『SONYは快適操作重視です』 SONY BDZ-FBT1000 偽業界人さんのレビュー・評価

2019年11月16日 発売

BDZ-FBT1000

  • BS4K/110度CS4K放送の2番組同時録画が可能な容量1TBのブルーレイディスクレコーダー。BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/CSチューナー×3を搭載。
  • 番組ごとに録画モードを選べる「4K放送長時間録画モード」、新作ドラマ/アニメを約1か月前から先行録画予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」を搭載。
  • 番組表操作時、画面のスクロールの速度が現行機種比で2倍以上向上し、素早い操作が可能。「ジャンル別録画リスト」で録画した番組がすぐに見つかる。
BDZ-FBT1000 製品画像
最安価格(税込):

¥63,950

(前週比:+5,567円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥63,950〜¥108,281 (54店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥64,000 〜 ¥94,800 (全国742店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:3番組 HDD容量:1TB BDZ-FBT1000のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BDZ-FBT1000の価格比較
  • BDZ-FBT1000の店頭購入
  • BDZ-FBT1000のスペック・仕様
  • BDZ-FBT1000のレビュー
  • BDZ-FBT1000のクチコミ
  • BDZ-FBT1000の画像・動画
  • BDZ-FBT1000のピックアップリスト
  • BDZ-FBT1000のオークション

BDZ-FBT1000SONY

最安価格(税込):¥63,950 (前週比:+5,567円↑) 発売日:2019年11月16日

  • BDZ-FBT1000の価格比較
  • BDZ-FBT1000の店頭購入
  • BDZ-FBT1000のスペック・仕様
  • BDZ-FBT1000のレビュー
  • BDZ-FBT1000のクチコミ
  • BDZ-FBT1000の画像・動画
  • BDZ-FBT1000のピックアップリスト
  • BDZ-FBT1000のオークション

『SONYは快適操作重視です』 偽業界人さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDZ-FBT1000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:285人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
8件
390件
スマートフォン
6件
159件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
69件
もっと見る
満足度4
デザイン2
操作性5
録画画質1
音質2
録画機能5
編集機能4
入出力端子1
サイズ4
SONYは快適操作重視です

【デザイン】
チャンネルの常時表示いらないです。
利用時に連続利用を除き中央下部がLEDで眩しく光ります。※マスキングテープ貼って完全にふさいでいます。

【操作性】
レスポンスがよく、分かりやすい、UIがシンプルかつある程度綺麗。※
特にチャプター飛ばしにはほとんど遅延がありません。メインで使うには使いやすいと思います。
予約や設定変更すると、本体からギュッギュインと音がします。HDDの音と予想しますが、音のパターンからは光学ドライブの加速?と思わせるまあまあ大きな音です。
また録画リストが6番組ずつしか出てきません。録画回数が多いとスクロールを多様するので、面倒です。
またBlu-rayディスクの入れてから操作や再生までの時間はパナ・シャープより圧倒的に遅いです。

【録画画質】
良く言えば無難な色付けなんでしょうが、「綺麗!」とか「SONYらしい特徴的!」でもありません。
4Kらしくない繊細で綺麗な画質かというと、それほど際立たない画質のように思います。」
またパナソニックやシャープと違って超解像技術もなく、何よりTVがHDR10のみの対応でHLG対応でなかった場合、4KBSもSDRでの再生になるので大変残念です。効果の差はあれど一応のHLG→HDR変換は装備して欲しかったです。※

2018年モデルのシャープ4Kレコーダーを使っていますが、雲泥の差があります。
UHD(グレイテスト・ショーマン)も見ました。シャープで初体験した時は、HDRもあってか繊細さ、光の光沢、衣装の質感、影の濃淡まで衝撃の感動でしたが、本機はWOWOWはおろか 地デジ?と思うほど不満足でした。
LSRで4Kを録画再生してみました。あるレビューでは50インチ以上は厳しい、50インチ以上はDRがとありましたが、近視気味の私にはある程度近付いても分からなかったので4K長時間録画はそれなりなのかと思います。(TVはLC-70XG35)
・ちなみに普段の見て消すバラエティ番組などはTVの外付けHDDでDRで取ります。
わざわざエンコードするほどの事でもないかな? エンコードしなければ節電になるかな? しかもやっぱりDRのほうが画質にメリハリがあると感じる視力です。

