『2012年のPCで使えました。(DELL XPS 8500)』 ZOTAC ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB] はれときどきわにさんのレビュー・評価

2019年10月29日 発売

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]

  • GeForce GTX 1660 SUPERを搭載したビデオカード。スペースが限られている小型PCへの組み込みにも最適。
  • ボード全長が約174mmとコンパクトながら、静圧を重視した70mm径ファンと、エアフローを重視した80mm径ファンを組み合わせたデュアルファン設計。
  • DisplayPort×3、HDMIを装備し、4画面出力に対応。独自のオーバークロックツール「FireStorm」で、クロック調整、ファンコントロールなどができる。
ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB] 製品画像

プロダクトアワード2020

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

搭載チップ:NVIDIA/GeForce GTX 1660 SUPER バスインターフェイス:PCI Express 3.0 x16 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3 メモリ:GDDR6/6GB ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]の価格比較
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]の店頭購入
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のスペック・仕様
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のレビュー
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のクチコミ
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]の画像・動画
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のピックアップリスト
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のオークション

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]ZOTAC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年10月29日

  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]の価格比較
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]の店頭購入
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のスペック・仕様
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のレビュー
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のクチコミ
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]の画像・動画
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のピックアップリスト
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > ZOTAC > ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]

『2012年のPCで使えました。(DELL XPS 8500)』 はれときどきわにさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のレビューを書く

はれときどきわにさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価
2012年のPCで使えました。(DELL XPS 8500)

FF15 ベンチ 交換前

FF15 ベンチ 交換後

Blender ベンチ 交換前

Blender ベンチ 交換後

グラボ比較

PC内部(交換後)

PC初心者です。
主にBlenderのレンダリング高速化を目的に購入しました。

2012年発売のデルのxps8500で使用。
ネットで検索しても情報がなかったので少し心配でしたが、問題なく使えました。

処理性能は交換前後でだいたい6倍くらいになりました。
FINAL FANTASY XV benchmarkとBlender Benchmark
を交換前後で撮ったので載せておきます。

最新のBlenderでは古いグラボは認識されず、CPUのみでのレンダリングでしたが、交換後はきちんとグラボが認識されるようになりました。

実際の使用でもBlenderで一枚の画像レンダリングが
223秒→28秒くらいに短縮されたので作業効率がだいぶ良くなりました。


【安定性】
まだ使用して日が浅いので無評価。
いくつかベンチマークソフトなどを試した限りでは問題はありませんでした。

【画質】
フルHDでは問題なく綺麗です。
4Kモニターがないので、4K画質については無評価です。

【機能性】
DVI端子がないので、DisplayPortケーブルを買い直しました。
将来性を考えるとDVIをなくして、DisplayPort×3のほうがいいのかもしれません。
この点はGTX 1650 SUPERとの違いでしたので、買うときに迷いました。

【処理速度】
これまで使っていたグラボに比べると十分に早いです。

【静音性】
アイドリング時は静かです。
また使用率が低ければほとんど気になりませんでした。

FF15のベンチマークソフトの起動中、GPU使用率が95%以上になり2分くらいたったころからかなりうるさくなりました。

一番うるさい状態で、扇風機よりうるさくて、ドライヤーよりは少し静かといった感じです。
回転数を調整すればもう少し静かになるとは思います。

Blenderのレンダリング中はGPU使用率も10%程度で長時間でもそこまでうるさくなることはなかったです。

【総評】
古いPCでも動くのはありがたかったです。
レンダリング作業以外では現状のPCに特に不満はなかったので、PC買い替えをせずにグラボだけ最新のに変えられて助かりました。
またあと2年くらいは今のPCを使い続けたいと思っています。


【参考に PCの構成と交換時のメモ】

**
■PC:DELL xps8500
■OS:Windwos10 home 64bit
■CPU:Intel core i7-3770
■チップセット:Intel H77
■メモリ:DDR3 8GB×2
■ストレージ:Crucial SSD CT500MX 500GB
■グラボ:交換前 AMD Radeon HD 7770
■電源ユニット:460W

