『B&Wのスピーカーとは音作りの方向性が違うかも?』 Bowers & Wilkins PI3/BU [ブルー] RX-7乗りさんのレビュー・評価

2019年11月下旬 発売

PI3/BU [ブルー]

9.2mmデュアル・ハイブリッド・バランスド・アーマチュアドライバーを搭載したBluetoothイヤホン

PI3/BU [ブルー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥11,097

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥11,097¥17,820 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥11,097 〜 ¥17,820 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ネックバンド 装着方式:両耳 駆動方式:バランスド・アーマチュア型 再生周波数帯域:10Hz〜30kHz PI3/BU [ブルー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PI3/BU [ブルー]の価格比較
  • PI3/BU [ブルー]の店頭購入
  • PI3/BU [ブルー]のスペック・仕様
  • PI3/BU [ブルー]のレビュー
  • PI3/BU [ブルー]のクチコミ
  • PI3/BU [ブルー]の画像・動画
  • PI3/BU [ブルー]のピックアップリスト
  • PI3/BU [ブルー]のオークション

PI3/BU [ブルー]Bowers & Wilkins

最安価格(税込):¥11,097 (前週比:±0 ) 発売日:2019年11月下旬

  • PI3/BU [ブルー]の価格比較
  • PI3/BU [ブルー]の店頭購入
  • PI3/BU [ブルー]のスペック・仕様
  • PI3/BU [ブルー]のレビュー
  • PI3/BU [ブルー]のクチコミ
  • PI3/BU [ブルー]の画像・動画
  • PI3/BU [ブルー]のピックアップリスト
  • PI3/BU [ブルー]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

PI3/BU [ブルー]のレビューを書く

RX-7乗りさん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:469人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
29件
6件
イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
ノートパソコン
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3
B&Wのスピーカーとは音作りの方向性が違うかも?

【デザイン】
アルミ製?のハウジングでカッコいい。
ハウジングから生えているケーブルもサーフェスタイプで段差もなく、非常に凝ったデザインだと感じる。
色味(Blue)も良い。
ケーブルや、塗装、フィンの作りなど、質感もなかなかいい感じ。

パッケージデザインも凝っている。

【高音の音質】
若干硬い感じの印象。
広がり感は少々狭い感じ。

【中音の音質】
ボーカルが手前に来るような感じ。
ボーカルの輪郭がハッキリするが、若干硬い印象。

【低音の音質】
切れは良いが、若干硬い感じの印象。
小音量時の低音の量感は少し不足している感じがするが、イコライザーで調整できるレベル。
少しボリューム上げると低音のバランスが良くなる感じ。

【音質について】
再生環境は iPhone12Pro、AAC(256Kbps)、ONKYO HF Player。
若干音質が固い印象がする。
イコライザーで調整しても硬い感じは変わらない。
※エージングが進むと変わって来るかもしれない

ドライブユニットはハイブリッドタイプ。
2 x Φ 9.2mm full range
2 x Balanced Armature

Bluetooth5.0接続。
コーデックは aptX Adaptive に対応しているので、対応機器で再生するとより良い音で楽しめそうだが、手元に対応機器が無いので未確認。

音質的には悪くは無いが、EAH-AZ60/WF-1000XM4 に比べると全体的に落ちる感じがする。
JBL TUNE120 TWS より良い感じ。

個人的な感覚での音質序列は以下のような感じ(ANC付はオフ状態での評価)。
EAH-AZ60=WF-1000XM4>=MOMENTUM True Wireless 3>TOUR PRO+ TWS>>PI3>TUNE 120TWS>=WF-XB700>>>SoundPEATS QY7

【フィット感】
良い感じ。

S,M,L 3種類のイヤーピースが付いている。
イヤーピースはシリコン素材で、装着感はいたって普通。

S,M,L 3種類のフィンが付いていて、耳の大きさに合わせてセットできる。
フィン無でも使えるが、フィンがあると不意に外れる感じがまったくなくなる。
壁打ちテニス位なら全然問題ない位な感じ。

首に掛かるケーブル部分(左右リモコン部分の間)は、イヤホン側より固めのケーブルになっており装着感は良い。
また、ケーブル断面がオーバルタイプで 形状を保持する力が働き、顔からある程度離れた場所を維持する感じで 頭を上下左右にふってもケーブルが擦れる事が無く、ケーブルタッチノイズを抑えられる。
ケーブル表面もシリコン素材特有の肌触りで、ケーブルが服などに触れてもケーブルタッチノイズは皆無。

【外音遮断性】
ふつう

【音漏れ防止】
ふつう

【携帯性】
ふつう
左右がケーブル接続されているタイプなので TWSに比べるとかさばるが、ケーブルが少し固めのオーバル断面タイプで絡まる事はないのでキャリングはしやすいと思う。
イヤホン本体側も磁石で左右がくっつく。

Bowers & Wilkins ロゴ入りキャリングポーチが付属している。

【総評】
オーディオファンにはお馴染みの B&W製ワイヤレスイヤホンの入門機。
B&W 805D の音が物凄く好きでちょっと期待していたが、音作りの方向性は少し違う様に感じる。
−>もっと上位のモデルだと違うかもしれない

2022年6月末頃に 約\9,000.-になったので購入(購入したショップはBlueだけ安くなっていた)。
2019年11月頃発売の少々旧いモデルだがコスパ的には良かったと思うので満足度は高い。
しかし、この音質なら 発売当初の \28,000.-は出せない感じ。発売当時\18,000程度なら買いだと思う。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「PI3/BU [ブルー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

PI3/BU [ブルー]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

PI3/BU [ブルー]
Bowers & Wilkins

PI3/BU [ブルー]

最安価格(税込):¥11,097発売日:2019年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

PI3/BU [ブルー]をお気に入り製品に追加する <5

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

イヤホン・ヘッドホン
(最近5年以内の発売・登録)






ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意