【音質】
無評価と迷いましたがハイレゾ対応の敬意としてGoodです。※

【録画機能】
ストレスの少ないこれが一番重要でした。レコーダーの番組表は見やすく動きも早いのでパナやシャープより良い。※
またスマホのアプリやPCのWebサービス(テレビ王国)もまあまあ見やすく使いやすいです。
期待通りでした。

ネット情報からの予約が売りですが、ネットの予約ランキングと番組説明で情報量は多くないので、機種のウリにする程ではないと思います。パナソニックやシャープの1ヶ月お勧め番組機能やシャープのネット機能(未来番組など)のほうが自分にあった番組を推してくれます。

【編集機能】※
クロスメディアバー時代とUIは同じです。
やりたいことは出来て、かつ2Kレコーダー(BDZ-SKP75 2011年モデル)より若干早くストレスがないです。

【入出力端子】※
古いアンプや5.1chサラウンドヘッドフォンもあるので光端子は欲しかったです。

【サイズ】
従来幅で問題ありませんが、パナのようにコンパクトデザインも面白いですね。

【総評】
結構レビューや書き込みで下調べしてから購入したので、※の内容も事前に分かっていての購入です。
レコーダーは複数持っているので、本機は普段の地デジと4K 民放BS、また12月からの4K WOWOWが期待はずれでなければその機敏で便利な普段使いの録画用用途に限っています。

本機は1TB、容量以上に高価になるのでこれを選びましたが録画リストも外付けと隔たりなく見られるので納得しています。
SeeQValutも所有していますが、制限も多いので既に録画したWOWOWの再生用にと考えています。

テレビがシャープなので昨年のシャープ4Kレコーダー 4B-C20AT3との相性が良過ぎたのでしょうか?地デジも4KもUHDもとにかくシャープが綺麗な画質です。
また4B-C20AT3は貴重なB-CASカード併用なので、WOWOW、スカパー用と大切にしたいと改めて思いました。
(普段はシャープで録画、WOWOWのライブは老化したSONYでキッチリ自動チャプターが目的)

アップコンバートや画質に関してはパナソニックが最高と思っていますが、UIや番組表のデザインが許せません(笑)

・ちなみに部屋も暗めで明るい画面は苦手なので、シャープは本来女優ライトをしっかり使ったような美白過ぎる明るい画面がデフォルトですが、設定はほぼ最低の暗め設定で東芝に近く自然な色合いに赤や緑が微妙に強調しつつ、精細さに関してはシャープらしさを残す設定にしています。

購入時59.800円でした、最近は値上がりしているので良いタイミングで買えたと思います。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン1
操作性5
録画画質2
音質3
録画機能5
編集機能4
入出力端子2
サイズ4
SONYは操作重視です

【デザイン】
チャンネルの常時表示いらないです。
利用時に連続利用を除き中央下部がLEDで眩しく光ります。※ マスキングテープ貼って完全にふさいでいます。

【操作性】
レスポンスがよく、分かりやすい、UIがシンプルかつある程度綺麗。※
特にチャプター飛ばしにはほとんど遅延がありません。メインで使うには使いやすいと思います。
予約や設定変更すると、本体からギュッギュインと音がします。HDDの音と予想しますが、音のパターンからは光学ドライブの加速?と思わせるまあまあ大きな音です。

