ROG Rampage VI Extreme Encore レビュー・評価

2019年11月 発売

ROG Rampage VI Extreme Encore

  • X299搭載、インテル Core X シリーズ対応ExtendedATXマザーボード。拡張スロットはPCIe 3.0 ×16×3、PCIe 3.0 ×4×1を装備。
  • ストレージ機能はM.2×2、SATA 6Gb/s×8、M.2×2(ROG DIMM.2カード使用時)を装備。USB 3.2 Gen 2×2 Type-Cのデータ転送速度は最高20Gbps。
  • Wi-Fi 6(AX200)、10Gbpsオンボードイーサネット、Intelイーサネット、Bluetooth 5.0を搭載している。
ROG Rampage VI Extreme Encore 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥80,726

(前週比:-774円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥80,727

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥80,726¥92,060 (17店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥84,728 〜 ¥84,728 (全国7店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:Extended CPUソケット:LGA2066 チップセット:INTEL/X299 メモリタイプ:DDR4 ROG Rampage VI Extreme Encoreのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ROG Rampage VI Extreme Encoreの価格比較
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreの店頭購入
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのスペック・仕様
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのレビュー
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのクチコミ
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreの画像・動画
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのピックアップリスト
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのオークション

ROG Rampage VI Extreme EncoreASUS

最安価格(税込):¥80,726 (前週比:-774円↓) 発売日:2019年11月

  • ROG Rampage VI Extreme Encoreの価格比較
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreの店頭購入
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのスペック・仕様
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのレビュー
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのクチコミ
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreの画像・動画
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのピックアップリスト
  • ROG Rampage VI Extreme Encoreのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASUS > ROG Rampage VI Extreme Encore

ROG Rampage VI Extreme Encore のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.50
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:2人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.50 4.52 -位
互換性 パーツとの相性など 4.50 4.41 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 5.00 4.11 -位
機能性 付加機能は十分か 5.00 4.24 -位
設定項目 設定項目は豊富か 5.00 4.20 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.50 3.77 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG Rampage VI Extreme Encoreのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:自作経験あり」で絞込んだ結果 (絞込み解除

PAoHN9xleさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
3件
マウス
0件
2件
サウンドカード・ユニット
0件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5


使用1ヵ月のレビューとなります。

まず初めにASUS社のマザーボードはOSをインストール後半自動的に必要なドライバー等がインストールされるのでとても良いです。
しかし不要なものも入っているのでそこは吟味が必要なところではあります。

・安定性
安定性はいいと思います。1ヵ月使用してきて特に不具合なく使用することができています。

・互換性
当方ASUS信者の為ASUS社の製品を好んで使うため、他社互換との比較ができておりません。

・拡張性
昔に比べたらPCIeなどの拡張性は低く思われますが、必要十分かそれ以上だと思います。

・機能性
機能性に関してはモリモリといった感じです。
個人的には前回もRAMPAGEシリーズを使っていたためBIOS等も困ることなく設定できました。

総合的に見て流石ハイエンドMBと思われます。
値段はとてもネックですが購入したらとても所有欲が満たされる製品です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

白川玖羽さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

外付け ハードディスク
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

・OSを入れればドライバー、ソフト類は半自動でインストール

ここ最近のASUSのマザーボードはOSをインストールした後に自動的に「Armoury Crate」といったソフトが起動し、必要なドライバ、ソフト類を表示、ダウンロード、インストールが可能です。

ソフトが信頼できないといった方にはお勧めできませんが、初心者の方にはドライバ、ソフト類を必要なものを選択し、インストールすることが出来るため便利なソフトかと思います。


・非常に重量感のあるマザーボード
パッケージを持っていただければわかるかと思いますが、マザーボードのヒートシンク、マザーボードサイズ、バックプレート類、付属品(特にROG DIMM)など多数付属しているため、マザーボードの単体重量は標準的なATXマザーボードの1.5倍〜2倍弱の重さがあります。

