『防塵防滴の仕様だけが残念』 ニコン Z 50 16-50 VR レンズキット スワコスタさんのレビュー・評価

2019年11月22日 発売

Z 50 16-50 VR レンズキット

  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載したAPS-Cサイズのミラーレスカメラ。スマホからステップアップする人を含む幅広いユーザーに適している。
  • ドリーム、モーニング、ポップ、サンデーなど20種類の「Creative Picture Control」を搭載。最終アウトプットを確認しながら多彩な画作りを選択可能。
  • 「Z7」「Z6」と共通の大口径、ショートフランジバックのZマウントを採用。標準ズームレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」が付属する。
Z 50 16-50 VR レンズキット 製品画像
最安価格(税込):

¥102,700

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥104,342

WiNK PREMIUM

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥84,800 (17製品)


価格帯:¥102,700¥139,810 (54店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥102,800 〜 ¥125,829 (全国7店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2151万画素(総画素)/2088万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.7mm/CMOS 重量:395g Z 50 16-50 VR レンズキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR

ご利用の前にお読みください

 
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの価格比較
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの中古価格比較
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの買取価格
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの店頭購入
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのスペック・仕様
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの純正オプション
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのレビュー
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのクチコミ
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの画像・動画
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのピックアップリスト
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのオークション

Z 50 16-50 VR レンズキットニコン

最安価格(税込):¥102,700 (前週比:±0 ) 発売日:2019年11月22日

  • Z 50 16-50 VR レンズキットの価格比較
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの中古価格比較
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの買取価格
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの店頭購入
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのスペック・仕様
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの純正オプション
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのレビュー
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのクチコミ
  • Z 50 16-50 VR レンズキットの画像・動画
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのピックアップリスト
  • Z 50 16-50 VR レンズキットのオークション

『防塵防滴の仕様だけが残念』 スワコスタさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 50 16-50 VR レンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

スワコスタさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:316人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
62件
レンズ
1件
18件
CPU
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性無評価
液晶5
ホールド感5
防塵防滴の仕様だけが残念

防塵防滴の仕様について完全ではないため、評価を☆-1にさせていただきます。

実際には防塵防滴に【配慮した設計】ということで、主に外で使う私としてはちょっと残念ですね。
※特に天気が悪い日や海辺で使用するときは注意が必要かと

カメラは撮りたいときに気兼ねなく使えないと意味がないので、とりあえずはあまり気にせず使っていこうと思います。

※APSCクラスでは完全な防塵防滴のカメラはほぼありませんが、後継機はぜひそうしてほしいです

◆過去レビュー
α6400からの乗り換えです。形からも6400はコンデジの延長のような気がして、ほとんどカメラ任せの撮影でした。たまたま街のカメラ屋で展示されていたZ50をさわってその操作性の良さに衝撃を受け、忘れられない存在になったので乗り換えました。
まだ使って間もないですが最初の感想をお伝えします。

【デザイン】
まさにカメラって感じです。
EVFはかなり出っ張ってるので、このサイズではちょっと大きいかもしれません。

【画質】
とてもきれいです。自然な発色で人肌も健康的で良いです。また2000万画素と無理のない画素数のため、高感度に強い印象です。

【操作性】
APS-Cでこの操作性はすばらしい。他にないレベルです。ISO・露出ボタンも独立しており、とっさの操作が可能です。

【携帯性】
これまたすばらしい。サイズ、重量共に問題ありません。キットレンズも薄くて軽いので気軽に持ち出せます

【液晶】
きれいです。
3.2インチ、3:2でとても見やすいです。

【ホールド感】
しっかり握れます。他のAPS-C機ではあまりありません。

【総評】
まさか自分がニコンに乗り換えるとは思いませんでした。それほど良いカメラだと感じています。サイズと重さ以外特筆するものはありませんが、Z50は写真を撮る楽しさを再認識させてくれました。

私が考える理想のカメラは
○センサーはAPS-Cで2000万画素以下
○ボディ内手振れ補正は不要(レンズに手振れ補正があれば良い)
○メインとサブのダイヤルがある
○ISOなど独立したボタンがある
○液晶はチルト式で3:2
○防塵防滴
○EVFが見やすい
○発色が自然である

Z50はこの条件に限りなく近いです。
もちろん筐体がコンパクトな分男性にはちょっと小さいといったデメリットもありますが、それを補うほど魅力があるカメラです。

今回このカメラを使用してニコンファンになりました。スチルに関してもうSONY製品を買うことはないでしょう。
※SONY製品は全般的に高いですし、昔ほどAF性能に差はありませんから