【録画画質】
良く言えば無難な色付けなんでしょうが、あくまで見やすい色合いで「綺麗!」とか「SONYらしい特徴的!」でもありません。
4Kらしくない繊細で綺麗な画質かというと、それほど際立たない画質のように思います。※
2018年モデルのシャープ4Kレコーダーを使っていますが、雲泥の差があります。
UHD(グレイテスト・ショーマン)も見ました。シャープで初体験した時は、衝撃の感動でしたが、WOWOWはおろか 地デジ?と思いました。
LSRで4Kを録画再生してみました。あるレビューでは50インチ以上は厳しい、50インチ以上はDRがとありましたが、近視気味の私にはある程度近付いても分からなかったので本機を買った意味はありました。(TVはLC-70XG35)

【音質】
無評価と迷いましたがハイレゾ対応の敬意としてGoodです。※

【録画機能】
ストレスの少ないこれが一番重要でした。レコーダーの番組表は見やすく動きも早いのでパナやシャープより良い。※
またスマホのアプリやPCのWebサービス(テレビ王国)もまあまあ見やすく使いやすいです。
期待通りでした。

ネット情報からの予約が売りですが、ランキングと番組説明で情報量は多くないので、パナソニックやシャープの1ヶ月お勧め番組機能と比べると特段便利と思いません、

【編集機能】※
クロスメディアバー時代とUIは同じです。
やりたいことは出来て かつ2Kレコーダー(BDZ-SKP75 2011年モデル)より若干早くストレスがないです。

【入出力端子】※
古いアンプや5.1chサラウンドヘッドフォンもあるので光端子は欲しかったです。
また個人的には不要ですが、フラッグシップはコンポジットの入力もあって良いのかな?と思います。

【サイズ】
従来幅で問題ありませんが、パナのようにコンパクトデザインも面白いですね。

【総評】
結構レビューや書き込みで下調べしてから購入したので、※の内容も事前に分かっていての購入です。
レコーダーは複数持っているので、本機は普段の地デジと4K 民放BS、また12月からの4K WOWOWが期待はずれでなければその機敏で便利な普段使いの録画用用途に限っています。

本機は1TB、容量以上に高価になるのでこれを選びましたが録画リストも外付けと隔たりなく見られるので納得しています。
SeeQValutも所有していますが、制限も多いので既に録画したWOWOWの再生用にと考えています。(動作はまだ未確認)

テレビがシャープなので昨年のシャープ4Kレコーダー 4B-C20AT3との相性が良過ぎたのでしょうか?地デジも4KもUHDもとにかくシャープが綺麗な画質です

また4B-C20AT3は貴重なB-CASカード併用なので、WOWOW、スカパー用と大切にしたいと改めて思いました。
(普段はシャープで録画、WOWOWのライブは老化したSONYでキッチリ自動チャプターが目的)

アップコンバートや画質に関してはパナソニックがと思っていますが、UIや番組表のデザインが許せません(笑)

・ちなみに部屋も暗めで明るい画面は苦手なので、シャープは本来女優ライトをしっかり使ったような美白過ぎる明るい画面がデフォルトですが、設定は暗め設定で東芝に近く自然な色合いに赤や緑が微妙に強調しつつ、精細さに関してはシャープらしさを残す設定にしています。

購入時59.800円でした、最近は値上がりしているので良いタイミングで買えたと思います。

                                     2020.4.10

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった1

満足度4
デザイン1
操作性5
録画画質2
音質3
録画機能5
編集機能4
入出力端子2
サイズ4
SONYは操作重視です

【デザイン】
チャンネルの常時表示いらないです。
利用時に常時中央下部がLEDで眩しく光ります。※ マスキングテープ貼って完全にふさいでいます。

【操作性】
レスポンスがよく、分かりやすい、UIがシンプルかつある程度綺麗。※
メインで使うには使いやすいと思います。

【録画画質】
良く言えば無難な色付けなんでしょうが、あくまで見やすい色合いで「綺麗!」とか「SONYらしい特徴的!」でもありません。
プレミアムHDMIケーブルを使用していますが、初期設定では認識しませんでした。
改めて発注したので、現状はその問題も多いのでしょうが、(後日レビューは見直します)
SDRでの出力パターンが多いので4Kらしくないお粗末な画質です。※
2018年モデルのシャープ4Kレコーダーを使っていますが、雲泥の差があります。
UHD(グレイテスト・ショーマン)も見ました。シャープで初体験した時は、衝撃の感動でしたが、WOWOWはおろか 地デジ?と思いました。
LSRで4Kを録画再生してみました。あるレビューでは50インチ以上は厳しい、50インチ以上はDRがとありましたが、近視気味の私にはある程度近付いても分からなかったので本機を買った意味はありました。(TVはLC-70XG35)

