『独自技術と高音質で理由のある価格。納得!』 S'NEXT final A8000 FI-A8DSSD 鴻池賢三さんのレビュー・評価

2019年12月13日 発売

final A8000 FI-A8DSSD

  • 軽量で音速が速い「トゥルーベリリウム振動板」を採用したイヤホン。音の立ち上がりの鋭さや、消えてゆく音の余韻が明確に感じられる。
  • 接触面積を限定する形状を採用し、圧迫感のないカスタマイズしたような装着感で、多くの人の耳に適合する。
  • 独自の「MMCXコネクター」と「シルバーコートケーブル」を採用し、ケーブルの着脱をスムーズにする「MMCX ASSIST」、イヤーフックなどが付属。
final A8000 FI-A8DSSD 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥198,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥198,000〜¥198,000 (7店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥198,000 〜 ¥198,000 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 final A8000 FI-A8DSSDのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • final A8000 FI-A8DSSDの価格比較
  • final A8000 FI-A8DSSDの店頭購入
  • final A8000 FI-A8DSSDのスペック・仕様
  • final A8000 FI-A8DSSDのレビュー
  • final A8000 FI-A8DSSDのクチコミ
  • final A8000 FI-A8DSSDの画像・動画
  • final A8000 FI-A8DSSDのピックアップリスト
  • final A8000 FI-A8DSSDのオークション

final A8000 FI-A8DSSDS'NEXT

最安価格(税込):¥198,000 (前週比:±0 ) 発売日:2019年12月13日

  • final A8000 FI-A8DSSDの価格比較
  • final A8000 FI-A8DSSDの店頭購入
  • final A8000 FI-A8DSSDのスペック・仕様
  • final A8000 FI-A8DSSDのレビュー
  • final A8000 FI-A8DSSDのクチコミ
  • final A8000 FI-A8DSSDの画像・動画
  • final A8000 FI-A8DSSDのピックアップリスト
  • final A8000 FI-A8DSSDのオークション

『独自技術と高音質で理由のある価格。納得!』 鴻池賢三さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

final A8000 FI-A8DSSDのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

独自技術と高音質で理由のある価格。納得!

デザインと質感のご参考に

ケーブルはMMCX端子で着脱可能。

付属のケースおよびイヤーチップとプラグ部

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
プレーヤーはA&ultima SP1000を組み合わせ、ハイレゾ音源で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
当方、デザインは専門外ですが、個性的かつ洗練度が高く、オーディオ機器として格好良いと思います。

【高音の音質】
当方は民生用オーディオメーカーで商品企画をしていたこともあり、イヤホンで5万円を超える製品は、コストパフォーマンスの面で疑問を持ってきました。特に最近は数十万円と高額な製品も増え、その割には内容や音質が伴わない製品も多々見受けられ、不健全化も心配でした。
本機も価格が豪快で手放しにお勧めできませんが、音を聴いて納得。同製品が目指したという「トランスペアレント」が体感でき、その為に極薄ベリリウム箔(トゥルーベリリウム)振動版が必要不可欠だったというのも合点が行きました。
実際に聴いてみると、リファレンスの1つとしているSusan Wongの「How Deep is Your Love」は、明瞭で色香の濃いボーカルに感激。この明瞭さは、周波数特性的にボーカル帯域が持ち上がって「そのように聞こえる」のではなく、全ての音が分離し、それぞれの音が独立して再現されることで、聴覚の「選択して聴く」という機能が働くからだと思います。周波数特性的な話が2次元とすれば、本機には立体情報を含む3次元的な再現能力が備わっているということでしょう。聞き慣れた楽曲でさえ、聞くたびに新しい発見があり、音質以上の驚きもまた一興です。
もちろん、立ち上がりの鋭さ、粒立ち、余韻の美しさと消え際までスムーズな様子など、ハイファイオーディオとして文句のない仕上がり。単に美音を愉しみたいマニアにもおすすめできます。

【低音の音質】
しなやかで張りのある表現が絶品。Daft Punkの「Give Life Back to Music」は冒頭からドラムが印象的ですが、機器によっては当たりが強く耳障りで平面になりがち。一方、本機で聴くと、剛柔が入り混じって表情豊かなことが分かり、さらっと鼓膜を通り過ぎて心に沁みるかのよう。低音はドライバーの口径や周波数特性で評価されがちですが、本機には別次元の要素を感じます。
ほか、クラシックはホールの空気感が濃厚。低域が醸し出す雰囲気から、ホールならではの広大な空間が感じ取れ、これも周波数特性や音圧といった指標では説明しがたいもの。
製品公式ページではインパルス応答に触れていますが、波形の忠実な再現が、リアリティーを高めているのでしょう。

【フィット感】
筐体は金属製で41gと重量感がありますが、耳の窪みに収まりが良く、装着による負担感はほとんどありません。
イヤーチップは5サイズ付属していて、どなたにもピタッとフィットすると思います。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型としては一般的な範疇です。

【携帯性】
コンパクトで携帯性は良好です。
シェルがアルミ材で、フタがシリコン素材の立派なケースが付属しています。
安心して携行できるでしょう。

【総評】
価格帯を考えると万人に諸手を挙げてお勧めできる製品ではありませんが、本機でしか体験できないと思える音の世界があるのは事実。極薄ベリリウム箔(トゥルーベリリウム)の採用もしかりで、高価ながら、それなりの理由があり、違いの分かるマニアなら納得できると思います。ユーザーを選ぶ製品とも言えますが、こうした豪級モデルの登場に拍手!!

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

final A8000 FI-A8DSSDのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

final A8000 FI-A8DSSD
S'NEXT

final A8000 FI-A8DSSD

最安価格(税込):¥198,000発売日:2019年12月13日 価格.comの安さの理由は?

final A8000 FI-A8DSSDをお気に入り製品に追加する <59

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意