不満があるとすればレンズが少ないことですね。
ロードマップを見るとDX(APS-C)用レンズはダブルズームキットの2本と今後18-140が出る予定ですが、できれば専用設計の
・単焦点3本(35、50、85mm)
・超広角ズームレンズ
・F2.8通しの広角ズームレンズ
が欲しいです。

ニコンからすると「ないものはフルサイズ用で補ってね」ってことでしょうけど、せっかく軽量コンパクトなのに大きくて重いフルサイズ用のレンズを付けたら意味ありませんし、フルサイズ用はレンズに手振れ補正がないものが多いので使いづらいです。(しかも高価)

Z6も気になりますが、今のところフルサイズ機に移行する予定はありません。やはり大きくて重いので。

次カメラを買うとすればZ50の後継機になると思います。それほどこのカメラに魅力を感じ満足しているので、それまで使い倒そうと思います。

◆補足
世間ではノイズは悪者のように書かれますが、高感度ではある程度ノイズが乗った方が自然な仕上がりになります。無理なノイズ処理を行うと立体感のないのっぺりした画となり、違和感を感じます。(α7Vはこの傾向が強い)
この辺りもニコンの設計思想には好感が持てます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内

参考になった25人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性無評価
液晶5
ホールド感5
最高のAPS-Cカメラ

α6400からの乗り換えです。形からも6400はコンデジの延長のような気がして、ほとんどカメラ任せの撮影でした。たまたま街のカメラ屋で展示されていたZ50をさわってその操作性の良さに衝撃を受け、忘れられない存在になったので乗り換えました。
まだ使って間もないですが最初の感想をお伝えします。

【デザイン】
まさにカメラって感じです。
EVFはかなり出っ張ってるので、このサイズではちょっと大きいかもしれません。

【画質】
とてもきれいです。自然な発色で人肌も健康的で良いです。また2000万画素と無理のない画素数のため、高感度に強い印象です。

【操作性】
APS-Cでこの操作性はすばらしい。他にないレベルです。ISO・露出ボタンも独立しており、とっさの操作が可能です。

【携帯性】
これまたすばらしい。サイズ、重量共に問題ありません。キットレンズも薄くて軽いので気軽に持ち出せます

【液晶】
きれいです。
3.2インチ、3:2でとても見やすいです。

【ホールド感】
しっかり握れます。他のAPS-C機ではあまりありません。

【総評】
まさか自分がニコンに乗り換えるとは思いませんでした。それほど良いカメラだと感じています。サイズと重さ以外特筆するものはありませんが、Z50は写真を撮る楽しさを再認識させてくれました。

私が考える理想のカメラは
○センサーはAPS-Cで2000万画素以下
○ボディ内手振れ補正は不要(レンズに手振れ補正があれば良い)
○メインとサブのダイヤルがある
○ISOなど独立したボタンがある
○液晶はチルト式で3:2
○EVFが見やすい
○発色が自然である

Z50はこの条件に限りなく近いです。
もちろん筐体がコンパクトな分男性にはちょっと小さいといったデメリットもありますが、それを補うほど魅力があるカメラです。

今回このカメラを使用してニコンファンになりました。スチルに関してもうSONY製品を買うことはないでしょう。
※SONY製品は全般的に高いですし、昔ほどAF性能に差はありませんから

不満があるとすればレンズが少ないことですね。
ロードマップを見るとDX(APS-C)用レンズはダブルズームキットの2本と今後18-140が出る予定ですが、できれば専用設計の
・単焦点3本(35、50、85mm)
・超広角ズームレンズ
・F2.8通しの広角ズームレンズ
が欲しいです。

ニコンからすると「ないものはフルサイズ用で補ってね」ってことでしょうけど、せっかく軽量コンパクトなのに大きくて重いフルサイズ用のレンズを付けたら意味ありませんし、フルサイズ用はレンズに手振れ補正がないものが多いので使いづらいです。(しかも高価)

Z6も気になりますが、今のところフルサイズ機に移行する予定はありません。やはり大きくて重いので。

次カメラを買うとすればZ50の後継機になると思います。それほどこのカメラに魅力を感じ満足しているので、それまで使い倒そうと思います。

◆補足
世間ではノイズは悪者のように書かれますが、高感度ではある程度ノイズが乗った方が自然な仕上がりになります。無理なノイズ処理を行うと立体感のないのっぺりした画となり、違和感を感じます。(α7Vはこの傾向が強い)
この辺りもニコンの設計思想には好感が持てます。

