『やはりベストはZV-1との組み合わせ』 SONY GP-VPT2BT 鴻池賢三さんのレビュー・評価

2020年 1月31日 発売

GP-VPT2BT

Bluetooth接続に対応したシューティンググリップ

GP-VPT2BT 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥10,950

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥10,950

sound11

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥10,950〜¥14,190 (31店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥12,560

店頭参考価格帯:¥11,610 〜 ¥11,726 (全国703店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:シューティンググリップ 幅x高さx奥行き:49.5x173x42mm 重量:215g GP-VPT2BTのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GP-VPT2BTの価格比較
  • GP-VPT2BTの店頭購入
  • GP-VPT2BTのスペック・仕様
  • GP-VPT2BTのレビュー
  • GP-VPT2BTのクチコミ
  • GP-VPT2BTの画像・動画
  • GP-VPT2BTのピックアップリスト
  • GP-VPT2BTのオークション

GP-VPT2BTSONY

最安価格(税込):¥10,950 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 1月31日

  • GP-VPT2BTの価格比較
  • GP-VPT2BTの店頭購入
  • GP-VPT2BTのスペック・仕様
  • GP-VPT2BTのレビュー
  • GP-VPT2BTのクチコミ
  • GP-VPT2BTの画像・動画
  • GP-VPT2BTのピックアップリスト
  • GP-VPT2BTのオークション

『やはりベストはZV-1との組み合わせ』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GP-VPT2BTのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度4
デザイン4
機能性4
使いやすさ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

やはりベストはZV-1との組み合わせ

デザインと質感のご参考に

しっかり握り易い形状

質感のご参考に

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
ZV-1、RX100M7と組み合わせて確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
三脚機能も含めて、上手く纏められていると思います。
質感ですが、樹脂素材そのものの印象で、表面にテカリもあり、高級感はありません。しかし、この価格帯の実用品としてはどなたも大きな不満はないと思います。
映像系製品の場合、余計な光の反射はノイズと言え、何らかの際に不都合に繋がる可能性もあるので、できれば完全なマット調が好ましいですが、本機の仕上げは、強度や耐久性なども考慮しての判断かもしれません。(汚れたらゴシゴシ拭き取れそうです)

【機能性】
Bluetoothリモコン機能は対応機種が限られているので、メーカー公式ページでご確認を。
コンパクトデジカメは、ZV-1とRX100M7に対応しています。
ZV-1と組み合わせると、出荷状態でC1(カスタムボタン1)が、「背景のボケ」を「ぼけ」または「くっきり」の切り替えに割り当てられていて、この組み合わせで多いであろう自撮り用途に便利だと思います。(カスタムボタンに対する動作は、カメラ側で任意の機能を割り当てが可能)
RX100M7と組み合わせると、カメラ側に「背景のボケ」を切り替える機能が無いので、ユーザーが何かを割り当てることになります。
大半の機能を割り当て可能ですが、例えば撮影モードは、撮影モードの選択に入ってから、さらにモードの選択操作が必要なので、この操作がグリップだけでは完結しません。製品公式ページにも例が掲載されていますが、実用的なのは瞳AFの左右切り替えくらいでしょうか。

【使いやすさ】
リモコンボタン操作はタイムラグを感じません。シャッターボタン半押しからの撮影も、本体ボタンと同様の感覚で操作できました。
三脚機能は自撮りにも便利かと思いましたが、シャッターボタンはグリップ側(三脚側)にあるので、やはりセルタイマーかスマホアプリを使うしかないですね。リモコン部が着脱できれば、さらに便利そうです。
ほか、本製品に対応のカメラが複数台あって交換する場合、ペアリング操作が面倒です。NFC対応だとより便利そうに思いまいした。もちろん、カメラが1台だけの場合は何ら問題ありません。

【総評】
グリップにきちんと動作する実用的なリモコン機能が内蔵され、三脚にも早変わり。機能はシンプルですが、価格が手頃に抑えられていているのは何よりだと思います。
対応カメラは複数ありますが、カメラも含めた総重量、用途、機能を考えると、ZV-1との組み合わせで最も価値を感じられると思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「GP-VPT2BT」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
値段が高いです  3 2020年8月4日 09:20
詰めが甘い製品  3 2020年7月15日 14:37
やはりベストはZV-1との組み合わせ  4 2020年6月27日 10:11

GP-VPT2BTのレビューを見る(レビュアー数:3人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

GP-VPT2BTのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

GP-VPT2BT
SONY

GP-VPT2BT

最安価格(税込):¥10,950発売日:2020年 1月31日 価格.comの安さの理由は?

GP-VPT2BTをお気に入り製品に追加する <67

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(その他カメラ関連製品)

ご注意