『空飛ぶ単焦点コンパクトカメラ』 DJI Mavic Mini Fly More コンボ Yukimitukiさんのレビュー・評価

2019年11月中旬 発売

Mavic Mini Fly More コンボ

  • 重量199gと軽量コンパクトな折り畳み式フライカム。360度プロペラガードなどがセットになっている。
  • 12MPの空撮写真と2.7KクアッドHD動画の撮影に対応。3軸モーター搭載のジンバルにはカメラに安定性を与え、なめらかな映像撮影を実現する。
  • アプリ「DJI Fly」は直感的な操作でシンプルな飛行と撮影を提供。数回タップするだけで映画のような映像を作成できる。
Mavic Mini Fly More コンボ 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥59,400

(前週比:+2,600円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥59,400

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,400〜¥64,980 (26店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥59,400 〜 ¥59,400 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

カメラ搭載有無:標準 FPV:○ 動画解像度:2720x1530 飛行時間:18分 重量:199g(バッテリーとプロペラ含む) Mavic Mini Fly More コンボのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Mavic Mini Fly More コンボの価格比較
  • Mavic Mini Fly More コンボの店頭購入
  • Mavic Mini Fly More コンボのスペック・仕様
  • Mavic Mini Fly More コンボのレビュー
  • Mavic Mini Fly More コンボのクチコミ
  • Mavic Mini Fly More コンボの画像・動画
  • Mavic Mini Fly More コンボのピックアップリスト
  • Mavic Mini Fly More コンボのオークション

Mavic Mini Fly More コンボDJI

最安価格(税込):¥59,400 (前週比:+2,600円↑) 発売日:2019年11月中旬

  • Mavic Mini Fly More コンボの価格比較
  • Mavic Mini Fly More コンボの店頭購入
  • Mavic Mini Fly More コンボのスペック・仕様
  • Mavic Mini Fly More コンボのレビュー
  • Mavic Mini Fly More コンボのクチコミ
  • Mavic Mini Fly More コンボの画像・動画
  • Mavic Mini Fly More コンボのピックアップリスト
  • Mavic Mini Fly More コンボのオークション
ユーザーレビュー > カメラ > ドローン・マルチコプター > DJI > Mavic Mini Fly More コンボ

『空飛ぶ単焦点コンパクトカメラ』 Yukimitukiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mavic Mini Fly More コンボのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ドローン・マルチコプター
3件
9件
ベアボーン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性5
バッテリー3
静音性5
画質3
空飛ぶ単焦点コンパクトカメラ

このMAVIC MINIを購入して生かせる層は次の通りです。

・自分やその近くの風景がメインの空撮をしたい。
・セルフィー大好き
・法規等はある程度理解したが、手軽さが欲しい。
・ドローンに興味はあるが、10万円超えるような機体は・・・・。
・おもちゃのような画質は嫌(ある程度の画質は欲しい)

そんな方向きです。
私は価格コムではMavic2Proのレビューもしていますが、基本性能が違いすぎるため比較することはしません。

★満足度について
小型でとても飛行音も小さく、偵察機として最適!という冗談のような本当の機体
アプリの機能がまだまだ限定的です。写真撮影ではある程度細かい設定ができますが、幅は少ないです。
動画撮影は明るい場所でなら普通に撮れるかなという程度です。
下記のリンクの動画の後半で夜間撮影の検証もしているので参考にしていただけると幸いです。

★デザインについて
機体のデザインは「Mavic2」の小型版です。
ぱっと見障害物検知センサーが前方についてそうな黒い部分がありますが、見た目だけです。
手に持った際、思った以上に軽いと感じるかもしれません。
その分、各部の強度はプラモデルのような薄い強度です。
雑な方は簡単に壊してしまうかもしれません。繊細に扱う必要があります。
他の機種を触った事がある方は、コントローラーの裏側にUSB TypeAの口があったのを知っているかもしれませんが、MAVIC MINIではそれはありません。
コンボに付属してくるケースは、そのまま手に持ってお出かけするというよりは、リュックサックに入れて持ち運ぶのに便利な形状になっています。

