『間違いなくコスパ最強のSUV!故に気になる欠点』 トヨタ ライズ 2019年モデル Elijah Smithさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ライズ 2019年モデル

『間違いなくコスパ最強のSUV!故に気になる欠点』 Elijah Smithさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライズ 2019年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

Elijah Smithさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:935人
  • ファン数:4人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格5
間違いなくコスパ最強のSUV!故に気になる欠点

【エクステリア】
バックドアガーニッシュが艶有り塗装となっている点、ドアアウターハンドルがメッキとなっている点、2トーンカラーのルーフ部(ブラックマイカメタリック)が艶のある感じになっている点など、比較的質感高い印象です。
そのため、質感的には廉価な印象はなく、同クラス標準的、または1クラス上と比較しても遜色ない印象です。

トヨタ「RAV4」に似ていると言われているエクステリアですが、横並べで見ると明らかにコンパクトで印象は結構異なります。

驚いたのは、ドアの締めやすさやドアを閉めた音が比較的上質であったことです。ちょっと重めな音で、感覚的には1クラス上のCセグメントクラスなイメージです。


【インテリア】
他社コンパクトSUVと比較すると、室内の質感は高めであるといえます。
姉妹車のダイハツ「ロッキー」の場合、最上位グレード「Premium」のシート表皮がファブリック×ソフトレザー調となるため、インテリアは「ロッキー」の方が上質な印象です。

そして、なんと言っても車内が広い!
これが「ライズ」の大きな魅力の1つでしょう。
後部座席は足元及び頭上スペースが広く、Cセグメントクラスのトヨタ「カローラ」や「RAV4」にも勝る広さです。
足元中央の凹凸が小さめだったため、後部座席の移動も比較的楽でしょう。僅かにリクライニングできることも好印象です。

昨今、ボディサイズは大きいのに車内は狭いという新型車が多い中、「ライズ」はボディサイズは小さく車内は広いという素晴らしいクルマとなっています。

ラゲッジスペースが同クラスSUVトップレベルの広さ(369L)であることを謳っていますが、実際見てもかなり広い印象です。
特に驚いたのが、アンダーラゲッジの広さです(80L)。かなり深くなっているため、背の高い荷物の収納に便利そうです。


【エンジン性能】
パワートレインは、直列3気筒1.0Lターボエンジンと非力ではありますが、スペック的には1.5L NAエンジンと同等で、1.0t未満の車両重量には十分な印象です。
ターボ車であるため、発進時は比較的スムーズで、上り坂も2,000回転程度で登ってくれます。
そのため、街中でパワー不足を感じることはあまりないと思います。

また、パワーモードを選択するとアクセル操作のレスポンスが良くなり、加速感が向上します。走りを楽しみたい際には良い機能だと思います。
回転数を常時高めにキープする様なモードではなかったものの燃費性能は落ちると思われますので、街中で使うことは少ないかもしれません。
パドルシフトの方が使いやすい気もしますが、シフトアップやシフトダウンが行えるシーケンシャルシフトが全車標準装備となっている点も好印象です。

ただ、急な上り坂となれば3,000回転程度にはなりますし、高速道路の追い越し時などは若干パワー不足を感じるでしょう。
上記をまとめると、パワー不足感は少ないものの、”走りが面白い”と感じるクルマではない印象です。

加速性能とは関係ありませんが、ダイハツ「タント」と同じ独特なウィンカー音やウィンカーの(カチッとハマらない)操作性が少し気になりました。


【乗り心地】
静粛性は比較的良く、段差による突き上げもかなり抑えられている印象です。

乗り心地は、サスペンションが優秀な「カローラ」やホンダ「シビック」などと比較すると劣るものの、1クラス上のCセグメントレベルだと感じました。

後部座席の座り心地も家族に好印象でした。


【燃費】
実燃費は14.0〜15.0km/L前後になると思われます。比較的優秀です。
自動車税も1.5Lガソリン車より年5,500円安いことも魅力的です。


【安全性能】
前後の自動ブレーキ、先進ライト「アダプティブドライビングビーム」、「LKC(レーンキープコントロール)」、「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」など、ひとしきり先進安全装備が搭載されていますが、やはり何と言っても電動パーキングブレーキが搭載されていない点が欠点であり、惜しい点だと感じます。

また、自動ブレーキが夜間の歩行者や自転車に対応できない、右左折時の対向車や歩行者にも対応できない、LKC(レーンキープコントロール)が60km/h未満で作動しないなど、安全性能的には"そこそこ"で、それらが全て搭載されている「ヤリスクロス」の方が圧倒的に優れています。
安全性能的に他車より少し劣る点も、「ライズ」の欠点といえるでしょう。


【価格】
安全装備を全て設定できる「Z」にメーカーオプションのリヤクロストラフィックアラートやパノラミックビューパッケージ、マット、ETC程度をオプション設定して約230万円です。
値引き額も普通に10%(約23万円)出ることもあり、非常に安く購入できます。
今どき「N-BOX」などの軽自動車でも200万円を超える時代なため、この価格でSUVを購入できることも「ライズ」の大きな魅力です。
まさに、コスパ最強です。


【総評】
「ライズ」は、扱いやすい5ナンバーサイズのSUVでありながら車内が広く、見た目もカッコよく、そして圧倒的に安いことが最大の魅力であると個人的には思います。

先進安全装備や悪路走破性、そして”走り”では「RAV4」などのミディアムクラスSUVには勝てません。
同コンパクトSUVの「ヤリスクロス」と比較すると、取り回しの良さや車内の広さでは勝るものの、悪路走破性や燃費性能、何より安全性能では勝てません。
そのため、圧倒的な価格の安さと車内の広さ、取り回しの良さに重きを置く方には非常におすすめであると考えます。

※「ライズ」の欠点、「ヤリスクロス」との比較は以下のサイトを参考にしました。
https://bluesky-sheep.com/rocky-raize-weakness-2019
https://bluesky-sheep.com/yariscross-raize-2020

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ライズ 2019年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライズ 2019年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ライズ 2019年モデル
トヨタ

ライズ 2019年モデル

新車価格:167〜228万円

中古車価格:134〜313万円

ライズ 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <245

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ライズの中古車 (874物件)

  • ライズ Z

    242.0万円

    年式
    令和元年(2019)
    距離
    1.0万km
    車検
    2022/11
  • ライズ X S

    167.0万円

    年式
    令和元年(2019)
    距離
    0.2万km
    車検
    2022/11
  • ライズ Z

    199.8万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    0.2万km
    車検
    2023/02
  • ライズ Z

    193.0万円

    年式
    令和元年(2019)
    距離
    0.3万km
    車検
    2022/11
  • ライズ Z

    229.8万円

    年式
    令和3年(2021)
    距離
    10km
    車検
    2024/03
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意