■BIOSバージョン:A14(2018年リリース 現時点の最新版)
■BIOS Bootモード:UEFI
**


BootモードをUEFIモードに切り替えておく点は重要かもしれません。
工場出荷時はレガシーBIOSモードになっているので、そのままだとGTX1660superは認識しないかもしれません。(未確認です)

参考までに、過去のクチコミでレガシーBIOSだと画面が表示されないというのがありました。
▼DELL XPS8500にNvidea gtx1650に交換。表示されません。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001152736/SortID=23210189/

自分は以前HDDをSSD換装した際にBootモードをUEFIに切り替えていたのでこの点は問題なかったです。
ちなみにもともとついていたIRSTもそのときに解除しました。


BIOSは最新版にしておいたほうがいいと思いますが、古くても大丈夫かもしれません。この点も未確認です。すみません。

最新のBIOSは見つけづらいですが、
「dell ドライバおよびダウンロード」でググると公式ページが検索トップで出ます。
そのページのモデルのところに「xps 8500」で検索すると最新のBIOSのEXEファイルが出てきます。
あとはそれをダウンロードして実行するだけでBIOSが更新されます。
一応URLも載せておきます。
https://www.dell.com/support/home/ja-jp/product-support/product/xps-8500/drivers


あと、xps8500の場合、グラボの補助電源コネクタは
6ピン×2→8ピン×1
の変換コネクタが必要です。
Bullet PWV09 [電源変換ケーブル]というのをヨドバシで¥608で買いました。

メーカーをまたぐグラボ交換になるので、ドライバ削除にはDDU (Display Driver Uninstaller)を使いました。

電源は460Wで足りてますが、それほど余裕もないので心配な方は電源の増設もありかもしれません。
このGPUの公式の推奨システム電力は450Wです。

どなたかのご参考になれば幸いです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


【2020/08/08 追記】

補足です。
グラボの性能に関わる内容ではないので迷いましたが一応載せておきます。

補足@
xps8500の出荷時のOSについて

自分のPCはもともとwindows7搭載でした。
xps8500はその後、Windows8を標準搭載したモデルも発売されています。

Windows8を標準搭載したモデルでは最初からブートモードがUEFIになっているかもしれません。
自分の場合はwindows7でしたので工場出荷時でレガシーBIOSでした。

※WindowsはWindows8からUEFIに対応したようです。


補足A
ブートモードの切り替え方法

レガシーBIOS→UEFI切り替えはOSの再インストールが必要です 。
PC起動時に入れるBIOS設定画面のブートモード変更だけでは切替できないようです。
そもそも両者ではOSインストール時のディスクフォーマットが異なります。


補足B
2011年発売の前機種xps8300について

海外の掲示板をいくつか見た限りではxps8300でgtx1660は使えないという報告が複数ありました。
逆に使えたという報告は一つも見つけられませんでした。

xps8300はUEFI非対応でその辺がネックになっているようです。
マザボもPCI-Express2.0どまりです。

【2020/09/14 追記】
ひと月使用して特に問題ありませんでしたので、安定性を無評価→★5に変更しました。

【2021/02/22 追記】
MBR2GPT.exeというWindows10の機能を使うことでOSの再インストールをせずにレガシーBIOS→UEFI切り替えができるようです。ただし@PCがUEFIに対応している、AWindows10がバージョン1703以降であることの2点が条件のようです。

重視項目
コスト重視

参考になった33人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価
2012年のPCで使えました。(DELL XPS 8500)

FF15 ベンチ 交換前

FF15 ベンチ 交換後

Blender ベンチ 交換前

Blender ベンチ 交換後

グラボ比較

PC内部(交換後)