★操作性について
悪くはありません。
DJIの他の機種を使った方はコントローラーのスイッチが減っていて、物足りなさを感じるかもしれません。
Ryze Telloをスマートフォンで操作していた方は、物理的なスイッチやスティックがしっかりある事で、快適さが上がるかもしれません。
アプリの機能は先に述べた通りまだまだ限定的ではありますが、それ故に迷うようなところはあまりないのでスムーズに操作を覚える事ができるでしょう。
位置制御についてはGNSSや地表面を利用して安定したホバリングを実現しています。
GNSSで位置情報が取得できない場所でも、明るさが確保されていれば安定したホバリングをして操作が簡単になりますが、暗い室内では機体がどんどんと横に流れ始める挙動をみせるため、注意が必要です。できれば、そのような環境は避けた方が良いでしょう。

※遅延について
当方はiPhone11Proで遅延を確認しました。
写真モードで、0.12秒から0.20秒
ビデオモードで、0.17秒から0.21秒
通信が良い場所では概ねカタログスペック通りです。
使用する端末はできるだけ良い物を使用すると良いでしょう。

★バッテリーについて
飛行時間は安全などの余裕を考えると、実用10分から15分程度(カタログスペックでは18分)になります。
予備がない状態では、心許ないことになるため、コンボを購入することをお勧めします。
コンボに付属してくるACアダプターを使用する事で、充電ハブで急速充電ができます。
充電ハブは3本のバッテリーを順番に充電します。
モバイルバッテリーで充電する事が可能ですが、一本充電しながら飛ばして、交換するというようなサイクルを行えるほど充電は早くはありません。
また、氷点下4度の環境下で、飛行中はちょうどいいバッテリー温度に上昇しているため、夏場の飛行の際はバッテリー温度に注意して飛行する必要があります。
この機体はヒートシンクのみで冷やしている為、熱がこもりやすい構造になっています。

★静音性
機体が軽いため、とても静かです。数値的に見れば5mの距離で他の機体と同じぐらいじゃんというレビュー動画もありますが、実際は全然違います。
飛行中に50mも離れたら、もう、音に気がつく人はあまりいない事でしょう。
他の機体では、「あ、ドローン飛んでる?」と周囲の人に気がつかれる範囲でも、気がつけないレベルで静かです。

★画質について
iPhone11やpixelとかの方が良いでしょう。
ですが、悪くはないです。コンパクトカメラやiPhone5ぐらいの画質です(ざっくりですが)
DJI Phantom 3 Advancedを使用した事がある方は、それと同等程度です。
GPSがしっかり受信できている場所では、夜間でも機体が空中で安定しているため、数秒間の露光でも撮れない事はないです。
画質はまぁまぁでも、SNSで使うとかそのぐらいの撮影がメインなら問題はそれほどないでしょう。
動画は明るい場所で撮影する分には2.7Kで撮れるので十分とも言えるかもしれません。
結局は撮影センスですからね・・・

★その他
安全に運用できる範囲等の検証を動画にしました。
日本仕様は199gを実現するため容量が少ないバッテリーを使用しています。と書くと、劣化版のように感じますが、そうではありません。
小型無人航空機ではなく、模型飛行機のカテゴリに分類される事は、日本国内で運用するときにいろいろな手続き上の負担軽減メリットがあります。
しかしながら、しっかり勉強してから扱うことを願います。
国内仕様では半径2km以上の飛行はバッテリーの性能上、帰還が困難になります。
当方の実験では安全を考慮して1.7kmが最大の運用半径です。
住宅地や観光地の近くでは500mが運用半径です。
また、無線環境を把握できない状況での飛行はより慎重に飛行する必要があります。
拡張Wi-Fiはその他のWi-Fiの影響を当然受けます。
安全を考慮しない、無理無知な飛行はチャレンジ(挑戦)ではありません。無謀です。
事故防止に努めて楽しい撮影が行われることを願います。


【U199】日本仕様の「DJI MAVIC MINI」を電波的に安全に飛ばせる飛行距離を検証 / リフレクター検証 / 寒冷地 / 夜間撮影【適法】
https://youtu.be/6DX_jStWofo

日本仕様の「DJI MAVIC MINI」の無線特性を数値モデル化し実験してみた
https://youtu.be/wtmLMhgag4s

参考になった17人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性5
バッテリー3
静音性5
画質3
空飛ぶ単焦点コンパクトカメラ

このMAVIC MINIを購入して生かせる層は次の通りです。

・自分やその近くの風景がメインの空撮をしたい。
・セルフィー大好き
・法規等はある程度理解したが、手軽さが欲しい。
・ドローンに興味はあるが、10万円超えるような機体は・・・・。
・おもちゃのような画質は嫌(ある程度の画質は欲しい)

