『ZX300から明らかに音質向上』 SONY NW-ZX507 (B) [64GB ブラック] RIZZI2000さんのレビュー・評価

2019年11月 2日 発売

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]

  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • AI技術が再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。
  • 左右の音を完全に分離するバランス出力に対応しノイズの少ない繊細なサウンドを再現。接続安定性の高い4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。
NW-ZX507 (B) [64GB ブラック] 製品画像
最安価格(税込):

¥67,800

(前週比:+5,000円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥67,800〜¥93,749 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥77,610 〜 ¥77,610 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:20時間 インターフェイス:USB2.0 Type-C NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の価格比較
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の店頭購入
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の純正オプション
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビュー
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のクチコミ
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の画像・動画
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のオークション

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]SONY

最安価格(税込):¥67,800 (前週比:+5,000円↑) 発売日:2019年11月 2日

  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の価格比較
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の店頭購入
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の純正オプション
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビュー
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のクチコミ
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]の画像・動画
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のオークション

『ZX300から明らかに音質向上』 RIZZI2000さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:88人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
4件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ1
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価
ZX300から明らかに音質向上

-----2020年5月29日 更新-----
昨日のソフトウェアアップデートでようやくamazon music HDやmora qualitasのハイレゾ再生に対応してくれました。
最大192kHz/32bitのハイレゾストリーミング対応。
このアップデートでグンと魅力が上がりコストパフォーマンスが良い製品になったと思います。
バッテリーの持ちはさらに悪くなりますが音楽の楽しみ方は増えました。
これでandroidを採用したメリットが大きくなり、ZX300との差別化が出来たのではないでしょうか。

今後も良いアップデートを期待しています。
-----2020年3月27日 更新-----

発売日より使用していますが、最新のアップデートを適用しても不具合があるため評価を下げました。

・W.ミュージックで再生中に突然電源が落ちる

・Bluetoothイヤホンとの接続が不安定で、ペアリング情報が消えることがある。

・WiFiなどをoffにせずにハイレゾ再生していると6時間程度しかバッテリーがもたない。

尚、SONYに点検に出したところ、これで【正常】とのご回答を頂きました。

音は良いのに残念です。
--------------------------------------------



-----3.5mmアンバランスについてレビュー追加、改版しました----

ZX300からの買い替えです。
メーカー公式アナウンスで200時間のエージングで本来の性能が出るという点はZX300と一緒ですね。
バランス端子側は200時間を超えました。現在はアンバランス側のエージング中です。

イヤホンは
バランス側- beyerdynamic XELENTO REMOTE
ケーブル- final 4.4mmシルバーコート

アンバランス側- final MAKE1(デフォルトチューニング)

【デザイン】
大きさ、パッと見た印象はZX300と同等です。
【携帯性】
持ち運びが苦になる事は無いと思います。
【バッテリ】
android OSになったのでZX300より減り方は早いです。
ただし、w.ミュージックアプリで音楽再生だけでしたら10時間以上連続再生できました。
スマートフォンと同様に画面を開く頻度が高かったり他のアプリを使えば電池持ちが悪くなるのは仕方ない事かと。

【音質】
ざっくり言うとZX300よりクリアになり、音に立体感を感じます。
ZX300はウォームな音、悪く言えば一音一音が曖昧なところがありましたが低音域のフォーカスがしっかりして締まりのある音になりました。
その恩恵でボーカルが低域に埋もれず生き生きとして心地よいです。
それらの特徴をうまくまとめ、良いチューニングがされていると思います。

驚いたのが3.5mmのアンバランス側の音質です。
ZX300はバランス接続とアンバランス接続の差がとても大きくバランス専用機のようでしたが、ZX507のアンバランスは音の重心が下がり芯が通った音になりクリアさも増しました。
もちろんバランス接続の方が音場の広さ、ボーカルの艶、低音域の締まりで勝りますが、アンバランスとの音質差はこのZX507は小さくなりました。

イヤホンによってはアンバランスの方が聴き疲れしないかもしれません。final make1はアンバランスとの相性がとても良いです。

ヨドバシカメラなどでイヤホンの試聴をする場合、試聴機はほとんど3.5mmなのでイヤホン選びの際に役立ちそうです。

DSEE HXはZX300に比べかなり進歩しています。
ハイレゾ音源の他にCDからのリッピング、amazon music HD(もちろん16bitにダウンコンバートされてます)を聞いていますが、かなりハイレゾ音源に近く、効果をしっかり享受できます。

【操作性】
w.ミュージックアプリを立ち上げてからの操作はZX300とほぼ同じなので違和感なく使えます。

【付属ソフト】
普通にMUSIC CENTERを使っていて不便は感じません。
【拡張性】
無評価

【総評】
デジタルオーディオプレイヤーとして素の部分はZX300からしっかり音質向上されています。

もう一つのセールスポイントのストリーミング再生はandroid OSの仕様上、amazon music HDはダウンコンバートされますがDSEE HXで補正できるので快適に聞けています。

