『バッテリー検証あり(5/23追記。過去参照の方も再確認を)。』 Google Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black] kou-KSさんのレビュー・評価

Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]

19:9の5.7型フルHD+有機ELを装備したスマートフォン

公式オンラインショップ購入時の端末代金

価格情報の登録がありません

発売日:2019年10月24日

キャリア:SoftBank OS種類:Android 10 販売時期:2019年秋モデル 画面サイズ:5.7インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:2800mAh Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

 

『バッテリー検証あり(5/23追記。過去参照の方も再確認を)。』 kou-KSさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]のレビューを書く

kou-KSさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
0件
タブレットPC
2件
0件
PCケース
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー2
カメラ4
バッテリー検証あり(5/23追記。過去参照の方も再確認を)。

少し前にスマホゲー目的でZenfone6を購入したものの、スマホとしては良品でしたが自分に合ってなかったため、バッテリー持ちの部分で色々と言われてましたが、Zenfone6前に使っていたスマホがXperia XZだったので本体の大きさで手に合うものという点を重要視してこちらを別途購入。

【デザイン】
バンパーが丸いのが好きな人には良いデザイン。自分は特に抵抗なし。ただ背面の手触りと重量のバランスのせいか、妙にオモチャ感を感じる時もあります。

【携帯性】
Xperia XZと同じ大きさにも関わらず、ズボンのポケットに入れた時の存在感の違いに驚きました。Pixel 4 の方が足を動かした時にある「ポケットにスマホが入っている」という感覚を受けませんでした。ちなみに厚みは公式ではPixel 4 の方が厚いです。

【レスポンス】
6GBなので重く感じることもなくスムーズな操作性があります。

【画面表示】
綺麗です。ただスマホゲーによるとは思いますが、キャラがアップになった時にキャラを描いている外枠の線が懐かしいブラウン管TVのように少しざらつくように見える時があります。

【バッテリー】
今回一番気になった部分です。長いです。

バッテリー検証をしっかりと行ったのは自分が知る限りモバイルびよりというサイトのみでした。少なくとも「Pixel 4  バッテリー 持ち」でググってもアプデ後の検証記事は、自分のPC環境では他サイト記事は見当たらなかったです。

上記から検証しようと思い、電力消費が激しいスマホゲーを使って実際の持ちを確認しました。使ったゲームは
・アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)
・アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ(以下ミリシタ)
何故この2つかというと、容量5000というバッテリーのZenfone6において、100%充電状態にも関わらず「電力消費が大きいアプリです。このまま使用しているとバッテリーがどんどん減ります」と警告を発するほど消費の激しいゲームだからです。
(ちなみにキングスレイドや荒野行動もやってますが、同じ環境・時間で操作しても同警告が出た試しはありませんでした)

ちょうど今が長時間固定のイベント最中なので2日ずつ検証。
まず2つのゲームのイベントですが、知らない方のために簡単に説明すると基本的にA→B(B’)→C(C')→A→・・・とループします。自分は大体AとC(C')が1回のプレイで20曲前後。B(B’)は12曲前後のプレイです。イベントの性質上Aのイベントの方がプレイ数が多くなります。
今回はデレステがC、ミリシタがAとなります。

前提条件として「ゲームの画質設定は最高レベル。機体の音量MAX。機体の明度は80%(Zefone6と同じ。100%でないのは明るすぎて目が痛かったため)」で開始。
アプリの使用時間は設定内にあるアプリの起動時間を参照。

・深夜0時よりゲーム開始。2時間30分でゲーム終了。
・まとめサイトやゲームの攻略サイト、アプリ系WEBコミックを1時間程度閲覧。→この時点でバッテリーは68%
・約7時間睡眠後バッテリー状態61%から再開。
・1時間程度またインターネットを閲覧。
・デレステ、ミリシタゲーム開始→2時間16分プレイ
上記の流れで最終的なバッテリーの残りは11%前後。そのまま特に使うこともなく放置。22時になってまだ5%を維持していましたが、このままだと次の検証ができないので充電。深夜0時頃見ると充電完了。

