『生産性が高く自分にとって何処でも持ち出せる万能に近いカメラ』 オリンパス OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット ホーリー28さんのレビュー・評価

2020年 2月28日 発売

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット

  • 小型・軽量と高画質を兼ね備えた、「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ。
  • 7.5段手ぶれ補正と画像処理エンジン「TruePic IX」により高画質を実現。「プロキャプチャーモード」や手持ち4K動画など多彩な撮影機能を備えている。
  • 防じん・防滴、耐低温設計で、高速・高精度なAFシステムを搭載。ズーム全域開放F2.8の大口径レンズ「12-40mm F2.8 PRO」が付属。
OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥222,700

(前週比:+12円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥230,495

アーチ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥209,550 (6製品)


価格帯:¥222,700〜¥301,500 (45店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥222,700 〜 ¥255,420 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:504g OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ご利用の前にお読みください

 
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのオークション

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットオリンパス

最安価格(税込):¥222,700 (前週比:+12円↑) 発売日:2020年 2月28日

  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのオークション

『生産性が高く自分にとって何処でも持ち出せる万能に近いカメラ』 ホーリー28さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
61件
レンズ
0件
5件
雲台
0件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
生産性が高く自分にとって何処でも持ち出せる万能に近いカメラ
当機種40-150mm F2.8 PRO,1.4x Teleconverter を使用し手持ちハイレゾにて撮影
当機種12-40mm  F2.8 PROで手持ちハイレゾにて撮影
当機種左:ノーマル撮影,右:手持ちハイレゾ撮影

40-150mm F2.8 PRO,1.4x Teleconverter を使用し手持ちハイレゾにて撮影

12-40mm F2.8 PROで手持ちハイレゾにて撮影

左:ノーマル撮影,右:手持ちハイレゾ撮影

OM-D E-M1 MarkU(以下MarkU又はMarkV)を3年使用し、分解整備に出そうかと思いましたが買い換えることにしました。また、手持ちハイレゾ機能追加も買い替えの大きな理由です。
最初はボディのみの購入を考えていましたが、このキットレンズも欲しくなりボディのみの注文をキャンセルしての購入となりました。
レビュー時点では、3か月の使用です。(画像を追加し、記述も追記しました)

【デザイン】
MarkUから踏襲していて、良いと思います。

【画質】
センサーは MarkUと変わらず画像処理エンジンの変更のみなので期待していません。とは言え、2000万画素機としてはProレンズとの組み合わせではトップクラスの解像度だと思います。
アップした画像は拡大しないと分かりにくいですが、左の拡大部分に格子状が見えませんが右のハイレゾは格子状となっているのが見れます。ちなみにレンズはVoightlander NOKTON 10.5mm F0.95で、F2.8に絞っても周辺部は流れているので中央部の拡大としました。
手持ちハイレゾは16枚も画像合成するので、シャッター時間が長くなるだけでなく画像処理時間も長いので注意が必要ですが、自分にとってはメリットの方が多いです。例えば、NDフィルター無しでNDフィルター効果が得られます。また、高感度撮影時のノイズが消える傾向があります。
ハイレゾの欠点としては、被写体ブレがあります。特に手持ちハイレゾは大きくなるので、それを表現として生かす工夫が必要です。
また、手持ちでHDR撮影も可能です。
希望としては、2000万画素のままで良いので裏面照射型のセンサーにしてダイナミックレンジの拡大や高感度耐性を上げて欲しいです。また、ハイレゾ撮影時のISO最大値は1600ですが3200に上げて欲しいです。

【操作性】
MarkUから踏襲するだけでなくフォーカスポイントの移動が簡単なように改善が見られて良いです。
ライブ撮影もシャッターダイヤルのBに割り当てられたので簡単になりました。
但し、HDRの選択が変更されて呼び出し辛くなったので、シャッターダイヤルのC3に割り当てて解決しました。

【バッテリー】
MarkUと変わらず、ミラーレスの中ではトップクラスで良いと思います。

【携帯性】
マイクロフォーサーズとしては重い方だと思いますが、フルサイズとのシステム比較では断然小型軽量となります。防塵防滴性能が高く、MarkUでは登山や山スキー等の過酷な環境にも耐えられました。
まだMarkVで冬山に持って行けてませんが、MarkU同様と思われます。

【機能性】
画像処理機能が搭載されていて良いと思いますが、比較暗合成もあると、もっと良かったと思います。
手ブレ補正も強力で、広角レンズなら1秒以上も十分可能です。プロは10秒と言う人もいますが...
センサーのダストリダクションも強力でMarkUを3年使用してゴミは1度しか経験していません。

【液晶】
MarkUと同じで悪くはないです。

【ホールド感】
MarkUと同じで良いと思います。

【総評】
他のカメラシステムは、フルサイズのSony α7RVとASP-CのNikon D7500を持っていて、使い分けています。
α7RVは超広角と一発星撮り担当、D7500は飛行機や鳥担当、MarkVは万能ズームの12-100mm F4.0 IS PROと過酷な環境やお手軽に持ち出す時です。3000mへの稜線へも40-150mm F2.8 PROと12-40mm F2.8 PROとVoightlander を持って行くことが出来ます。
星撮りの場合は、3台並べて撮ることがあります。
MarkVはライブコンポジットで日周運動、D7500はタイムラプス動画、α7RVは一発星撮りです。