CDの販売、ダウンロード販売が衰退の一途を辿る中でストリーミング対応android搭載walkmanとなる流れは納得です。
時代にマッチしつつZX300から基本性能を確実に向上させてきたZX507。
私は長く使うと思います。

ジャンル
ジャズ
R&B

参考になった26人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
デザイン4
携帯性5
バッテリ1
音質5
操作性4
付属ソフト3
拡張性1
ZX300から明らかに音質向上したが・・・

-----2020年3月27日、再々レビュー-----

発売日より使用していますが、最新のアップデートを適用しても不具合があるため評価を下げました。

・W.ミュージックで再生中に突然電源が落ちる

・Bluetoothイヤホンとの接続が不安定で、ペアリング情報が消えることがある。

・WiFiなどをoffにせずにハイレゾ再生していると6時間程度しかバッテリーがもたない。

尚、SONYに点検に出したところ、これで【正常】とのご回答を頂きました。

音は良いのに残念です。
--------------------------------------------



-----3.5mmアンバランスについてレビュー追加、改版しました----

ZX300からの買い替えです。
メーカー公式アナウンスで200時間のエージングで本来の性能が出るという点はZX300と一緒ですね。
バランス端子側は200時間を超えました。現在はアンバランス側のエージング中です。

イヤホンは
バランス側- beyerdynamic XELENTO REMOTE
ケーブル- final 4.4mmシルバーコート

アンバランス側- final MAKE1(デフォルトチューニング)

【デザイン】
大きさ、パッと見た印象はZX300と同等です。
【携帯性】
持ち運びが苦になる事は無いと思います。
【バッテリ】
android OSになったのでZX300より減り方は早いです。
ただし、w.ミュージックアプリで音楽再生だけでしたら10時間以上連続再生できました。
スマートフォンと同様に画面を開く頻度が高かったり他のアプリを使えば電池持ちが悪くなるのは仕方ない事かと。

【音質】
ざっくり言うとZX300よりクリアになり、音に立体感を感じます。
ZX300はウォームな音、悪く言えば一音一音が曖昧なところがありましたが低音域のフォーカスがしっかりして締まりのある音になりました。
その恩恵でボーカルが低域に埋もれず生き生きとして心地よいです。
それらの特徴をうまくまとめ、良いチューニングがされていると思います。

驚いたのが3.5mmのアンバランス側の音質です。
ZX300はバランス接続とアンバランス接続の差がとても大きくバランス専用機のようでしたが、ZX507のアンバランスは音の重心が下がり芯が通った音になりクリアさも増しました。
もちろんバランス接続の方が音場の広さ、ボーカルの艶、低音域の締まりで勝りますが、アンバランスとの音質差はこのZX507は小さくなりました。

イヤホンによってはアンバランスの方が聴き疲れしないかもしれません。final make1はアンバランスとの相性がとても良いです。

ヨドバシカメラなどでイヤホンの試聴をする場合、試聴機はほとんど3.5mmなのでイヤホン選びの際に役立ちそうです。

DSEE HXはZX300に比べかなり進歩しています。
ハイレゾ音源の他にCDからのリッピング、amazon music HD(もちろん16bitにダウンコンバートされてます)を聞いていますが、かなりハイレゾ音源に近く、効果をしっかり享受できます。

【操作性】
w.ミュージックアプリを立ち上げてからの操作はZX300とほぼ同じなので違和感なく使えます。

【付属ソフト】
普通にMUSIC CENTERを使っていて不便は感じません。
【拡張性】
無評価

【総評】
デジタルオーディオプレイヤーとして素の部分はZX300からしっかり音質向上されています。

もう一つのセールスポイントのストリーミング再生はandroid OSの仕様上、amazon music HDはダウンコンバートされますがDSEE HXで補正できるので快適に聞けています。

CDの販売、ダウンロード販売が衰退の一途を辿る中でストリーミング対応android搭載walkmanとなる流れは納得です。
時代にマッチしつつZX300から基本性能を確実に向上させてきたZX507。
私は長く使うと思います。

ジャンル
ジャズ
R&B

参考になった5

満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性無評価
ZX300から明らかに音質向上

-----3.5mmアンバランスについてレビュー追加、改版しました----

ZX300からの買い替えです。
メーカー公式アナウンスで200時間のエージングで本来の性能が出るという点はZX300と一緒ですね。
バランス端子側は200時間を超えました。現在はアンバランス側のエージング中です。

イヤホンは
バランス側- beyerdynamic XELENTO REMOTE
ケーブル- final 4.4mmシルバーコート

アンバランス側- final MAKE1(デフォルトチューニング)

