『カメラという言葉では表せない、失敗すら楽しめる存在。』 CANON iNSPiC REC FV-100-GY [グレー] xjl_ljさんのレビュー・評価

2019年12月20日 発売

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]

  • カラビナデザインにより服やバッグに簡単に付け外しができるデジタルカメラ。手のひらサイズで、アウトドアから日常まで気軽に持ち運べる。
  • 水深2m(30分)の防水性能と防じん性能(IP68等級)、2mの耐衝撃性能を備え、アウトドア、スポーツ、海、子どもとの使用など多彩なシーンで使える。
  • 専用アプリでスマートフォンとカメラを連携することにより、撮影データをスマートフォンで閲覧・保存し、スマートフォンで画面を見ながら撮影可能。
iNSPiC REC FV-100-GY [グレー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥15,027

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥15,027

ヒットマーケット

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥15,027〜¥16,650 (40店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥15,028 〜 ¥15,028 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:1300万画素(有効画素) 撮影枚数:1000枚 防水カメラ:○ iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の価格比較
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の中古価格比較
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の買取価格
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の店頭購入
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のスペック・仕様
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のレビュー
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のクチコミ
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の画像・動画
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のピックアップリスト
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のオークション

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]CANON

最安価格(税込):¥15,027 (前週比:±0 ) 発売日:2019年12月20日

  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の価格比較
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の中古価格比較
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の買取価格
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の店頭購入
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のスペック・仕様
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のレビュー
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のクチコミ
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]の画像・動画
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のピックアップリスト
  • iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > CANON > iNSPiC REC FV-100 > iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]

『カメラという言葉では表せない、失敗すら楽しめる存在。』 xjl_ljさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:126人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
86件
レンズ
6件
56件
デジタルカメラ
9件
39件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質2
操作性2
バッテリー2
携帯性5
機能性2
液晶無評価
ホールド感3
カメラという言葉では表せない、失敗すら楽しめる存在。

【デザイン】
キーホルダーを意識したようなカラビナデザイン。しかし実物を手に取ってみると意外に大きい印象。
大きな特徴としてはフロントフェイスが交換できる仕様で、マグネットで固定されるようになっている。
自撮りに役立ちそうな鏡張りのデザインがあったり、展示会での展示では外に飛び出したような立体的デザインもあって、
マクロやワイドといったコンバージョンレンズやLEDライトがあれば楽しいかなと、機能拡張という意味合いでも今後に期待が持てる方式。

【画質】
仕様上ISOが3200まであるという仕様ですが、どんなに暗いシーンも1600までしか上がらないような…。
ちょっと暗いとすぐブレたりして画質以前の問題が起きていることが多いです。
感情と手ぶれが直結するこの感覚を楽しみましょう。

明るい晴天では意外にパキッと写ってくれます。細かい部分は目をつぶる!
色の出方は意外に地味な印象で、アプリで加工前提なら悪くない考え方かと。(実際公式サイトも「スマートフォンで加工しています」と注釈が入っているし)
画素数は飾り。拡大するとボソボソ感があるのは仕方ない。どうせシェアするとSNS側で小さくされるんだから…

動画は1080/60p対応(初期設定は720/30pなのでアプリでの初期設定が必要)モノラル音声。
電子式の手ブレ補正も付いて、こちらは暗いシーンでも意外と見れる印象。(電子式手ブレ補正特有の残像現象がすこし気になりますが)

【操作性】
電源を入れるとキヤノンのコンデジではおなじみのあの音がします。何世代目のDIGICなんだろう?
パンフォーカスのくせにレリーズタイムラグが妙に長く、しっかり構えないといけない時間が長く感じます。(コンマ何秒の世界ですが)
電源投入、スリープからの復帰も妙に長いし…

カードが非常に挿抜しづらいです。スロットに入れると奥まってしまうほどの深さなので、クレジットカード等の薄いカードを使ってmicroSDカードをプッシュしないと出し入れしづらいです。
microUSB端子はマスストレージとしても機能するので、カードは入れたら差しっぱ、一括のデータ転送はUSBで行うことをオススメします。

【バッテリー】
本体内蔵、交換不可。ですがmicroUSB端子で充電できます。
液晶やフラッシュもなく省電力なイメージがありましたが、電源が入っている間はBluetoothの電波を飛ばしたりする関係がスリープモードは無効に出来ず、最長でも10分で入らないといけないようです。
CIPA基準1000枚とのことですが、スリープモードでも待機電力が大きいためか1日で充電が必要になります。

