『遠出はしたくない車』 トヨタ ライズ 2019年モデル あかビー・ケロさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ライズ 2019年モデル

『遠出はしたくない車』 あかビー・ケロさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライズ 2019年モデルのレビューを書く

あかビー・ケロさん

  • レビュー投稿数:89件
  • 累計支持数:4340人
  • ファン数:6人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能2
乗り心地3
燃費1
価格3
遠出はしたくない車
 

燃費は12.3km/l

廉価版の為マニュアルエアコン

 

デビュー時に短時間の試乗で高評価し、売れるだろうなと思ったライズですが、いつもの高速、山道を満遍なく約50km走っての再レビューです。
グレードはXのFF 、スマートアシスト無しの廉価モデル。走行距離は18千キロ程

【エクステリア】
黒樹脂部を効果的に使いミニRAV4風のオフロード寄りしてサイズ、価格以上に見栄える保守的で老若男女問わず受けいられるデザインは上手い
 
【インテリア】
ハンドル調整がチルトのみ。テレスコ機能無し。これは全グレード同仕様。
またシートリフターはのXグレードだけ無いのは残念
メーターは普通のアナログ。前後左右視界も広く、カクカクデザインで小回りも効くので初心者でも運転し易いと思う。
インテリアはドアハンドルからRAV4に似たデザインで良く安っぽさは余り感じさせないがXグレードは加飾少ない。まあ価格からしていた仕方ないレベルだと思う。
収納式ドリンクホルダーのサイズに合わせたホールド機能なく音が気になりました。
ナビ7inchの為パネルのビビりは無いが、路面状況により微かな車内どこからかパネル共振音は聞こえるが音楽掛ければ気付かないレベル

【エンジン性能】
アクセル軽い為、街中スタートでも予想以上に飛び出します。
1人乗車では高速、登坂路でもちょい踏めばターボで高トルクで必要な速度に持っていきます。パワーに関しては満載しても必要充分だと思う。
廉価版の為かパワースイッチはありませんが、ATのマニュアルモードはあり、下り坂やコーナー手前のエンブレ使用に便利です。

【乗り心地、走行性能】
フリードと同銘柄ダンロップエナセーブで、ハイトの高い16インチタイヤで、乗り心地はどんな状況でも柔らかい。
その分ロールもそれなりに大きい。
前回街中試乗でビシッと直進するコメントしましたが、高速では遊び大きいのでダルな反応と大口径帯タイヤが功をなし、直進性はまあまあ。
エンジン音やパターンノイズは街中では小さく感じましたが、速度上昇に比例して並みレベルに。
また気になったのは駐車場出る最初から最後までパーキング速度で前後動くとキーキー音がブレーキ引きずってるのかとサイドブレーキはしっかり下ろしてて。
そういう個体なのか全部か分かりません。
【燃費】
メーター読みでリッター12.3kmでした。
1人乗車でそんな飛ばしてないのに、、暑くてエアコン強めにしたから。
ターボでパワー稼いでから燃費は良くないのか。期待値を大きく下回りました。

【価格】
Xグレードはスマアシレス等装備貧弱仕様のため、167万は妥当だけど選ぶ人は少ないでしょうね。

【総評】
短時間試乗では分からなかった弱点が見えました。
内外装デザイン、室内空間による使い勝手、居住性はお値段以上に感じました。
またエンジンも車重に対し必要以上です。
しかしハンドルを通して伝わってくる接地感が少なく運転してるかん希薄で楽しくない。
途中で運転放棄したくなりました。
よってライズは予算なく、運転に興味がなく、行動範囲も狭く、SUVルックのルーミーだと思えば納得。軽自動車ベース隠せませんでした。
近々マイチェンあるとの事、内装の建て付け等全般にレベルアップを望みます。

レビュー対象車
試乗

参考になった159人(再レビュー後:42人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2
想定外の出来の良さ
   

   

グレードはGのFF 1
読みづらい文章を簡潔にまとめました。

【エクステリア】
横から見るとCピラーの形状や、全長の寸詰まり感がビーゴ、前後から観るとRAV4、デザイン的には実物大チョロQ?
 
