『ロングセラーの実力派モデルが3年保証に』 AKG K702-Y3 野村ケンジさんのレビュー・評価

K702-Y3 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥21,010

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥21,010〜¥23,340 (13店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥21,010 〜 ¥21,010 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜39.8kHz K702-Y3のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • K702-Y3の価格比較
  • K702-Y3の店頭購入
  • K702-Y3のスペック・仕様
  • K702-Y3のレビュー
  • K702-Y3のクチコミ
  • K702-Y3の画像・動画
  • K702-Y3のピックアップリスト
  • K702-Y3のオークション

K702-Y3AKG

最安価格(税込):¥21,010 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 4月24日

  • K702-Y3の価格比較
  • K702-Y3の店頭購入
  • K702-Y3のスペック・仕様
  • K702-Y3のレビュー
  • K702-Y3のクチコミ
  • K702-Y3の画像・動画
  • K702-Y3のピックアップリスト
  • K702-Y3のオークション

『ロングセラーの実力派モデルが3年保証に』 野村ケンジさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

K702-Y3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:89件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止2
携帯性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ロングセラーの実力派モデルが3年保証に

独特のデザインセンスは古さを全く感じさせない

ヘッドバンドはファーストモデルと最新モデルで変更されている

MiniXLRコネクタの着脱式ケーブルはこの「K702」(とQ701)から採用されたもの

   

3年延長保証はパッケージにその旨を示すシールが貼られている

   

ヒビノから、AKGのプロフェッショナル向けヘッドホンが保証期間を3年に延長したモデルとして新発売されたため、これを機会に各モデルをお借りし、改めて試聴してみました。使用機材については、DAPはAK「KANN CUBE」やSHANLING「M6」、ウォークマン「ZX507」、ヘッドホンアンプはAKG「K1500」やティアック「UD-503」をメインとしながら、JBL「104BT-Y3」のヘッドホン出力と繋げてみるなど、そのほかにも色々な機材を試してみました。

【デザイン】
プロフェッショナル向けヘッドホンとして、オリジナル「K701」の改良進化型として登場したモデル。外観は新たに着脱式ケーブルを採用したのみの変更で、「K701」シリーズならではの個性的なデザインはまったく変わっておらず、ひと目でそれとわかる存在感の強いデザインとなっています。すでに10年以上作り続けられているロングセラーモデルですが、デザインにおいては全く色あせていません。

【高音の音質】
開放的な、伸びやかな高音を聴かせてくれます。モニターヘッドホンらしく、高音式にちょっとした強調感がありますが、それが全体のバランスを崩すことなく、AKGサウンドに上手く纏め上げられています。

【低音の音質】
オープン型ヘッドホンとしてはまずまずの量感を備えています。また、タイトで締まりのよい低音であるため、ロックやジャズなどはグルーブ感のよい演奏を聴かせてくれます。

【フィット感】
独特の自動調整機能を持つヘッドバンドと、口径の大きいベロア製イヤーパッド、そしてなりよりも軽量な本体重量により、装着感は良好です。人によって左右の締め付けがきついと感じる人もいるかもしれませんが、実際はそれほどでもありません。数時間使用していてもそれほど気にならないレベルです。

【外音遮断性】
オープン型ハウジングを採用しているため、外の音はかなり聴こえます。基本的に室内で利用するのが前提です。プロフェッショナル向けヘッドホンとしてもモニタールーム用で、録音ブースでは使えません。

【音漏れ防止】
オープン型ハウジングを採用しているため、音漏れはかなりあります。基本的に、1人に慣れる場所や室内での利用をお勧めします。

【携帯性】
比較的軽量な本体ですが、スイーベルや折りたたみ機能などがないため、持ち運びにはむいていません。室内での利用をお勧めします。

【総評】
(先日ヒビノ3年保証モデルが発売されることで復活を果たした)オリジナルモデル「K701-Y3」の改良版として、当時、コンシューマー向けとプロフェッショナル向け、2つのラインに分かれました。そのうちのプロフェッショナル向けヘッドホンがこの「K702-Y3」です。
「K701-Y3」からは、miniXLR端子採用の着脱式ケーブルを採用するなど細かい部分で変化が見られますが、その後「K702」自身もヘッドバンドが変更されるなどの改良が行われています。とはいえ、音色傾向は発売当時のままとなっています。
一見するとカラーバリエーションとケーブルが着脱式か否かくらいしか違いがないようにも思える「K701」シリーズですが、実際に聴き比べてみると、少しずつサウンドキャラクターが異なっていることが分かります。この「K702-Y3」は、最も刺激の少ない、客観的なサウンドに纏め上げられています。それを良しとするか、更に明瞭度の高い「K712PRO」にするかは、実際の音を聴き比べてチョイスするのが良いと思います。
とはいえ、外観はほとんど変化無いので、どちらを選んでも充分にAKGらしさは堪能できると思います。音はもちろん、デザインも含めて完成度の高い製品です。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「K702-Y3」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

K702-Y3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

K702-Y3
AKG

K702-Y3

最安価格(税込):¥21,010発売日:2020年 4月24日 価格.comの安さの理由は?

K702-Y3をお気に入り製品に追加する <2

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意