『物凄い進化でした。』 マランツ PM-12 OSE ラボックの風さんのレビュー・評価

2020年 2月下旬 発売

PM-12 OSE

  • ディスクリートDACや「電流帰還型プリアンプ+スイッチング・パワーアンプ構成」を採用したプリメインアンプ。日本市場向け専用モデル。
  • 独自の高速アンプモジュール「HDAM-SA3」を用いた電流帰還型アンプにJFET入力とDCサーボ回路を組み合わせた1段構成のプリアンプ回路を搭載。
  • 完全独立のプリアンプ専用電源回路により、パワーアンプに影響されない安定動作を実現している。
PM-12 OSE 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥326,700

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥326,700¥363,000 (11店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥350,000

店頭参考価格帯:¥326,700 〜 ¥326,700 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:100W/8Ω/200W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜16Ω 再生周波数帯域:5Hz〜50kHz アナログ入力:5系統 アナログ出力:2系統 PM-12 OSEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PM-12 OSEの価格比較
  • PM-12 OSEの店頭購入
  • PM-12 OSEのスペック・仕様
  • PM-12 OSEのレビュー
  • PM-12 OSEのクチコミ
  • PM-12 OSEの画像・動画
  • PM-12 OSEのピックアップリスト
  • PM-12 OSEのオークション

PM-12 OSEマランツ

最安価格(税込):¥326,700 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 2月下旬

  • PM-12 OSEの価格比較
  • PM-12 OSEの店頭購入
  • PM-12 OSEのスペック・仕様
  • PM-12 OSEのレビュー
  • PM-12 OSEのクチコミ
  • PM-12 OSEの画像・動画
  • PM-12 OSEのピックアップリスト
  • PM-12 OSEのオークション

『物凄い進化でした。』 ラボックの風さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM-12 OSEのレビューを書く

ラボックの風さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
3件
1件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5
物凄い進化でした。

2年前の夏、PM-14S1からPM-12にスイッチし愛用してきましたが、ブランニューのMODEL30のリリースを知り、コロナ禍以降久しぶりに訪れたオーディオショップでMODEL30、PM-12とOSEの比較試聴が出来たことで、驚くほど進化していたことを知りOSEにスイッチしました。

PM-12のデビューに際し新たなマランツサウンドを感じたのですが、聞き込むうちに「あと少しの滑らかさと空間に広がりがあったら…」と感じる時もあり、OSEはまさしく私の琴線に触れる製品でした。基本的には、PM-12の長所である高域から低域までバランスの良い力強いサウンドをベースとしながら、以下の進化を感じます。

【音場が広がった】
音場が広くなり包まれ感が増すとともにスケール感が大きくなりました。スケール感については下記の「滑らかさが増したこと」と「重心が下がったこと」との相乗効果です。FourplayのLet's Touch the Skyでは低域の響きとともに突き抜ける爽快感という全体のレンジが広がりましたし、イタリアの歌姫Laura PausiniのBastavaでの声の伸びが素晴らしい。バイロイト音楽祭でのフルトヴェングラー指揮によるベートーベン:第9(ハイレゾ版)や辻井伸行氏の優しい音色のピアノによる包まれ感が増すなど、音場が広がったメリットは絶大です。

【音の粒が細かくなり滑らかさが増した】
若干のヘジテーションというか少しのザラツキと、そのことに起因する音の固さを感じることもありましたが、一音一音が細かくなり滑らかになったことで表現が格段に向上しました。映像でいえばフレームレートが上がったかのように音がスムースで滑らかになっています。シンバルの減衰はより自然になり、余韻が美しく長くなったことでLed ZeppelinのGood Times Bad Timesでのドラムス全体がきれいに響きます。まるで深海の中で聞いているかのような不思議な空間に包まれる三村奈々恵さんのヒムでは幻想的な風景が広がりますし、アンネ=ゾフィー・ムターによるチャイコフスキー:バイオリン協奏曲ではバイオリンの響きに深みと艶が増しました。

【音の重心が下がって厚みを増した】
PM-12でも切れの良い低域が力強く鳴っていましたが、中低域の空間が下側に広がり音に厚みが増しました。バスドラム等は音が太くなりシンプルなドラムスから始まるJohn MayerのWaiting on the World to Changeなど安定感が増しました。Christoph Spendelがカバーした Sunnyなども重心が下がってしっとり感が増したことで十二分に楽しめますし、若きEric ClaptonがThe Bluesbreakers在籍時にキレッキレのギターでオーバードライブさせたマーシャル1962は、アメリカ仕様の117V版を昇圧せずに100Vのまま日本で鳴らしている状態から英国本国使用の240V版になったかのようです。もちろん録音は240Vですけど…。中低域が厚く太くなったことで、粘っこいロックやブルーズなどの楽曲もゾーンに入ったと感じます。
 
私の印象では素晴らしいグレードアップでありB&W702S2との相性も良好ですし、ネガな部分は全く感じません。PM-12からこれほどのサウンドが引き出せるのだったら、開発等に携わった方々がOSEを早く世に出したいと思う気持ちは良く理解できます。PM-12のモデルチェンジが早かったことに様々意見もあるようですが、どの組織にも必ず多くの制約条件があり、それらを乗り越えてポテンシャルを引き出したサウンドマネージャーの感性と、製品として世に送り出した関係者の決断を讃えたいと思います。

なお、PM-12 OSEとMODEL30は別物と感じました。PM-12がベースになっているとのことで試聴してみても兄弟関係であることは明らかですが、MODEL30は高域の煌びやかさが特徴というより、中低域がたっぷりとしたおおらかな鳴りっぷりを感じたことで、これはこれで新たなマランツの世界と感じました。相棒になるSACD30nの多機能ぶりを見ると、昨今の音楽環境に合わせて多様なソースの楽曲を取り込む機能にフォーカスし、あらゆる音楽を高音質だけどカジュアルに楽しむスタイルにもフィットするモデルという印象を持ちましたし、鳴りっぷりも含めて広く受け入れられるモデルであるとともにオーディオルームというよりリビングルームが似合うと感じました。ただし、MODEL30も素性の良い製品であり聞き込むほどに発見が有りそうな気がしますが、音への拘りという点では OSEの方が数段上と思いました。今後MODELシリーズとしてどのように展開していくかにも興味が湧きます。

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「PM-12 OSE」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
良い音です!  5 2022年7月24日 14:27
高解像度のまますごく滑らかな音になった!  5 2022年5月27日 16:46
有線ストリーミングに桁違いの音質向上  5 2022年2月26日 18:26
マランツト-ン  2 2021年11月19日 05:37
本気を出したマランツの凄さを知りました!これは名機です!  5 2020年10月24日 00:57
物凄い進化でした。  5 2020年10月19日 20:17

PM-12 OSEのレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM-12 OSEのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

PM-12 OSE
マランツ

PM-12 OSE

最安価格(税込):¥326,700発売日:2020年 2月下旬 価格.comの安さの理由は?

PM-12 OSEをお気に入り製品に追加する <59

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意