『本体は小型化なのにパンはサイズアップしたブランパン対応HB』 ツインバード Take bran! PY-5636W 神野恵美さんのレビュー・評価

Take bran! PY-5636W 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥20,000

容量:1.5斤 主な調理機能:ピザ生地/お餅/うどん・パスタ/フランスパン/ごはんパン/甘酒 その他機能:予約タイマー/のぞき窓/フッ素コート 幅x高さx奥行:240x280x350mm 重量:4.2kg Take bran! PY-5636Wのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Take bran! PY-5636Wの価格比較
  • Take bran! PY-5636Wの店頭購入
  • Take bran! PY-5636Wのスペック・仕様
  • Take bran! PY-5636Wのレビュー
  • Take bran! PY-5636Wのクチコミ
  • Take bran! PY-5636Wの画像・動画
  • Take bran! PY-5636Wのピックアップリスト
  • Take bran! PY-5636Wのオークション

Take bran! PY-5636Wツインバード

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年11月25日

  • Take bran! PY-5636Wの価格比較
  • Take bran! PY-5636Wの店頭購入
  • Take bran! PY-5636Wのスペック・仕様
  • Take bran! PY-5636Wのレビュー
  • Take bran! PY-5636Wのクチコミ
  • Take bran! PY-5636Wの画像・動画
  • Take bran! PY-5636Wのピックアップリスト
  • Take bran! PY-5636Wのオークション

『本体は小型化なのにパンはサイズアップしたブランパン対応HB』 神野恵美さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Take bran! PY-5636Wのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:621件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールライター・編集者。
書籍編集者、雑誌記者・編集者を経て、2004年にセミリタイアと称して渡仏。以降、現地にて言語を学ぶ傍ら、フリーランスで日本のメディア向けの取材活動、現地邦人向けのメディアなどにも関わる。帰国後は、新聞、雑誌、ウェブ媒…続きを読む

満足度4
デザイン3
使いやすさ4
焼き上がり4
メニューの豊富さ4
静音性3
手入れのしやすさ3
サイズ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本体は小型化なのにパンはサイズアップしたブランパン対応HB

前モデル(右)とのサイズ比較

前モデル(右)との奥行比較

前モデル(右)との上面部の比較

前モデル(右)との内側比較

前モデル(右)とのパンケースの比較

焼き上がったブランパンをカット。内側はきめが細かくふわふわとしている

低糖質パンが焼ける、ツインバードのホームベーカリー最新モデル。メーカーから試用機をお借りして試した。


2017年に発売された「PY-5634W」の後継機種。販路の違いで、型番は違うが「BM-EF36W」も同じ機種だ。

本体のサイズが変わり、幅240×高さ280×奥行350mm、重さは4.2kg(パンケース、羽根含む)、ホームベーカリーとしては一般的なサイズ感だが、従来モデルに比べて、幅と奥行はそれぞれ1センチ、2センチ大きくなっている一方で蓋の部分が薄くなったことで、高さは5センチも抑えられている。重量も800グラムも軽量化されており、設置場所を移動したり、収納したりする際にも運びやすくなった。

本体の容積的には従来モデルとほとんど変わっていないが、パンケースの形状が大きく変わり。縦長から横長になったことで、より多くの枚数をスライスできるようになったのがメリットだ。

本製品の一番の特長である、ブランパンを焼くには、専用のミックス粉が必要だが、独自のレシピと新たに特許を出願中の技術により、ミックス粉の分量はそのままであるにもかかわらず、焼き上がりのパンのサイズは約1割増量。同じ1回分でよりたくさんの分量を食べることができるのがうれしい。

しかも、パンケースの形状を変更しつつも、焼き上がりの状態を改善。耳はより薄く、中はしっとりときめが細かく、ふんわりとなめらかな生地に仕上がるようになっている。前のモデルと食べ比べてみたが、ブランパン独特の風味やパサパサした食感が和らぎ、ふつうに食べやすくなっており、糖質制限やダイエット目的ではない人でも、栄養素を多く含むブランパンを食べようという気になるレベルに仕上がっていると思った。

前述のとおり、ブランパンを焼くには専用のミックス粉が必要だが、粉を計量する必要がないのでラクだ。(ただし、ミックス粉以外に、スキムミルクや無塩バター、卵、塩、水も必要)

ちなみに、1回あたりのミックス粉のコストは400円。スーパーで売られている一般的な食パン価格からすると高額だが、通常の食パンをホームベーカリーで焼く場合にも粉にこだわればそれなりの価格になるし、ブランパンをお店で購入することを思うとあまり変わらず、探さなくても自宅でいつでも気軽に焼けるのが何と言ってもメリットだ。

ブランパン用のメニュー以外にも全部で18種類のメニューを搭載。通常の食パンはもちろん、全粒粉パンやピザ生地、ごはんパンから甘酒、焼きいも、お餅、うどん、スイーツなど多彩なメニューも用意されており、1台で幅広く使える。

マニュアルモードで、捏ね・発酵・焼き時間を任意で設定した使用もできるので、上級者にも便利に使える。トッピング投入のタイミングを知らせるブザー機能や、10分単位で設定可能なタイマー機能など、ホームベーカリーとしての標準的な機能も網羅している。通常の食パンを焼く場合には、1斤と1.5斤の2サイズを焼き分けることも可能だ。

ホームベーカリーとしてオーソドックでありながらも、必要にして十分な機能を押さえた上で極力コンパクトに収めたと言える製品。それにプラスして、家庭でブランパンを焼きたいという需要にも応える独自性もあり、満足度が高い商品と言える。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Take bran! PY-5636W」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Take bran! PY-5636Wのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Take bran! PY-5636W
ツインバード

Take bran! PY-5636W

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年11月25日

Take bran! PY-5636Wをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ホームベーカリー]

ホームベーカリーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ホームベーカリー)

ご注意