『まあまあの日本製!! ソフトの方も頑張ってくれ!?』 SONY NW-ZX507 (B) [64GB ブラック] Brasil_Vagabondさんのレビュー・評価

2019年11月 2日 発売

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]

  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • AI技術が再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。
  • 左右の音を完全に分離するバランス出力に対応しノイズの少ない繊細なサウンドを再現。接続安定性の高い4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。
NW-ZX507 (B) [64GB ブラック] 製品画像

プロダクトアワード2020

最安価格(税込):

¥68,800

(前週比:-1,000円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥68,800¥93,749 (34店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥82,500 〜 ¥82,500 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:20時間 インターフェイス:USB2.0 Type-C NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の価格比較
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の店頭購入
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の純正オプション
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビュー
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のクチコミ
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の画像・動画
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のオークション

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]SONY

最安価格(税込):¥68,800 (前週比:-1,000円↓) 発売日:2019年11月 2日

  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の価格比較
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の店頭購入
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の純正オプション
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビュー
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のクチコミ
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の画像・動画
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のオークション

『まあまあの日本製!! ソフトの方も頑張ってくれ!?』 Brasil_Vagabondさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く

Brasil_Vagabondさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:70人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークオーディオプレーヤー
0件
7件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
1件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン3
携帯性4
バッテリ2
音質3
操作性2
付属ソフト2
拡張性3
まあまあの日本製!! ソフトの方も頑張ってくれ!?

基本的にクラシック、それも、器楽曲ではなくオーケストラなどの合奏曲をコンサートホールと同じように再生したいという気持ちから、DAPの世界へと足を踏み込んでいますので、非常に厳しめの評価になっています。他のジャンルの曲を気軽に良い音で聴きたいということであれば、それは十分な評価になると思います。他のジャンルを低く見るつもりは毛頭ありませんが、クラシックのオーケストラ曲は、ダイナミックレンジが広大で、なかなか自宅のオーディオ装置で忠実に再生することは難しいと思うからです。

【デザイン】
デザインに不満はありませんが、YOUTUBEなどのストリーミングの再生には、コンパクトさと反比例し、画面、画素数が小さく、ちょっと見にくいと感じることがあります。音楽プレイヤーなのだから、文句をつけるところではないですかね。

【携帯性】
FiiO M15(約310G)と比べると、本機は164Gで、断然持ち運び向きです。Astell&Kern AK-SR25(約180G)よりも若干軽いです。この軽さなら、スマホと一緒に持ち運んでも大丈夫です。FiiOはちょっと据え置きタイプな感じです。純正のケースを検討しましたが、純正はかなり高いので、安いポリウレタン製のソフトカバーとガラス保護フィルムを貼っています。これだけで、安心感が出ます。

【バッテリ】
さほど、使い込んでいないのですが、半日使っても7割程度バッテリーは残っているようです。おそらく使い方次第で消耗度合いは違うのではないでしょうか。ネットでは、「ハイレゾストリーミング」をONにすると、消耗が激しいという記述がありました。たしかに、ある程度使っているとバッテリーの消耗スピードは早いということを実感します。

【音質】
 音質をガチで比較すると、秋葉原のE-イヤホンという専門店で試聴(2020年7月)した、値段が、2倍お高いFiiO M15はやはりいいです。さらに上品で自然な音がします。
 Astell&Kern AK-SR25も本機と同レベルの音がしますが、YOUTUBEはインストール出来ないとのことで、対象から除外しました。このことは、Astell&Kernのホームページにも記載があります。
 本機も悪くないのですが、FiiO M15と比べると値段相応という感じはします。また、イヤホンには同じくソニーのIER−M7をバランス接続で使っています。とても相性はいいようで、CD音質、ハイレゾ、録音時代の違いなどが如実に感じられます。バランス接続で使うと、より音質が良いのがはっきりと分かります。アンバランス接続では、足元がふらっとする印象があります。
 また、エージングをする前と後では全然違います。バランス、アンバランスごとに200時間エージングするように書かれていますが、性能を発揮するには必須です。