次に仕事のある日と仮定して日常と同じ状態で使用。
・通勤時間分の30分程度ブラウジング。
・休憩や昼休みにブラウジングとゲームのスタミナ消費で使用。
・退勤後帰宅まで30分程度ブラウジング
・帰宅後落ち着いてからデレステ、ミリシタのゲームを2時間30分。
・ゲーム後しばらく放置して寝る前に1時間程度ブラウジングとアプリ系WEBコミックを閲覧。
この時点で残りバッテリーが18%。

早い話がスマホヘビーユーザーだったり、常に出張・旅行や営業系で会社支給ではなくて自身のPixel 4を仕事で用いていない限り、バッテリーが1日持たないということはないでしょう。
また充電速度が速いため、充電が1時間半程度で済むのはありがたいところ。しかも充電時に機体が熱くならないのもいいですね。

参考までに。
・1時間のブラウジング→バッテリー6%消費。
・1時間の通話(コールセンターに問い合わせ。待ち時間込み)→5%消費。

<5/23追記>
5/14辺りから唐突にバッテリー持ちが悪くなりました。なので現在2つのゲームでまたイベントをやっていたので条件を検証時に戻して再検証を行いました。
デレステはイベントA、ミリシタはイベントCとなります。

[結果]
・プレイ時間2時間30分で79%消費(ゲームだけでこれ)

基本全てのアプリで電力消費が増加。中でもデレステは20%前後増加しました。開発者オプションも触りましたが改善せず。初期化にて改善を試すもタイミング悪くアプリの配信が終了していたものもありましたが、ほぼ同環境で試すも多少の改善は見られたものの最初に検証した時のレベルに戻ることはありませんでした。
(初期化は2回試しました)

以上から、最初にレビューした時の機体の状態が特別良かっただけであって、現在の状況がノーマルなのではないかと思われます。
ただバッテリーの劣化が原因であったとするならば、4月中旬で購入した機種のため、また一か月後にどんな状態になるのかと不安はあります。


【カメラ】
あまり重要視してませんが、綺麗に写ってSNSに投稿したのを見直しても細部まではっきりと見ることができます。

【総評】
持ちやすく、ポケットに入れていても厚みを感じさせないという点は大型化が進んでいる最近のスマホの中に合ってとても有利に感じられる利点だと思います。
バッテリーが個体によって持ちが異なるのは気になりますが、ライトに持ち運び、SNSに写真載せたりブラウジングしたりして一日過ごすタイプの人には良い機体と思います。

後、これは余談ですが、一部で話題になっている楽天 UN-LIMITは物理SIMで問題なく使用できました。

参考になった39人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー2
カメラ4
バッテリー検証もしてみました。(バッテリーについて5/23追記)

少し前にスマホゲー目的でZenfone6を購入したものの、スマホとしては良品でしたが自分に合ってなかったため、バッテリー持ちの部分で色々と言われてましたが、Zenfone6前に使っていたスマホがXperia XZだったので本体の大きさで手に合うものという点を重要視してこちらを別途購入。

【デザイン】
バンパーが丸いのが好きな人には良いデザイン。自分は特に抵抗なし。ただ背面の手触りと重量のバランスのせいか、妙にオモチャ感を感じる時もあります。

【携帯性】
Xperia XZと同じ大きさにも関わらず、ズボンのポケットに入れた時の存在感の違いに驚きました。Pixel 4 の方が足を動かした時にある「ポケットにスマホが入っている」という感覚を受けませんでした。ちなみに厚みは公式ではPixel 4 の方が厚いです。

【レスポンス】
6GBなので重く感じることもなくスムーズな操作性があります。

【画面表示】
綺麗です。ただスマホゲーによるとは思いますが、キャラがアップになった時にキャラを描いている外枠の線が懐かしいブラウン管TVのように少しざらつくように見える時があります。

【バッテリー】
今回一番気になった部分です。長いです。

バッテリー検証をしっかりと行ったのは自分が知る限りモバイルびよりというサイトのみでした。少なくとも「Pixel 4  バッテリー 持ち」でググってもアプデ後の検証記事は、自分のPC環境では他サイト記事は見当たらなかったです。