PC初心者です。
主にBlenderのレンダリング高速化を目的に購入しました。

2012年発売のデルのxps8500で使用。
ネットで検索しても情報がなかったので少し心配でしたが、問題なく使えました。

処理性能は交換前後でだいたい6倍くらいになりました。
FINAL FANTASY XV benchmarkとBlender Benchmark
を交換前後で撮ったので載せておきます。

最新のBlenderでは古いグラボは認識されず、CPUのみでのレンダリングでしたが、交換後はきちんとグラボが認識されるようになりました。

実際の使用でもBlenderで一枚の画像レンダリングが
223秒→28秒くらいに短縮されたので作業効率がだいぶ良くなりました。


【安定性】
まだ使用して日が浅いので無評価。
いくつかベンチマークソフトなどを試した限りでは問題はありませんでした。

【画質】
フルHDでは問題なく綺麗です。
4Kモニターがないので、4K画質については無評価です。

いままでDVI-DでモニターとつないでいたのをDisplayPortに変えて気持ち綺麗になった気がします。気のせいかもしれません。

【機能性】
DVI端子がないので、DisplayPortケーブルを買い直しました。
将来性を考えるとDVIをなくして、DisplayPort×3のほうがいいのかもしれません。
この点はGTX 1650 SUPERとの違いでしたので、買うときに迷いました。

【処理速度】
これまで使っていたグラボに比べると十分に早いです。

【静音性】
アイドリング時は静かです。
また使用率が低ければほとんど気になりませんでした。

FF15のベンチマークソフトの起動中、GPU使用率が95%以上になり2分くらいたったころからかなりうるさくなりました。

一番うるさい状態で、扇風機よりうるさくて、ドライヤーよりは少し静かといった感じです。

回転数を調整すればもう少し静かになるとは思います。

Blenderのレンダリング中はGPU使用率も10%程度で長時間でもそこまでうるさくなることはなかったです。


【総評】
古いPCでも動くのはありがたかったです。

レンダリング作業以外では現状のPCにとくに不満はなかったので、PC買い替えをせずにグラボだけ最新のに変えられて助かりました。

またあと2年くらいはいまのPCを使い続けたいと思っています。


【参考に PCの構成と交換時のメモ】

*****
■PC:DELL xps8500
■OS:Windwos10 home 64bit
■CPU:Intel core i7-3770
■チップセット:Intel H77
■メモリ:DDR3 8GB×2
■ストレージ:Crucial SSD CT500MX 500GB
■グラボ:交換前 AMD Radeon HD 7770
■電源ユニット:460W

■BIOSバージョン:A14(2018年リリース 現時点の最新版)
■BIOS Bootモード:UEFI
*****


BootモードをUEFIモードに切り替えておく点は重要かもしれません。
工場出荷時はレガシーBIOSモードになっているので、そのままだとGTX1660superは認識しないかもしれません。(未確認です)

参考までに、過去のクチコミでレガシーBIOSだと画面が表示されないというのがありました。
▼DELL XPS8500にNvidea gtx1650に交換。表示されません。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001152736/SortID=23210189/

自分は以前HDDをSSD換装した際にBootモードをUEFIに切り替えていたのでこの点は問題なかったです。
ちなみにもともとついていたIRSTもそのときに解除しました。


BIOSは最新版にしておいたほうがいいと思いますが、古くても大丈夫かもしれません。この点も未確認です。すみません。

最新のBIOSは見つけづらいですが、
「dell ドライバおよびダウンロード」でググると公式ページが検索トップで出ます。
そのページのモデルのところに「xps 8500」で検索すると最新のBIOSのEXEファイルが出てきます。
あとはそれをダウンロードして実行するだけでBIOSが更新されます。
一応URLも載せておきます。
https://www.dell.com/support/home/ja-jp/product-support/product/xps-8500/drivers


あと、xps8500の場合、グラボの補助電源コネクタは
6ピン×2→8ピン×1
の変換コネクタが必要です。
Bullet PWV09 [電源変換ケーブル]というのをヨドバシで¥608で買いました。

