『BT搭載とオールミックスモードがとても便利』 JBL 104-BTW-Y3 [白] 野村ケンジさんのレビュー・評価

104-BTW-Y3 [白] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥22,330

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,330〜¥24,810 (11店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥22,330 〜 ¥22,330 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 104-BTW-Y3 [白]の価格比較
  • 104-BTW-Y3 [白]の店頭購入
  • 104-BTW-Y3 [白]のスペック・仕様
  • 104-BTW-Y3 [白]のレビュー
  • 104-BTW-Y3 [白]のクチコミ
  • 104-BTW-Y3 [白]の画像・動画
  • 104-BTW-Y3 [白]のピックアップリスト
  • 104-BTW-Y3 [白]のオークション

104-BTW-Y3 [白]JBL

最安価格(税込):¥22,330 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 4月24日

  • 104-BTW-Y3 [白]の価格比較
  • 104-BTW-Y3 [白]の店頭購入
  • 104-BTW-Y3 [白]のスペック・仕様
  • 104-BTW-Y3 [白]のレビュー
  • 104-BTW-Y3 [白]のクチコミ
  • 104-BTW-Y3 [白]の画像・動画
  • 104-BTW-Y3 [白]のピックアップリスト
  • 104-BTW-Y3 [白]のオークション

『BT搭載とオールミックスモードがとても便利』 野村ケンジさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

104-BTW-Y3 [白]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:89件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度5
デザイン4
品質4
音質4
通信の安定性4
操作性5
サイズ・携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

BT搭載とオールミックスモードがとても便利

デスクトップ用モニタースピーカーとしてはコンパクトに纏まっている

ドライバーは同軸ユニットを採用。外径は4.5インチ(114mm)

BTのほか前面にAUX、背面にRCAとTRSと多彩な入力を用意する

 

前面の操作パネルには音量調整と入力切替、AUX入力とヘッドホン出力を配置

右ch用電源や左ch接続用スピーカー、RCA-ステレオミニ変換ケーブルが付属する

 

輸入代理店からサンプル機をお借りしての試聴です。CHORD「Hugo2」+「2go」からのRCA出力とともに、DAPからのBluetooth出力、前側AUX INへの入力など、いくつか試してみました。

【デザイン】
上下に丸みを帯びた、トラックサークル型の本体はとてもユニークなデザインだと思います。奇をてらっているわけではないのですが、業務用然とした雰囲気がまったくしないのは好感が持てます。外観デザインはベースとなった「104-Y3」と全く同じなのですが、フロントの操作部が異なっています。「104-BT-Y3」には新たに入力切替が設けられ、Bluetooth、AUX、RCA、TRSそれぞれの入力が切り替えられるほか、全ての入力の音がミックスされるALLというモードが用意されています。

【品質】
つや消しブラックの外観は決して高そうには見えませんが、安っぽいということもなく、価格を考えるとしっかりした作りだと思います。

【音質】
リスニング用としては充分なクオリティを持ち合わせています。高域にややザラッとした印象の響きだったり、SN感よりも鳴りっぷりの良さで聴かせるタイプのサウンドキャラクターですが、JBLらしいといえばJBLらしい表現です。また、サイズや価格を考えると、かなりのハイコストパフォーマンス機といえます。
と、ここまでの感想は「104-Y3」とほとんど変わらないのですが、ほんのちょっと、この「104-BT-Y3」とは表現が異なっていたりします。あくまで「104-Y3」と比較しての話ですが、「104-BT-Y3」はほんの少しSN感が劣っていて、小音量だと細かいニュアンスが届きにくくなります。Bluetoothを搭載したことによって、内部構成が少し複雑化した影響なのかもしれません。しかしながら、じっくり聴き比べないと分からないレベルなので、単に機能性で選んでも不満に思うことはないでしょう。
ちなみに、プロ用途として使えるかどうかは本人の聞き方次第だと思います。少なくとも、ヴォーカルメインのパートチェックでしたら全く問題なく活用できると思います。

【入出力端子】
Bluetoothによるワイヤレス入力のほか、リアにRCAとTRS、フロントにAUXという4系統の入力が用意され、それらをミックスできる機能も持ち合わせているため、とても便利に使えます。BGMを流しながらマイクを使うなど、簡易PAスピーカー的な用途にも使えそうです。

【通信の安定性】
一般的な住宅内の良好環境ではありますが、試聴中に音切れなどは発生しませんでした。

【操作性】
Bluetoothは入力切替長押しでペアリングモードになるなど、説明書いらずのシンプルで分かりやすい操作性です。

【サイズ】
デスクトップ用モニタースピーカーとしてはかなり小型、PCスピーカーとしてはかなり大型といったイメージでしょうか。リスニング範囲の広さの割に、コンパクトなサイズに纏まっているため、扱いやすいです。

【総評】
コンパクトなサイズで本格的なサウンドが楽しめる「104-Y3」の魅力を活かしつつ、Bluetoothを搭載し、オールミックス機能を持ち合わせるなど、更に機能性が向上したモデルとなっています。もともとコンパクトなサイズからは想像できない堂々とした鳴りっぷりだったので、それが更に便利になって、いろいろな用途に使えるようになった、といったイメージでしょうか。なかなかに、使い勝手の良い製品だと思います。
音質に関しては、もともと充分に満足できるクオリティを持ち合わせていましたが、Bluetooth搭載によるものか、ダイレクト感、ピュア感がほんの少し低下した音になりました。そのいっぽうで、音場表現に関しては、もともと良好だったものが更に上下にも自然な広がり感を持つようになり、一段と自然な音場表現になりました。もちろん、角度をつけられるスピーカースタンドは欲しいところですが、「104-Y3」ほど気にはならなくなりました。きにならなくなったのも事実です。
「104-BT-Y3」と「104-Y3」、どちらを選ぶかについては、利便性を考えると圧倒的に「104-BT-Y3」です。とはいえ、Bluetoothは使わないなど用途が限られている、少しでも安いほうがいい、という人には「104-Y3」の方をオススメします。

比較製品
JBL > 104-Y3

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

104-BTW-Y3 [白]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

104-BTW-Y3 [白]
JBL

104-BTW-Y3 [白]

最安価格(税込):¥22,330発売日:2020年 4月24日 価格.comの安さの理由は?

104-BTW-Y3 [白]をお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[Bluetoothスピーカーの選び方]

Bluetoothスピーカーの選び方

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(Bluetoothスピーカー)

ご注意