『WI-1000Xからの改善点について』 SONY WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー] ボゾンさんのレビュー・評価

2019年12月 7日 発売

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]

  • 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載し、ノイズキャンセリング性能が大幅に向上したネックバンド型イヤホン。
  • 「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載し、ワイヤレスでハイレゾ音質を楽しめる音声圧縮技術「LDAC」や高音質技術「DSEE HX」に対応。
  • イヤホンを耳の奥まで装着できるアングルドイヤーピース方式や、首周りにフィットしやすく、持ち運びやすいシリコン製ネックバンド、ケーブルを装備。
WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥29,940

(前週比:-60円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥29,940〜¥38,735 (40店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥30,800 〜 ¥38,500 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ネックバンド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ハイブリッド型 再生周波数帯域:3Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のオークション

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]SONY

最安価格(税込):¥29,940 (前週比:-60円↓) 発売日:2019年12月 7日

  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]の価格比較
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]の店頭購入
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のスペック・仕様
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のレビュー
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のクチコミ
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]の画像・動画
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のピックアップリスト
  • WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のオークション

『WI-1000Xからの改善点について』 ボゾンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
17件
ノートパソコン
2件
7件
タブレットPC
3件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
WI-1000Xからの改善点について

WI-1000XとWI-1000XM2の両方を持っていて、比較したのでレビューします。

ノイズキャンセル機能の差
XとXM2のノイズキャンセル機能の差はそれほど大きくありません。

電車内:インバータや空調のファン音で差が出ます。XM2の方が一段上です。
航空機内:XM2の方が一段階ノイズキャンセルが強い印象です。特に、低い、周期的な機械ノイズで差が出ています。
1000X同様に、ノイズキャンセル力が強いにも関わらず圧迫感の少ない仕上がりが印象的です。耳栓のように使用できて快適です。


「ふにゃふにゃ」との評判の本体
柔らかくなって、異物感が減りました。私は改良だと思います。
体の動きに合わせて変形するので、不安定さが無くなりました。また、冬に着込んだ時に洋服の形に沿ってくれるので、使いやすいです。リモコンがケーブルにあるので、本体を服の中にしまいこんでも操作可能です。

イヤーピースについて
1000Xよりも耳からの出っ張り感が減りました。フードとの干渉が少なくなりました。磁石で左右のイヤーピースがくっつくのは良いアイディアです。1000Xはリュックを背負う時に巻き込まれてしまうことがありましたが、XM2ではそうしたことがありません。

通話マイクの位置
XM2は通話マイクがケーブルの途中にあります。1000Xは耳にあるマイクで音を拾っていたらしく、騒音がバンバンはいって使い物になりませんでした。実用性が上がったと思います。

寝ながら使うことが多いので、買い替えて正解だと思いました。枕に当たっても変形するので体の動きに自由が聞きます。耳からの出っ張り感が減ったので、外れることも少なくなりました。

比較製品
SONY > WI-1000X
主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]
SONY

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]

最安価格(税込):¥29,940発売日:2019年12月 7日 価格.comの安さの理由は?

WI-1000XM2 (S) [プラチナシルバー]をお気に入り製品に追加する <156

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意