『全天球(360°)素材撮影用として満足の行くレンズ』 Anhui ChangGeng Optical Technology LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFT エスプレッソSEVENさんのレビュー・評価

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFT 製品画像

拡大

※画像はマウントが異なる場合がございます。

最安価格(税込):

¥25,245

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥23,460 (1製品)


価格帯:¥25,245¥28,050 (8店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥25,245 〜 ¥25,249 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:4mm 最大径x長さ:45.2x25.5mm 重量:135g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの価格比較
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの中古価格比較
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの買取価格
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの店頭購入
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのスペック・仕様
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのレビュー
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのクチコミ
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの画像・動画
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのピックアップリスト
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのオークション

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTAnhui ChangGeng Optical Technology

最安価格(税込):¥25,245 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 9月27日

  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの価格比較
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの中古価格比較
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの買取価格
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの店頭購入
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのスペック・仕様
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのレビュー
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのクチコミ
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTの画像・動画
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのピックアップリスト
  • LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのオークション

『全天球(360°)素材撮影用として満足の行くレンズ』 エスプレッソSEVENさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

エスプレッソSEVENさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:79人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
757件
デジタルカメラ
8件
545件
ビデオカメラ
1件
199件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性5
機能性5
全天球(360°)素材撮影用として満足の行くレンズ
機種不明16メガピクセル作例A リトルプラネット
機種不明16メガピクセル作例B リトルプラネット
機種不明23メガピクセル作例A リトルプラネット

16メガピクセル作例A リトルプラネット

16メガピクセル作例B リトルプラネット

23メガピクセル作例A リトルプラネット

機種不明23メガピクセル作例B リトルプラネット
   

23メガピクセル作例B リトルプラネット

   

普段、PTGui というソフトで180°の魚眼レンズで撮影した画像を(水平方向)4〜6枚繋ぐ作業が多いのですが、本レンズに依る210°の画像を3枚繋ぐ作業は、普段の其れと比べるとものすごく繋がりやすく、ストレスも掛かる時間も少ないです。
その代わり、出来上がるエクイレクタングラー図法で投影されたファイルの画素数は少なめとなります。マイクロフォーサーズのカメラボディは画素数のグレードが実質3種しかないので、出来上がる画素数との相関で云うと、具体的には下記の通りです。
 T.有効画素1210万画素機→16メガピクセル(5680x2840程度)
 U.有効画素1605万画素機→23メガピクセル(6750x3375程度)
 V.有効画素2030万画素機→28メガピクセル(7550x3775程度)
ちなみに、Tの画素数はTHETA SC や V に近く、Uの画素数はTHETA Z1 に近いです。
画素数が近いからと云って、画質が近いものになるかどうかは判りません。HDR合成するしない(するならブラケット撮影必要)、その際のカメラのシャッターショックの大小などで最終的な画質は大きく影響を受けます。

【操作性】【機能性】マニュアルフォーカスですが刻んである目盛りを信用して大丈夫のようです。フォーカスの回転は固めでレバーの存在が有り難いです。また、絞りのクリックも好ましいです。フタは金属製で頑丈、且つ紛失しにくいような形状です。ただし、フタの付け外しでフォーカスのレバーを動かしてしまう事が多いので、そこだけ1点減点です。

【表現力】マイクロフォーサーズのカメラボディがT〜Vのどれであっても、本レンズが足を引っ張ることは無いと思います。

【携帯性】これだけ小さいとマイクロフォーサーズ中、どんな小さいカメラボディに付けたとしてもレンズ側が大きいとか重いとか感じることは無いと思います。

【総評】一眼カメラで全天球用の素材を撮影する場合はカメラボディを縦使いが多く、その為に画素数は稼げるものの、諸々の制約を受けていたと思われます。本レンズでは縦使いにする必要が無いので制約から解放された撮影スタイルを模索できます。
マイクロフォーサーズという枠内で
・出来るだけ小型軽量
・三脚穴がなるべく前に着いている
・電子シャッターで無振動連写(ブラケット撮影)ができる
という条件を全て満たすボディを探し当てれば、雲台をものすごく簡易的且つ小さなものに出来、それでいて精度の高いパノラマを得られるでしょう。
工夫次第で、下方向を撮っていないのに料理がリアルに写る全天球テーブルフォト、或いはパノラマ雲台を使う限りは不可能な2メートルを超えるような高い視点からの撮影…などもさほど難しくなく実現しそうに思われます。

16メガピクセル作例A の全天球表示
https://kuula.co/post/7FqB5
16メガピクセル作例B の全天球表示
https://kuula.co/post/7Fk9F
23メガピクセル作例A の全天球表示
https://kuula.co/post/7FqPF
23メガピクセル作例B の全天球表示
https://kuula.co/post/7Fkvs

最後に 中華製にしてはデザイン、仕上げ、パッケージ等が洗練された感じです。

主な被写体
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFT」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFT
Anhui ChangGeng Optical Technology

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFT

最安価格(税込):¥25,245発売日:2019年 9月27日 価格.comの安さの理由は?

LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTをお気に入り製品に追加する <37

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意