上記から検証しようと思い、電力消費が激しいスマホゲーを使って実際の持ちを確認しました。使ったゲームは
・アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)
・アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ(以下ミリシタ)
何故この2つかというと、容量5000というバッテリーのZenfone6において、100%充電状態にも関わらず「電力消費が大きいアプリです。このまま使用しているとバッテリーがどんどん減ります」と警告を発するほど消費の激しいゲームだからです。
(ちなみにキングスレイドや荒野行動もやってますが、同じ環境・時間で操作しても同警告が出た試しはありませんでした)

ちょうど今が長時間固定のイベント最中なので2日ずつ検証。
まず2つのゲームのイベントですが、知らない方のために簡単に説明すると基本的にA→B(B’)→C(C')→A→・・・とループします。自分は大体AとC(C')が1回のプレイで20曲前後。B(B’)は12曲前後のプレイです。イベントの性質上Aのイベントの方がプレイ数が多くなります。
今回はデレステがC、ミリシタがAとなります。

前提条件として「ゲームの画質設定は最高レベル。機体の音量MAX。機体の明度は80%(Zefone6と同じ。100%でないのは明るすぎて目が痛かったため)」で開始。
アプリの使用時間は設定内にあるアプリの起動時間を参照。

・深夜0時よりゲーム開始。2時間30分でゲーム終了。
・まとめサイトやゲームの攻略サイト、アプリ系WEBコミックを1時間程度閲覧。→この時点でバッテリーは68%
・約7時間睡眠後バッテリー状態61%から再開。
・1時間程度またインターネットを閲覧。
・デレステ、ミリシタゲーム開始→2時間16分プレイ
上記の流れで最終的なバッテリーの残りは11%前後。そのまま特に使うこともなく放置。22時になってまだ5%を維持していましたが、このままだと次の検証ができないので充電。深夜0時頃見ると充電完了。

次に仕事のある日と仮定して日常と同じ状態で使用。
・通勤時間分の30分程度ブラウジング。
・休憩や昼休みにブラウジングとゲームのスタミナ消費で使用。
・退勤後帰宅まで30分程度ブラウジング
・帰宅後落ち着いてからデレステ、ミリシタのゲームを2時間30分。
・ゲーム後しばらく放置して寝る前に1時間程度ブラウジングとアプリ系WEBコミックを閲覧。
この時点で残りバッテリーが18%。

早い話がスマホヘビーユーザーだったり、常に出張・旅行や営業系で会社支給ではなくて自身のPixel 4を仕事で用いていない限り、バッテリーが1日持たないということはないでしょう。
また充電速度が速いため、充電が1時間半程度で済むのはありがたいところ。しかも充電時に機体が熱くならないのもいいですね。

参考までに。
・1時間のブラウジング→バッテリー6%消費。
・1時間の通話(コールセンターに問い合わせ。待ち時間込み)→5%消費。

<5/23追記>
5/14辺りから唐突にバッテリー持ちが悪くなりました。なので現在2つのゲームでまたイベントをやっていたので条件を検証時に戻して再検証を行いました。
デレステはイベントA、ミリシタはイベントCとなります。

[結果]
・プレイ時間2時間30分で79%消費。

ミリシタは5%前後の増加でしたがデレステに至っては20%前後まで消費が激しくなりました。開発者オプションも触りましたが改善せず。初期化にて改善を試すもタイミング悪くアプリの配信が終了していたものもありましたが、ほぼ同じ環境で試すも他生の改善は見られたものの最初に検証した時のレベルに戻ることはありませんでした。
(初期化は2回試しました)

以上から、最初にレビューした時の機体の状態が特別良かっただけであって、現在の状況がノーマルなのではないかと思われます。
ただバッテリーの劣化が原因であったとするならば、4月中旬で購入した機種のため、また一か月後にどんな状態になるのかと不安はあります。


【カメラ】
あまり重要視してませんが、綺麗に写ってSNSに投稿したのを見直しても細部まではっきりと見ることができます。

【総評】
持ちやすく、ポケットに入れていても厚みを感じさせないという点は大型化が進んでいる最近のスマホの中に合ってとても有利に感じられる利点だと思います。
バッテリーが個体によって持ちが異なるのは気になりますが、ライトに持ち運び、SNSに写真載せたりブラウジングしたりして一日過ごすタイプの人には良い機体と思います。