【インテリア】
ハンドル調整がチルトのみ。テレスコ機能が欲しいなと思いました。
立ち気味のAピラーは邪魔にならず、ボンネットも見えるので見切り、後方の視界はCHRより良好
RAV4似デザインのインストルメントパネル、シートにレッドパイピングで差し色あり
9インチのナビもダッシュボードの上端からはみ出し少なく運転時に気にならない。
この室内でナビ9inchは大きく感じますね。
オプションではあと7inchしか選択肢ありません。RAV4もそうですが8inchを用意しないのか不親切だと思います。

【エンジン性能】
平坦な試乗コースでは、軽い車重もあり、出だしから軽快。
ハンドル右のPowerスイッチ押せば定員乗車、荷物満載でも余裕がありそう。
営業さんの話しではリッター10キロくらいではと言ってました。

【乗り心地、走行性能】
フリードと同銘柄ダンロップエナセーブで、ハイトの高い16インチタイヤの為か、乗り心地はフリードみたいな癒し系、フットワーク軽やかながら、ちょっとした段差やひび割れ路面でも不快に感じなく、ハンドル軽く添えても、ビシッと直進します。
また室内もエンジン音やパターンノイズ少なくリッタカーとは思えない程静かでした。
ただキツめの段差を乗り越えた時に一瞬フロアがブルっとした感じありました。

【価格】
車両価格は安く見えますが、ナビ等オプションちょい盛ると100万アップするので注意。
支援が充実のZを最低限ほオプションで買うのが賢いかと。

【総評】
手頃なサイズで実用性高いユーティリティを備え、エンジン、足廻りもリッターカーとは思えない仕上がりにビックリしました。
スズキもビックリの軽量化技術もさるとことながら。ホンダより先にリッターターボを出すとは、ダイハツ侮り難し!

レビュー対象車
試乗

参考になった48

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2
街中試乗でも満点でした

展示車両にナンバーが付いたので試乗させてもらいました。
グレードはGのFF 100kmちょいの個体に
営業さんと市街地のみの試乗コースです。

【エクステリア】
前回評価したので割愛しようと思いましたが、最近ビーゴ見かけたら、Cピラーの形状や、全長の寸詰まり感がビーゴそっくり。
前後から観るとRAV4っぽいのに…サイドビューとのギャップ萌え派に受けそう。
 
【インテリア】
運転ポジション合わせる時に気になったのはハンドル調整がチルトしかしないこと、テレスコ機能が欲しいなと思いました。
メーターとハンドルの位置が近過ぎるようですがメーター確認に支障はありません。
立ち気味のピラーは邪魔にならず、ボンネットも見えるので見切りは良いです。
RAV4似デザインのインストルメントパネルもドライバー側に傾斜が付き5ナンバーの横幅でコンパクトに纏めてあるので操作性は良い。また9インチのナビもダッシュボードの上端が高いのではみ出し少なく、運転中も特に気になりませんでした。
一つ特徴なのはウィンカー操作時にワンタッチでも通常でもスティックが元の位置に戻ってくるという変わった仕様でした。
あとエンジン切る時のカラー控えめ表示のグラフィックメーターのアニメーションが凝っててよかったです。

[予防安全機能)
スマートアシストは標識認識は確認し忘れました。先行車発進お知らせはブザーで教えてくれました。メーター内表示は未確認。
あと駐車時にコーナーセンサーが作動しました。前後誤発進機能が付いてるグレードに必然的にセンサーを有効活用してるのは関心しました。車両感覚掴みにくい人には音だけでも役立つと思います。

【エンジン性能】
初体験の1リッターエンジンは軽い車重のせいか出だしからトルクフルな印象。
試乗コースが平坦な為、Max実力は分かりませんが定員乗車、荷物満載でも問題なさそう。またハンドル右のPowerスイッチ押せば、さらにパワフル。
エンジン性能は高いと感じましたが、市街地モードの燃費が14.4なので実際は10キロ近くまで落ちそう。

