『ヴィッツからの大幅進化』 トヨタ ヤリス 2020年モデル ヒラミーさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ヤリス 2020年モデル

『ヴィッツからの大幅進化』 ヒラミーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリス 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:199人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3
ヴィッツからの大幅進化

この度ヴィッツがヤリスに生まれ変わって、フィットとともに注目され、僕も大変興味を持ちました。そこでトヨタレンタカーさんが提供を始めたのを見て早速乗ってみました。今回は先代のヴィッツと比較しながらレビューしたいと思います。

クルマは1Lモデルの最下位グレード。新車でタイヤもニュータイヤを履いていました。状態はもちろん良好でした。

【エクステリア】
見た目は可愛らしさとほんのりカッコ良さを兼ね備えた感じ。先代のヴィッツは特にフロントデザインが少し尖り過ぎていたが、今度のヤリスは僕個人的にはなかなか好感が持てる。

【インテリア】
インテリアは正直良い部分と悪い部分の両方あります。今回は箇条書きに列挙してみます。
良い部分
・しっかり確保されたクリアランス
・シートが考えて作られており、ホールドもしっかりしている。
・大きくて見やすいナビやまとまったメーター類
悪い部分
・プラスチックの多用が目立つ。
・後部座席の特に足元が狭い。
特にプラスチック多用の点だが、これはヤリスに限った話ではないが、正直ヤリスになってもまだ続くのかと思った。これについては先代のヴィッツと変わらない。これはもう少しお金をかけてでも改善すべきだと思う。

2020年7月6日 追記
このレビューのあとも何度かヤリスに乗る機会があったのだが、乗って考えれば考えるほど後部座席の居住性に疑問を持つようになった。実際座ってみても、驚くほどに狭く、そして膝に迫りくる圧迫感を何故か全身に感じる。レビューのタイトルは「大幅進化」だが、この点についてはむしろ退化かもしれないと思った。

【エンジン性能】
音は軽と同じで安っぽいのだが、パワー、トルクという点では明らかに進化を遂げている。
1L直3なので期待していなかったが、トヨタさんごめんなさい。このエンジンはカタログ値の69馬力以上は出てると思います。
パワーもトルクも出し方は穏やかなのだが、先代のヴィッツよりアクセルの踏み込みが少なくても目標スピードに到達する。これは嬉しいことだ。ヴィッツで感じていたストレスを感じなくて済むようになったのだから。
そしてCVTの制御プログラムの進化を感じた。今までならBレンジでうるさいエンジン音を響かせていたが、それがかなりマシになった。エンジンブレーキの効きは甘いが、Bレンジ自体を以前より抵抗なく使えるようになったと思う。

【走行性能】
まず、新開発のTNGAプラットフォームの恩恵を感じた。ヴィッツより遥かにボディ剛性が高く、乗っていて安心できる。特に山道を走った時にそれを実感した。
ハンドリングはアンダー気味だが、ヴィッツよりはマシになった。ノーズが行きたい方向へ入ろうとしてくれるのはよく分かった。そう。このクルマはラインのトレース性が意外に高いのだ。但し、その代わりにハンドルが軽いという代償があるのだが。
クルマの動きだが、ロールは少し大きいが、前後方向のピッチングはヴィッツに比べれば随分抑えられていた。だからロールをもう少し抑えられたらもっと良くなると思う。

【乗り心地】
しっとりしていて、これも進化に値する。サスペンションのセッティングは柔らかめだが、これもヴィッツほどフニャフニャしたアシではないのだ。ただ、路面のギャップや突き上げなどの吸収はちょっと強めかな。

【燃費】
近頃は燃費の表記がJC08からWLTCに変わったが、これがいかに現実的で、今までのJC08の非現実さがよく分かった。
街乗りメインで数十km走り、16km/L台だった。軽量化の効果や新開発エンジンの恩恵はあまり感じられなかった。

2020年7月6日 追記
最近ヤリスにまた乗って今回は19km/L台をマークした。これはなかなか良い数字だ。トヨタのガソリン車の燃費がみんな毎回これぐらいだと良いんだけどなあ…なんて思っている今日この頃である。

【価格】
レンタカーなのでズバリ評価することはできないが、カタログの価格を見た限り、コンパクトカー全体として価格が高騰している中で、チープなインテリアを考えなければ悪くない。しかし、僕のようにインテリアにひっかかる方には高くも感じるだろう。

【総評】
一言でヴィッツからの進化には大きなものがあった。ボディ、エンジン、足まわり、その他諸々…。これで先代のヴィッツで立てなかった、他のコンパクトカーたちと同じ土俵に立てたといえる。トヨタはこのヤリスでデミオやフィットといった強豪に本気で勝負を挑んでいる姿勢が見えた(北米版ヤリスはそのデミオのOEMだけど。)。今後にはGRモデルの登場も控えており、目が離せない。
しかし、このクルマにはまだ改良の余地もあるので、マイナーチェンジの機会などには是非改良していただきたい。
伸びしろはまだあるが、今時点でもヤリスは本当に良いクルマに仕上がっていると思う。何よりトヨタが本気でこういうコンパクトカーを作ってくれたことが嬉しい。日本のコンパクトカーの世界がまた面白くなりそうだ。

