『下駄として割り切れば』 トヨタ ヤリス 2020年モデル 金なし暇なしさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ヤリス 2020年モデル

『下駄として割り切れば』 金なし暇なしさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリス 2020年モデルのレビューを書く

金なし暇なしさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:341人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3
下駄として割り切れば

タイムズカーシェアで借りて乗りました。ハイブリッドの最低グレードですが、感想を書かせていただきます。
【エクステリア】
まあ、まとまりのあるデザインで、決してカッコ悪くないです。先代ヴィッツがどこか安普請を感じさせるものだったところからは、進化したと思います。
【インテリア】
プラスチッキーで、これぞトヨタコンパクトカー。味も素っ気も無いですね。
【エンジン性能】
ハイブリッドの動作は非常にスムーズです。違和感は無いです。加速も軽快感を感じさせます。しかし、エンジンが動くと軽自動車のような音でガッカリします。
【走行性能】
加速やコーナーリングは、文句無いです。かつてのヴィッツを考えたら、別物です。しかし、ブレーキが違和感バリバリです。どう丁寧に扱っても、カックンブレーキになります。これで全てが台無しです。ハイブリッドの問題と言っても、カローラスポーツハイブリッドはもっと上手くまとめています。トヨタにヤル気があれば、なんとかできそうな気がします。
【乗り心地】
まあ、1世代前のBセグメント車よりは、だいぶ良いです。しかし、道路の轍に引っ張られる感覚があるなど、このクラスでは仕方ないのかもしれませんが、安っぽさはありますね。
【燃費】
しっかり回生ブレーキが働き、モーター走行も結構あったので、実燃費は裏切らない数字になるでしょう。
【価格】
無評価
【総評】
ヴィッツから考えると、相当の進歩です。このセグメントで買うなら、マツダ2と比べて悩みそうです。走りはマツダ2の方がしっかりしていて好みですが、燃費の良さは捨て難いですね。ガッカリする部分もありますが、下駄として使うなら十分許せるレベルだと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ヤリス 2020年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリス 2020年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ヤリス 2020年モデル
トヨタ

ヤリス 2020年モデル

新車価格:139〜252万円

中古車価格:28〜543万円

ヤリス 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <223

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意