【操作性】【付属ソフト】【拡張性】
 主体は、512GBのSDXCカードにFLACの音楽ファイルを入れて聞いています。また、YOUTUBEやAMAZON MUSICなどのストリーミング再生にも使い、なかなか重宝します。
 ソフト関係が問題です。日本製はソフトがちゃちですね。ソニーのソフト(Wミュージック、Music Center for PC)を使っていますが、それほど良いとは思いません。Music Center for PC は、長時間立ち上げていますといつの間にか終了しています。(ホームページも宣伝ばかりで実がないし、moraもインターフェースがすごく悪くて使いにくく、何年経っても改善されません。)OSがAndoroidなので、他のアプリで使おうと考えています。
 自動車でカーナビと接続しようとするとBluetooth接続しかできません。本機は、DAC機能がないことと関連するのかも知れませんが、スマホの場合、Android Auto / Apple Car playというアプリを入れると、USB接続ができるのですが、説明書には「カメラや電話などの機能を必要とするアプリ(Android Autoなど)はインストールできない」と堂々と書かれていて、カメラや電話の機能を省いて使えるようにしてくれと言いたくなります。「Bluetoothは品質落ちるやろ、オマエ、音楽プレイヤーやろ」と言いたくなります。
 こうしてみると、DAPは、機能だけを考えると、限りなくスマホから電話とカメラ機能を省いただけだと思います。
 さらに情けないのは、Android 9 から更新されません。最新バージョンは、12ですので、ソニーは更新の権利を買っていないのでしょう。

【総評】
オーケストラを、スピーカーより良い音で聴きたいという願いは、本機とバランス接続のイヤホンにより叶えられたと思います。やはり、DSDのハイレゾはCDの音質に比べると大きな違いががあり、良い音で聴くにはソースを選ぶということになります。CDに録音された交響曲ではやはり、厳しいものがある、しかし、ハイレゾであれば微かな音で始まり、轟音になる交響曲でも、どんな楽器がどこで鳴っているのかわかります。
もちろん、部屋のスピーカーで交響曲などをコンサートホールのように聴ければ一番良いのですが、これは難しい。しかし、ヘッドホン、イヤホンを使えば、手軽に実現できる。鼓膜に近いカナル型イヤホンを使えば、安いコストで実現可能だと思います。これから、食わず嫌いだった交響曲、それもマーラーやラフマニノフなどの大曲をじっくり聴いてみたいと思います。以下のブログにも関連したことを書いていますので見ていただければ、うれしいです。
https://brasileiro365.com/2020/08/08/%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3-nw-zx507-%e3%81%a7%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%be%e3%82%92%e8%81%b4%e3%81%8f/

以上

比較製品
FiiO > M15 FIO-M15-B [64GB]
Astell&Kern > A&norma SR25 AK-SR25-MS [64GB Moon Silver]
ジャンル
クラシック・オペラ

参考になった10人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質4
操作性3
付属ソフト3
拡張性3
けっこうイケてる日本製!! ソフトの方も頑張ってくれ!?

基本的にクラシック、それも、器楽曲ではなくオーケストラなどの合奏曲をコンサートホールと同じように再生したいという気持ちから、DAPの世界へと足を踏み込んでいますので、非常に厳しめの評価になっています。他のジャンルの曲を気軽に良い音で聴きたいということであれば、それは十分な評価になると思います。他のジャンルを低く見るつもりは毛頭ありませんが、クラシックのオーケストラ曲は、ダイナミックレンジが広大で、なかなか自宅のオーディオ装置で忠実に再生することは難しいと思うからです。

【デザイン】
デザインに不満はありませんが、YOUTUBEなどのストリーミングの再生には、コンパクトさと反比例し、画面、画素数が小さく、ちょっと見にくいと感じることがあります。音楽プレイヤーなのだから、文句をつけるところではないですかね。

【携帯性】
FiiO M15(約310G)と比べると、本機は164Gで、断然持ち運び向きです。Astell&Kern AK-SR25(約180G)よりも若干軽いです。この軽さなら、スマホと一緒に持ち運んでも大丈夫です。FiiOはちょっと据え置きタイプな感じです。純正のケースを検討しましたが、純正はかなり高いので、安いポリウレタン製のソフトカバーとガラス保護フィルムを貼っています。これだけで、安心感が出ます。

【バッテリ】
さほど、使い込んでいないのですが、半日使っても7割程度バッテリーは残っているようです。おそらく使い方次第で消耗度合いは違うのではないでしょうか。ネットでは、「ハイレゾストリーミング」をONにすると、消耗が激しいという記述がありました。