レビュー対象車
試乗

参考になった30人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
ヴィッツからの大幅進化

フロント

リヤ

インテリア

この度ヴィッツがヤリスに生まれ変わって、フィットとともに注目され、僕も大変興味を持ちました。そこでトヨタレンタカーさんが提供を始めたのを見て早速乗ってみました。今回は先代のヴィッツと比較しながらレビューしたいと思います。

クルマは1Lモデルの最下位グレード。新車でタイヤもニュータイヤを履いていました。状態はもちろん良好でした。

【エクステリア】
見た目は可愛らしさとほんのりカッコ良さを兼ね備えた感じ。先代のヴィッツは特にフロントデザインが少し尖り過ぎていたが、今度のヤリスは僕個人的にはなかなか好感が持てる。

【インテリア】
インテリアは正直良い部分と悪い部分の両方あります。今回は箇条書きに列挙してみます。
良い部分
・しっかり確保されたクリアランス
・シートが考えて作られており、ホールドもしっかりしている。
・大きくて見やすいナビやまとまったメーター類
悪い部分
・プラスチックの多用が目立つ。
・後部座席の特に足元が狭い。
特にプラスチック多用の点だが、これはヤリスに限った話ではないが、正直ヤリスになってもまだ続くのかと思った。これについては先代のヴィッツと変わらない。これはもう少しお金をかけてでも改善すべきだと思う。

【エンジン性能】
音は軽と同じで安っぽいのだが、パワー、トルクという点では明らかに進化を遂げている。
1L直3なので期待していなかったが、トヨタさんごめんなさい。このエンジンはカタログ値の69馬力以上は出てると思います。
パワーもトルクも出し方は穏やかなのだが、先代のヴィッツよりアクセルの踏み込みが少なくても目標スピードに到達する。これは嬉しいことだ。ヴィッツで感じていたストレスを感じなくて済むようになったのだから。
そしてCVTの制御プログラムの進化を感じた。今までならBレンジでうるさいエンジン音を響かせていたが、それがかなりマシになった。エンジンブレーキの効きは甘いが、Bレンジ自体を以前より抵抗なく使えるようになったと思う。

【走行性能】
まず、新開発のTNGAプラットフォームの恩恵を感じた。ヴィッツより遥かにボディ剛性が高く、乗っていて安心できる。特に山道を走った時にそれを実感した。
ハンドリングはアンダー気味だが、ヴィッツよりはマシになった。ノーズが行きたい方向へ入ろうとしてくれるのはよく分かった。そう。このクルマはラインのトレース性が意外に高いのだ。但し、その代わりにハンドルが軽いという代償があるのだが。
クルマの動きだが、ロールは少し大きいが、前後方向のピッチングはヴィッツに比べれば随分抑えられていた。だからロールをもう少し抑えられたらもっと良くなると思う。

【乗り心地】
しっとりしていて、これも進化に値する。サスペンションのセッティングは柔らかめだが、これもヴィッツほどフニャフニャしたアシではないのだ。ただ、路面のギャップや突き上げなどの吸収はちょっと強めかな。

【燃費】
近頃は燃費の表記がJC08からWTLCに変わったが、これがいかに現実的で、今までのJC08の非現実さがよく分かった。
街乗りメインで数十km走り、16km/L台だった。軽量化の効果や新開発エンジンの恩恵はあまり感じられなかった。

【価格】
レンタカーなのでズバリ評価することはできないが、カタログの価格を見た限り、コンパクトカー全体として価格が高騰している中で、チープなインテリアを考えなければ悪くない。しかし、僕のようにインテリアにひっかかる方には高くも感じるだろう。

【総評】
一言でヴィッツからの進化には大きなものがあった。ボディ、エンジン、足まわり、その他諸々…。これで先代のヴィッツで立てなかった、他のコンパクトカーたちと同じ土俵に立てたといえる。トヨタはこのヤリスでデミオやフィットといった強豪に本気で勝負を挑んでいる姿勢が見えた(北米版ヤリスはそのデミオのOEMだけど。)。今後にはGRモデルの登場も控えており、目が離せない。
しかし、このクルマにはまだ改良の余地があるので、マイナーチェンジの機会などには是非改良していただきたい。
伸びしろはまだあるが、今時点でもヤリスは本当に良いクルマに仕上がっていると思う。何よりトヨタが本気でこういうコンパクトカーを作ってくれたことが嬉しい。日本のコンパクトカーの世界がまた面白くなりそうだ。

レビュー対象車
試乗

参考になった29

 
 
 
 
 
 

「ヤリス 2020年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ヤリス 2020年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

ヤリス
トヨタ

ヤリス

新車価格:139〜456万円

中古車価格:125〜264万円

ヤリス 2020年モデルをお気に入り製品に追加する <151

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ヤリスの中古車 (148物件)

  • ヤリス G

    155.8万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    5km
    車検
    2023/05
  • ヤリス X

    143.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    15km
    車検
    2023/05
  • ヤリス X

    139.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    10km
    車検
    2023/06
  • ヤリス G

    139.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    0.2万km
    車検
    2023/04
  • ヤリス G

    139.9万円

    年式
    令和2年(2020)
    距離
    10km
    車検
    2023/04
qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意