dreamio EH-TW7000 レビュー・評価

2019年11月14日 発売

dreamio EH-TW7000

  • 画質劣化の少ない光学シフトと1.6倍ズームレンズの搭載で設置場所の自由度が高いホームプロジェクター。Bluetooth対応でヘッドホンなどに接続可能。
  • 独自技術で4K相当の高画質を実現し、HDR10、HLGにも対応。ゲームなど動きの速いコンテンツ向けの設定が可能な「Fast/Fine」ボタンをリモコンに搭載。
  • 色再現性の高い3LCDと独自の液晶技術の採用により、コントラスト比40,000:1の高画質を実現。3000lmの明るさで、リビングでも4K大画面を楽しめる。
dreamio EH-TW7000 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥158,805

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥158,805¥234,142 (22店舗) メーカー希望小売価格:オープン

パネルタイプ:液晶(透過型3LCD) アスペクト比:16:9 最大輝度:3000ルーメン 対応解像度規格:VGA〜4K dreamio EH-TW7000のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • dreamio EH-TW7000の価格比較
  • dreamio EH-TW7000の店頭購入
  • dreamio EH-TW7000のスペック・仕様
  • dreamio EH-TW7000のレビュー
  • dreamio EH-TW7000のクチコミ
  • dreamio EH-TW7000の画像・動画
  • dreamio EH-TW7000のピックアップリスト
  • dreamio EH-TW7000のオークション

dreamio EH-TW7000EPSON

最安価格(税込):¥158,805 (前週比:±0 ) 発売日:2019年11月14日

  • dreamio EH-TW7000の価格比較
  • dreamio EH-TW7000の店頭購入
  • dreamio EH-TW7000のスペック・仕様
  • dreamio EH-TW7000のレビュー
  • dreamio EH-TW7000のクチコミ
  • dreamio EH-TW7000の画像・動画
  • dreamio EH-TW7000のピックアップリスト
  • dreamio EH-TW7000のオークション

dreamio EH-TW7000 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.57
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:5人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.67 4.25 21位
発色・明るさ 発色のよさ・画面の明るさ 4.89 4.43 2位
シャープさ コントラストの高さ・クッキリ度 4.46 4.28 14位
調整機能 調整機能の充実度・使いやすさ 4.24 4.01 7位
静音性 動作音の静かさ 4.13 3.93 12位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.57 4.23 22位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

dreamio EH-TW7000のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

とんかつサンドさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:767人
  • ファン数:27人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
114件
フラッシュ・ストロボ
2件
32件
コーヒーメーカー
3件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン4
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能5
静音性5
サイズ4

今回、僕にとって人生3台目となるプロジェクターを購入しました。
それがエプソンのホームプロジェクター、ドリーミオEH-TW7000です。
ちなみに、1台目が2002年に購入したソニーのLCDプロジェクター VPL-HS1(Cineza)。
2代目が2020年8月に購入したモバイル・プロジェクターの Anker Nebula Capsule II。
数多くある据え置きモデルの中からEH-TW7000をチョイスした理由は色々とあるのですが、特にレンズシフト機能は僕にとって重要でした。
スクリーンと座席の位置関係により、どうしてもプロジェクター本体はスクリーン正面から座席一つ分ほど左側へオフセットさせる必要があり、僕にとってはレンズシフト機能は必須ということに。
ここで一点、注意しなくてはいけない事があります。
それは、多くのメーカーが斜め方向から投映した場合に必要な機能としてアピールしている「台形補正」と、一部の中級〜高級機以上に装備されている「レンズシフト機能」は似て非なる機能という事。
台形補正とは、台形にゆがんだ部分をカットして一回り小さく表示することで、画面を正しい形状に補正する機能。
台形補正では、プロジェクター本来の画素数で投映した映像から、歪んだ範囲の画素数をザックリとカットしてしまう為、本来の解像度から画質が大幅に劣化してしまいます。
つまり、フルHD解像度のプロジェクターであっても台形補正機能を使った場合、スクリーンに投映されている映像はフルHD映像ではないということ。
著しい解像度低下を伴う台形補正に対し、レンズシフト機能は光学的にプロジェクターの正面に投映される歪みの無い映像をそのまま上下左右にシフトさせるため、解像度の低下は発生しません。
その他、発色性と諧調性に優れ、カラーブレーキングのない3LCD方式や4K出力対応などなど、吟味を重ねた結果このEH-TW7000に決定となりました。