自分は基本性能の良いフルサイズのSony α7RVを持っているので、もっと活用したいのですが耐環境性や携帯性が悪く、晴れの日の青空を撮るとゴミが写ってしまい、ゴミを消す処理に手間がかかってしまったりボツが多くなってしまう。
ちなみにASP-Cは良いレンズが少なく、結果的に解像度でマイクロフォーサーズに負けています。かと言ってフルサイズのレンズを購入する気にもなりません。但し、Nikon D7500では飛行機や鳥の撮影にフルサイズ用のSIGMA Sport 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMを使用しています。これはオリンパスが望遠ズームレンズを発売してくれなかったので待ちきれず購入したものです。

結果MarkVを持ち出すことが殆どで、自分にとってMarkVは、生産性が高くメインカメラで何処でも持ち出せる万能に近いカメラと言えます。
今後もMarkU同様にMarkVが6割以上撮影することになると思います。

比較製品
ニコン > D7500 ボディ
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
スポーツ
その他

参考になった13人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
自分にとって何処でも持ち出せる万能に近いカメラ
当機種左:ノーマル撮影,右:手持ちハイレゾ撮影
   

左:ノーマル撮影,右:手持ちハイレゾ撮影

   

OM-D E-M1 MarkU(以下MarkU又はMarkV)を3年使用し、分解整備に出そうかと思いましたが買い換えることにしました。また、手持ちハイレゾ機能追加も買い替えの大きな理由です。
最初はボディのみの購入を考えていましたが、このキットレンズも欲しくなりボディのみの注文をキャンセルしての購入となりました。
レビュー時点では、3か月の使用です。

【デザイン】
MarkUから踏襲していて、良いと思います。

【画質】
センサーは MarkUと変わらず画像処理エンジンの変更のみなので期待していません。とは言え、2000万画素機としてはProレンズとの組み合わせではトップクラスの解像度だと思います。
アップした画像は拡大しないと分かりにくいですが、左の拡大部分に格子状が見えませんが右のハイレゾは格子状となっているのが見れます。ちなみにレンズはVoightlander NOKTON 10.5mm F0.95で、F2.8に絞っても周辺部は流れているので中央部の拡大としました。
手持ちハイレゾは16枚も画像合成するので、シャッター時間が長くなるだけでなく画像処理時間も長いので注意が必要ですが、自分にとってはメリットの方が多いです。例えば、NDフィルター無しでNDフィルター効果が得られます。
ハイレゾの欠点としては、被写体ブレがあります。特に手持ちハイレゾは大きくなるので、それを表現として生かす工夫が必要です。
また、手持ちでHDR撮影も可能です。
希望としては、2000万画素のままで良いので裏面照射型のセンサーにしてダイナミックレンジの拡大や高感度耐性を上げて欲しいです。

【操作性】
MarkUから踏襲するだけでなくフォーカスポイントの移動が簡単なように改善が見られて良いです。
ライブ撮影もシャッターダイヤルのBに割り当てられたので簡単になりました。
但し、HDRの選択が変更されて呼び出し辛くなったので、シャッターダイヤルのC3に割り当てて解決しました。

【バッテリー】
MarkUと変わらず、ミラーレスの中ではトップクラスで良いと思います。

【携帯性】
マイクロフォーサーズとしては重い方だと思いますが、フルサイズとのシステム比較では断然小型軽量となります。防塵防滴性能が高く、MarkUでは登山や山スキー等の過酷な環境にも耐えられました。
まだMarkVで冬山に持って行けてませんが、MarkU同様と思われます。

【機能性】
画像処理機能が搭載されていて良いと思いますが、比較暗合成もあると、もっと良かったと思います。
手ブレ補正も強力で、広角レンズなら1秒以上も十分可能です。プロは10秒と言う人もいますが...
センサーのダストリダクションも強力でMarkUを3年使用してゴミは1度しか経験していません。

【液晶】
悪くはないです。

【ホールド感】
MarkUと同じで良いと思います。

【総評】
他のカメラシステムは、フルサイズのSony α7RVとASP-CのNikon D7500を持っていて、使い分けています。
α7RVは超広角と一発星撮り担当、D7500は飛行機や鳥担当、MarkVは万能ズームの12-100mm F4.0 IS PROと過酷な環境やお手軽に持ち出す時です。3000mへの稜線へも40-150mm F2.8 PROと12-40mm F2.8 PROとVoightlander を持って行くことが出来ます。
星撮りの場合は、3台並べて撮ることがあります。
MarkVはライブコンポジットで日周運動、D7500はタイムラプス動画、α7RVは一発星撮りです。

自分にとってMarkVは、生産性が高くメインカメラで何処でも持ち出せる万能に近いカメラと言えます。
今後もMarkU同様にMarkVが6割以上撮影することになると思います。

比較製品
SONY > α7R III ILCE-7RM3 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
スポーツ

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット
オリンパス

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット

最安価格(税込):¥222,700発売日:2020年 2月28日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットをお気に入り製品に追加する <184

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意