【携帯性】
カラビナ部は太いため通せるところが限られます。ギリギリ付けられても本体が斜めに浮いて気になることも。
角にはガッチリしたストラップホールもあります。堅牢性もあってぶら下げてコンコンぶつかっても、雨に降られてもケアフリーなのは楽。
スティック形状なのでポケットに縦に入れても動いているうちに横になって取り出すとき奥まで手を入れないといけなかったり…。
そして、やっぱりレンズ部には気を遣います。特に傷に強いといった事は謳われていないので…。

【機能性】
本体でできるのは写真撮影&連写、動画撮影と割り切られています。絞り/SSはもちろん、ISO感度やWBもすべてオート限定。
シャッターボタンを押し続けると連写モードに移行しますが、グッと押したままにすると思い出したように連写を始める上、連写の速度もかなり遅く、ほとんど使えない機能で、失敗を避けるために何枚か撮っておきたい…という気持ちになれない。
単写+動画のモードもありますが、1枚撮ったあともグッと押したままにすると思い出したように撮影がスタート。押している間記録しますが、グッと押したままにするのはなかなか苦痛。

要となるアプリの完成度もちょっと残念で、サムネイルが出るのは早いですが、全画面で出せる程度の画質になるのはちょっと時間が掛かります。
ダウンロードも1枚単位でしかできなさそうだし…
電池/カード残量の確認や各種設定(といっても画像/動画サイズとスリープ移行時間、カードのフォーマット程度)もアプリから行う形ですが、このためだけに常時電波を飛ばすのももったいない気がします。

【液晶】
…なんてない。代わりとしてスマホを使ったライブビュー撮影ができます。
ここで気づいたのですがカメラを回転させるとライブビューも回転して、写真・動画ともに回転情報をバッチリ記録します。
なにげに縦横センサーがちゃんと内蔵されているのはキヤノンらしい。(初代RX0は手動っぽい)

とは言いつつ、ライブビューを使わなくても25mm相当の画角があるので適当に写ってくれます。
とりあえずカメラを自分に向けて適当なところに自分が写ってる(そして肝心なものが見切れてる)のを楽しみましょう。

【ホールド感】
フレーム部がラバーっぽい質感で滑りにくいですが、シャッターボタンも同素材でふにふになのでグッと押さえるようにして撮る点がイマイチ。
この辺はサイズや耐衝撃とのトレードオフか。そして、カラビナ開口部をファインダーとして使うには慣れが相当必要です。
ちなみに光軸に近い位置に三脚穴もあるのもキヤノンらしい。カラビナと合わせてリモート撮影時の設置性の高さに貢献しています。

【総評】
特に改善して欲しいのはレスポンス面です。コンセプトはいいのにもったいない…。
これはカメラでは無く、その場を、その瞬間を、その感情を切り取るための道具なんだと思いました。

だからこそカメラ店や家電量販店ではなく、あえて雑貨店や文具店、玩具店に置いてみるべき商品。
キヤノンは電卓なども扱ってるんだから、そういった面での開拓にも力を入れていって欲しいです。

ちなみに自分は購入後数日でRX0を知って、速攻手放して切り替える決心がつきました。。。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
画質2
操作性2
バッテリー2
携帯性5
機能性2
液晶無評価
ホールド感3
OK、これは「がっかり」を楽しむ道具だッ!

【デザイン】
キーホルダーを意識したようなカラビナデザイン。しかし実物を手に取ってみると意外に大きい印象。
大きな特徴としてはフロントフェイスが交換できる仕様で、マグネットで固定されるようになっている。
自撮りに役立ちそうな鏡張りのデザインがあったり、展示会での展示では外に飛び出したような立体的デザインもあって、
マクロやワイドといったコンバージョンレンズやLEDライトがあれば楽しいかなと、機能拡張という意味合いでも今後に期待が持てる方式。

【画質】
仕様上ISOが3200まであるという仕様ですが、どんなに暗いシーンも1600までしか上がらないような…。
ちょっと暗いとすぐブレたりして画質以前の問題が起きていることが多いです。
感情と手ぶれが直結するこの感覚を楽しみましょう。

明るい晴天では意外にパキッと写ってくれます。細かい部分は目をつぶる!
色の出方は意外に地味な印象で、アプリで加工前提なら悪くない考え方かと。(実際公式サイトも「スマートフォンで加工しています」と注釈が入っているし)
画素数は飾り。拡大するとボソボソ感があるのは仕方ない。どうせシェアするとSNS側で小さくされるんだから…

