『豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か』 パナソニック Technics EAH-AZ70W-S [シルバー] ブッルクナンさんのレビュー・評価

2020年 4月10日 発売

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]

  • 「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。飛行機や電車など外出先でのさまざまな騒音を大幅に低減する。
  • 直径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載し、ドライバー前後の空気の流れを制御する「アコースティックコントロールチャンバー」を採用。
  • タッチセンサーアンテナを採用することで、安定したBluetooth接続と小型化の両立を実現している。
Technics EAH-AZ70W-S [シルバー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥24,750

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥24,750

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥24,750¥27,692 (37店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥24,750 〜 ¥24,750 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]の価格比較
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]の店頭購入
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のスペック・仕様
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のレビュー
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のクチコミ
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]の画像・動画
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のピックアップリスト
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のオークション

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]パナソニック

最安価格(税込):¥24,750 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 4月10日

  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]の価格比較
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]の店頭購入
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のスペック・仕様
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のレビュー
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のクチコミ
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]の画像・動画
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のピックアップリスト
  • Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のオークション

『豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か』 ブッルクナンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のレビューを書く

ブッルクナンさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
57件
プリメインアンプ
2件
4件
腕時計
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性5
豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か
   

   

愛用のWF-1000XM3を胸ポケットに入れたまま洗濯するという失態を犯してしまい、もうノイキャンなし環境に戻れない体質になっていたため、翌日ヨドバシ梅田に駆け込み購入。
(後日談ですが、完全に死んでいた1000XM3。電源が付き、微かながら音が聞こえ、常に鳴っていたビープー音が消え、3日後には洗濯前にパフォーマンスが完全に戻ったのにびっくり。しかし慌てて当機を購入した事に後悔はしていません。)

使用プレイヤー:Xperia1、iPadPro(Gen2)

どっぷりと1000XM3に慣れ切っていたためそれとの比較になります。パナとソニーの永遠のライバル対決ですね。

デザイン:イヤフォン、ケースともに艶消しのアルミ筐体の高級感は1000XM3より上。新生テクニクスの据え置きオーディオの筐体とコンセプトが統一されています。

フィット感:XM1000は何度、耳から落下させたことか・・・でしたがこちらはきっちりと耳の奥までフィットしつつ、圧迫感や重さを感じない。

ノイキャン機能:両社優劣付け難く現状の同種商品群の中でトップレベルにあると思います。ノイキャンレベルの調整は専用アプリであるテクニクスAudioConnectで行うが、電車内で調節する限りノイキャンレベル40%あたりが一番外音が遮断されるという不思議な結果に。
一番強い方に振り切ると明らかに外音が聞こえるのは、バグかもしれません。

音質:1000XM3の豊かな中低音に慣れ切っているからか当初は、確かに音質はクールで上品だが、悪く言えば平坦に聞こえ落胆。よくイヤフォン、ヘッドフォンで使われる音場という言葉を借りると音場はかなり広いが、音が纏まらず散らかっているイメージ。ただし出る音のレベルはとても無線伝送とは思えないほど高解像度で綺麗。
というようにどちらかというとネガティブなイメージだったが、数日こちらを中心に聴いていると、その高解像度でシャープで上品(若干高域より)な出音がとても気持ちが良くなってきました。テクニクスを冠するだけあってピュアオーディオ寄りというべきか。1000XM3ほどの豊かな押し出し感はないもののその素直さからくる美しさが感じられるようになったのが嬉しい。

両機種を検討している方は、音の味付けや方向性が結構異なるので視聴が必須です。

主な用途
音楽
ゲーム

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性5
豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か
   

   

愛用のWF-1000XM3を胸ポケットに入れたまま洗濯するという失態を犯してしまい、もうノイキャンなし環境に戻れない体質になっていたため、翌日ヨドバシ梅田に駆け込み購入。
(後日談ですが、完全に死んでいた1000XM3。電源が付き、微かながら音が聞こえ、常に鳴っていたビープー音が消え、3日後には洗濯前にパフォーマンスが完全に戻ったのにびっくり。しかし慌てて当機を購入した事に後悔はしていません。)

使用ガジェット:Xperia1、iPadPro(Gen2)