店頭でご購入の方は重さにビックリされないようお気をつけて。


・Aquantia AQC-107(10G)+Intel I219V搭載
有線LANはマルチギガビット(100M/2.5G/5G/10G)対応のAquantia AQC-107に加え、Intel純正の10/100/1000Mbps対応のI219Vを搭載しているため、必要に応じて1G以上の2.5/5/10Gが利用可能です。

最近ではようやく回線業者系でも1Gを超えるサービスが増えてきており、後はNASで1G以上の製品が増えれば文句はありません。

・LIAN LI製のPCケース「LANCOOL II-X」と組み合わせるとマザー下側のペリフェラル電源と干渉

ROG Rampage VI Extreme EncoreとLIAN LI製のPCケース「LANCOOL II-X」を組み合わせる方は殆どいらっしゃらないでしょうが、ROG Rampage VI Extreme Encoreのマザーボード下部分「電源ボタン(START)」横にあるペリフェラル電源と干渉してしまい挿せませんでした。

ただ補助電源となるため挿さなくても全く問題なく動作するため、よっぽど気にする人でなければ特に問題はないでしょう。


・USB 3.2 Gen2×2やUSB 3.2 Gen2等多数の最新機能てんこ盛り
価格が約8万弱と値が張るものの、10Gがオンボードで内蔵だったり、・USB 3.2 Gen2×2やUSB 3.2 Gen2ポートなど多数備えているため、足りない最新機能が出た場合は「PCIeレーンで解決」と言った状態です。

I/Oシールド側のUSBポート類も必要十分で、足元にPCを置いて机の上にカードリーダーやUSBハブを置かれる方でも安心のポート数かと思います。(最近はどのメーカーも映像出力やLANポートだらけでI/Oシールド側のUSBポートを疎かにしがちだと思います。)


・Thermalright Archon SB-E X2との組み合わせはPCIeスロットと干渉
手持ちであったCPUクーラー「Thermalright Archon SB-E X2」と組み合わせて組んでみるとCPUクーラーの取り付けは一切問題なかったものの、「Thermalright Archon SB-E X2」とPCIe 3.0×16の1本目のスロットと干渉してしまうことに気付きました。

慌ててScythe製の「無限五 リビジョンB(SCMG-5100)」を購入することで難を逃れましたが、お気をつけて。
※マザーが悪いのではなく「Thermalright Archon SB-E X2」が特別PCIeスロット側に寄っているため干渉しています。


・Intel AX200 Wi-FiはOC/ゲーム用マザーボードの要らなかったのでは
毎度のことを思うのですが「オーバークロック兼ゲーム用マザーボード」と言う割には余計な機能(特に無線LAN)はPCIeにぶら下げるだけ邪魔なのでは?と思わなくもないです。
ゲーマーならば有線を選びますし、オーバークロッカーなら無線LANも無効化していることでしょうから。


・M.2用のネジ類が付属していなかった
※店頭にて交換対応していただきました。
M.2用のネジ類が全て付属しておらず、ROG DIMMやマザーボード上のM.2スロットが一切使えない状態でした。
ネジだけの紛失であればどうにでもなりましたが、マザーボードに付けるM.2のネジ受けも付属していなかったため2週間組むことが出来ませんでした。

初めは取説に付属品リストが載っているだろうと思って見てみるも「記述は有っても画像がない」ため、ネジ類がどのようなものか判断できず、お店に連絡→同じ製品の在庫品を開けていただき、確認していただきました。

するとやはりネジ、ネジ受け類が入っており、これらが全て入ってない事を伝えると特例で交換となりました。
お店の人に確認すると「ASUSでは割と比較的ある事」と仰っており、こればっかりには「うーん…」といった形に。

マニュアルに付属品リスト(画像なし)もどうなのか?と思う所もありましたが、欠品しているパーツのチェックもしっかりやって頂きたいところです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG Rampage VI Extreme Encoreのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ROG Rampage VI Extreme Encore
ASUS

ROG Rampage VI Extreme Encore

最安価格(税込):¥80,726発売日:2019年11月 価格.comの安さの理由は?

ROG Rampage VI Extreme Encoreをお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意