レビュー環境は、ソニーのUltra HD ブルーレイ・プレーヤーUBP-X700とサンワの床置き式プロジェクタースクリーンPRS-Y90HD(16:9 90インチ)を使用し、夜間に部屋の照明を消灯した状態で映写。
【デザイン】
威圧感が無く、艶のあるホワイトボディに上品な曲線で構成されたデザインは個人的には良いと思います。

【発色・明るさ】
まずは発色から。
僕が今回エプソンの3LCD方式に拘った最大の理由がこれです。
スクリーンに映し出される3LCD方式ならではの色再現性と、豊かで滑らかな諧調性については溜息ものです。
コントラストについては、スピーカー搭載の兄弟モデル、EH-TW7100が100,000:1で本機では40,000:1と、数値だけ見れば大きな差があるように思えます。しかし、暗室で映画館のような使い方をメインにする場合、このスペック差は全く関係ありません。
このコントラスト値は、最も明るいカラーモード「ダイナミック」時限定のもので、暗室での使用時にこのモードを選択しようものならプロジェクターの投映光によって部屋全体が明るく照らされてしまいます。
この明るい光が周囲の壁に反射し、スクリーン上の映像に干渉することで黒色の部分が白っぽく黒浮きしてしまいます。
もともとLCD方式は黒の再現性が難しいという特徴がありますが、上記のコントラストと同様に暗室での映画鑑賞に適した画質設定にすれば全く問題はありません。
また、本機の場合は画面の照度に応じて光源の強さを自動的に調節するオートアイリスによって、更に締りのある自然な黒色を再現しています。
(発色については、サンプル画像を参照)
次に明るさについて。
工場出荷時の設定では暗い部屋が普通に本が読めるくらい明るく照らされてしまうほどの照度に設定されています。しかし、本機には画質設定に関する細かい調整機能があるので、これによって自分の環境にあった照度に変更する事ができます。

【シャープさ】
シャープさ(解像感)についてはフルHD画質でも文句の無い解像感ですが、4K出力された映像については発色の良さと相まって只々凄いの一言です。
映像ソースにもよりますが、Youtubeにある世界の各地を散歩している4K映像を観ていると、まるで四角い窓の向こう側に現実の世界が存在しているかのようなリアルさです。
本機は画素ずらしによって実質4Kの解像度を実現させている為、メーカーでは「4K相当」と表現し、ちまたでは「疑似4K」とされています。しかし、実際には人の目に判別できない速さで画素ずらしが行われている為、映像を観ている人の脳内ではしっかりと4Kの解像度が表現されています。
この方式を「疑似4K」とするのなら、インターレース方式を採用しているブラウン管時代のハイビジョンテレビは全て「疑似ハイビジョン」になるのと同じことになります(笑)
以上から、発色、解像感共に画質については何の不満も無く大満足です。

【調整機能】
映像をスクリーンに映し出すための調整機能としては、ほぼ考えられる調整機能の全てを供えているのではないでしょうか?特に、台形補正のような画質の劣化を起こす心配がない、レンズシフト機能を搭載している点は本機の大きな魅力の一つですね。

【静音性】
最も明るい「ダイナミック」モードや、暗い部屋が明るくなるほどの照度設定にした場合、ファンの音は結構うるさいです。
しかし、暗室で映画を鑑賞するのに適した照度であれば、ファン音がほとんど聞こえないくらい静かになります。

【サイズ】
ランプ光源&3LCD方式の場合、どうしても本体サイズが大きくなってしまうのは仕方がないところですね。でも、本機の高画質っぷりを体感すれば、この大きさも納得できると思います。

【まとめ】
もともと写真用プリンターをはじめとした画像処理では評価が高いエプソンだけあり、その絵作りは感動するくらい素晴らしいと感じます。
カタログに謳われている無駄に高いコントラスト値やルーメン値がいかに意味の無い数値であるかが、本機の画像を体験することでよく理解する事ができると思います。
尚、更に詳しいレビューを下記にまとめました。
https://syo-ri.com/tw7000/tw7000.html

主な用途
自宅

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

dreamio EH-TW7000のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

dreamio EH-TW7000
EPSON

dreamio EH-TW7000

最安価格(税込):¥158,805発売日:2019年11月14日 価格.comの安さの理由は?

dreamio EH-TW7000をお気に入り製品に追加する <186

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意