『ロッキーと共に今あるコンパクトSUVでは最良の選択肢』 トヨタ ライズ 2019年モデル 高山正寛さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ライズ 2019年モデル

『ロッキーと共に今あるコンパクトSUVでは最良の選択肢』 高山正寛さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライズ 2019年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:64件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールこの度プロフェッショナルレビューを担当させていただきます高山正寛(たかやませいかん)です。1959年生まれで自動車専門誌で20年以上に新車とカーAV記事を担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関…続きを読む

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ロッキーと共に今あるコンパクトSUVでは最良の選択肢

写真はライズ専用色、ツートンルーフ仕様は5万5000円高のオプションとなります

最上位のZグレードのみ195/60R17インチのアルミホイールとタイヤを標準装備します

少々プラスティック感の強いインパネ周りだが操作系も含め、実用性が高いのは魅力

注目のディスプレイオーディオはメーカーオプション、普通のナビも取り付け可能

シートヒーターはZに標準装備、他のグレードはFFがオプションで4WDが標準となる

ラゲージ容量は最大369L、6:4分割のリアシ ートを倒せばほぼフラットなスペースになる

先に結論を言うと、試乗した後にじわじわとその良さが身体に染みこんできました。

開発と製造を担当するダイハツのロッキー、トヨタブランドで販売を行うライズ。いわゆる姉妹車の関係にある2台ですが、コロナ禍の前にトヨタ・ライズの最上位グレードである「Z」のFF車に試乗しました。

市場のピークは過ぎたとか色々言われますが、まだまだSUVジャンルは掘り起こせばそこに販売のチャンスは転がっています。

過去を振り返ると、トヨタはダイハツからOEM供給を受けたコンパクトSUVであるラッシュを販売していました(ダイハツはビーゴ)。

クルマとしては今回のモデル同様、都市部などの使いやすさを向上させたモデルでしたが、今ほどのSUVブームではなかったこともあり、販売面ではもうひとつ伸びなかった記憶があります。

しかしライズに至っては2020年1月の販売台数がカローラやプリウスを抑えて1位になりました。一方のロッキーは健闘しているものの、ここはやはりトヨタの販売力のよる部分が大きいわけです。

さて、クルマ本体に話を戻しましょう。このクルマの最大のポイントはボディサイズと車両重量の軽さにあると感じました。

全長3995×全幅1695×全高1620mmの寸法は取り回しのしやすい5ナンバー枠。全高は1620mmなので都市部に多い立体駐車場への入庫は難しいですが、FFと4WD車のスペックが同じという点では最近増えてきたマンションなどの1650mmまでの立体駐車場であれば駆動方式にこだわらず入庫できる点では見所があります。

そして何よりもFF車で1トンを切る車重は税金面だけでなく、実際の走りにも軽快感をプラスしてくれます。

また小回り性能の基準のひとつである最小回転半径も試乗したZグレードのみ17インチホイール&タイヤを装着しますが、それでも16インチ仕様との差はわずか0.1m。トヨタ車に限らず、ホイールサイズをアップすると最小回転半径が一気に増えてしまう車両が多い中でこの差で抑えた点は評価できます。

搭載するパワートレーンは1L直3ターボに新開発のCVTを組み合わせます。型式的にはハイト系のルーミー&タンク(ダイハツで言えばトール)などと同じ「1KR-VET型」ですが、小気味良い加速感やアクセルコントロールのし易さなど「これ同じエンジン?」と思えるほど数段レベルが上がっています。

とにかくフットワークが軽快です。接地感で言えばややフロントが浮き気味なる時もありますが、重心高の高いSUVということを考えれば十分以上、あまりにも走りが楽しいのでついついアクセルを踏んでしまったことで結果として燃費がやや落ちてしまった点は申し訳ないです。

ただこれだけ軽快、いや元気に走るならパドルシフトを入れればセーリングポイントとして十分通用するのに、と感じながらこれらの高いパフォーマンスは人気のタントから採用された新型の「D-CVT」やダイハツの新アーキテクチャーである「DNGA」による部分も大きいと感じました。

その燃費に関してはWTLCの市街地モードが14.4km/Lでしたが、実際でも13.9km/Lと少々物足りない。一方で高速道路では一気に燃費がアップ!新型CVTがエンジン回転数を低く抑えることができることもあり、流れの良い高速道路では22.3km/Lまで向上しました。正直、ちょっと差がありすぎるかな、という印象も持ちましたが、トータルでは17.7km/Lだったのでまずは及第点といった所でしょうか。

一方、コンパクトなボディからは想像できないほどので室内空間や収納など実用的な部分が多いと感じました。

乗降性のし易さはもちろん、何よりも2525mmのホイールベースとは思えない程、後席の足元を含めた居住性が高い。リアシートにはスライド機構も無いし、リクライニングも2段階しか動きませんが、それを補って余りある程、空間の使い方が上手い。

また荷室に関しても容量だけでなく左右の出っ張りの少なさや十分な奥行き、そしてFF車の場合80Lのサブトランク(4WD車はそれでも38Lもあるので高評価)などの使い勝手も非常に優れています。

オススメグレードに関してですが、高速道路を走る機会があるならば、今回試乗した最上級グレードの「Z」一択になります。

その最大の理由が先進安全装備のひとつであるACC(アダプティブクルーズコントロール)が搭載されているのはこのZだけだからです。

EPB(電動パーキングブレーキ)は持っていないライズですが、ACC自体は「全車速対応」、もちろん停止保持機能はありませんが、前述した高速道路の燃費の良さもACCに頼っていた部分もあり、快適性やドライバーの疲労軽減を考えたらACCはもはや必需です。

また新型カローラから採用されたDA(ディスプレイオーディオ)に関しても「ディスプレイオーディオパッケージ(9万7900円)」として全グレードにメーカーオプションとなります。

もちろんこの中には9インチの大画面ディスプレイやBluetooth接続、地デジTV、「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応しており、内容は充実しているのですが、これにパノラミックビュー機能をプラスした上位オプションはこれもまた「Z」しか選ぶことができません。

要は車両本体価格はかなり抑えているライズでもオプションをうまく選ばないと結果として総支払金額が高くなってしまいます。

それでもサイズやコスパ等を考えると現在販売されているコンパクトSUVの中ではイチ押しと言えると思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ライズ 2019年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
素敵なSUV     5 2020年7月4日 21:56
3000km程乗り再レビュー  4 2020年6月29日 13:33
SUVと言い難いSUV  3 2020年6月23日 11:36
安全走行機能について  3 2020年6月18日 10:45
一目惚れ!!!  5 2020年6月13日 11:58
ライズ、購入して一ヵ月の感想。  4 2020年6月9日 21:01
ロッキーと共に今あるコンパクトSUVでは最良の選択肢  5 2020年5月31日 23:32
なんだこれは。良いじゃないか!  4 2020年5月15日 17:59
セミリタイア生活に最適です。  4 2020年5月9日 06:42
燃費不満  2 2020年5月6日 17:27

ライズ 2019年モデルのレビューを見る(レビュアー数:53人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライズ 2019年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ライズ
トヨタ

ライズ

新車価格:167〜228万円

中古車価格:149〜294万円

ライズ 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <189

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ライズの中古車 (334物件)

  • ライズ Z

    199.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    8km
    車検
    2023/05
  • ライズ Z

    199.8万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    0.4万km
    車検
    2022/02
  • ライズ Z

    199.8万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    0.2万km
    車検
    2022/02
  • ライズ Z

    209.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    10km
    車検
    2023/06
  • ライズ Z

    203.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    10km
    車検
    2023/06
qoo10
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意