『SATA III RAID増設 M.2専用インターフェース デスクトップPC対応』 StarTech.com PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2] KAWAMURAKOUJIROUさんのレビュー・評価

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥11,813

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥11,813

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥11,813¥19,126 (11店舗) メーカー希望小売価格:¥―

対応バス:PCI-Express 対応インターフェイス:SATAIII/RAID/M.2 PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]の価格比較
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]の店頭購入
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のスペック・仕様
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のレビュー
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のクチコミ
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]の画像・動画
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のピックアップリスト
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のオークション

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]StarTech.com

最安価格(税込):¥11,813 (前週比:±0 ) 登録日:2020年 3月19日

  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]の価格比較
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]の店頭購入
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のスペック・仕様
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のレビュー
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のクチコミ
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]の画像・動画
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のピックアップリスト
  • PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のオークション

『SATA III RAID増設 M.2専用インターフェース デスクトップPC対応』 KAWAMURAKOUJIROUさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のレビューを書く

KAWAMURAKOUJIROUさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

インターフェイスカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
機能性5
入出力端子5
SATA III RAID増設 M.2専用インターフェース デスクトップPC対応

デスクトップパソコンの、検索時、文字入力時、エラー修正用に購入しました。検索入力時の不明なバイナリ文字、誤字がなくなり、Windows Updateのエラーも解消できました。M.2専用カードが1枚は必要です、デスクトップパソコン購入時に付属している、ServerView Suiteに収録されている
RAID Managerの アプリ フォルダーを探し次に、JAVAサイトのJava (JDK)をダウンロードして
Windowsシステムツールのコントロールパネル、システムとセキュリティー、システム、
システムの詳細設定、環境変数の設定でRAID Managerで指定されている設定説明の通りに進める。
フォルダーパスは\ 〇\○○○○\jdk-○○\bin などとなる。

StarTech.comのこのコントローラカードを使用して、2台のNGFF M.2ドライブのサイズと速度を組み合わせることができます。OSをM.2ドライブにインストールするだけで、最もよく使うファイルにすばやくアクセスできるようになり、大容量のHDDを大容量記憶装置用に解放することもできます。

拡張可能な内部ストレージこのコントローラカードは、RAID 0、1及び10の構成に対応。コンピュータのパフォーマンスを向上させたり、データ冗長バックアップを作成することが可能。
簡単にセットアップフルプロファイルブラケットで簡単に取り付けができます。ほとんどのオペレーティングシステムでネイティブサポートでバックアップされているため、このコンポーネントはNGFF機能にすばやく簡単にアクセスできます。

2つのM.2 B-Keyオンボードソケットを備えているため、最大6 Gbpsの高速SATA III転送速度を実現ネイティブコマンドキューイング(NCQ)に加えて、柔軟なATA及びATAPIコマンドをサポート

Startech M.2 SSD RAID コントローラカードを使用すると、 2 台の M.2 NGFF
Next Generation Form Factor ドライブをデスクトップコンピュータに取り付けることができます。SATA III ( 6 Gbps )ポートも 2 つ備えており、ハードウェア RAID をサポートします。
ユーザーは、 M.2 ソリッドステートドライブ( SSD )の速度とコンパクトサイズを、
従来のハードディスクドライブ( HDD )のストレージ容量とマージできます。

このカードは、どのようなドライブと互換性がありますか?この汎用アダプタは、22110、2280、2260、2242及び2230のドライブサイズとハイブリッドドライブに対応しています。

M.2は本質的にはSATA Expressの小型版といえる。M.2の提供するバスインターフェイスは論理的にはSATA Expressの上位互換である。M.2はSATA Expressの持つPCI ExpressとSATA 3.0との互換性に加えて、USB 3.0との内部互換性を備える。M.2端子には一つ以上の切り欠きがあり、
組み合わせで機器のタイプを示す、M.2の拡張カードには、SSD、Wi-Fi、Bluetooth、GPS、NFC、デジタルラジオ、WiGig、WWANなど様々な機能を持たせることができる。バス方式はPCI Express、Serial ATA 3.0、USB 3.0(USB 2.0と下位互換)の三種類が提供される。SATA規格ではrevision 3.2で新たにM.2についてのハードウェアレイアウトを定めている。

M.2は4つのPCI Expressレーンと1つのSATA 3.0 6Gbpsポートを一つの端子内に備えており、PCI Express機器とSATAストレージ機器をM.2カードとして接続することができる。PCI Expressレーンはストレージ機器から見て通常のPCI Expressと全く同じに、追加の抽象化なく接続できる。
2013年12月、PCI-SIG(英語版)は、M.2規格 1.0でM.2について定めている

M.2ストレージ機器はSATA Expressと同じく、論理的インターフェイスおよび命令セットについて以下の三種類のいずれかを使うことができる

レガシーSATA
SATA接続のSSDなどに使われるM.2端子のSATA 3.0 6Gbpsポートを使用しAHCIで機器と通信する。

PCI Express上のAHCI
PCI Express接続のSSDなどに使われる。PCI Expressレーンを使用し、AHCIで機器と通信する。AHCIはCPUと外部機器の速度差が大きい頃ホストバスアダプタのために開発された規格であるため、
非効率な部分がある。そのため最高速度ではないものの、普及しているSATA機器との後方互換性を確保できる2018年現在ではNVM Expressへの移行が完了している。

PCI Express上のNVM Express
PCI Express接続のSSDなどに使われる。PCI Expressレーンを使用し、NVM Expressで機器と通信する。NVM Expressは低レイテンシと並列性を主眼に置いて新たに開発されたストレージインターフェイスで、近年のCPU、プラットフォーム、アプリケーションの並列性を活かすことができる。

フォームファクタと端子
M.2はmSATAの後継ではあるが、フォームファクタや端子の互換性を持たない。mSATAは拡張カードのフォームファクタと端子規格には既存のMini PCI Expressの物をそのまま採用したが、M.2はフットプリントを小さく、拡張カードのサイズを大きくできるよう新規に設計された。基板の両面に部品が張り出したような機器も可能になるため、単純に考えてM.2のSSDはmSATAのSSDに比べて容量を倍にすることができる。

M.2カードは直方体で、短辺に端子を持つ。0.5mmのピッチで75のポジションと最大67のピンを持ち、ピンは基板の両面にわたる。端子の逆側の辺の中央に半円形のネジ穴がある。
端子の各ピンは最大50V、0.5A、端子自体は最大60回の抜き差しに耐えるものとされる。
M.2機器の幅は12、16、22、30mmの4種、長さは16、26、30、38、42、60、80、110mmの
8種類からなる。最初期に一般に流通したM.2機器のサイズは、幅22mm、長さは30、42、60、80、110mmというものだった
M.2カードは端子によってホスト機器の回路に接続され、逆側のネジ1本で固定される。カード基板上の部品は両方の面に張り出してもよい。タイプによって最大の厚みは異なるが、最大で片面ごとに1.5mmである。空間を確保するため、ホスト側の端子は片面のカードと両面のカードで別のものが使われる。ホスト機器は通常複数の種類の長さのM.2カードをサポートするため、
その場合基板上にはマウント用のネジ穴が複数用意されることになる

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]
StarTech.com

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]

最安価格(税込):¥11,813登録日:2020年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

PEXM2SAT3422 [SATA 6Gb/s/M.2]をお気に入り製品に追加する <5

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[インターフェイスカード]

インターフェイスカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(インターフェイスカード)

ご注意