そんな方向きです。
私は価格コムではMavic2Proのレビューもしていますが、基本性能が違いすぎるため比較することはしません。

★満足度について
小型でとても飛行音も小さく、偵察機として最適!という冗談のような本当の機体
アプリの機能がまだまだ限定的です。写真撮影ではある程度細かい設定ができますが、幅は少ないです。
動画撮影は明るい場所でなら普通に撮れるかなという程度です。
下記のリンクの動画の後半で夜間撮影の検証もしているので参考にしていただけると幸いです。

★デザインについて
機体のデザインは「Mavic2」の小型版です。
ぱっと見障害物検知センサーが前方についてそうな黒い部分がありますが、見た目だけです。
手に持った際、思った以上に軽いと感じるかもしれません。
その分、各部の強度はプラモデルのような薄い強度です。
雑な方は簡単に壊してしまうかもしれません。繊細に扱う必要があります。
他の機種を触った事がある方は、コントローラーの裏側にUSB TypeAの口があったのを知っているかもしれませんが、MAVIC MINIではそれはありません。
コンボに付属してくるケースは、そのまま手に持ってお出かけするというよりは、リュックサックに入れて持ち運ぶのに便利な形状になっています。

★操作性について
悪くはありません。
DJIの他の機種を使った方はコントローラーのスイッチが減っていて、物足りなさを感じるかもしれません。
Ryze Telloをスマートフォンで操作していた方は、物理的なスイッチやスティックがしっかりある事で、快適さが上がるかもしれません。
アプリの機能は先に述べた通りまだまだ限定的ではありますが、それ故に迷うようなところはあまりないのでスムーズに操作を覚える事ができるでしょう。
位置制御についてはGNSSや地表面を利用して安定したホバリングを実現しています。
GNSSで位置情報が取得できない場所でも、明るさが確保されていれば安定したホバリングをして操作が簡単になりますが、暗い室内では機体がどんどんと横に流れ始める挙動をみせるため、注意が必要です。できれば、そのような環境は避けた方が良いでしょう。

※遅延について
当方はiPhone11Proで遅延を確認しました。
写真モードで、0.12秒から0.20秒
ビデオモードで、0.17秒から0.21秒
通信が良い場所では概ねカタログスペック通りです。
使用する端末はできるだけ良い物を使用すると良いでしょう。
端末のスペックの他に、通信状況にも大きく影響を受けます。下記リンクの動画では、その際の状況を収録しています。

★バッテリーについて
飛行時間は安全などの余裕を考えると、実用10分から15分程度(カタログスペックでは18分)になります。
予備がない状態では、心許ないことになるため、コンボを購入することをお勧めします。
コンボに付属してくるACアダプターを使用する事で、充電ハブで急速充電ができます。
充電ハブは3本のバッテリーを順番に充電します。
モバイルバッテリーで充電する事が可能ですが、一本充電しながら飛ばして、交換するというようなサイクルを行えるほど充電は早くはありません。
また、氷点下4度の環境下で、飛行中はちょうどいいバッテリー温度に上昇しているため、夏場の飛行の際はバッテリー温度に注意して飛行する必要があります。
この機体はヒートシンクのみで冷やしている為、熱がこもりやすい構造になっています。

★静音性
機体が軽いため、とても静かです。数値的に見れば5mの距離で他の機体と同じぐらいじゃんというレビュー動画もありますが、実際は全然違います。
飛行中に50mも離れたら、もう、音に気がつく人はあまりいない事でしょう。
他の機体では、「あ、ドローン飛んでる?」と周囲の人に気がつかれる範囲でも、気がつけないレベルで静かです。

★画質について
iPhone11やpixelとかの方が良いでしょう。
ですが、悪くはないです。コンパクトカメラやiPhone5ぐらいの画質です(ざっくりですが)
DJI Phantom 3 Advancedを使用した事がある方は、それと同等程度です。
GPSがしっかり受信できている場所では、夜間でも機体が空中で安定しているため、数秒間の露光でも撮れない事はないです。
画質はまぁまぁでも、SNSで使うとかそのぐらいの撮影がメインなら問題はそれほどないでしょう。
動画は明るい場所で撮影する分には2.7Kで撮れるので十分とも言えるかもしれません。
結局は撮影センスですからね・・・