【乗り心地、走行性能】
これが予想以上に乗り心地良かった。
フリードと同銘柄ダンロップエナセーブで、ハイトの高い16インチタイヤのおかげかも知れませんがフットワーク軽やかながら、ちょっとした段差やひび割れ路面でも癒しの乗り心地を確保し、直進性も高いです。
また室内もエンジン音やパターンノイズ少なくリッタカーとは思えない程静かでした。
ボディ剛性も高そうですが、キツめの段差を乗り越えた時に一瞬フロアがブルっとした感じありました。

【価格,納期】
価格は前回コメントしたので割愛します。
納期ですが美人営業さんのいうには1月予定だそうです。

【総評】
5ナンバーとは思えない実用性と走行性能は正直C-HR、RAV4以上です。
リアハッチを樹脂製にするなど、軽自動車競争で養ったダイハツの軽量化等の技術を結集させワンランク上ような印象を受けました。
軽自動車のレベルが上がってきてるので、リッターカーのレベルも底上げし差別化してきたなと。。
雪国のアシや趣味車として個人需要は多そう…きっと売れちゃうんでしょうね。
納車待ちのシエラから乗り換える人とか…

レビュー対象車
試乗

参考になった16

満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格2
パッケージングは満点(追記あり)

《一部加筆、修正しました。》
会社帰りに通りがかったら展示車両があったので覗かせてもらいました。
グレードはGのFF ナチュラルベージュマイカでした。

【エクステリア】
5ナンバーながら、カクカクしてるせいか実寸よりは大きく見えます。雰囲気はビーゴ似てるなと感じましたが、テイストはフロントグリル、ライトはRAV4ですね。リアランプをガーニッシュで繋げたのはUX意識してるのかな。
違和感少なく受け入れやすいデザインはマル
ちなみに最低地上高は185mm

【インテリア】
シート縁のアカパイピング、ハンドル、ドアノブにシルバー加飾(G以上のグレードのみ)してRAV4風の造形。運転席に座った感じ、全方位の視界、見切りは良さそう。
ウレタンハンドルは小さい自分の手でも細目、アップライトの姿勢で適正ポジションを取り後席に乗り込むと、足元は車体サイズ4m未満とは思えない広さあり、余裕で脚が組めました。膝の高さで縦こぶしで4個くらいの余裕あり、ただ頭上は1.2個分か。ちなみにリアドアの取手は遠いRAV4と違い、アームレスト内蔵のドアポケット兼ねたもの。
リアートのリクライニングは2段階、センターアームレストは無し。
トランクはこの車体サイズで十分確保されてると思ったらアンダーボックスが30cm深く、合われば大容量。スペアタイヤ付けなければ…
帰ってカタログで確認したらデッキボードが2段式で、容量はデッキ上段で303L、下段で369L、アンダーが145L、80Lなので合わせて440L位ですかね。ただ4WDは40L程減少するようです。
またカタログでは後席倒して150cmのスノボが詰める奥行きはあるそうです。

[グレード-予防安全機能)
グレードはRAV4と同名称で上からZ.G.Xs.Xの4グレード
安全装置はスマートアシストという名称で15種類くらいありますが、充実してるのは上位2グレード
ただし、全車速追従機能付ACC、レーンキープはZのみ。
ブラインドスポットモニター、パノラミックビュー、スマートパノラマパーキングは上位2グレードのみにオプション設定。BSM(ブラインドスポットモニター)はなんと6.6万円もします。
なおサイドエアバック、カーテンシールドエアバックは全グレード標準。
快適装備の前席シートヒーターはZ、4WDが標準。その他はオプションです。

【価格】
問題はここ!
170万台(税抜)のGグレードがフロントダッシュボードに置かれたプライスタグを見ると280万円近く。
9インチナビが26万くらいしめていたが、営業マンの話しで4WDだと320万くらいになるとか。リッターカーがこの価格とは、思わず唸るが営業も同意見でした。