メーカーをまたぐグラボ交換になるので、ドライバ削除にはDDU (Display Driver Uninstaller)を使いました。

電源は460Wで足りてますが、それほど余裕もないので心配な方は電源の増設もありかもしれません。
このGPUの公式の推奨システム電力は450Wです。


どなたかのご参考になれば幸いです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。



【2020/08/08 追記】

補足です。
グラボの性能に関わる内容ではないので迷いましたが一応載せておきます。


補足@
xps8500の出荷時のOSについて

自分のPCはもともとwindows7搭載でした。
xps8500はその後、Windows8を標準搭載したモデルも発売されています。

Windows8を標準搭載したモデルでは最初からブートモードがUEFIになっているかもしれません。
自分の場合はwindows7でしたので工場出荷時でレガシーBIOSでした。

※WindowsはWindows8からUEFIに対応したようです。


補足A
ブートモードの切り替え方法

レガシーBIOS→UEFI切り替えはOSの再インストールが必要です 。
PC起動時に入れるBIOS設定画面のブートモード変更だけでは切替できないようです。

そもそも両者ではOSインストール時のディスクフォーマットが異なります。
自分の場合は、HDD換装時にOSクリーンインストールと同時にUEFIに切り替えました。


補足B
2011年発売の前機種xps8300について

海外の掲示板をいくつか見た限りではxps8300でgtx1660は使えないという報告が複数ありました。
逆に使えたという報告は一つも見つけられませんでした。

xps8300はUEFI非対応でその辺がネックになっているようです。
マザボもPCI-Express2.0どまりです。


【2020/09/14 追記】
ひと月使用して特に問題ありませんでしたので、安定性を無評価→★5に変更しました。

重視項目
コスト重視

参考になった14

満足度5
安定性無評価
画質5
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価
2012年のPCで使えました。(DELL XPS 8500)

FF15 ベンチ 交換前

FF15 ベンチ 交換後

Blender ベンチ 交換前

Blender ベンチ 交換後

グラボ比較

PC内部


PC初心者です。
主にBlenderのレンダリング高速化を目的に購入しました。

2012年発売のデルのxps8500で使用。
ネットで検索しても情報がなかったので少し心配でしたが、問題なく使えました。

処理性能は交換前後でだいたい6倍くらいになりました。
FINAL FANTASY XV benchmarkとBlender Benchmark
を交換前後で撮ったので載せておきます。

最新のBlenderでは古いグラボは認識されず、CPUのみでのレンダリングでしたが、交換後はきちんとグラボが認識されるようになりました。

実際の使用でもBlenderで一枚の画像レンダリングが
223秒→28秒くらいに短縮されたので作業効率がだいぶ良くなりました。


【安定性】
まだ使用して日が浅いので無評価。
いくつかベンチマークソフトなどを試した限りでは問題はありませんでした。

【画質】
フルHDでは問題なく綺麗です。
4Kモニターがないので、4K画質については無評価です。

いままでDVI-DでモニターとつないでいたのをDisplayPortに変えて気持ち綺麗になった気がします。気のせいかもしれません。

【機能性】
DVI端子がないので、DisplayPortケーブルを買い直しました。
将来性を考えるとDVIをなくして、DisplayPort×3のほうがいいのかもしれません。
この点はGTX 1650 SUPERとの違いでしたので、買うときに迷いました。

