『完成度がぐっと高まった360度カメラの普及モデル』 リコー RICOH THETA SC2 [ホワイト] 鈴木啓一さんのレビュー・評価

2019年12月13日 発売

RICOH THETA SC2 [ホワイト]

360度カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」のエントリーモデル

RICOH THETA SC2 [ホワイト] 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥32,828

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥32,828

愛グループ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥28,160 (1製品)


価格帯:¥32,828〜¥40,300 (45店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥33,120 〜 ¥33,121 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:1200万画素(有効画素)x2 撮影枚数:260枚 RICOH THETA SC2 [ホワイト]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の中古価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の買取価格
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の店頭購入
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のスペック・仕様
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の純正オプション
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のレビュー
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のクチコミ
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の画像・動画
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のピックアップリスト
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のオークション

RICOH THETA SC2 [ホワイト]リコー

最安価格(税込):¥32,828 (前週比:±0 ) 発売日:2019年12月13日

  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の中古価格比較
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の買取価格
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の店頭購入
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のスペック・仕様
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の純正オプション
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のレビュー
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のクチコミ
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]の画像・動画
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のピックアップリスト
  • RICOH THETA SC2 [ホワイト]のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > リコー > RICOH THETA SC2 > RICOH THETA SC2 [ホワイト]

『完成度がぐっと高まった360度カメラの普及モデル』 鈴木啓一さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH THETA SC2 [ホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:85件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶無評価
ホールド感5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

完成度がぐっと高まった360度カメラの普及モデル
別機種
別機種
別機種

別機種
別機種
別機種

初代Theta、Theta Sとこれまで2機種を所有し使ってきたが、新機種が出るというのでさっそく予約をし、発売日に手に入れることができた。

【デザイン】
デザインは基本的にこれまでのThetaシリーズを踏襲するものだ。
スティック状のボディーに、昆虫の複眼のように半球のレンズが2個飛び出ている。シャッターボタンを押すと、それぞれのレンズが各180度ずつの空間の撮影を担当する360度カメラで、一般的なカメラとは全く違う、ユニークな形状である。
初代のTheta発売以降、このコンセプトをまねた製品がいくつも出ており、このシリーズが新しく開拓した360度カメラのジャンルは、そろそろ定着してきたといっていいだろう。
好みの問題もあるが、普及モデルとして愛着のわくデザインと思うので、評価は「5」とした。

【画質】
私がこれまで使ってきたTheta Sと比べると、解像感が全く異なり、大変進化していることが感じられる。たとえば、紅葉した銀杏の大木を撮影してみたが、Theta Sのときよりも遠く高い位置まで葉の形がくっきりと写り、再生時、拡大ズームした際の画質が向上していると確認できた。カメラモジュールの実力がかなり向上しているのではないかと思う。

特に、2個の半球画像のつなぎでは、初代Thetaからのこだわりの技術が踏襲されている。もちろん、撮影時の条件がカメラに対し厳しすぎて、つなぎ目が見えてしまったり破綻する場面がないわけではないが、よくぞここまでという頑張りを見せてくれ、さすがである。こここそ他社の追従を許さない優れた部分と思う。

また、本機では動画は4K: 3840×1920/29.97fpsというモードが可能になっている。ビットレートでいうと32〜54Mbpsである。夜間実際に動画の撮影をして、静止画と同様に画質の進化を確認できた。

【操作性】
ボディー中央にシャッターボタンがあり、これを押すことで2個のカメラが同時に撮影できる仕掛けはThetaシリーズの特徴でもあり、本機もそれを踏襲している。そして撮影した画像は、即スマートフォンを経由してFacebookやTwitterなどのSNSで友人と共有ができる。

本機は、スマートフォンと無線LAN等で接続し、スマートフォンのアプリから操作しての撮影もできる。従来、無線LANの接続はお世辞にも設定しやすいものではなかったが、本機ではかなりその点が改善されて使いやすくなっている。技術的に何が変わったのか捉えにくいのではあるが、スマートフォンのアプリから、無線LANで接続できるThetaを探す機能が実力を高めたせいのようだ。筆者にとってこれはとてもうれしい改善点である。

とはいえ、本機とスマートフォンの接続は誰でも簡単とまではいかないので、やや厳しいが評価「4」とした。

【バッテリー】
購入しまだ日が浅い現時点での感触だが、静止画中心の私の使い方では十分に1日の撮影には足りると思う。

充電にはUSBインターフェースを使うが、本機はマイクロUSBを採用しており、そろそろType-Cに切り替えてもよかったのではと思う。

【携帯性】
スティック状の形状で軽く、携帯性は悪くないと思う。

携帯時、唯一特に注意が必要なのがレンズ部に傷をつけないように扱うことであるが、ソフトケースが付属しており、これをを使えばよいように配慮されている。

【機能性】
本機は、前述のように、単独で、もしくはスマートフォンのアプリから操作して、動画、静止画で360度全天球の撮影ができる。接続には無線LANを用いるが、今回Bluetoothにも対応した。ただし、Bluetooth接続では、撮影時のモニター画面は利用できないという仕様だ。

また、本機には本体ボディーに「セルフタイマー」ボタンが付いた。以前より筆者もほしいと思っていた待望の機能だ。

手振れ補正については本機は残念ながら他社と比較してあまり優れているとはいえない。機能性の評価は「4」とした。

【液晶】
撮影画像を確認するための画面は搭載していないので、無評価とした。

【ホールド感】
シャッターボタンを押すのに、スティック状のボディー形状でホールド感は十分と思う。

一脚や自撮り棒のようなものを使い、カメラ位置を工夫して撮影するというのもこのタイプのカメラの重要な撮影テクニックである。カメラ位置、つまり再生時の視点位置を変えると、従来のカメラにないユニーク写真ができる。本機の底面には三脚用のネジが用意されていて、一脚や自撮り棒にももちろん利用できる。

【総評】
私には初代からこれで3機種目のThetaとなるが、完成度がぐっと上がったと感じる。

カメラそのものの性能が上がり、撮影した動画、静止画の画質がとても向上している。あわせてスマートフォンとの接続も設定操作がやりやすく改良されている。

前述のように、ふたつのレンズでそれぞれ180度の半球を撮影し、本体内でその撮影画像をつなぎ合わせる処理は、かなり難しい技術だ。しかし、それをしっかり高い品質レベルで処理できているのは重要なポイントだ。

最初に登場した当時、大変ユニークなカメラといわれてていたThetaであるが、後発のライバルたち360度カメラが各社より多数出てきている。ライバルたちの中には完成度を高め、Thetaを部分的には超えてきている機種もあるかと思うが、本機のような普及価格帯でここまでの画質性能を持っているとは、コストパフォーマンス的にもおすすめできそうだ。

初代Thetaのレビューにも書いたが、このような360度カメラは、従来のカメラとは全く異なる撮影スタイルやアイデアで、とてもインパクトのあるユニークな写真や動画が撮れるのが魅力だ。そうした工夫をしながらの撮影も楽しい。ぜひおすすめである。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「RICOH THETA SC2 [ホワイト]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH THETA SC2 [ホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RICOH THETA SC2 [ホワイト]
リコー

RICOH THETA SC2 [ホワイト]

最安価格(税込):¥32,828発売日:2019年12月13日 価格.comの安さの理由は?

RICOH THETA SC2 [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <33

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意