【総評】
5ナンバーで実用性が高い、パッケージングは見事でした。
ミニRAV4として受ける要素はありますが、オプション付けてここまで高くなるとは。トヨタマジック、一回り大きいSUVが買えるのは悩ましいところ。
軽自動車でもオプション盛って250万くらいな時代なので、高いいけど唯一無二の5ナンバーサイズで充分な室内空間と小回り性能を持つ、ラッキー、ライズはSUVのニューカマーとして売れるんでしょうね。
ちなみにカタログのキャッチコピーは『サプライズと出会おう』でした。
5人のアダムスファミリーならぬRAIZEファミリーが主役なので家族に売り込みたいのでしょうかね。

試乗してないレビューですいませんが参考になれば幸いです。ナンバー着いたら試乗させてもらう予定です。

レビュー対象車
試乗

参考になった32

満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格3
パッケージングは満点

   

   

会社帰りに通りがかったら展示車両があったので覗かせてもらいました。
グレードはGのFF ナチュラルベージュマイカでした。

【エクステリア】
5ナンバーながら、カクカクして大きく見えますが雰囲気はビーゴ似で、クセ少なく受け入れやすいデザインは合格

【インテリア】
ハンドル、ドアノブにシルバー加飾(G以上のグレードのみ)してRAV4風の造形。運転席に座った感じ、見切りは良さそう。後ろも見えます。
ウレタンハンドルは小さい自分の手でも細目、アップライトの姿勢で適正ポジションを取り後席に乗り込むと、足下は車体サイズ以上の広さあり、縦こぶしで4個くらいの余裕あり、ただ頭上は1.2個分か。ちなみにリアドアの取手は遠いRAV4と違い、アームレスト内蔵のドアポケット兼ねたもの。
リアートのリクライニングは2段階、センターアームレストは無し。
トランクはこの車体サイズで十分確保されてると思ったらアンダーボックスが深く、合われば大容量。スペアタイヤ付ければですが…
[グレード-予防安全機能)
グレードはRAV4と同名称で上からZ.G.Xs.Xの4グレード
安全装置はスマートアシストという名称で15種類くらいありますが、充実してるのは上位2グレード
ただし、全車速追従機能付ACC、レーンキープはZのみ。
ブラインドスポットモニター、パノラミックビュー、スマートパノラマパーキングは上位2グレードのみにオプション設定。BSM(ブラインドスポットモニター)はなんと6.6万円もします。

【価格】
問題はここ!
170万台のGグレードがフロントのプライスタグを見ると280万円近く。
9インチナビが26万くらいしめていたが、営業マンの話しで4WDだと320万くらいになるとか。リッターカーがこの価格とは、思わず唸るが、営業も同意見でした。


【総評】
5ナンバーで実用性が高い、パッケージングは見事でした。
ミニRAV4として受ける要素はありますが、オプション付けてここまで高くなるとは。トヨタマジック、一回り大きいSUVが買えるのは悩ましいところ。
軽自動車でもオプション盛って250万くらいな時代なので、唯一無二の5ナンバーサイズと小回りで流行りのSUV売れるんでしょうね。


試乗してないレビューですいませんが参考になれば幸いです。ナンバー着いたら試乗させてもらう予定です。

レビュー対象車
試乗

参考になった21

 
 
 
 
 
 

「ライズ 2019年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
サイズ感とコスパが最高!  5 2022年10月1日 17:52
意外と空間が広いコンパクトSUV  5 2022年9月28日 23:27
コストパフォーマンス  5 2022年9月19日 10:51
ハイブリッドコンパクトSUVではトップ  5 2022年9月3日 21:24
サスペンション剛性なし  4 2022年8月10日 18:57
安くて楽しい若者車  5 2022年8月1日 11:57
坂道のエンジン音がうるさい。  2 2022年8月1日 07:08
1.2L HEV は熟成不足感があるように思います。  3 2022年7月28日 03:04
ターボ最高  4 2022年7月14日 11:25
試乗 1000CCターボ+4WD いいと思います。(私の場合・・・)  4 2022年6月7日 18:38

ライズ 2019年モデルのレビューを見る(レビュアー数:130人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライズ 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ライズ 2019年モデル
トヨタ

ライズ 2019年モデル

新車価格:170〜232万円

中古車価格:129〜329万円

ライズ 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <320

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ライズの中古車 (2,087物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意