レベル
アマチュア

参考になった13

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性無評価
液晶5
ホールド感5
最高のAPS-Cカメラ

α6400からの乗り換えです。形からも6400はコンデジの延長のような気がして、ほとんどカメラ任せの撮影でした。たまたま街のカメラ屋で展示されていたZ50をさわってその操作性の良さに衝撃を受け、忘れられない存在になったので乗り換えました。
まだ使って間もないですが最初の感想をお伝えします。

【デザイン】
まさにカメラって感じです。
EVFはかなり出っ張ってるので、このサイズではちょっと大きいかもしれません。

【画質】
とてもきれいです。自然な発色で人肌も健康的で良いです。また2000万画素と無理のない画素数のため、高感度に強い印象です。

【操作性】
APS-Cでこの操作性はすばらしい。他にないレベルです。ISO・露出ボタンも独立しており、とっさの操作が可能です。

【携帯性】
これまたすばらしい。サイズ、重量共に問題ありません。キットレンズも薄くて軽いので気軽に持ち出せます

【液晶】
きれいです。
3.2インチ、3:2でとても見やすいです。

【ホールド感】
しっかり握れます。他のAPS-C機ではあまりありません。

【総評】
まさか自分がニコンに乗り換えるとは思いませんでした。Z50は写真を撮る楽しさを再認識させてくれたカメラです。

私が考える理想のカメラは
○センサーはAPS-Cで2000万画素以下
○ボディ内手振れ補正は不要(レンズに手振れ補正があれば良い)
○メインとサブのダイヤルがある
○ISOなど独立したボタンがある
○EVFが見やすい
○液晶は3:2
○発色が自然である

Z50はこの条件に限りなく近いです。
もちろん筐体がコンパクトな分男性にはちょっと小さいといったデメリットもありますが、それを補うほど魅力があるカメラです。

今回このカメラを使用してニコンファンになりました。スチルに関してもうSONY製品を買うことはないでしょう。
※SONY製品は全般的に高いですし、昔ほどAF性能に差はありませんから

今の不満点はレンズが少ないことですね。
ロードマップを見ればDX(APS-C)用レンズはダブルズームキットの2本と今後18-140が出る予定ですが、できれば専用の
・単焦点3本(35、50、85mm)
・超広角ズームレンズ
・F2.8通しの広角ズームレンズ
が欲しいです。
せっかく軽量コンパクトなのにフルサイズ用のレンズを付けたらその価値が半減してしまいますし、フルサイズ用はどれも高価なので。(Zのフルサイズ用レンズはボディに手振れ補正があるせいかレンズにはほとんど付いてない)

Z6も気になりますが、今のところフルサイズ機に移行する予定はありません。やはり大きくて重いので。

次カメラを買うとすればZ50の後継機になると思います。それほどこのカメラに魅力を感じ満足しているので、それまで使い倒そうと思います。

◆補足
世間ではノイズは悪者のように書かれますが、高感度ではある程度ノイズが乗った方が自然な仕上がりになります。無理なノイズ処理を行うと立体感のないのっぺりした画となり、違和感を感じます。(α7Vはこの傾向が強い)
この辺りもニコンの設計思想には好感が持てます。

レベル
アマチュア

参考になった2

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性無評価
液晶5
ホールド感5
最高のAPS-Cカメラ

α6400からの乗り換えです。形からも6400はコンデジの延長のような気がして、ほとんどカメラ任せの撮影でした。たまたま街のカメラ屋で展示されていたZ50をさわってその操作性の良さに衝撃を受け、忘れられない存在になったので乗り換えました。
まだ使って間もないですが最初の感想をお伝えします。

【デザイン】
まさにカメラって感じです。
EVFはかなり出っ張ってるので、このサイズではちょっと大きいかもしれません。

【画質】
とてもきれいです。自然な発色で人肌の色も健康的で良いです。また2000万画素と無理のない画素数のため、高感度に強い印象です。

【操作性】
APS-Cでこの操作性はすばらしい。他にないレベルです。ISO・露出ボタンも独立しており、とっさの操作が可能です。

【携帯性】
これまたすばらしい。サイズ、重量共に問題ありません。キットレンズも薄くて軽いので気軽に持ち出せます

【液晶】
きれいです。
3.2インチ、3:2でとても見やすいです。

【ホールド感】
しっかり握れます。他のAPS-C機ではあまりありません。

【総評】
まさか自分がニコンに乗り換えるとは思いませんでした。Z50は写真を撮る楽しさを再認識させてくれたカメラです。

私が考える理想のカメラは
○センサーはAPS-Cで2000万画素以下
○ボディ内手振れ補正は不要(レンズに手振れ補正があれば良い)
○メインとサブのダイヤルがある
○ISOなど独立したボタンがある
○EVFが見やすい
○液晶は3:2
○発色が自然である

