『やはりAF精度に不満(E-M1 MarkIIと同じ)』 オリンパス OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック] ゆいぴょんさんのレビュー・評価

2019年11月22日 発売

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]

  • 小型・軽量ながら、防じん・防滴構造を備えた「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ。
  • 高性能な像面位相差AFシステムを搭載し、ハイエンドモデルに匹敵するすぐれたAF性能を実現。AFの精度や動体追従性が向上し、便利な機能も追加。
  • 「5軸手ぶれ補正ユニット」を搭載し、レンズ内手ぶれ補正と組み合わせることで、より強力に手ぶれを補正できる「5軸シンクロ手ぶれ補正」にも対応。
OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック] 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥114,720

(前週比:-10,881円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥104,800 (14製品)


価格帯:¥114,720〜¥190,000 (56店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥114,820 〜 ¥120,880 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ
カラー
  • ブラック
  • シルバー

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:366g OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の価格比較
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の買取価格
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の店頭購入
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の純正オプション
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のレビュー
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のクチコミ
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の画像・動画
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のオークション

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]オリンパス

最安価格(税込):¥114,720 (前週比:-10,881円↓) 発売日:2019年11月22日

  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の価格比較
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の買取価格
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の店頭購入
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の純正オプション
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のレビュー
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のクチコミ
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]の画像・動画
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のオークション

『やはりAF精度に不満(E-M1 MarkIIと同じ)』 ゆいぴょんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:362人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
63件
加湿器
3件
1件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶4
ホールド感4
やはりAF精度に不満(E-M1 MarkIIと同じ)
当機種追従感度0、1枚目
当機種追従感度0、2枚目(ピンぼけ)
当機種追従感度0、3枚目

追従感度0、1枚目

追従感度0、2枚目(ピンぼけ)

追従感度0、3枚目

当機種E-M5m3 拡大AF(前ピン)
別機種PEN-F 拡大AF(OK)
別機種ファインダー比較(PEN-F vs E-M5m3)

E-M5m3 拡大AF(前ピン)

PEN-F 拡大AF(OK)

ファインダー比較(PEN-F vs E-M5m3)

再々レビューです。拡大AFについてオリンパスから回答がありましたので、下記に[追記2]で記載します。
また、機能はE-M1m2とほぼ同じという表現は少し言い過ぎかと思い、表現を変えました。
レビューの最後には、過去の機種での改善履歴を書いておきます(興味がある方のみ御覧ください)。
-------------------------------------------------------------
E-M1 Mark IIについては下記にレビューがあります。
https://review.kakaku.com/review/K0000920685/ReviewCD=1119072/#tab

同じセンサーを使用しているE-M5 Mark III(以下、E-M5m3)ですが、もしかしたらAF精度が改善しているかもと思い、購入しました。
結論から言えば、AF精度の問題は、E-M1m2 ファーム Ver.3.1とほぼ全く同じと考えて良さそうです。

【C-AF精度】
ホームから出ていく電車など、簡単な被写体でも時々ピン甘、ピンぼけが発生します。連写した中の連続する3ショットを掲載します。真ん中のショットがピンぼけ。
・レンズ: MZD 12-400mm F4 Pro
・AFターゲット: シングルターゲット(中央)
・連写: 電子シャッター、4コマ/sec
・C-AF追従感度: 0

色々なセッティングを試しましたが、電車なら普通のC-AFで追従感度0が一番無難なようです。追従感度を+2にしてもむしろ悪くなる方向。-1も試しましたが、0より良いとは言えない感じでした。C-AFトラッキングもイマイチ。ターゲットを5点にすると、余計なものに引きずられるので、より悪くなる感じです。
ソニー製像面位相差付きセンサーの癖(限界)なのか、ファームウェアでの改善は難しそうです。
連写速度を上げて、よく撮れたものの中から選ぶ、という方法しか無いのかも。

【拡大AF精度】
拡大AF(拡大枠AF、スーパースポットAF)の精度が悪いのも、E-M1m2と同じです。
E-M5m3で撮影したものと、PEN-Fで撮影したものをアップします。
・レンズ MZD 14-150mm II (100mm)
・ターゲット:カメラカタログ仕様覧を切り取ったもの、斜め30度くらいに配置
・拡大AF: 5倍

条件が悪い場合(暗い、コントラストが低い、AF枠内に距離の異なるものがある、夜景で点光源がある、レンズの開放F値が暗い等)に、明らかにPEN-Fに劣ります。拡大AFが信頼できないと、安心して撮影できないので困りもの。こちらはファームで改善出来るかもしれませんが、どうでしょう。(オリンパスには報告済み)
[追記2] オリンパスサポートから返答あり。オリンパスではこの現象を把握できないか、不具合とは見ていないようです。改善の可能性は低いと思われます。