★その他
安全に運用できる範囲等の検証を動画にしました。
日本仕様は199gを実現するため容量が少ないバッテリーを使用しています。と書くと、劣化版のように感じますが、そうではありません。
小型無人航空機ではなく、模型飛行機のカテゴリに分類される事は、日本国内で運用するときにいろいろな手続き上の負担軽減メリットがあります。
しかしながら、しっかり勉強してから扱うことを願います。
国内仕様では半径2km以上の飛行はバッテリーの性能上、帰還が困難になります。
当方の実験では安全を考慮して1.7kmが最大の運用半径です。
住宅地や観光地の近くでは500mが運用半径です。
また、無線環境を把握できない状況での飛行はより慎重に飛行する必要があります。
拡張Wi-Fiはその他のWi-Fiの影響を当然受けます。
安全を考慮しない、無理無知な飛行はチャレンジ(挑戦)ではありません。無謀です。
事故防止に努めて楽しい撮影が行われることを願います。


【U199】日本仕様の「DJI MAVIC MINI」を電波的に安全に飛ばせる飛行距離を検証 / リフレクター検証 / 寒冷地 / 夜間撮影【適法】
https://youtu.be/6DX_jStWofo

参考になった6

満足度4
デザイン4
操作性5
バッテリー3
静音性5
画質3
空飛ぶ単焦点コンパクトカメラ

このMAVIC MINIを購入して生かせる層は次の通りです。

・自分やその近くの風景がメインの空撮をしたい。
・セルフィー大好き
・法規等はある程度理解したが、手軽さが欲しい。
・ドローンに興味はあるが、10万円超えるような機体は・・・・。
・おもちゃのような画質は嫌(ある程度の画質は欲しい)

そんな方向きです。
私は価格コムではMavic2Proのレビューもしていますが、基本性能が違いすぎるため比較することはしません。

★満足度について
小型でとても飛行音も小さく、偵察機として最適!という冗談のような本当の機体
アプリの機能がまだまだ限定的です。写真撮影ではある程度細かい設定ができますが、幅は少ないです。
動画撮影は明るい場所でなら普通に撮れるかなという程度です。
下記のリンクの動画の後半で夜間撮影の検証もしているので参考にしていただけると幸いです。

★デザインについて
機体のデザインは「Mavic2」の小型版です。
ぱっと見障害物検知センサーが前方についてそうな黒い部分がありますが、見た目だけです。
手に持った際、思った以上に軽いと感じるかもしれません。
その分、各部の強度はプラモデルのような薄い強度です。
雑な方は簡単に壊してしまうかもしれません。繊細に扱う必要があります。
他の機種を触った事がある方は、コントローラーの裏側にUSB TypeAの口があったのを知っているかもしれませんが、MAVIC MINIではそれはありません。
コンボに付属してくるケースは、そのまま手に持ってお出かけするというよりは、リュックサックに入れて持ち運ぶのに便利な形状になっています。

★操作性について
悪くはありません。
DJIの他の機種を使った方はコントローラーのスイッチが減っていて、物足りなさを感じるかもしれません。
Ryze Telloをスマートフォンで操作していた方は、物理的なスイッチやスティックがしっかりある事で、快適さが上がるかもしれません。
アプリの機能は先に述べた通りまだまだ限定的ではありますが、それ故に迷うようなところはあまりないのでスムーズに操作を覚える事ができるでしょう。
位置制御についてはGNSSや地表面を利用して安定したホバリングを実現しています。
GNSSで位置情報が取得できない場所でも、明るさが確保されていれば安定したホバリングをして操作が簡単になりますが、暗い室内では機体がどんどんと横に流れ始める挙動をみせるため、注意が必要です。できれば、そのような環境は避けた方が良いでしょう。

※遅延について
当方はiPhone11Proで遅延を確認しました。
写真モードで、0.12秒から0.20秒
ビデオモードで、0.17秒から0.21秒
通信が良い場所では概ねカタログスペック通りです。
使用する端末はできるだけ良い物を使用すると良いでしょう。
端末のスペックの他に、通信状況にも大きく影響を受けます。下記リンクの動画では、その際の状況を収録しています。

★バッテリーについて
飛行時間は安全などの余裕を考えると、実用10分から15分程度(カタログスペックでは18分)になります。
予備がない状態では、心許ないことになるため、コンボを購入することをお勧めします。
コンボに付属してくるACアダプターを使用する事で、充電ハブで急速充電ができます。
充電ハブは3本のバッテリーを順番に充電します。
モバイルバッテリーで充電する事が可能ですが、一本充電しながら飛ばして、交換するというようなサイクルを行えるほど充電は早くはありません。
また、氷点下4度の環境下で、飛行中はちょうどいいバッテリー温度に上昇しているため、夏場の飛行の際はバッテリー温度に注意して飛行する必要があります。
この機体はヒートシンクのみで冷やしている為、熱がこもりやすい構造になっています。