【音質】
 音質をガチで比較すると、秋葉原のE-イヤホンという専門店で試聴(2020年7月)した、値段が、2倍お高いFiiO M15はやはりいいです。さらに上品で自然な音がします。
 Astell&Kern AK-SR25も本機と同レベルの音がしますが、YOUTUBEはインストール出来ないとのことで、対象から除外しました。このことは、Astell&Kernのホームページにも記載があります。
 本機も悪くないのですが、FiiO M15と比べると値段相応という感じはします。また、イヤホンには同じくソニーのIER−M7をバランス接続で使っています。とても相性はいいようで、CD音質、ハイレゾ、録音時代の違いなどが如実に感じられます。バランス接続で使うと、より音質が良いのがはっきりと分かります。アンバランス接続では、足元がふらっとする印象があります。
 また、エージングをする前と後では全然違います。バランス、アンバランスごとに200時間エージングするように書かれていますが、性能を発揮するには必須です。

【操作性】【付属ソフト】【拡張性】
 主体は、512GBのSDXCカードにFLACの音楽ファイルを入れて聞いています。また、YOUTUBEやAMAZON MUSICなどのストリーミング再生にも使い、なかなか重宝します。
 ソフト関係が問題です。日本製はソフトがちゃちですね。ソニーのソフト(Wミュージック、Music Center for PC)を使っていますが、それほど良いとは思いません。Music Center for PC は、長時間立ち上げていますといつの間にか終了しています。(ホームページも宣伝ばかりで実がないし、moraもインターフェースがすごく悪くて使いにくく、何年経っても改善されません。)OSがAndoroidなので、他のアプリで使おうと考えています。
 自動車でカーナビと接続しようとするとBluetooth接続しかできません。本機は、DAC機能がないことと関連するのかも知れませんが、スマホの場合、Android Auto / Apple Car playというアプリを入れると、USB接続ができるのですが、説明書には「カメラや電話などの機能を必要とするアプリ(Android Autoなど)はインストールできない」と堂々と書かれていて、カメラや電話の機能を省いて使えるようにしてくれと言いたくなります。「Bluetoothは品質落ちるやろ、オマエ、音楽プレイヤーやろ」と言いたくなります。
 こうしてみると、DAPは、機能だけを考えると、限りなくスマホから電話とカメラ機能を省いただけだと思います。

【総評】
オーケストラを、スピーカーより良い音で聴きたいという願いは、本機とバランス接続のイヤホンにより叶えられたと思います。やはり、DSDのハイレゾはCDの音質に比べると大きな違いががあり、良い音で聴くにはソースを選ぶということになります。CDに録音された交響曲ではやはり、厳しいものがある、しかし、ハイレゾであれば微かな音で始まり、轟音になる交響曲でも、どんな楽器がどこで鳴っているのかわかります。
もちろん、部屋のスピーカーで交響曲などをコンサートホールのように聴ければ一番良いのですが、これは難しい。しかし、ヘッドホン、イヤホンを使えば、手軽に実現できる。鼓膜に近いカナル型イヤホンを使えば、安いコストで実現可能だと思います。これから、食わず嫌いだった交響曲、それもマーラーやラフマニノフなどの大曲をじっくり聴いてみたいと思います。以下のブログにも関連したことを書いていますので見ていただければ、うれしいです。
https://brasileiro365.com/2020/08/08/%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3-nw-zx507-%e3%81%a7%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%be%e3%82%92%e8%81%b4%e3%81%8f/

以上

比較製品
FiiO > M15 FIO-M15-B [64GB]
Astell&Kern > A&norma SR25 AK-SR25-MS [64GB Moon Silver]
ジャンル
クラシック・オペラ

参考になった5

満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質4
操作性3
付属ソフト3
拡張性3
けっこうイケてる日本製!! ソフトの方も頑張ってくれ!?

基本的にクラシック、それも、器楽曲ではなくオーケストラなどの合奏曲をコンサートホールと同じように再生したいという気持ちから、DAPの世界へと足を踏み込んでいますので、非常に厳しめの評価になっています。他のジャンルの曲を気軽に良い音で聴きたいということであれば、それは十分な評価になると思います。他のジャンルを低く見るつもりは毛頭ありませんが、クラシックのオーケストラ曲は、ダイナミックレンジが広大で、なかなか自宅のオーディオ装置で忠実に再生することは難しいと思うからです。

【デザイン】
デザインに不満はありませんが、YOUTUBEなどのストリーミングの再生には、コンパクトさと反比例し、画面、画素数が小さく、ちょっと見にくいと感じることがあります。音楽プレイヤーなのだから、文句をつけるところではないですかね。