【手ぶれ補正、ファインダー】
新開発となった手ぶれ補正ユニットですが、手ぶれ補正能力は優秀なようです。下記参照。
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000031670/SortID=23063840/#23064747

ファインダーは、オリンパスのファインダーとしては珍しく、視線の移動で少し滲みを感じます。アイポイントを長くした接眼光学系の問題かもしれません。ファンダーの切れは、E-M1m2やPEN-Fの方がいいようです。
[追記1] ファインダー内をE-M1+12-40mm(@25mm)で撮影した画像をアップします。視線がずれると、文字に滲みが出ます。白い部分に色ズレも感じられます。

【操作性・カスタマイズ性】
独特な操作性だったE-M5 MarkIIとはかなり変わり、E-M1系と同様の操作性になっています。しかし、前後ダイヤルの回転トルクは重め、各種ボタンの出っ張りも少なく、俊敏な操作よりも誤動作防止を念頭にした設計のようです。ユーザー層として、かなり初心者層まで意識したのでしょうか。
Fn1, Fn2ボタンという呼称はなくなりましたが、カスタマイズ性はE-M1系と同じで問題ないでしょう。
ただ、ダイヤルから呼び出せるカスタムモードがCの一つのみで、C2, C3はメニューからしか呼び出せません。
E-M1m2はC1-C3が、PEN-FはC1-C4がダイヤルから呼び出せるので、かなり劣ります。ファームアップでC2,C3をダイヤルに割り当てられるようにして欲しいものです。

【外観など】
中身はE-M1m2とほぼ類似、外装や電池を軽くして414gに仕上げたカメラ。但し、価格もE-M1m2の実勢価格とそれほど違わないので、連写性能等の差を考えるとコストパフォーマンスは微妙でしょうか。
プラボディなので、高級感・金属のひんやり感・ずっしり感は感じられません。趣味性・所有する喜びは置いておいて、機能・実用に徹した感じ。もちろん、MZD 12-100mm(560g)程度のレンズでは、ボディ強度には何ら問題なさそうです。(1kg超えのレンズだとどうなのかは分かりません)

【まとめ】
軽くて小さいE-M1m2ジュニアという位置づけのカメラ。軽さを重視する場合はE-M1m2より良いでしょうが、そうでなければファインダー・グリップ・強度・高級感・連写性能等で明らかに上のE-M1m2の方がいいでしょう。
複雑な動き物を撮らない場合はAF精度の高いPEN-Fの方が私は好きです。(が、もう中古しかありません)

【おまけ:過去の機種での改善履歴】
[a] PEN E-P5でシャッターブレ(微ブレ)が問題になった:電子先幕(低振動モード0秒)が導入された。
[b] PEN-Fでマイセットが廃止されカスタムモードが導入された際、メニューからカスタムが呼び出せなくなった: ファームアップで呼び出せるように改善(以降発売の機種も同じ)。
[c] PEN-FでタッチパネルOFFの時に明らかな動作不良があった:オリンパスは仕様と言ったが、後のファームアップで改善された。。
[d] E-M10 Mark IIIのP/A/S/Mモードで電子シャッター(静音撮影)が使えない問題:当該機種はそのままだが、E-PL10ではP/A/S/Mモードでも使えるように戻った。
[?] E-M5 Mark IIIのC2/C3がダイヤルから呼び出せない件も、ユーザーの意見が多ければ改善されることを期待します。

レベル
ハイアマチュア

参考になった48人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶4
ホールド感4
やはりAF精度に不満(E-M1 MarkIIと同じ)
当機種追従感度0、1枚目
当機種追従感度0、2枚目(ピンぼけ)
当機種追従感度0、3枚目

追従感度0、1枚目

追従感度0、2枚目(ピンぼけ)

追従感度0、3枚目

当機種E-M5m3 拡大AF(前ピン)
別機種PEN-F 拡大AF(OK)
別機種ファインダー比較(PEN-F vs E-M5m3)

E-M5m3 拡大AF(前ピン)

PEN-F 拡大AF(OK)

ファインダー比較(PEN-F vs E-M5m3)

E-M1 Mark IIについては下記にレビューがあります。
https://review.kakaku.com/review/K0000920685/ReviewCD=1119072/#tab

同じセンサーを使用しているE-M5 Mark III(以下、E-M5m3)ですが、もしかしたらAF精度が改善しているかもと思い、購入しました。
結論から言えば、AF精度の問題は、E-M1m2 ファーム Ver.3.1とほぼ全く同じと考えて良さそうです。