【音質】
無評価と迷いましたがハイレゾ対応の敬意としてGoodです。※

【録画機能】
ストレスの少ないこれが一番重要でした。レコーダーの番組表は見やすく動きも早いのでパナやシャープより良い。※
またスマホのアプリやPCのWebサービス(テレビ王国)もまあまあ見やすく使いやすいです。
期待通りでした。

【編集機能】※
クロスメディアバー時代とUIは同じです。
やりたいことは出来て かつ2Kレコーダー(BDZ-SKP75 2011年モデル)より若干早くストレスがないです。

【入出力端子】※
古いアンプや5.1chサラウンドヘッドフォンもあるので光端子は欲しかったです。
また個人的には不要ですが、フラッグシップはコンポジットの入力もあって良いのかな?と思います。

【サイズ】
従来幅で問題ありませんが、パナのようにコンパクトデザインも面白いですね。

【総評】
結構レビューや書き込みで下調べしてから購入したので、※の内容も事前に分かっていての購入です。
レコーダーは複数持っているので、本機は普段の地デジと4K 民放BS、また12月からの4K WOWOWが期待はずれでなければその機敏で便利な普段使いの録画用用途に限っています。

本機は1TB、容量以上に高価になるのでこれを選びましたが録画リストも外付けと隔たりなく見られるので納得しています。
SeeQValutも所有していますが、制限も多いので既に録画したWOWOWの再生用にと考えています。(動作はまだ未確認)

テレビがシャープなので昨年のシャープ4Kレコーダー 4B-C20AT3との相性が良過ぎたのでしょうか?地デジも4KもUHDもとにかくシャープが綺麗な画質ですが、本機は期待の6割の画質でした。。。
また4B-C20AT3は貴重なB-CASカード併用なので、WOWOW、スカパー用と大切にしたいと改めて思いました。
(普段はシャープで録画、WOWOWのライブは老化したSONYでキッチリ自動チャプターが目的)

アップコンバートや画質に関してはパナソニックがと思っていますが、UIや番組表のデザインが許せません(笑)

・ちなみに部屋も暗めで明るい画面は苦手なので、シャープは本来女優ライトをしっかり使ったような美白過ぎる明るい画面がデフォルトですが、設定は暗め設定で東芝に近く自然な色合いに赤や緑が微妙に強調しつつ、精細さに関してはシャープらしさを残す設定にしています。

購入時59.800円でした、最近は値上がりしているので良いタイミングで買えたと思います。

                                     2020.4.10

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「BDZ-FBT1000」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
動きがモッサリ、残念です!  4 2020年9月7日 09:07
使いやすい!  4 2020年8月4日 12:01
ソフト更新で不具合が改善されません  2 2020年8月2日 21:17
不具合多し  2 2020年7月18日 14:04
SONYは快適操作重視です  4 2020年4月22日 18:15
ビエラからブラビアへの変更に伴いソニーのBDレコーダを選択  5 2020年3月6日 06:00
電源入れても映らないことがある  1 2020年2月2日 17:46
4Kチューナー内蔵機を待ってました  5 2019年11月17日 08:07

BDZ-FBT1000のレビューを見る(レビュアー数:8人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDZ-FBT1000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BDZ-FBT1000
SONY

BDZ-FBT1000

最安価格(税込):¥63,950発売日:2019年11月16日 価格.comの安さの理由は?

BDZ-FBT1000をお気に入り製品に追加する <440

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意