後、これは余談ですが、一部で話題になっている楽天 UN-LIMITは物理SIMで問題なく使用できました。

参考になった0

満足度5
デザイン3
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー4
カメラ4
バッテリー検証もしてみました。

少し前にスマホゲー目的でZenfone6を購入したものの、スマホとしてはいいものでしたが自分にはあっていなかったため売却。そのお金を使ってこちらを購入。バッテリー持ちの部分で色々と言われてましたが、Zenfone6前に使っていたスマホがXperia XZだったので本体の大きさで手に合うものという点を重要視して購入。

【デザイン】
バンパーが丸いのが好きな人には良いデザイン。自分は特に抵抗なし。ただ背面の手触りと重量のバランスのせいか、妙にオモチャ感を感じる時もあります。

【携帯性】
Xperia XZと同じ大きさにも関わらず、ズボンのポケットに入れた時の存在感の違いに驚きました。Pixel 4 の方が足を動かした時にある「ポケットにスマホが入っている」という感覚を受けませんでした。ちなみに厚みは公式ではPixel 4 の方が厚いです。

【レスポンス】
6GBなので重く感じることもなくスムーズな操作性があります。

【画面表示】
綺麗です。ただスマホゲーによるとは思いますが、キャラがアップになった時にキャラを描いている外枠の線が懐かしいブラウン管TVのように少しざらつくように見える時があります。

【バッテリー】
今回一番気になった部分です。長いです。

リリース当初は18時間しか持たないバッテリーと言われており、色んなサイト(個人法人関わらず)で酷評されていましたが、2019/12/19のアップデートで不具合の解消が行われたという話がありました。しかしこの話を取りあげて、旧アプデ前の検証とアプデ後の感想を記事にした「ライターとしてはバッテリーの持ちが変わった」と述べたのはモバイルびよりというサイトのみでした。少なくとも「Pixel 4  バッテリー 持ち」でググってもアプデ後の検証記事は、自分のPC環境では他サイト記事は見当たらなかったです。

上記からどうせなら個人的に検証するかと思い立ち、電力消費が激しいスマホゲーを使って、実際の持ちを確認しました。使ったゲームは
・アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)
・アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ(以下ミリシタ)
何故この二つかというと、容量5000というバッテリーのZenfone6において、100%充電状態にも関わらずバッテリーセーバー付近のアプリが「電力消費が大きいアプリです。このまま使用しているとバッテリーがどんどん減ります」という警告を発してくるほど消費の激しいゲームだからです。
(ちなみにキングスレイドや荒野行動もやってますが、同じ環境・時間で操作しても同警告が出た試しはありませんでした)

ちょうど今が長時間固定のイベント最中でGWであったので2日ずつ検証。

前提条件として「ゲームの画質設定は最高レベル。機体の音量MAX。機体の明度は80%(Zefone6と同じ。100%でないのは明るすぎて目が痛かったため)」で開始。
アプリの使用時間は設定内にあるアプリの起動時間を参照。

・深夜0時よりゲーム開始。2時間30分でゲーム終了。
・まとめサイトやゲームの攻略サイト、アプリ系WEBコミックを1時間程度閲覧。→この時点でバッテリーは68%
・約7時間睡眠後バッテリー状態61%から再開。
・1時間程度またインターネットを閲覧。
・デレステ、ミリシタゲーム開始→2時間16分プレイ
上記の流れで最終的なバッテリーの残りは11%前後。そのまま特に使うこともなく放置。22時になってまだ5%を維持していましたが、このままだと次の検証ができないので充電。深夜0時頃見ると充電完了。

次にイベントなし。日常と同じ状態で使用。通常勤務時と同じ時間軸で行動。
・起床後準備して通勤。移動時間30分程度ブラウジング。
・仕事の合間の休憩や昼休みにブラウジングとゲームのスタミナ消費で使用。
・退勤後帰宅まで30分程度ブラウジング
・帰宅後落ち着いてからデレステ、ミリシタのゲームを2時間30分。
・ゲーム後しばらく放置して寝る前に1時間程度ブラウジングとアプリ系WEBコミックを閲覧。
この時点で残りバッテリーが18%。

