『音も、使い勝手も、合う人には合う』 サイラス Oriolus 1795 tosamaruさんのレビュー・評価

2019年12月13日 発売

Oriolus 1795

  • 音質にこだわりDACなどを独立して搭載したBluetoothレシーバー。Bluetoothチップセットを使わずサンプリングコンバーターやDACを外付けしている。
  • 専用のSRCでBluetooth信号を192kHz/24bitにアップサンプリングしたうえでアナログに変換している。
  • 3.5mmステレオミニのほか、4.4mmバランス接続端子を装備。PCとの接続でUSB-DACとしても使え、NFCペアリング機能やワイヤレス充電機能も搭載。
Oriolus 1795 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥33,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥33,000

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥33,000¥34,833 (4店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥30,000

店頭参考価格帯:¥33,000 〜 ¥33,000 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 Oriolus 1795のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Oriolus 1795の価格比較
  • Oriolus 1795の店頭購入
  • Oriolus 1795のスペック・仕様
  • Oriolus 1795のレビュー
  • Oriolus 1795のクチコミ
  • Oriolus 1795の画像・動画
  • Oriolus 1795のピックアップリスト
  • Oriolus 1795のオークション

Oriolus 1795サイラス

最安価格(税込):¥33,000 (前週比:±0 ) 発売日:2019年12月13日

  • Oriolus 1795の価格比較
  • Oriolus 1795の店頭購入
  • Oriolus 1795のスペック・仕様
  • Oriolus 1795のレビュー
  • Oriolus 1795のクチコミ
  • Oriolus 1795の画像・動画
  • Oriolus 1795のピックアップリスト
  • Oriolus 1795のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

Oriolus 1795のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

tosamaruさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
1件
スマートフォン
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性2
機能性2
音も、使い勝手も、合う人には合う

有線でも繋げる製品ですが、もっぱらBTレシーバーとしての利用で、以下のレビューもその前提です
基本的にはXperia XZPからLDAC使用です(スマホ側の仕様なのか、接続するとまず「自動」(アダプティブビットレート)でつながります。いちいち「音質重視」に設定するのも面倒だし、十分いい音なので基本はそのまま使ってます)

使用イヤホンは主にXelentoでバランス接続です。

【デザイン】
無駄を排した両面ガラスの「ただの箱」
個人的に大変好みです。
技適シールが邪魔でデザインを殺してますが、これ剥がすと違法なんでしたっけ?

【音質】
音場に奥行きを感じさせる、一聴してわかる良質のアンプの音です。
傾向的には、基本的にはスッキリクッキリ寄りかと思いますが、カリカリに解像度を強調するような音ではなく、ウォームさも多少残しているかな、という感じ
「ウリ」のDAC前のアプコンの効果なのかどうかは分かりませんが、BTとは思えないくらい滑らかな音です。

これまで(有線)ポタアンはあまり使ってこなかったので、他の(有線)ポタアンとの比較はできませんが
1万円台くらいのBTレシーバーとはだいぶ違います
使い方、シチュエーションが違う比較に意味はないかも知れませんが、あえて比較すべき対象を挙げると「非ハイレゾ音源を5〜8万くらいのミドルクラスDAPで聴くときの音」あたりでしょうか

【操作性】
基本的に操作はすべてスマホで行うことが前提で、本機で行うのは音量調整くらいなので、余り重要ではない・・・はずなのですが
次述のように、視覚的に音量調整が出来ず、聴きながらでないと難しいので「操作性」という観点からもだいぶマイナスかな、と思います

【機能性】
本体は電源・接続のLEDがあるだけで、アプリなどもないので、「いまどれくらいのボリュームになっているのか」を知るすべが全くありません
もちろん聴きながら調整すればいいのですが
例えば感度の低いイヤホンから感度の高いイヤホンに付け替えるときなどとても不便です
ズボラせずに「繋ぐときはまずボリューム最小にする」という、昔からのオーディオのお作法に忠実に従っておけば問題はないのでしょうが、調整ステップがものすごく細かくこれがまた結構面倒です

【接続性】
受信感度はそこそこ、実用上問題はないけども手放しでは褒められるものでもないかなと思います
身体を挟んだ状態(本機をコートの左ポケット、スマホ(送信機)を右ポケットなど)だと、状況により一瞬途切れたり、ブツッというノイズが入ることが何度かありました

【ノイズなど】
ホワイトノイズを指摘するレビューがネット上でいくつかありました
私自身はそれらのレビューを読むまで全く気づかなかったのですが
そういやほんの数年前までBT機器はホワイトノイズが当たり前だったなぁと思い出し
気になって、手持ちのイヤホンのなかで一番低インピ高感度のSE846(9Ω・114db/mW@1khz)で確認してみました
静かな場所で、意識をノイズに集中して聞けば、確かに少しホワイトノイズがありますね
Xelento(16Ω・110dB/mW@500Hz)だと、私にはほぼ聴こえません
現在の手持ち機器の中で一番ホワイトノイズが大きいのはX5 3rdのバランス接続時(これはXelentoでもわかる)ですが、それでも音楽をかければ気にならない程度なので私自身ホワイトノイズに寛大な耳なのかも知れませんが
(過去に所有したことのあるものでは、XHA9000はけっこうホワイトノイズが気になりました)
本機はそれらよりもずっと小さく実用上問題になるものではないと思います

【総評】
アンプやDAPの「音質」にはどうしてもある程度の「物量」が要りますので、ポータブルオーディオというのは突き詰めると「どこまでの大きさ重さを許容できるか」という話だと思います
サイズや重量が許容できるなら、無線でも、Q5Sやレシーバー機能の付いたハイエンドDAP(ウォークマンWM1Zなど)などはもっといい音がするでしょうし、逆に本機でも「大きすぎ重すぎ」という方はいると思います
その辺は各人の感覚でしょうが、「この値段」「このサイズ」で「BTを使って」「この音」であれば文句なくいい物だと思います

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「Oriolus 1795」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
無線で良い音ならこれしかない  5 2020年4月24日 14:43
音も、使い勝手も、合う人には合う  5 2020年2月20日 17:12

Oriolus 1795のレビューを見る(レビュアー数:2人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Oriolus 1795のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Oriolus 1795
サイラス

Oriolus 1795

最安価格(税込):¥33,000発売日:2019年12月13日 価格.comの安さの理由は?

Oriolus 1795をお気に入り製品に追加する <15

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意