【処理速度】
これまで使っていたグラボに比べると十分に早いです。


【静音性】
アイドリング時は静かです。
また使用率が低ければほとんど気になりませんでした。

FF15のベンチマークソフトの起動中、GPU使用率が95%以上になり2分くらいたったころからかなりうるさくなりました。

一番うるさい状態で、扇風機よりうるさくて、ドライヤーよりは少し静かといった感じです。

回転数を調整すればもう少し静かになるとは思います。

Blenderのレンダリング中はGPU使用率も10%程度で長時間でもそこまでうるさくなることはなかったです。


【総評】
古いPCでも動くのはありがたかったです。

レンダリング作業以外では現状のPCにとくに不満はなかったので、PC買い替えをせずにグラボだけ最新のに変えられて助かりました。

またあと2年くらいはいまのPCを使い続けたいと思っています。



【参考に PCの構成と交換時のメモ】

*****************
■PC:DELL xps8500
■OS:Windwos10 home 64bit
■CPU:Intel core i7-3770
■チップセット:Intel H77
■メモリ:DDR3 8GB×2
■ストレージ:Crucial SSD CT500MX 500GB
■グラボ:交換前 AMD Radeon HD 7770
■電源ユニット:460W

■BIOSバージョン:A14(2018年リリース 現時点の最新版)
■BIOS Bootモード:UEFI
*****************

BootモードをUEFIモードに切り替えておく点は重要かもしれません。
工場出荷時はレガシーBIOSモードになっているので、そのままだとGTX1660superは認識しないかもしれません。(未確認です)

参考までに、過去のクチコミでレガシーBIOSだと画面が表示されないというのがありました。
▼DELL XPS8500にNvidea gtx1650に交換。表示されません。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001152736/SortID=23210189/

自分は以前HDDをSSD換装した際にBootモードをUEFIに切り替えていたのでこの点は問題なかったです。
ちなみにもともとついていたIRSTもそのときに解除しました。


BIOSは最新版にしておいたほうがいいと思いますが、古くても大丈夫かもしれません。この点も未確認です。すみません。

最新のドライバは見つけづらいですが、
「dell ドライバおよびダウンロード」でググると
公式ページが検索トップで出ます。
そのページのモデルのところに「xps 8500」で検索すると
最新のドライバが出てきます。


あと、グラボの補助電源コネクタは
6ピン×2→8ピン×1
の変換コネクタが必要です。
Bullet PWV09 [電源変換ケーブル]というのをヨドバシで¥608で買いました。

メーカーをまたぐグラボ交換になるので、ドライバ削除にはDDU (Display Driver Uninstaller)を使いました。

電源は460Wで足りてますが、それほど余裕もないので心配な方は電源の増設もありかもしれません。
このGPUの公式の推奨システム電力は450Wです。


どなたかのご参考になれば幸いです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。



【2020/08/08 追記】

補足です。
グラボの性能に関わる内容ではないので迷いましたが一応載せておきます。


補足@
xps8500の出荷時のOSについて

自分のPCはもともとwindows7搭載でした。
xps8500はその後、Windows8を標準搭載したモデルも発売されています。

Windows8を標準搭載したモデルでは最初からブートモードがUEFIになっているかもしれません。
自分の場合はwindows7でしたので工場出荷時でレガシーBIOSでした。

※WindowsはWindows8からUEFIに対応したようです。


補足A
ブートモードの切り替え方法

レガシーBIOS→UEFI切り替えはOSの再インストールが必要です 。
PC起動時に入れるBIOS設定画面のブートモード変更だけでは切替できないようです。

そもそも両者ではOSインストール時のディスクフォーマットが異なります。
自分の場合は、HDD換装時にOSクリーンインストールと同時にUEFIに切り替えました。


補足B
2011年発売の前機種xps8300について

海外の掲示板をいくつか見た限りではxps8300でgtx1660は使えないという報告が複数ありました。
逆に使えたという報告は一つも見つけられませんでした。

xps8300はUEFI非対応でその辺がネックになっているようです。
マザボもPCI-Express2.0どまりです。

重視項目
コスト重視

参考になった8

満足度5
安定性無評価
画質5
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価
2012年のPCで使えました。(DELL XPS 8500)