早い話が一日中スマホに張り付いてゲームだなんだとアプリを使いまくったり、常に出張・旅行や営業系で会社支給ではなくて自身のPixel 4を仕事で用いていない限り、バッテリーが一日持たないということはないでしょう。
また充電速度が速いため、Xperia XZのバッテリー容量2900で2時間30分程度かかっていた充電が1時間半程度で済むのはありがたいところ。しかも充電時に機体が熱くならないのもいいですね。

バッテリーが持たないという人は逆にどういう使い方で、他のどのスマホと比べて何%程度の消費違いがあって「持たない」と言っているのか知りたいところです。

参考までに。
・1時間のブラウジング→バッテリー6%消費。
・1時間の通話(コールセンターに問い合わせ。待ち時間込み)→5%消費。

ちなみに現在は明度70%、音量MAXから3メモリ下げた状態で運用中。問題は感じません。

【カメラ】
あまり重要視してませんが、綺麗に写ってSNSに投稿したのを見直しても細部まではっきりと見ることができます。

【総評】
持ちやすく、ポケットに入れていても厚みを感じさせないという点は大型化が進んでいる最近のスマホの中に合ってとても有利に感じられる利点だと思います。またバッテリーも言われるほどの消費の激しさもありませんでした。
そのため、ライトに持ち運び、SNSに写真載せたりブラウジングしたりして一日過ごすタイプの人には良い機体と思います。

後、これは余談ですが、一部で話題になっている楽天 UN-LIMITは物理SIMで問題なく使用できました。

参考になった20

満足度5
デザイン3
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー4
カメラ4
バッテリー検証もしてみました。

少し前にスマホゲー目的でZenfone6を購入したものの、スマホとしてはいいものでしたが自分にはあっていなかったため売却。そのお金を使ってこちらを購入。バッテリー持ちの部分で色々と言われてましたが、Zenfone6前に使っていたスマホがXperia XZだったので本体の大きさで手に合うものという点を重要視して購入。

【デザイン】
バンパーが丸いのが好きな人には良いデザイン。自分は特に抵抗なし。ただ背面の手触りと重量のバランスのせいか、妙にオモチャ感を感じる時もあります。

【携帯性】
Xperia XZと同じ大きさにも関わらず、ズボンのポケットに入れた時の存在感の違いに驚きました。Pixel 4 の方が足を動かした時にある「ポケットにスマホが入っている」という感覚を受けませんでした。ちなみに厚みは公式ではPixel 4 の方が厚いです。

【レスポンス】
6GBなので重く感じることもなくスムーズな操作性があります。

【画面表示】
綺麗です。ただスマホゲーによるとは思いますが、キャラがアップになった時にキャラを描いている外枠の線が懐かしいブラウン管TVのように少しざらつくように見える時があります。

【バッテリー】
今回一番気になった部分です。長いです。

リリース当初は18時間しか持たないバッテリーと言われており、色んなサイト(個人法人関わらず)で酷評されていましたが、2019/12/19のアップデートで不具合の解消が行われたという話がありました。しかしこの話を取りあげて、旧アプデ前の検証とアプデ後の感想を記事にした「ライターとしてはバッテリーの持ちが変わった」と述べたのはモバイルびよりというサイトのみでした。少なくとも「Pixel 4  バッテリー 持ち」でググってもアプデ後の検証記事は、自分のPC環境では他サイト記事は見当たらなかったです。

上記からどうせなら個人的に検証するかと思い立ち、電力消費が激しいスマホゲーを使って、実際の持ちを確認しました。使ったゲームは
・アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)
・アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ(以下ミリシタ)
何故この二つかというと、容量5000というバッテリーのZenfone6において、100%充電状態にも関わらずバッテリーセーバー付近のアプリが「電力消費が大きいアプリです。このまま使用しているとバッテリーがどんどん減ります」という警告を発してくるほど消費の激しいゲームだからです。
(ちなみにキングスレイドや荒野行動もやってますが、同じ環境・時間で操作しても同警告が出た試しはありませんでした)

ちょうど今が長時間固定のイベント最中でGWであったので2日ずつ検証。

前提条件として「ゲームの画質設定は最高レベル。機体の音量MAX。機体の明度は80%(Zefone6と同じ。100%でないのは明るすぎて目が痛かったため)」で開始。
アプリの使用時間は設定内にあるアプリの起動時間を参照。