★静音性
機体が軽いため、とても静かです。数値的に見れば5mの距離で他の機体と同じぐらいじゃんというレビュー動画もありますが、実際は全然違います。
離陸させてす50mも離れたら、もう、音に気がつく人はあまりいない事でしょう。
他の機体では、「あ、ドローン飛んでる?」と周囲の人に気がつかれる範囲でも、気がつけないレベルで静かです。

★画質について
iPhone11やpixelとかの方が良いでしょう。
ですが、悪くはないです。コンパクトカメラやiPhone5ぐらいの画質です(ざっくりですが)
DJI Phantom 3 Advancedを使用した事がある方は、それと同等程度です。
GPSがしっかり受信できている場所では、夜間でも機体が空中で安定しているため、数秒間の露光でも撮れない事はないです。
画質はまぁまぁでも、SNSで使うとかそのぐらいの撮影がメインなら問題はそれほどないでしょう。
動画は明るい場所で撮影する分には2.7Kで撮れるので十分とも言えるかもしれません。
結局は撮影センスですからね・・・

★その他
安全に運用できる範囲等の検証を動画にしました。
日本仕様は199gを実現するため容量が少ないバッテリーを使用しています。と書くと、劣化版のように感じますが、そうではありません。
小型無人航空機ではなく、模型飛行機のカテゴリに分類される事は、日本国内で運用するときにいろいろな手続き上の負担軽減メリットがあります。
しかしながら、しっかり勉強してから扱うことを願います。
国内仕様では半径2km以上の飛行はバッテリーの性能上、帰還が困難になります。
当方の実験では安全を考慮して1.7kmが最大の運用半径です。
関東周辺の校外のような場所では500mが運用半径です。
また、無線環境を把握できない状況での飛行はより慎重に飛行する必要があります。
拡張Wi-Fiはその他のWi-Fiの影響を当然受けます。
安全を考慮しない、無理無知な飛行はチャレンジ(挑戦)ではありません。無謀です。
事故防止に努めて楽しい撮影が行われることを願います。


【U199】日本仕様の「DJI MAVIC MINI」を電波的に安全に飛ばせる飛行距離を検証 / リフレクター検証 / 寒冷地 / 夜間撮影【適法】
https://youtu.be/6DX_jStWofo

参考になった3

満足度3
デザイン4
操作性5
バッテリー3
静音性5
画質3
空飛ぶ単焦点コンパクトカメラ

夜間撮影 ISO1600 / SS2秒

-4度の環境で飛行

遅延は良い端末を使っても、概ねカタログスペック通り。

このMAVIC MINIを購入して生かせる層は次の通りです。

・自分やその近くの風景がメインの空撮をしたい。
・セルフィー大好き
・法規等はある程度理解したが、手軽さが欲しい。
・ドローンに興味はあるが、10万円超えるような機体は・・・・。
・おもちゃのような画質は嫌(ある程度の画質は欲しい)

そんな方向きです。
私は価格コムではMavic2Proのレビューもしていますが、基本性能が違いすぎるため比較することはしません。

★満足度について
小型でとても飛行音も小さく、偵察機として最適!という冗談のような本当の機体
アプリの機能がまだまだ限定的です。写真撮影ではある程度細かい設定ができますが、幅は少ないです。
動画撮影は明るい場所でなら普通に撮れるかなという程度です。
下記のリンクの動画の後半で夜間撮影の検証もしているので参考にしていただけると幸いです。

★デザインについて
機体のデザインは「Mavic2」の小型版です。
ぱっと見障害物検知センサーが前方についてそうな黒い部分がありますが、見た目だけです。
手に持った際、思った以上に軽いと感じるかもしれません。
その分、各部の強度はプラモデルのような薄い強度です。
雑な方は簡単に壊してしまうかもしれません。繊細に扱う必要があります。
他の機種を触った事がある方は、コントローラーの裏側にUSB TypeAの口があったのを知っているかもしれませんが、MAVIC MINIではそれはありません。
コンボに付属してくるケースは、そのまま手に持ってお出かけするというよりは、リュックサックに入れて持ち運ぶのに便利な形状になっています。