【C-AF精度】
ホームから出ていく電車など、簡単な被写体でも時々ピン甘、ピンぼけが発生します。連写した中の連続する3ショットを掲載します。真ん中のショットがピンぼけ。
・レンズ: MZD 12-400mm F4 Pro
・AFターゲット: シングルターゲット(中央)
・連写: 電子シャッター、4コマ/sec
・C-AF追従感度: 0

色々なセッティングを試しましたが、電車なら普通のC-AFで追従感度0が一番無難なようです。追従感度を+2にしてもむしろ悪くなる方向。-1も試しましたが、0より良いとは言えない感じでした。C-AFトラッキングもイマイチ。ターゲットを5点にすると、余計なものに引きずられるので、より悪くなる感じです。
ソニー製像面位相差付きセンサーの癖(限界)なのか、ファームウェアでの改善は難しそうです。
連写速度を上げて、よく撮れたものの中から選ぶ、という方法しか無いのかも。

【拡大AF精度】
拡大AF(拡大枠AF、スーパースポットAF)の精度が悪いのも、E-M1m2と同じです。
E-M5m3で撮影したものと、PEN-Fで撮影したものをアップします。
・レンズ MZD 14-150mm II (100mm)
・ターゲット:カメラカタログ仕様覧を切り取ったもの、斜め30度くらいに配置
・拡大AF: 5倍

条件が悪い場合(暗い、コントラストが低い、AF枠内に距離の異なるものがある、夜景で点光源がある、等)に、明らかにPEN-Fに劣ります。拡大AFが信頼できないと、安心して撮影できないので困りもの。
こちらはファームで改善出来るかもしれませんが、どうでしょう。(オリンパスには報告済み)

【手ぶれ補正、ファインダー】
新開発となった手ぶれ補正ユニットですが、手ぶれ補正能力は優秀なようです。下記参照。
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000031670/SortID=23063840/#23064747

ファインダーは、オリンパスのファインダーとしては珍しく、視線の移動で少し滲みを感じます。アイポイントを長くした接眼光学系の問題かもしれません。ファンダーの切れは、E-M1m2やPEN-Fの方がいいようです。
[追記] ファインダー内をE-M1+12-40mm(@25mm)で撮影した画像をアップします。視線がずれると、文字に滲みが出ます。白い部分に色ズレも感じられます。

【操作性・カスタマイズ性】
独特な操作性だったE-M5 MarkIIとはかなり変わり、E-M1系と同様の操作性になっています。しかし、前後ダイヤルの回転トルクは重め、各種ボタンの出っ張りも少なく、俊敏な操作よりも誤動作防止を念頭にした設計のようです。ユーザー層として、かなり初心者層まで意識したのでしょうか。
Fn1, Fn2ボタンという呼称はなくなりましたが、カスタマイズ性はE-M1系と同じで問題ないでしょう。
ただ、ダイヤルから呼び出せるカスタムモードがCの一つのみで、C2, C3はメニューからしか呼び出せません。
E-M1m2はC1-C3が、PEN-FはC1-C4がダイヤルから呼び出せるので、かなり劣ります。ファームアップでC2,C3をダイヤルに割り当てられるようにして欲しいものです。

【外観など】
中身はE-M1m2とほぼ同じ、外装や電池を軽くして414gに仕上げたカメラ。価格もE-M1m2の実勢価格とそれほど違わないので、コストパフォーマンスは微妙でしょうか。
プラボディなので、高級感・金属のひんやり感・ずっしり感は感じられません。趣味性・所有する喜びは置いておいて、機能・実用に徹した感じ。もちろん、MZD 12-100mm(560g)程度のレンズでは、ボディ強度には何ら問題なさそうです。(1kg超えのレンズだとどうなのかは分かりません)

【まとめ】
軽くて小さいE-M1m2という位置づけのカメラ。軽さを重視する場合はE-M1m2より良いでしょうが、そうでなければファインダー・グリップ・強度・高級感で明らかに上のE-M1m2の方がいいかもしれません。
複雑な動き物を撮らない場合はAF精度の高いPEN-Fの方が私は好きです。(が、もう中古しかありません)

レベル
ハイアマチュア

参考になった19

満足度3
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性3
液晶4
ホールド感4
やはりAF精度に不満(E-M1 MarkIIと同じ)
当機種追従感度0、1枚目
当機種追従感度0、2枚目(ピンボケ)
当機種追従感度0、3枚目

追従感度0、1枚目

追従感度0、2枚目(ピンボケ)

追従感度0、3枚目

当機種E-M5m3 拡大AF(前ピン)
別機種PEN-F 拡大AF
 

E-M5m3 拡大AF(前ピン)