どっぷりと1000XM3に慣れ切っていたためそれとの比較になります。パナとソニーの永遠のライバル対決ですね。

デザイン:イヤフォン、ケースともに艶消しのアルミ筐体の高級感は1000XM3より上。新生テクニクスの据え置きオーディオの筐体とコンセプトが統一されています。

フィット感:XM1000は何度、耳から落下させたこか・・・でしたがこちらはきっちりと耳の奥までフィットしつつ、圧迫感や重さを感じない。

ノイキャン機能:両社優劣付かずで現状の同種商品群の中でトップレベルにあると思います。ノイキャンレベルの調整は専用アプリであるテクニクスAudioConnectで行うが、電車内で調節する限りノイキャンレベル40%あたりが一番外音が遮断されるという不思議な結果に。
一番強い方に振り切ると明らかに外音が聞こえるのは、バグかもしれません。

音質:1000XM3の豊かな中低音に慣れ切っているからか当初は、確かに音質はクールで上品だが、悪く言えば平坦に聞こえ落胆。よくイヤフォン、ヘッドフォンで使われる音場という言葉を借りると音場はかなり広いが、音が纏まらず散らかっているイメージ。ただし出る音のレベルはとても無線伝送とは思えないほど高解像度で綺麗。
というようにどちらかというとネガティブなイメージだったが、数日こちらを中心に聴いていると、その高解像度で上品で(若干高域より)のフラットが気持ちが良くなってきました。ピュアオーディオ寄りというべきか。1000XM3ほどの押し出し感はないもののその素直さからくる美しさが感じられるようになったのが嬉しい。

両機種を検討している方は、その性格が結構異なるので視聴が必須です。

主な用途
音楽
ゲーム

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性5
豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か

愛用のWF-1000XM3を胸ポケットに入れたまま洗濯するという失態を犯してしまい、もうノイキャンなし環境に戻れない体質になっていたため、翌日ヨドバシ梅田に駆け込み購入。
(後日談ですが、完全に死んでいた1000XM3。電源が付き、微かながら音が聞こえ、常になっていたビープー音が消え、3日後には洗濯前にパフォーマンスが完全に戻ったのにびっくり。しかし慌てて当機を購入した事に後悔はしていません。)

使用ガジェット:Xperia1、iPadPro(Gen2)

どっぷりと1000XM3に慣れ切っていたためそれとの比較になります。パナとソニーの永遠のライバル対決ですね。

デザイン:イヤフォン、ケースともに艶消しのアルミ筐体の高級感は1000XM3より上。新生テクニクスの据え置きオーディオの筐体とコンセプトが統一されています。

フィット感:XM1000は何度、耳から落下させたか・・・でしたがこちらはきっちりと耳の奥までフィットしつつ、圧迫感や重さを感じない。

ノイキャン機能:両社優劣付かずで現状の同種商品群の中でトップレベルにあると思います。ノイキャンレベルの調整は専用アプリであるテクニクスAudioConnectで行うが、電車内で調節する限りノイキャンレベル40%あたりが一番外音が遮断されるという不思議な結果に。
一番強い方に振り切ると明らかに外音レベルが上がるのは、バグかもしれません。

音質:1000XM3の豊かな中低音に慣れ切っているからか当初は、全域がフラットで確かに音質はクールで上品だが、悪く言えば平坦に聞こえ落胆。よくイヤフォン、ヘッドフォンで使われる音場という言葉を借りると音場はかなり広いが、音が纏まらず散らかっているイメージ。ただし出る音のレベルはとても無線伝送とは思えないほど高解像度で綺麗。
どちらからというとネガティブなイメージだったが、数日こちらを中心に聴いていると、その高解像度で上品で(若干高域より)のフラットが気持ちが良くなってきました。ピュアオーディオ寄りというべきか。1000XM3ほどの押し出し感はないもののその素直さからくる美しさが感じられるようになったのが嬉しい。

両機種を検討している方は、その性格が結構異なるので視聴が必須です。

主な用途
音楽
ゲーム

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性5
豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か

愛用のWF-1000XM3を胸ポケットに入れたまま洗濯するという失態を犯してしまい、もうノイキャンなし環境に戻れない体質になっていたため、翌日にヨドバシ梅田に駆け込み購入。
(後日談ですが、完全に死んでいた1000XM3。電源が付き、微かながら音が聞こえ、常になっていたビープー音が消え、3日後には洗濯前にパフォーマンスが完全に戻ったのにびっくり。しかし慌てて当機を購入した事に後悔はしていません。)

使用ガジェット:Xperia1、iPadPro(Gen2)

どっぷりと1000XM3に慣れ切っていたためそれとの比較になります。パナとソニーの永遠のライバル対決ですね。

デザイン:イヤフォン、ケースともに艶消しのアルミ筐体の高級感は1000XM3より上。新生テクニクスの据え置きオーディオの筐体とコンセプトが統一されています。

フィット感:XM1000は何度、耳から落下させたか・・・でしたがこちらはきっちりと耳の奥までフィットしつつ、圧迫感や重さを感じない。

ノイキャン機能:両社優劣付かずで現状の商品群の中でトップレベルにあると思います。ノイキャンレベルの調整は専用アプリであるテクニクスAudioConnectで行うが、電車内で調節する限りノイキャンレベル40%あたりが一番外音が遮断されるという不思議な結果に。
一番強い方に振り切ると明らかに外音レベルが上がるのは、バグかもしれません。

