『Bluetooth入力対応の同軸モニタースピーカー 』 JBL 104-BTW-Y3 [白] 藤本健さんのレビュー・評価

104-BTW-Y3 [白] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥22,330

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,330〜¥24,810 (8店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥22,330 〜 ¥22,330 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 104-BTW-Y3 [白]の価格比較
  • 104-BTW-Y3 [白]の店頭購入
  • 104-BTW-Y3 [白]のスペック・仕様
  • 104-BTW-Y3 [白]のレビュー
  • 104-BTW-Y3 [白]のクチコミ
  • 104-BTW-Y3 [白]の画像・動画
  • 104-BTW-Y3 [白]のピックアップリスト
  • 104-BTW-Y3 [白]のオークション

104-BTW-Y3 [白]JBL

最安価格(税込):¥22,330 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 4月24日

  • 104-BTW-Y3 [白]の価格比較
  • 104-BTW-Y3 [白]の店頭購入
  • 104-BTW-Y3 [白]のスペック・仕様
  • 104-BTW-Y3 [白]のレビュー
  • 104-BTW-Y3 [白]のクチコミ
  • 104-BTW-Y3 [白]の画像・動画
  • 104-BTW-Y3 [白]のピックアップリスト
  • 104-BTW-Y3 [白]のオークション

『Bluetooth入力対応の同軸モニタースピーカー 』 藤本健さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

104-BTW-Y3 [白]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:72件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
品質5
音質5
通信の安定性5
操作性5
サイズ・携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Bluetooth入力対応の同軸モニタースピーカー

Bluetooth入力対応の同軸モニタースピーカー 104-BT-Y3

フロントのINPUT SELECTボタンで入力ソースを選択可能

Bluetooth、AUX、RCA、TRSの入力に対応している

JBL PROFESSIONAL 104-BT-Y3は、30W+30WというDTMにもピッタリな出力を持つBluetooth入力対応の同軸モニタースピーカー。以前から発売されていた、JBLの同軸スピーカーJBL PROFESSIONAL 104-Y3にBluetooth機能を搭載した新モデルとなっており、それに伴って若干の仕様変更があり、より便利に使いやすくなっている。カラーリングは、ブラックモデルの104-BT-Y3とホワイトモデルの104-BTW-Y3の2色展開。

まず104-BT-Y3と104-Y3の共通のポイントとして押さえておきたいのは、同軸スピーカーであるという点。同軸スピーカーについて簡単に紹介しておくと、一般的な2Wayといわれるスピーカーは高い音域を出すツイーター(高域ドライバー)という小さなスピーカーが上に、中低域を出すウーファー(低域ドライバー)という大きいスピーカーが下に配置されている。

それに対し同軸スピーカーはツイーターとウーファーが、同心円上に存在する構造になっているため、スピーカーから近い位置で聴いても違和感なく、全音域がキレイに混じり合ったサウンドで聴くことができる、というメリットがある。ただ一般的に同軸スピーカーというと非常に高価であり、音楽制作用のモニタースピーカーで同軸となると10万円超というものが多い中、この価格帯で登場したというのは画期的なのだ。

104-BT-Y3と104-Y3の最大の違いは、たしかにBluetooth入力に対応しているかどうかなのだが、注目しておきたいところは、フロントパネルのデザイン。104-Y3はノブが1つのみだったのに対し、104-BT-Y3はノブの右側にもう一つボタンが搭載されている。これはINPUT SELECTボタンというもので、ここで入力ソースをコントロールでき、長押しすることで、Bleutoothのペアリングモードを実行できる。

104-BT-Y3に入力できるものとしては、INPUT SELECTにも書いてある通り、Bluetooth、AUX、RCA、TRSの4つ。リア側にRCAとTRSのケーブル端子があり、フロント側にAUX端子が用意されている。基本的な使い方としては、INPUT SELECTで流したい項目を選べばいいのだが、もしいちいち入力ソースを選ぶのが面倒だったり、手が届きにくいところにスピーカーを配置するのであれば、INPUT SELECTの最後の項目ALLを選ぶことでミキサー的な使用も可能だ。

ALLを選択している場合は、入力されているすべての音がミックスされスピーカーから出力される。104-BT-Y3自体には、それぞれの入力音量を調整する機能はないが、音源側でうまく調整することで、104-BT-Y3をミキサー代わりに使うことができる。ユーザーの用途や環境によって使い分けられる、より扱いやすいスピーカーがこの104-BT-Y3というわけだ。

実際にセッティングする場合は、右側にアンプ内蔵のマスタースピーカーを設置し、左側にエクステンションスピーカーを設置する。付属の電源用ケーブルを右側のマスタースピーカーに繋ぎ、左のエクステンションスピーカーには、付属の赤黒のスピーカーケーブルを用いて接続し、電源はリアのスイッチで切り替える。

出音は、同軸スピーカーであることも影響し、下から上まで全音域がキレイに混ざり合って自然な音で聴くことができ、非常にバランスが取れたサウンドといった印象。ちなみに、フロントに搭載してあるヘッドホン端子にヘッドホンを繋ぐことも可能で、接続の際はスピーカーからの音はミュートされる仕様となっている。

私が運営しているDTMステーションでは、JBL PROFESSIONAL 104-BT-Y3について、より詳細に紹介しているので、ぜひそちらも参照していただきたい。
「JBLの同軸スピーカーがBluetooth入力対応モデルとなって新登場!進化した小さなリファレンスモニター104-BTーY3」
https://www.dtmstation.com/archives/29255.html

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「104-BTW-Y3 [白]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

104-BTW-Y3 [白]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

104-BTW-Y3 [白]
JBL

104-BTW-Y3 [白]

最安価格(税込):¥22,330発売日:2020年 4月24日 価格.comの安さの理由は?

104-BTW-Y3 [白]をお気に入り製品に追加する <12

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[Bluetoothスピーカーの選び方]

Bluetoothスピーカーの選び方

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(Bluetoothスピーカー)

ご注意