『価格破壊!2万円台でここまでの機能性能』 TCL PLEX SIMフリー [Obsidian Black] 鈴木啓一さんのレビュー・評価

PLEX SIMフリー [Obsidian Black]

最安価格(税込): ¥29,800〜 登録価格一覧(4店舗)
発売日:2019年12月28日

キャリア:SIMフリー OS種類:TCL PLEX UI(Android 9) 販売時期:2019年冬モデル 画面サイズ:6.53インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:3820mAh PLEX SIMフリー [Obsidian Black]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

『価格破壊!2万円台でここまでの機能性能』 鈴木啓一さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PLEX SIMフリー [Obsidian Black]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:85件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度5
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

価格破壊!2万円台でここまでの機能性能
別機種
別機種
別機種

別機種
別機種
別機種

販売代理店のFOX社に手配していただき、入手。

メーカーのTCL社は、これまでアルカテル、BlackBerry、Palm Phoneの各ブランドでスマートフォンの開発実績があるが、自社ブランドでの市場投入は今回が初めて。筆者も製品発表会に呼んでいただき、説明を受けた。実機を使った感想とあわせて紹介したい。

現在、TCL社の事業の中心は大型の液晶テレビである。たとえばヨドバシカメラのような家電量販店で中国製激安の50インチ超え液晶テレビが売られているが、TCL社はそうした中国メーカーのひとつである。激安といっても、他の製品とほとんど遜色ないレベルの製品であり、最近どんどん勢力を伸ばしている。

そんなTCL社は、その製造面での強みを活かして数年前からスマートフォンの製造販売に参入している。これまでは、過去実績のあった上記の既存ブランドを、買収や使用権購入などして活用してきたが、いよいよ自社ブランドでの勝負に出たとのことだ。

【デザイン】
6.53インチと大型の液晶に少し厚めの筐体なのはあるが、狭額縁で広い画面が使えるのがよい点だ。
カメラは背面トリプルカメラと、前面セルフィー用のカメラ、合計4基搭載している。前面のカメラはパンチホール形状で画面左上に配置されているのが特徴だ。
デザインは好みの問題もあり難しいが、評価は「4」とした。

【携帯性】
スマートフォンとしては6.53インチと最大クラスの液晶を搭載しているせいもあり、サイズ 162.2×76.56×7.99mm、重さ 192gと、携帯性は最高レベルではない。評価は「4」とした。

【レスポンス】
かなりきびきびと動く。2万円台の機種なのに、本機は他社の半年から1年前のフラグシップ機並みの処理性能を持っているようだ。評価は「5」とした。

【画面表示】
液晶はひとめ見たときからきれいだと感じた。特に発色がいい。
液晶テレビの開発で培った技術が使われているとの説明を聞いたが、納得できるものとなっている。画面の大きさもあり、大変魅力的だ。評価は「5」とした。

【バッテリー】
ぎりぎりまで使うケースがあまりないと思うくらい、よく電池が持つ印象だ。評価は「5」とした。

充電は、Quick Charge 3.0対応で急速充電でき、サードパーティーのUSB ACアダプタも活用でき便利である、

【カメラ】
カメラの性能がなかなか良い。
背面の4800万画素(標準)、1600万画素 123°(広角)、200万画素 (低照度用)というトリプルカメラの構成で、ボケのある撮影や、暗所での撮影、明暗の差が激しい場所での撮影に威力を発揮する。
この分野トップクラスのHuaweiのライカレンズにはかなわないが、かなりのレベルの撮影ができた。評価は「5」とする。

ただし、カメラのシャッター音がかなり大きく、調整できないのは、マイナスポイントとして指摘しておきたい。

【総評】
本機は、これだけの機能性能で2万円台と、驚異のコストパフォーマンスといっていいだろう。

考えてみれば、今年は日本でも5Gのサービスが始まる見込みで、それに伴い、5G未対応の機種は価格を下げざるをえなくなるかもしれない。それを見越して戦略的な価格を今から出してきたとも捉えられる。もちろん、日本市場への新規参入であるからそのための戦略的価格設定だろう。

上記に評価項目がなく書けなかったが、Wi-Fiが5GHz帯にも対応していること、デュアルSIMスロット、マイクロSDスロットを搭載していること、NFC、指紋認証にも対応していること、つまり、ほぼ、これまでの他社のフラグシップ機並みの機能をほぼすべて持っていることも追記しておきたい。何度も書くが、これが2万円台である。

TCL社初の自社ブランドでの市場投入ということもあり、なかなかまだ店頭で確認してから購入できる機会が少ない現実があるが、これだけの実力を持った製品であり、ぜひたくさんの人に使ってもらえたらと思える。

同時に、専用のケースなど、周辺グッズが充実してくることを強く望むものである。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「PLEX SIMフリー [Obsidian Black]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

PLEX SIMフリー [Obsidian Black]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

PLEX SIMフリー [Obsidian Black]
TCL

PLEX SIMフリー [Obsidian Black]

発売日:2019年12月28日

PLEX SIMフリー [Obsidian Black]をお気に入り製品に追加する <44

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意