HERO8 BLACK CHDHX-801-FW レビュー・評価

2019年10月25日 発売

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

  • ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。
  • アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。狭角・ゆがみのないリニア・広角・SuperViewの4つからレンズを選択可能。
  • 現実離れした映像が得られる「TimeWarp(タイムワープ)」機能を搭載し、速度は自動選択か、タップして自由に調整できる。
HERO8 BLACK CHDHX-801-FW 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥48,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥48,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥48,000¥58,000 (37店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥48,000 〜 ¥55,880 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 本体重量:126g HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの価格比較
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの店頭購入
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのスペック・仕様
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの純正オプション
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのレビュー
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのクチコミ
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの画像・動画
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのピックアップリスト
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのオークション

HERO8 BLACK CHDHX-801-FWGoPro

最安価格(税込):¥48,000 (前週比:±0 ) 発売日:2019年10月25日

  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの価格比較
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの店頭購入
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのスペック・仕様
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの純正オプション
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのレビュー
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのクチコミ
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWの画像・動画
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのピックアップリスト
  • HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのオークション

満足度:4.23
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:8人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.17 4.39 3位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.00 4.21 3位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.64 3.97 3位
機能性 さまざまな機能を備えているか 4.02 4.16 2位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.46 3.67 3位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.80 4.34 3位
液晶 液晶画面は見やすいか 3.92 4.12 2位
音質 マイク感度、スピーカー音質など 3.04 3.91 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:305人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
20件
50件
デジタル一眼カメラ
6件
14件
デジタルカメラ
14件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性2
機能性3
バッテリー3
携帯性5
液晶4
音質3

夜はこんな感じ

食事

神社

 

 

【デザイン】
 全体的なバランスがいいです。ただ、デザインは人それぞれですので、自由でいいと思います。

【画質】
 ウェアラブルカメラの中ではトップクラスだと思います。シャープネスやコントラストが強く、記憶色よりの表現です。でも、それが綺麗に見えるのです。自然な感じにしたいならその設定もありますし、十分すぎるくらいです。

【操作性】
 相変わらず、それほどいいとは思いません。ただ、7の時と比べるとショートカットも設定できたりするのでかなり良くなったともいえるのかな。

【機能性】
 ウェアラブルカメラとしての機能性は十分です。不満ありません。

【バッテリー】
 予備バッテリー合わせて3個で運用しています。常時回すわけではなく、気に入ったところで10秒程度撮影するのを繰り返しているのですが、3個あれば二泊三日のツーリングでも持ちます。(第一、何時間も撮影したところでそんなに見ないと思いますし、細切れを後で編集したほうが、わかりやすい動画になっていいと思います。)

【携帯性】
 とてもいいです。

【液晶】
 小さいながらも綺麗です。

【音質】
 SONYのウェアラブルカメラとの比較ですが、GOPROのほうが断然いいです。SONYのは防水カバーを付けると音が入りません。GOPROの場合はかなり拾ってくれました。

【総評】
 1から8まですべて使ってきましたが、8で動作の安定性も確保された感じです。エラーでストップしたことが今のところ全くありません。

撮影シーン
旅行

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

撮らぬ狸さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:397人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
28件
1393件
デジタル一眼カメラ
1件
93件
デジタルカメラ
2件
83件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
機能性5
バッテリー4
携帯性4
液晶4
音質3

歴代比較

歴代比較

クレーンカメラとしても有効

GOPRO HERO2 歴代のモデルを利用し 今回HERO8も仲間に入れて
進化の度合いも含めてレビューしてみます。

まず最初に HERO5、6、7、8の比較映像から
https://youtu.be/Mhzkn8irYj4
HERO5以降ブレ補正以外は大きく変化は見受けられませんね。

所見 私は主にエクストリームスポーツ全般で利用しておりその視点からになります。

世代を重ねるごとにより完成度の高いモデルへと昇華し続けていると感じます。
形状も大きく変わることなくウェアラブルカメラのスタンダードとしての容を確立しています。

描写はHERO3当時からカリカリの繊細な絵を踏襲。
カラーバランスはHERO5を境にイエロー寄りからややシアン系になりました。
HERO5以降 コントラスト、彩度ともメリハリの利いた一見鮮やかな表現です。(Color Mode=Gopro時)
ただ 誇張され過ぎの感もあり 編集前提の場合はColor Mode=Nomalで追い込んだ方が良いでしょう。
他社ウェアラブルカメラと比較したとき
各種パラメーターが任意にコントロールできることで
撮影者の意図が反映されやすくなります。
例えばシャッタースピードやビットレート、フレームレートなど。
ただ 逆にいえばこの小さな筺体ゆえ コントロールが背面液晶のメニュー階層が複雑、またスマホ等WIFI接続で操作することから 仕様をよく理解しておかないと駆使できないでしょう。
更にパラメータごとに設定できない排他的な項目などあり 複雑怪奇になります。

バッテリー駆動時間はFHDでおよそ75分から90分
4K品質やFHDハイフレームレート(120fps以上)は約40〜45分程度
もっとも記録品質によりかなり幅が出ています。
過去HERO3当時から記録時間は大きく変化はありません。
発熱については世代ごとに進化しており HERO8ではまずシャットダウンは無いと思っています。
HERO3当時は火傷する勢いでしたが。

HERO8になりより進化したと思われることは
やはり ハイパースムース2による手ぶれ補正の効果でしょう。
ジンバルカメラと遜色ないレベルへと近づいています。
また デジタル切り出しによる補正ではあるものの
画角が大きくトリミングされることなく収まっており使いやすく感じます。
より大きな補正が必要な場合はブースとがかけられますが さすがにその場合は画角がタイトになりトレードオフになってしまいます。

ブレ補正が強力になったことから 長い一脚でクレーンのような表現が可能になりました。
参考 エクステンションロッド+HERO8
https://youtu.be/3DB1JOrJlu4
このようなカットは以前は大掛かりな機材とスタッフが必要でしたが
ワンマンオペレートでも容易く出来てしまいます。

三脚座も大きなポイント
ケースに入れることなく専用マウントに固定できることは
現場での運用でたすかります。
特にバッテリー/メディア交換が容易くなりました。
本体サイズがやや大きくなったものの ケースがいらなくなったことで返って軽量コンパクトへとなりました。

GOPROの強みとして サードパーティーを含む各種オプショナルパーツが発売されており 目的に合わせた撮影やアイデアが膨らみます。
ただHERO8になりカメラ形状が変わったことで一部使いまわし出来なくなったところが少々痛い。
例えば ハウジングなど。
HERO7で一通り完成形かと思っていたのですが HERO8で更に昇華
ウェアラブルカメラ市場に置いて また一段と進んだように思います。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

HERO8 BLACK CHDHX-801-FWのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW
GoPro

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

最安価格(税込):¥48,000発売日:2019年10月25日 価格.comの安さの理由は?

HERO8 BLACK CHDHX-801-FWをお気に入り製品に追加する <643

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ビデオカメラ]

ビデオカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ビデオカメラ)

ご注意