちょっと長くても良い気がする。
【サイズ】
 初期のHMD(SONYのやつ)と比べると随分と小さくなったと思う。最近の機種はどうなのか分からないが大きいということは無いと思う。
【総評】
Amazonのレビューである点で
@ 画質が悪い
 画質は悪くない。ドット(素子?)が見えるだけでそれはドライブレコーダー位のサイズの液晶をオペラグラスで拡大して見ているようなものなのでそれは仕方ない。TVだってめいっぱい近づくなり拡大して見ればそうなるでしょう。
A 隅がぼやける
 球面レンズなのだから当たり前。拡大するのだから眼鏡の非球面レンズのようにはいかないでしょう。やろうとしたら倍の大きさになるでしょう。
B レンズが曇る
 試しにルームランナーで歩きながら視聴してみた(危ないのでおすすめはしません。やるなら自己責任で)。確かにエアコンかけててもちょっと曇った。眼鏡の曇り止めを試してみようと思う。が、そもそも動かなければ平気だと思われる。

 総じるととにかくド近眼が裸眼で使用できるのが素晴らしい。
 視界の外まで広がっている映画館のような大画面というを期待するのは無理。カタログ通りの120インチを4mの距離というのが正しいところで正直70インチ前後のTVを2mで見るほうが大きく見える。(量販店で試聴するときの感じ)120インチを2m位になるとかなりの大画面感になると思うのだが。映画館のように視聴したいならプロジェクターの方が良いでしょう。
 とはいえ、すくなくとも50インチを2mで見るよりは大きく見れますので部屋の大きさ、金額の問題でプロジェクターや大画面のTVが使えない場合にはオススメできます。

参考になった0

満足度4
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ3
調整機能4
サイズ5
ド近眼の救い

【デザイン】
 可もなく不可もなく。とくに格好悪いということは無い。
【発色・明るさ】
 明るさは調整できるので薄暗い映画館ぽくも明るい部屋のようにもできます。
【シャープさ】
 4kや有機ELに慣れているとちょっとボヤけ気味だが並のフルHD程度には。
 画質が悪いとレビューが4k等の最近のTVと比べればそれは悪いのは当然。フルHDとしてはそれほど悪い画質では無いと思う。
 ただし液晶の性能かドットはアニメでは気にならないが実写ではかなり目立ち気味。逆にアニメでは虹ムラまでいかないがグラデーションがかなり目立つ。実写では気にならない。
 とはいえ話に没入すれば気にならなくなってくる。
【調整機能】
 かなり調整は手間がかかる。細かく数字で調整できるか装着したまま焦点の調整ができると良いのだが。
 とはいえ手間をかけてもしっかり調整すればド近眼でも裸眼で見えるので他に変えがたい素晴らしい機能。
【サイズ】
 初期のHMDと比べると随分と小さくなったと思うが最近の機種はどうなのか分からないが大きいということは無いと思う。
【総評】
 とにかくド近眼が裸眼で使用できるのが素晴らしい。
 視界の外まで広がっている映画館のような大画面というを期待するのは無理。カタログ通りの120インチを4mの距離というのが正しいところ。正直70インチ前後のTVを2mで見るほうが大きく見える。(量販店で試聴するときの感じ)120インチを2m位になるとかなりの大画面感になると思うのだが。映画館のように視聴したいならプロジェクターの方が良いでしょう。
 とはいえ、すくなくとも50インチを2mで見るよりは大きく見れますので部屋の大きさ、金額の問題でプロジェクターや大画面のTVが使えない場合にはオススメできます。

参考になった0

「EYE THEATER FOCUS WFHDHDET」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

EYE THEATER FOCUS WFHDHDETのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

EYE THEATER FOCUS WFHDHDET
サンコー

EYE THEATER FOCUS WFHDHDET

最安価格(税込):¥21,800発売日:2020年 4月24日

EYE THEATER FOCUS WFHDHDETをお気に入り製品に追加する <13

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ヘッドマウントディスプレイ]

ヘッドマウントディスプレイの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドマウントディスプレイ)

ご注意