・深夜0時よりゲーム開始。2時間30分でゲーム終了。
・まとめサイトやゲームの攻略サイト、アプリ系WEBコミックを1時間程度閲覧。→この時点でバッテリーは68%
・約7時間睡眠後バッテリー状態61%から再開。
・1時間程度またインターネットを閲覧。
・デレステ、ミリシタゲーム開始→2時間16分プレイ
上記の流れで最終的なバッテリーの残りは11%前後。そのまま特に使うこともなく放置。22時になってまだ5%を維持していましたが、このままだと次の検証ができないので充電。深夜0時頃見ると充電完了。

次にイベントなし。日常と同じ状態で使用。通常勤務時と同じ時間軸で行動。
・起床後準備して通勤。移動時間30分程度ブラウジング。
・仕事の合間の休憩や昼休みにブラウジングとゲームのスタミナ消費で使用。
・退勤後帰宅まで30分程度ブラウジング
・帰宅後落ち着いてからデレステ、ミリシタのゲームを2時間30分。
・ゲーム後しばらく放置して寝る前に1時間程度ブラウジングとアプリ系WEBコミックを閲覧。
この時点で残りバッテリーが18%。

早い話が一日中スマホに張り付いてゲームだなんだとアプリを使いまくったり、常に出張・旅行や営業系で会社支給ではなくて自身のPixel 4を仕事で用いていない限り、バッテリーが一日持たないということはないでしょう。
また充電速度が速いため、Xperia XZのバッテリー容量2900で2時間30分程度かかっていた充電が1時間半程度で済むのはありがたいところ。しかも充電時に機体が熱くならないのもいいですね。

バッテリーが持たないという人は逆にどういう使い方で、他のどのスマホと比べて何%程度の消費違いがあって「持たない」と言っているのか知りたいところです。

最後に参考までに。
・1時間のブラウジング→バッテリー6%消費。
・1時間の通話(コールセンターに問い合わせ。待ち時間込み)→5%消費。

後、現在は明度70%、音量MAXから3メモリ下げた状態で運用中。問題は感じません。

【カメラ】
あまり重要視してませんが、綺麗に写ってSNSに投稿したのを見直しても細部まではっきりと見ることができます。

【総評】
持ちやすく、ポケットに入れていても厚みを感じさせないという点は大型化が進んでいる最近のスマホの中に合ってとても有利に感じられる利点だと思います。またバッテリーも言われるほどの消費の激しさもありませんでした。
そのため、ライトに持ち運び、SNSに写真載せたりブラウジングしたりして一日過ごすタイプの人には良い機体と思います。

後、これは余談ですが、一部で話題になっている楽天 UN-LIMITは物理SIMで問題なく使用できました。

参考になった1

満足度5
デザイン3
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー4
カメラ4
バッテリー検証もしてみました。

少し前にスマホゲー目的でZenfone6を購入したものの、スマホとしてはいいものでしたが自分にはあっていなかったため売却。そのお金を使ってこちらを購入。バッテリー持ちの部分で色々と言われてましたが、Zenfone6前に使っていたスマホがXperia XZだったので本体の大きさで手に合うものという点を重要視して購入。

【デザイン】
バンパーが丸いのが好きな人には良いデザイン。自分は特に抵抗なし。ただ背面の手触りと重量のバランスのせいか、妙にオモチャ感を感じる時もあります。

【携帯性】
Xperia XZと同じ大きさにも関わらず、ズボンのポケットに入れた時の存在感の違いに驚きました。Pixel 4 の方が足を動かした時にある「ポケットにスマホが入っている」という感覚を受けませんでした。ちなみに厚みは公式ではPixel 4 の方が厚いです。

【レスポンス】
6GBなので重く感じることもなくスムーズな操作性があります。

【画面表示】
綺麗です。ただスマホゲーによるとは思いますが、キャラがアップになった時にキャラを描いている外枠の線が懐かしいブラウン管TVのように少しざらつくように見える時があります。