動画は1080/60p対応(初期設定は720/30pなのでアプリでの初期設定が必要)モノラル音声。
電子式の手ブレ補正も付いて、こちらは暗いシーンでも意外と見れる印象。(電子式手ブレ補正特有の残像現象がすこし気になりますが)

【操作性】
電源を入れるとキヤノンのコンデジではおなじみのあの音がします。何世代目のDIGICなんだろう?
パンフォーカスのくせにレリーズタイムラグが妙に長く、しっかり構えないといけない時間が長く感じます。(コンマ何秒の世界ですが)

カードが非常に挿抜しづらいです。スロットに入れると奥まってしまうほどの深さなので、クレジットカード等の薄いカードを使ってmicroSDカードをプッシュしないと出し入れしづらいです。
microUSB端子はマスストレージとしても機能するので、カードは入れたら差しっぱ、一括のデータ転送はUSBで行うことをオススメします。

【バッテリー】
本体内蔵、交換不可。ですがmicroUSB端子で充電できます。
液晶やフラッシュもなく省電力なイメージがありましたが、電源が入っている間はBluetoothの電波を飛ばしたりする関係がスリープモードは無効に出来ず、最長でも10分で入らないといけないようです。
CIPA基準1000枚とのことですが、スリープモードでも待機電力が大きいためか1日で充電が必要になります。

【携帯性】
カラビナ部は太いため通せるところが限られます。ギリギリ付けられても本体が斜めに浮いて気になることも。
角にはガッチリしたストラップホールもあります。堅牢性もあってぶら下げてコンコンぶつかっても、雨に降られてもケアフリーなのは楽。
スティック形状なのでポケットに縦に入れても動いているうちに横になって取り出すとき奥まで手を入れないといけなかったり…。
そして、やっぱりレンズ部には気を遣います。特に傷に強いといった事は謳われていないので…。

【機能性】
本体でできるのは写真撮影&連写、動画撮影と割り切られています。絞り/SSはもちろん、ISO感度やWBもすべてオート限定。
シャッターボタンを押し続けると連写モードに移行しますが、グッと押したままにすると思い出したように連写を始める上、連写の速度もかなり遅く、ほとんど使えない機能で、失敗を避けるために何枚か撮っておきたい…という気持ちになれない。
単写+動画のモードもありますが、1枚撮ったあともグッと押したままにすると思い出したように撮影がスタート。押している間記録しますが、グッと押したままにするのはなかなか苦痛。

要となるアプリの完成度もちょっと残念で、サムネイルが出るのは早いですが、全画面で出せる程度の画質になるのはちょっと時間が掛かります。
ダウンロードも1枚単位でしかできなさそうだし…
電池/カード残量の確認や各種設定(といっても画像/動画サイズとスリープ移行時間、カードのフォーマット程度)もアプリから行う形ですが、このためだけに常時電波を飛ばすのももったいない気がします。

【液晶】
…なんてない。代わりとしてスマホを使ったライブビュー撮影ができます。
ここで気づいたのですがカメラを回転させるとライブビューも回転して、写真・動画ともに回転情報をバッチリ記録します。
なにげに縦横センサーがちゃんと内蔵されているのはキヤノンらしい。(初代RX0は手動っぽい)

【ホールド感】
フレーム部がラバーっぽい質感で滑りにくいですが、シャッターボタンも同素材でふにふになのでグッと押さえるようにして撮る点がイマイチ。
この辺はサイズや耐衝撃とのトレードオフか。そして、カラビナ開口部をファインダーとして使うには慣れが相当必要です。
ちなみに光軸に近い位置に三脚穴もあるのもキヤノンらしい。カラビナと合わせてリモート撮影時の設置性の高さに貢献しています。

【総評】
特に改善して欲しいのはレスポンス面です。コンセプトはいいのにもったいない…。
そしてこれはカメラ店や家電量販店ではなく、あえて雑貨店や文具店、玩具店に置いてみるべき商品。
キヤノンは電卓なども扱ってるんだから、そういった面での開拓にも力を入れていって欲しいです。

ちなみに自分は購入後数日でRX0を知って、速攻手放して切り替える決心がつきました。。。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]
CANON

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]

最安価格(税込):¥15,027発売日:2019年12月20日 価格.comの安さの理由は?

iNSPiC REC FV-100-GY [グレー]をお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意