★操作性について
悪くはありません。
DJIの他の機種を使った方はコントローラーのスイッチが減っていて、物足りなさを感じるかもしれません。
Ryze Telloをスマートフォンで操作していた方は、物理的なスイッチやスティックがしっかりある事で、快適さが上がるかもしれません。
アプリの機能は先に述べた通りまだまだ限定的ではありますが、それ故に迷うようなところはあまりないのでスムーズに操作を覚える事ができるでしょう。
位置制御についてはGNSSや地表面を利用して安定したホバリングを実現しています。
GNSSで位置情報が取得できない場所でも、明るさが確保されていれば安定したホバリングをして操作が簡単になりますが、暗い室内では機体がどんどんと横に流れ始める挙動をみせるため、注意が必要です。できれば、そのような環境は避けた方が良いでしょう。

※遅延について
当方はiPhone11Proで遅延を確認しました。
写真モードで、0.12秒から0.20秒
ビデオモードで、0.17秒から0.21秒
通信が良い場所では概ねカタログスペック通りです。
使用する端末はできるだけ良い物を使用すると良いでしょう。
端末のスペックの他に、通信状況にも大きく影響を受けます。下記リンクの動画では、その際の状況を収録しています。

★バッテリーについて
飛行時間は安全などの余裕を考えると、実用10分から15分程度(カタログスペックでは18分)になります。
予備がない状態では、心許ないことになるため、コンボを購入することをお勧めします。
コンボに付属してくるACアダプターを使用する事で、充電ハブで急速充電ができます。
充電ハブは3本のバッテリーを順番に充電します。
モバイルバッテリーで充電する事が可能ですが、一本充電しながら飛ばして、交換するというようなサイクルを行えるほど充電は早くはありません。
また、氷点下4度の環境下で、飛行中はちょうどいいバッテリー温度に上昇しているため、夏場の飛行の際はバッテリー温度に注意して飛行する必要があります。
この機体はヒートシンクのみで冷やしている為、熱がこもりやすい構造になっています。

★静音性
機体が軽いため、とても静かです。数値的に見れば5mの距離で他の機体と同じぐらいじゃんというレビュー動画もありますが、実際は全然違います。
離陸させてす50mも離れたら、もう、音に気がつく人はあまりいない事でしょう。
他の機体では、「あ、ドローン飛んでる?」と周囲の人に気がつかれる範囲でも、気がつけないレベルで静かです。

★画質について
iPhone11やpixelとかの方が良いでしょう。
ですが、悪くはないです。コンパクトカメラやiPhone5ぐらいの画質です(ざっくりですが)
DJI Phantom 3 Advancedを使用した事がある方は、それと同等程度です。
GPSがしっかり受信できている場所では、夜間でも機体が空中で安定しているため、数秒間の露光でも撮れない事はないです。
画質はまぁまぁでも、SNSで使うとかそのぐらいの撮影がメインなら問題はそれほどないでしょう。
動画は明るい場所で撮影する分には2.7Kで撮れるので十分とも言えるかもしれません。
結局は撮影センスですからね・・・

★その他
安全に運用できる範囲等の検証を動画にしました。
日本仕様は199gを実現するため容量が少ないバッテリーを使用しています。と書くと、劣化版のように感じますが、そうではありません。
小型無人航空機ではなく、模型飛行機のカテゴリに分類される事は、日本国内で運用するときにいろいろな手続き上の負担軽減メリットがあります。
しかしながら、しっかり勉強してから扱うことを願います。
国内仕様では半径2km以上の飛行はバッテリーの性能上、帰還が困難になります。
当方の実験では安全を考慮して1.7kmが最大の運用半径です。
関東周辺の校外のような場所では500mが運用半径です。
また、無線環境を把握できない状況での飛行はより慎重に飛行する必要があります。
拡張Wi-Fiはその他のWi-Fiの影響を当然受けます。
安全を考慮しない、無理無知な飛行はチャレンジ(挑戦)ではありません。無謀です。
事故防止に努めて楽しい撮影が行われることを願います。


【U199】日本仕様の「DJI MAVIC MINI」を電波的に安全に飛ばせる飛行距離を検証 / リフレクター検証 / 寒冷地 / 夜間撮影【適法】
https://youtu.be/6DX_jStWofo

参考になった3

「Mavic Mini Fly More コンボ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mavic Mini Fly More コンボのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Mavic Mini Fly More コンボ
DJI

Mavic Mini Fly More コンボ

最安価格(税込):¥59,400発売日:2019年11月中旬 価格.comの安さの理由は?

Mavic Mini Fly More コンボをお気に入り製品に追加する <318

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(ドローン・マルチコプター)

ご注意