Z50はこの条件に限りなく近いです。
もちろん筐体がコンパクトな分男性にはちょっと小さいといったデメリットもありますが、それを補うほど魅力があるカメラです。

今回このカメラを使用してニコンファンになりました。スチルに関してもうSONY製品を買うことはないでしょう。
※SONY製品は全般的に高いですし、昔ほどAF性能に差はありませんから

今の不満点はレンズが少ないことですね。
ロードマップを見ればDX(APS-C)用レンズはダブルズームキットの2本と今後18-140が出る予定ですが、できれば専用の
・単焦点3本(35mm換算で35、50、85mm)
・超広角ズームレンズ(手振れ補正付き)
・F2.8通しのズームレンズ(24-70mmくらいで手振れ補正付き)
が欲しいです。
せっかく軽量コンパクトなのにフルサイズ用のレンズを付けたらその価値が半減してしまいますし、フルサイズ用はどれも高価なので。(Zのフルサイズ用レンズはボディに手振れ補正があるせいかレンズにはほとんど付いてない)

Z6も気になりますが、今のところフルサイズ機に移行する予定はありません。やはり大きくて重いので。

次カメラを買うとすればZ50の後継機になると思います。それほどこのカメラに魅力を感じ満足しているので、それまで使い倒そうと思います。

◆補足
世間ではノイズは悪者のように書かれますが、高感度ではある程度ノイズが乗った方が自然な仕上がりになります。無理なノイズ処理を行うと立体感のないのっぺりした画となり、違和感を感じます。(α7Vはこの傾向が強い)
この辺りもニコンの設計思想には好感が持てます。

レベル
アマチュア

参考になった0

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性無評価
液晶5
ホールド感5
最高のAPS-C

α6400からの乗り換えです。形からも6400はコンデジの延長のような気がして、ほとんどカメラ任せの撮影でした。たまたま街のカメラ屋で展示されていたZ50をさわってその操作性の良さに衝撃を受け、忘れられない存在になったので乗り換えました。
まだ使って間もないですが最初の感想をお伝えします。

【デザイン】
まさにカメラって感じです。
EVFはかなり出っ張ってるので、このサイズではちょっと大きいかもしれません。

【画質】
とてもきれいです。自然な発色で人肌の色も健康的で良いです。
また2000万画素と無理のない画素数のため、高感度に強い印象です。

【操作性】
APS-Cでこの操作性はすばらしい。他にないレベルです
ISO・露出ボタンも独立しており、とっさの操作が可能です。

【携帯性】
これもまたすばらしい。サイズ、重量共に問題ありません。
キットレンズも薄くて軽いので気軽に持ち出せます

【液晶】
きれいです。
3.2インチ、3:2でとても見やすいです。

【ホールド感】
しっかり握れます。APS-Cではあまりありません。

【総評】
まさか自分がニコンに乗り換えるとは思いませんでした。Z50は写真を撮る楽しさを再認識させてくれたカメラです。

私が考える理想のカメラは
○センサーはAPS-Cで2000万画素以下
○ボディ内手振れ補正は不要(レンズに手振れ補正があれば良い)
○メインとサブのダイヤルがある
○ISOなど独立したボタンがある
○EVFが見やすい
○液晶は3:2
○発色が自然である

Z50はこの条件に限りなく近いです。
もちろん筐体が小さい分男性にはちょっと小さいといったデメリットもありますが、それを補うほど魅力があるカメラです。
今回このカメラを使用してニコンファンになりました。スチルに関してもうSONY製品を買うことはないでしょう。※高いですし昔ほどAF性能に差はありませんから

Z6も気になりますが、今のところフルサイズ機に移行する予定はありません。やはり大きくて重いので。
次カメラを買うとすればZ50の後継機になると思います。それほどこのカメラに魅力を感じ満足しているので、それまで使い倒そうと思います。

◆補足
世間ではノイズは悪者のように書かれますが、高感度ではある程度ノイズが乗った方が自然な仕上がりになります。無理なノイズ処理を行うと立体感のないのっぺりした画となり、違和感を感じます。(α7Vはこの傾向が強い)
この辺りもニコンの設計思想には好感が持てます。

レベル
アマチュア

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「Z 50 16-50 VR レンズキット」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Z 50 16-50 VR レンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Z 50 16-50 VR レンズキット
ニコン

Z 50 16-50 VR レンズキット

最安価格(税込):¥102,700発売日:2019年11月22日 価格.comの安さの理由は?

Z 50 16-50 VR レンズキットをお気に入り製品に追加する <328

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意