PEN-F 拡大AF

 

E-M1 Mark IIについては下記にレビューがあります。
https://review.kakaku.com/review/K0000920685/ReviewCD=1119072/#tab

同じセンサーを使用しているE-M5 Mark III(以下、E-M5m3)ですが、もしかしたらAF精度が改善しているかもと思い、購入しました。
結論から言えば、AF精度の問題は、E-M1m2 ファーム Ver.3.1とほぼ全く同じと考えて良さそうです。

【C-AF精度】
ホームから出ていく電車など、簡単な被写体でも時々ピン甘、ピンぼけが発生します。連写した中の連続する3ショットを掲載します。真ん中のショットがピンぼけ。
・レンズ: MZD 12-400mm F4 Pro
・AFターゲット: シングルターゲット(中央)
・連写: 電子シャッター、4コマ/sec
・C-AF追従感度: 0

色々なセッティングを試しましたが、電車なら普通のC-AFで追従感度0が一番無難なようです。追従感度を+2にしてもむしろ悪くなる方向。-1も試しましたが、0より良いとは言えない感じでした。C-AFトラッキングもイマイチ。ターゲットを5点にすると、余計なものに引きずられるので、より悪くなる感じです。
ソニー製像面位相差付きセンサーの癖(限界)なのか、ファームウェアでの改善は難しそうです。
連写速度を上げて、よく撮れたものの中から選ぶ、という方法しか無いのかも。

【拡大AF精度】
拡大AF(拡大枠AF、スーパースポットAF)の精度が悪いのも、E-M1m2と同じです。
E-M5m3で撮影したものと、PEN-Fで撮影したものをアップします。
・レンズ MZD 14-150mm II (100mm)
・ターゲット:カメラカタログ仕様覧を切り取ったもの、斜め30度くらいに配置
・拡大AF: 5倍

条件が悪い場合(暗い、コントラストが低い、AF枠内に距離の異なるものがある、夜景で点光源がある、等)に、明らかにPEN-Fに劣ります。拡大AFが信頼できないと、安心して撮影できないので困りもの。
こちらはファームで改善出来るかもしれませんが、どうでしょう。(オリンパスには報告済み)

【手ぶれ補正、ファインダー】
新開発となった手ぶれ補正ユニットですが、手ぶれ補正能力は優秀なようです。下記参照。
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000031670/SortID=23063840/#23064747

ファインダーは、オリンパスのファインダーとしては珍しく、視線の移動で少し滲みを感じます。アイポイントを長くした接眼光学系の問題かもしれません。ファンダーの切れは、E-M1m2やPEN-Fの方がいいようです。

【操作性・カスタマイズ性】
独特な操作性だったE-M5 MarkIIとはかなり変わり、E-M1系と同様の操作性になっています。しかし、前後ダイヤルの回転トルクは重め、各種ボタンの出っ張りも少なく、俊敏な操作よりも誤動作防止を念頭にした設計のようです。ユーザー層として、かなり初心者層まで意識したのでしょうか。
Fn1, Fn2ボタンという呼称はなくなりましたが、カスタマイズ性はE-M1系と同じで問題ないでしょう。
ただ、ダイヤルから呼び出せるカスタムモードがCの一つのみで、C2, C3はメニューからしか呼び出せません。
E-M1m2はC1-C3が、PEN-FはC1-C4がダイヤルから呼び出せるので、かなり劣ります。ファームアップでC2,C3をダイヤルに割り当てられるようにして欲しいものです。

【外観など】
中身はE-M1m2とほぼ同じ、外装や電池を軽くして414gに仕上げたカメラ。価格もE-M1m2の実勢価格とそれほど違わないので、コストパフォーマンスは微妙でしょうか。
プラボディなので、高級感・金属のひんやり感・ずっしり感は感じられません。趣味性・所有する喜びは置いておいて、機能・実用に徹した感じ。もちろん、MZD 12-100mm(560g)程度のレンズでは、ボディ強度には何ら問題なさそうです。(1kg超えのレンズだとどうなのかは分かりません)

【まとめ】
軽くて小さいE-M1m2という位置づけのカメラ。軽さを重視する場合はE-M1m2より良いでしょうが、そうでなければファインダー・グリップ・強度・高級感で明らかに上のE-M1m2の方がいいかもしれません。
複雑な動き物を撮らない場合はAF精度の高いPEN-Fの方が私は好きです。(が、もう中古しかありません)

レベル
ハイアマチュア

参考になった18

 
 
 
 
 
 

「OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]
オリンパス

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]

最安価格(税込):¥114,720発売日:2019年11月22日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M5 Mark III ボディ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <221

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意