【携帯性】
FiiO M15(約310G)と比べると、本機は164Gで、断然持ち運び向きです。Astell&Kern AK-SR25(約180G)よりも若干軽いです。この軽さなら、スマホと一緒に持ち運んでも大丈夫です。FiiOはちょっと据え置きタイプな感じです。純正のケースを検討しましたが、純正はかなり高いので、安いポリウレタン製のソフトカバーとガラス保護フィルムを貼っています。これだけで、安心感が出ます。

【バッテリ】
さほど、使い込んでいないのですが、半日使っても7割程度バッテリーは残っているようです。おそらく使い方次第で消耗度合いは違うのではないでしょうか。ネットでは、「ハイレゾストリーミング」をONにすると、消耗が激しいという記述がありました。

【音質】
 音質をガチで比較すると、秋葉原のE-イヤホンという専門店で試聴(2020年7月)した、値段が、2倍お高いFiiO M15はやはりいいです。さらに上品で自然な音がします。
 Astell&Kern AK-SR25も本機と同レベルの音がしますが、YOUTUBEはインストール出来ないとのことで、対象から除外しました。このことは、Astell&Kernのホームページにも記載があります。
 本機も悪くないのですが、FiiO M15と比べると値段相応という感じはします。また、イヤホンには同じくソニーのIER−M7をバランス接続で使っています。とても相性はいいようで、CD音質、ハイレゾ、録音時代の違いなどが如実に感じられます。アンバランス接続で使うと、より音質が良いのがはっきりと分かります。アンバランス接続では、足元がふらっとする印象があります。
 また、エージングをする前と後では全然違います。バランス、アンバランスごとに200時間エージングするように書かれていますが、性能を発揮するには必須です。

【操作性】【付属ソフト】【拡張性】
 主体は、512GBのSDXCカードにFLACの音楽ファイルを入れて聞いています。また、YOUTUBEやAMAZON MUSICなどのストリーミング再生にも使い、なかなか重宝します。
 ソフト関係が問題です。日本製はソフトがちゃちですね。ソニーのソフト(Wミュージック、Music Center for PC)を使っていますが、それほど良いとは思いません。Music Center for PC は、長時間立ち上げていますといつの間にか終了しています。(ホームページも宣伝ばかりで実がないし、moraもインターフェースがすごく悪くて使いにくく、何年経っても改善されません。)OSがAndoroidなので、他のアプリで使おうと考えています。
 自動車でカーナビと接続しようとするとBluetooth接続しかできません。本機は、DAC機能がないことと関連するのかも知れませんが、スマホの場合、Android Auto / Apple Car playというアプリを入れると、USB接続ができるのですが、説明書には「カメラや電話などの機能を必要とするアプリ(Android Autoなど)はインストールできない」と堂々と書かれていて、カメラや電話の機能を省いて使えるようにしてくれと言いたくなります。「Bluetoothは品質落ちるやろ、オマエ、音楽プレイヤーやろ」と言いたくなります。
 こうしてみると、DAPは、機能だけを考えると、限りなくスマホから電話とカメラ機能を省いただけだと思います。

【総評】
オーケストラを、スピーカーより良い音で聴きたいという願いは、本機とバランス接続のイヤホンにより叶えられたと思います。やはり、DSDのハイレゾはCDの音質に比べると大きな違いががあり、良い音で聴くにはソースを選ぶということになります。CDに録音された交響曲ではやはり、厳しいものがある、しかし、ハイレゾであれば微かな音で始まり、轟音になる交響曲でも、どんな楽器がどこで鳴っているのかわかります。
もちろん、部屋のスピーカーで交響曲などをコンサートホールのように聴ければ一番良いのですが、これは難しい。しかし、ヘッドホン、イヤホンを使えば、手軽に実現できる。鼓膜に近いカナル型イヤホンを使えば、安いコストで実現可能だと思います。これから、食わず嫌いだった交響曲、それもマーラーやラフマニノフなどの大曲をじっくり聴いてみたいと思います。以下のブログにも関連したことを書いていますので見ていただければ、うれしいです。
https://brasileiro365.com/2020/08/08/%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc-%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3-nw-zx507-%e3%81%a7%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%be%e3%82%92%e8%81%b4%e3%81%8f/

以上

比較製品
FiiO > M15 FIO-M15-B [64GB]
Astell&Kern > A&norma SR25 AK-SR25-MS [64GB Moon Silver]
ジャンル
クラシック・オペラ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]
SONY

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]

最安価格(税込):¥68,800発売日:2019年11月 2日 価格.comの安さの理由は?

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]をお気に入り製品に追加する <511

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意