『ディスプレイ出力端子が4系統しかないのに実は6画面出力対応!?』 ASRock Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB] 西川善司さんのレビュー・評価

2020年 1月29日 発売

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥36,185

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥36,185

pc4u.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥36,185〜¥52,580 (13店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥42,020 〜 ¥42,020 (全国8店舗)最寄りのショップ一覧

搭載チップ:AMD/Radeon RX 5600 XT バスインターフェイス:PCI Express 4.0 x16 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3 メモリ:GDDR6/6GB Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]の価格比較
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]の店頭購入
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のスペック・仕様
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のレビュー
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のクチコミ
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]の画像・動画
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のピックアップリスト
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のオークション

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]ASRock

最安価格(税込):¥36,185 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 1月29日

  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]の価格比較
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]の店頭購入
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のスペック・仕様
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のレビュー
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のクチコミ
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]の画像・動画
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のピックアップリスト
  • Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > ASRock > Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]

『ディスプレイ出力端子が4系統しかないのに実は6画面出力対応!?』 西川善司さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:42件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性4
付属ソフト無評価

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ディスプレイ出力端子が4系統しかないのに実は6画面出力対応!?

パッケージ写真

パッケージ内容物はカード本体と簡易説明書のみ

全長29cmの本製品。MicroATXケースではギリギリ収まる

ストリートファイターVは何の問題もなし。Perfect!

「ファイナルファンタジーXIV」ベンチは最上位の「最高品質」設定で「非常に快適」

「ファイナルファンタジーXV」ベンチは最上位の「高品質」設定で「やや快適」

3月からITMEDIAで始めた、この連載
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2005/22/news035.html

昨今の6コア12スレッドのRyzen 5系と、コスパのよいRADEONを組み合わせた5万円台ゲーミングPCブームの火付け役となったことで誇らしい限りだが、だいたい似たようなパーツの組み合わせになってきているのでそろそろ新風を取り入れたいと思い、現在、パーツの組み合わせを変えていろいろと実験中だ。

さて、その過程で入手したのが、ASrockの「Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC」だ。

同系製品に「Radeon RX 5600 XT Challenger D 6G OC」「Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D2 6G OC」といったバリエーションモデルがあるが、本製品が、グレード上はもっとも高いモデルとなっている。ここに上げた下位モデルとの違いは、「電動クーラーの搭載量が1基多いこと」と「動作クロックが最も高いこと」といったところにある。とはいえ、上位モデルを食うほどの性能差はないので、予算に合わせて3モデルから選べば良いとは思う。

本製品はGPUチップ自体は、現行RADEON 5000系においてはミドルクラスとなるが、電動クーラーが3連構成なのでカード全長は約29cmと長め。筆者の上記連載で使っている、アイティーシーのmicroATXケース「舞黒透」(maikurosuke)ではなんとか挿すことが出来た。けっこうギリギリだったのでこのケースより小さいと先がケース内フレームに干渉してしまう可能性はある。

外部電源端子は8ピン。最大消費電力は150W程度なので、電源パワーに余裕があれば6ピンから変換して接続しても問題はないと思う。実際、筆者の上記連載で使っている5万円台PCの550W電源で、Ryzen 5系と本製品を組み合わせて一通りのゲームはプレイすることができたので、このあたりを目安にすれば良いと思う。

接続端子はHDMI×1、DisplayPort×3の合計4系統出力に対応する。意外に知られていないが、近年のRADEONのDisplayPort端子はMST(Multi Stream Transport)に対応しており、1基のGPUで6画面出力に対応している。つまり、3基のDisplayPort端子のうち、2機に対してMST HUBなどを噛ませれば、本機で6画面出力が可能である。もし、下記の製品のようなHDMI×2端子を装備したDisplay Port HUBを活用すれば

サンワサプライ DisplayPort MSTハブ(HDMI×2) AD-MST2HD
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MSR8CM2/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_MbB3EbVXFJRY3

1基のDisplayPort端子を2基分のHDMI端子に変換できるので、HDMI端子で多画面環境を構築したい場合には是非活用したいところである。

性能的には、上記連載で取り扱っていたRADEON RX 570よりは明確に性能が高かった。
感覚的には「GeForce GTX 1660よりは上、GeForce GTX 1080よりやや下」という印象だ。
参考までに定番ベンチマークソフトの測定結果を写真部分に示しておく。
「ストリートファイターV」→PERFECT
「ファイナルファンタジーXIV」→最上位の「最高品質」設定で「非常に快適」
「ファイナルファンタジーXV」→最上位の「高品質」設定で「やや快適」

グラフィックスメモリは6GB。
最新ゲームの最上位グラフィックス品質設定では「4GBではやや不足気味」となることが多くなってきたので、6GBはまあまあ安心出来る容量である。

価格は2020年6月初旬時点で3.6万円〜4万円前後。
あと1万円を足すと5700系が見えてくるので、いろいろと悩ましいところだが、4K(3840×2160ピクセル)ゲーミングを視野に入れず、フルHD(1920×1080ピクセル)から1440p(2560×1440ピクセル)解像度あたりでのゲームプレイを考えるのであれば、本製品はよい選択肢になろうかと思う。1440p以下であれば、ほぼ最上位のグラフィックス設定で最新のゲームが楽しめるはずだ。
4K解像度を視野に入れるのであれば、5700系、あるいはVEGAの上位モデル、あるいはNVIDIAならばGeForce RTX 2070系以上を検討すべきだと思う。

まとめると、
「フルHDか1440pくらいまでだっらゲーム用途で不満なし」
「DP MSTハブを使えば6画面出力ができるのでビジネス用途にもオススメ」
といったところだろうか。

そうそう。最後に1つ。
本製品に限ったことではないが、最近、RADEON RX 5600XT系製品では、「GPU本体の性能向上」「グラフィックスメモリの性能向上」が見込める新BIOSがAMDから発表された。
本製品既存ユーザー、そして他メーカー製のRADEON RX 5600XT製品ユーザーも含めて下記サイト群をチェックしておきたい。

本製品のBIOSアップデート
https://www.asrock.com/Graphics-Card/AMD/Radeon%20RX%205600%20XT%20Phantom%20Gaming%20D3%206G%20OC/index.jp.asp#BIOS

RADEON RX 5600XTのBIOSアップデートで性能がどのくらい変わるのか
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1254952.html

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]
ASRock

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]

最安価格(税込):¥36,185発売日:2020年 1月29日 価格.comの安さの理由は?

Radeon RX 5600 XT Phantom Gaming D3 6G OC [PCIExp 6GB]をお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意