音質:1000XM3の豊かな中低音に慣れ切っているからか当初は、全域がフラットで確かに音質はクールで上品だが、悪く言えば平坦に聞こえ落胆。よくイヤフォン、ヘッドフォンで使われる音場という言葉を借りると音場はかなり広いが、音が纏まらず散らかっているイメージ。ただし出る音のレベルはとても無線伝送とは思えないほど高解像度で綺麗。
どちらからというとネガティブなイメージだったが、数日こちらを中心に聴いていると、その高解像度で上品で(若干高域より)のフラットが気持ちが良くなってきました。ピュアオーディオ寄りというべきか。1000XM3ほどの押し出し感はないもののその素直さからくる美しさが感じられるようになったのが嬉しい。

両機種を検討している方は、その性格が結構異なるので視聴が必須です。

主な用途
音楽
ゲーム

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性5
豊かな押出し感の1000XM3かピュアオーディオ的な美しさの当機か

愛用のWF-1000XM3を胸ポケットに入れたまま洗濯するという失態を犯してしまい、もうノイキャンなし環境に戻れない体質になっていたため、翌日にヨドバシ梅田に駆け込み購入。
(後日談ですが、1000XM3ですが、電源が付き、微かながら音が聞こえ、常になっていたビープー音が消え、3日後には洗濯前にパフォーマンスが完全に戻ったのにびっくり。しかし慌てて当機を購入した事に後悔はしていません。)

使用ガジェット:Xperia1、iPadPro(Gen2)

どっぷりと1000XM3に慣れ切っていたためそれとの比較になります。パナとソニーの永遠のライバル対決ですね。

デザイン:イヤフォン、ケースともに艶消しのアルミ筐体の高級感は1000XM3より上。新生テクニクスの据え置きオーディオの筐体とコンセプトが統一されている。

フィット感:XM1000は何度、耳から落下させたか・・・でしたがこちらはきっちりと耳の奥までフィットしつつ、圧迫感や重さを感じない。

ノイキャン機能:両社優劣付かずで現状の商品群の中でトップレベルにあると思います。ノイキャンレベルの調整は専用アプリであるテクニクスAudioConnectで行うが、電車内で調節する限りノイキャンレベル40%あたりが一番外音が遮断されるという不思議な結果に。
一番強い方に振り切ると明らかに外音レベルが上がるのは、バグかもしれません。

音質:1000XM3の豊かな中低音に慣れ切っているからか当初は、全域がフラットで確かに音質はクールで上品だが、悪く言えば平坦に聞こえ落胆。よくイヤフォン、ヘッドフォンで使われる音場という言葉を借りると音場はかなり広いが、音が纏まらず散らかっているイメージ。ただし出る音のレベルはとても無線伝送とは思えないほど高解像度で綺麗。
どちらからというとネガティブなイメージだったが、数日こちらを中心に聴いていると、その高解像度で上品で(若干高域より)のフラットが気持ちが良くなってきました。ピュアオーディオ寄りというべきか。1000XM3ほどの押し出し感はないもののその素直さからくる美しさが感じられるようになったのが嬉しい。

両機種を検討している方は、その性格が結構異なるので視聴が必須です。

主な用途
音楽
ゲーム

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
すぐ壊れる  1 2022年5月21日 19:38
動画目的ならあり  3 2022年2月28日 16:45
音質重視  4 2022年2月5日 15:31
刺さる人には色んな意味で刺さるイヤホン  5 2022年1月20日 01:02
AZ60より高音質  5 2022年1月17日 22:25
AirPodsProより音は良いですが・・・  5 2021年11月11日 23:37
1年以内(11か月目)で壊れました  1 2021年9月29日 07:04
この時期にこの商品を買うメリットはありません  1 2021年8月27日 16:51
シンプルで完成度の高いイヤホン。特にノイズキャンセルが快適  5 2021年8月3日 02:44
良音  3 2021年7月3日 15:43

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のレビューを見る(レビュアー数:79人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]
パナソニック

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]

最安価格(税込):¥24,750発売日:2020年 4月10日 価格.comの安さの理由は?

Technics EAH-AZ70W-S [シルバー]をお気に入り製品に追加する <306

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意