【デザイン】
大きさ、パッと見た印象はZX300と同等です。
【携帯性】
持ち運びが苦になる事は無いと思います。
【バッテリ】
android OSになったのでZX300より減り方は早いです。
ただし、w.ミュージックアプリで音楽再生だけでしたら10時間以上連続再生できました。
スマートフォンと同様に画面を開く頻度が高かったり他のアプリを使えば電池持ちが悪くなるのは仕方ない事かと。

【音質】
ざっくり言うとZX300よりクリアになり、音に立体感を感じます。
ZX300はウォームな音、悪く言えば一音一音が曖昧なところがありましたが低音域のフォーカスがしっかりして締まりのある音になりました。
その恩恵でボーカルが低域に埋もれず生き生きとして心地よいです。
それらの特徴をうまくまとめ、良いチューニングがされていると思います。

驚いたのが3.5mmのアンバランス側の音質です。
ZX300はバランス接続とアンバランス接続の差がとても大きくバランス専用機のようでしたが、ZX507のアンバランスは音の重心が下がり芯が通った音になりクリアさも増しました。
もちろんバランス接続の方が音場の広さ、ボーカルの艶、低音域の締まりで勝りますが、アンバランスとの音質差はこのZX507は小さくなりました。

イヤホンによってはアンバランスの方が聴き疲れしないかもしれません。final make1はアンバランスとの相性がとても良いです。

ヨドバシカメラなどでイヤホンの試聴をする場合、試聴機はほとんど3.5mmなのでイヤホン選びの際に役立ちそうです。

DSEE HXはZX300に比べかなり進歩しています。
ハイレゾ音源の他にCDからのリッピング、amazon music HD(もちろん16bitにダウンコンバートされてます)を聞いていますが、かなりハイレゾ音源に近く、効果をしっかり享受できます。

【操作性】
w.ミュージックアプリを立ち上げてからの操作はZX300とほぼ同じなので違和感なく使えます。

【付属ソフト】
普通にMUSIC CENTERを使っていて不便は感じません。
【拡張性】
無評価

【総評】
デジタルオーディオプレイヤーとして素の部分はZX300からしっかり音質向上されています。

もう一つのセールスポイントのストリーミング再生はandroid OSの仕様上、amazon music HDはダウンコンバートされますがDSEE HXで補正できるので快適に聞けています。

CDの販売、ダウンロード販売が衰退の一途を辿る中でストリーミング対応android搭載walkmanとなる流れは納得です。
時代にマッチしつつZX300から基本性能を確実に向上させてきたZX507。
私は長く使うと思います。

ジャンル
ジャズ
R&B

参考になった10

満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性無評価
ZX300から明らかに音質向上

ZX300からの買い替えです。
メーカー公式アナウンスで200時間のエージングで本来の性能が出るという点はZX300と一緒ですね。
私のZX507はエージング時間150時間を超えたところで、この時点でのレビューです。

イヤホンはベイヤーダイナミクスのXelento Remote、ケーブルはfinalのシルバーコートでバランス接続です。

【デザイン】
大きさ、パッと見た印象はZX300と同等です。

【携帯性】
持ち運びが苦になる事は無いと思います。

【バッテリ】
android OSになったのでZX300より減り方は早いです。
ただし、MUSICアプリで音楽再生だけですと10時間以上連続再生できました。
スマートフォンと同様に画面を開く頻度が高かったり他のアプリを使えば電池持ちが悪くなるのは仕方ない事かと。

【音質】
ざっくり言うとZX300よりクリアになり、音に立体感を感じます。
ZX300はウォームな音、悪く言えば一音一音が曖昧なところがありましたが低音域のフォーカスがしっかりして締まりのある音になりました。
その恩恵でボーカルが低域に埋もれず生き生きとして心地よいです。
それらの特徴をうまくまとめ、良いチューニングがされていると思います。

また、DSEE HXはZX300に比べかなり進歩しています。
ハイレゾ音源の他にCDからのリッピング、amazon music HD(もちろん16bitにダウンコンバートされてます)を聞いていますが、かなりハイレゾ音源に近く、効果をしっかり享受できます。

【操作性】
MUSICアプリを立ち上げてからの操作はZX300とほぼ同じなので違和感なく使えます。

【付属ソフト】
普通にMUSIC CENTERを使っていて不便は感じません。

【拡張性】
無評価

【総評】
デジタルオーディオプレイヤーとして素の部分はZX300からしっかり音質向上されています。

もう一つのセールスポイントのストリーミング再生はandroid OSの仕様上、amazon music HDはダウンコンバートされますがDSEE HXで補正できるので快適に聞けています。

CDの販売、ダウンロード販売が衰退の一途を辿る中でストリーミング対応android搭載walkmanとなる流れは納得です。
時代にマッチしつつZX300から基本性能を確実に向上させてきたZX507。
私は長く使うと思います。

ジャンル
ジャズ
R&B

参考になった5

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]
SONY

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]

最安価格(税込):¥67,800発売日:2019年11月 2日 価格.comの安さの理由は?

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]をお気に入り製品に追加する <395

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意