FF15 ベンチ 交換前

FF15 ベンチ 交換後

Blender ベンチ 交換前

Blender ベンチ 交換後

グラボ比較

PC内部



PC初心者です。
主にblenderのレンダリング高速化を目的に購入しました。

2012年発売のデルのxps8500で使用。
ネットで検索しても情報がなかったので少し心配でしたが、
問題なく使えました。

処理性能は交換前後でだいたい6倍くらいになりました。
FINAL FANTASY XV benchmarkとBlender Benchmark
を交換前後で撮ったので載せておきます。

実際の使用でもBlenderで一枚の画像レンダリングが
223秒→28秒くらいに短縮されたので
作業効率がだいぶ良くなりました。


【安定性】
まだ使用して日が浅いので無評価。
いくつかベンチマークソフトなどを試した限りでは
問題はありませんでした。

【画質】
フルHDでは問題なく綺麗です。
4Kモニターがないので、4K画質については無評価です。

いままでDVI-Dでモニターとつないでいたのを
DisplayPortに変えて気持ち綺麗になった気がします。
気のせいかもしれません。

【機能性】
DVI端子がないので、DisplayPortケーブルを買い直しました。
将来性を考えるとDVIをなくして、
DisplayPort×3のほうがいいのかもしれません。
この点はGTX 1650 SUPERとの違いでしたので、
買うときに迷いました。

【処理速度】
これまで使っていたグラボに比べると十分に早いです。


【静音性】
アイドリング時は静かです。
また使用率が低ければほとんど気になりませんでした。

使用率が95%以上で2分くらいたったころから
かなりうるさくなります。

扇風機よりうるさくて、ドライヤーよりは少し静か
といった感じです。

回転数を調整すればもう少し静かになるとは思います。

夜中にレンダリングしつつ同じ部屋で寝るとかは
無理かなと思いました。


【総評】
古いPCでも動くのはありがたかったです。

レンダリング作業以外では現状のPCにとくに不満は
なかったので、PC買い替えをせずにグラボだけ
最新のに変えられて助かりました。

またあと2年くらいはいまのPCを使い続けたいと
思っています。


【参考に PCの構成と交換時のメモ】

PC:DELL xps8500
OS:Windwos10 home 64bit
CPU:Intel core i7-3770
チップセット:Intel H77
メモリ:DDR3 8GB×2
ストレージ:Crucial SSD CT500MX 500GB
グラボ:交換前 AMD Radeon HD 7770
電源ユニット:460W

BIOSバージョン:A14(2018年リリース 現時点の最新版)
BIOS Bootモード:UEFI


BootモードをUEFIモードに切り替えておく点は重要かもしれません。
工場出荷時はレガシーBIOSモードになっているので、そのままだと
GTX1660superは認識しないかもしれません。(未確認です)

自分は以前HDDをSSD換装した際に
BootモードをUEFIに切り替えていたのでこの点は問題なかったです。
ちなみにもともとついていたIRSTもそのときに解除しました。

BIOSは最新版にしておいたほうがいいと思いますが、
古くても大丈夫かもしれません。
この点も未確認です。すみません。

最新のドライバは見つけづらいですが、
「dell ドライバおよびダウンロード」でググると
公式ページが検索トップで出ます。
そのページのモデルのところに「xps 8500」で検索すると
最新のドライバが出てきます。

ちなみに一つ前の型で、2011年発売のxps8300は
PCI-Express2.0なのでこのグラボは使えないと思われます。

あと、グラボの補助電源コネクタは
6ピン×2→8ピン×1
の変換コネクタが必要です。
Bullet PWV09 [電源変換ケーブル]
というのをヨドバシで¥608で買いました。

メーカーをまたぐグラボ交換になるので、
ドライバ削除にはDDU (Display Driver Uninstaller)
を使いました。

電源は460Wで足りてますが、それほど余裕もないので
心配な方は電源の増設もありかもしれません。
このGPUの公式の推奨システム電力は450Wです。


どなたかのご参考になれば幸いです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

重視項目
コスト重視

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]
ZOTAC

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年10月29日

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan ZT-T16620F-10L [PCIExp 6GB]をお気に入り製品に追加する <1133

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意