【バッテリー】
今回一番気になった部分です。長いです。

リリース当初は18時間しか持たないバッテリーと言われており、色んなサイト(個人法人関わらず)で酷評されていましたが、2019/12/19のアップデートで不具合の解消が行われたという話がありました。しかしこの話を取りあげて、旧アプデ前の検証とアプデ後の感想を記事にした「ライターとしてはバッテリーの持ちが変わった」と述べたのはモバイルびよりというサイトのみでした。少なくとも「Pixel 4  バッテリー 持ち」でググってもアプデ後の検証記事は、自分のPC環境では他サイト記事は見当たらなかったです。

上記からどうせなら個人的に検証するかと思い立ち、電力消費が激しいスマホゲーを使って、実際の持ちを確認しました。使ったゲームは
・アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)
・アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ(以下ミリシタ)
何故この二つかというと、容量5000というバッテリーのZenfone6において、100%充電状態にも関わらずバッテリーセーバー付近のアプリが「電力消費が大きいアプリです。このまま使用しているとバッテリーがどんどん減ります」という警告を発してくるほど消費の激しいゲームだからです。
(ちなみにキングスレイドや荒野行動もやってますが、同じ環境・時間で操作しても同警告が出た試しはありませんでした)

ちょうど今が長時間固定のイベント最中でGWであったので2日ずつ検証。

前提条件として「ゲームの画質設定は最高レベル。機体の音量MAX。機体の明度は80%(Zefone6と同じ。100%でないのは明るすぎて目が痛かったため)」で開始。
アプリの使用時間は設定内にあるアプリの起動時間を参照。

・深夜0時よりゲーム開始。2時間30分でゲーム終了。
・まとめサイトやゲームの攻略サイト、アプリ系WEBコミックを1時間程度閲覧。→この時点でバッテリーは68%
・約7時間睡眠後バッテリー状態61%から再開。
・1時間程度またインターネットを閲覧。
・デレステ、ミリシタゲーム開始→2時間16分プレイ
上記の流れで最終的なバッテリーの残りは11%前後。そのまま特に使うこともなく放置。22時になってまだ5%を維持していましたが、このままだと次の検証ができないので充電。深夜0時頃見ると充電完了。

次にイベントなし。日常と同じ状態で使用。通常勤務時と同じ時間軸で行動。
・起床後準備して通勤。移動時間30分程度ブラウジング。
・仕事の合間の休憩や昼休みにブラウジングとゲームのスタミナ消費で使用。
・退勤後帰宅まで30分程度ブラウジング
・帰宅後落ち着いてからデレステ、ミリシタのゲームを2時間30分。
・ゲーム後しばらく放置して寝る前に1時間程度ブラウジングとアプリ系WEBコミックを閲覧。
この時点で残りバッテリーが18%。

早い話が一日中スマホに張り付いてゲームだなんだとアプリを使いまくったり、常に出張・旅行や営業系で会社支給ではなくて自身のPixel 4を仕事で用いていない限り、バッテリーが一日持たないということはないでしょう。
また充電速度が速いため、Xperia XZのバッテリー容量2900で2時間30分程度かかっていた充電が1時間半程度で済むのはありがたいところ。しかも充電時に機体が熱くならないのもいいですね。

バッテリーが持たないという人は逆にどういう使い方で、他のどのスマホと比べて何%程度の消費違いがあって「持たない」と言っているのか知りたいところです。

最後に参考までに。
・1時間のブラウジング→バッテリー6%消費。
・1時間の通話(コールセンターに問い合わせ。待ち時間込み)→5%消費。

後、現在は明度70%、音量MAXから3メモリ下げた状態で運用中。問題は感じません。

【カメラ】
あまり重要視してませんが、綺麗に写ってSNSに投稿したのを見直しても細部まではっきりと見ることができます。

【総評】
持ちやすく、ポケットに入れていても厚みを感じさせないという点は大型化が進んでいる最近のスマホの中に合ってとても有利に感じられる利点だと思います。またバッテリーも言われるほどの消費の激しさもありませんでした。
そのため、ライトに持ち運び、SNSに写真載せたりブラウジングしたりして一日過ごすタイプの人には良い機体と思います。

参考になった0

「Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]のレビューを書く

この製品の情報を見る

Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]
Google

Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]

発売日:2019年10月24日

Google Pixel 4 128GB SoftBank [Just Black]をお気に入り製品に追加する <2

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意