『意外なほど完成度が高く使いやすい』 SONY BDZ-FBT3000 80Bさんのレビュー・評価

2019年11月16日 発売

BDZ-FBT3000

  • BS4K/110度CS4K放送の2番組同時録画が可能な容量3TBのブルーレイディスクレコーダー。BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/CSチューナー×3を搭載。
  • 録画後に自動圧縮する「4K放送長時間録画モード」、新作ドラマ/アニメを約1か月前から先行録画予約できる「新作ドラマ・アニメガイド」を搭載。
  • 番組表操作時、画面のスクロールの速度が現行機種比で2倍以上向上し、素早い操作が可能。「ジャンル別録画リスト」で録画した番組がすぐに見つかる。
BDZ-FBT3000 製品画像
最安価格(税込):

¥83,988

(前週比:-2,675円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥83,988〜¥140,250 (58店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥83,988 〜 ¥118,095 (全国747店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:3番組 HDD容量:3TB BDZ-FBT3000のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BDZ-FBT3000の価格比較
  • BDZ-FBT3000の店頭購入
  • BDZ-FBT3000のスペック・仕様
  • BDZ-FBT3000のレビュー
  • BDZ-FBT3000のクチコミ
  • BDZ-FBT3000の画像・動画
  • BDZ-FBT3000のピックアップリスト
  • BDZ-FBT3000のオークション

BDZ-FBT3000SONY

最安価格(税込):¥83,988 (前週比:-2,675円↓) 発売日:2019年11月16日

  • BDZ-FBT3000の価格比較
  • BDZ-FBT3000の店頭購入
  • BDZ-FBT3000のスペック・仕様
  • BDZ-FBT3000のレビュー
  • BDZ-FBT3000のクチコミ
  • BDZ-FBT3000の画像・動画
  • BDZ-FBT3000のピックアップリスト
  • BDZ-FBT3000のオークション

『意外なほど完成度が高く使いやすい』 80Bさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDZ-FBT3000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:138人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
1件
薄型テレビ・液晶テレビ
3件
1件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
録画画質4
音質4
録画機能5
編集機能5
入出力端子4
サイズ5
意外なほど完成度が高く使いやすい

【デザイン】
段差のない平面的で奇をてらわない、シンプルながら悪く無いデザイン。
フラグシップの様な所有の満足感は無いが、機能美を感じる。

【操作性】
KJ-55A9Fのメニュー体系が直感的に操作しづらく心配したが、こちらは予想外に扱いやすい。
前期シリーズで悪評だった応答性の悪さもなく、起動も操作もキビキビと動き大変に満足。
一方で同時期発売の同社製TVとレコーダー間での操作系が全く統一されておらず、現在のSonyの状態を表している様でもある。

【録画画質】
普段はDRで録画するので基本的には気になる部分ではない。
昨今のレコーダーとTVの組合わせ及び4K BRAVIAリンクの賜物か圧縮でも劣化は少なく、高画質圧縮ならば比較しないと判らない程度に綺麗。
一方で音質にも言えるが、ミドルクラス故か再生時に非対応の機能も少なくはなく、録画ソースはともかくUHD再生時には不満が残る。
ミドルクラスなので仕方ないとはいえ、そもそもフラグシップを用意しない姿勢はどうかと思う。

【音質】
録画ソースの再生には問題無い。
機能面でも言えるがAVピュア出力に対応しているので、4K BRAVIAリンクを使いつつ音は直にAVアンプへ繋げられるのは良い。
また録画画質と同様で、フラグシップではない故の非対応機能が目立ち、UHD再生時には別途専用機が必要なのは残念。

【録画機能】
他社に一歩先んじた録画機能は健在。
二重録画禁止を含め、楽に連続録画可能であるのは便利。

【編集機能】
録画機能同様、編集も使いやすい。
けれど、上述の通り再生時の画質や音質で専用再生機に劣ることやBD/UHD媒体の方が数段上の画質・音質を持つためわざわざ保存用の編集機能自体、個人的に多用しない。
BD/UHD媒体の販売されにくい作品を残したい場合などは便利だろう。

【入出力端子】
非常にシンプルではあるが、AVピュアHDMI端子を持っているのは評価できる。
一方で再生用HDMI端子は一つだけであり、やはりミドルクラス故の廉価化が見て取れる。
一般的な利用の範囲では必要にして十分であり、気にする範囲ではない。

【サイズ】
省スペースかつ小体積で、消費電力が小さい=放熱が少ないことも含め、AVラックに入れても放熱性を気にしないで済むのは有難い。

【総評】
BDZ-EX200からの買い足し。
同機の再生機能が非常に高かった事と、ここ数年のSony製レコーダーは評判が今ひとつなうえ、フラグシップ機が存在しなかった事で二の足を踏み続け、実に10年ぶりのレコーダー更新。

一番の心配だった操作性も問題無く、4K対応の3チューナー(4Kは2チューナーまで)である事も含め、昨今のSonyには珍しいほど完成度が高い。
今や必須のサーバ機能も問題無く動作しており、画質・音質を気にしない作品はPCやタブレットで観られるのも楽で良い。
また、私の利用範囲では不具合らしい不具合もなく、その点でも安心できる。
比較的安価でタイミング次第ではキャッシュバックなどもあり、コストパフォーマンス的にも満足度できる。

一方でBD/UHD再生機能には不満があり、再生機が別途必須(これ一台で済まない)のは、私としては大きなマイナス。
必要な機能をほぼ網羅したUBP-X800M2が廉価なので揃えるのに金銭的不満は無いが、不便ではある。

現在のSonyでは懐事情的に難しいのかも知れないが、かつての『技術の』Sonyを知る世代としては、やはり高価でも全部入りで満足感の高いフラグシップ機が欲しいと強く感じる。

比較製品
SONY > BDZ-EX200
SONY > BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]
SONY > UBP-X800M2
接続テレビ
有機EL

参考になった12人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
録画画質4
音質4
録画機能5
編集機能5
入出力端子4
サイズ5
意外なほど完成度が高く使いやすい

【デザイン】
段差のない平面的で奇をてらわない、シンプルながら悪く無いデザイン。
フラグシップの様な所有の満足感は無いが、機能性を感じられて良い。

【操作性】
クロスバーの無くなったKJ-55A9Fの操作性がかなり悪化しており心配したが、こちらは予想外に扱いやすい。
前期シリーズで悪評だった応答性の悪さもなく、起動も操作もレスポンスが速く大変に満足。
一方でTVとレコーダーで操作系の統一が全く図られておらず、現在のSonyの状態を表している様でもある。

【録画画質】
普段はDRで録画するので基本的には気になる部分ではない。
昨今のレコーダーとTVの組合わせ及び4K BRAVIAリンクの賜物か圧縮でも劣化は少なく、高画質圧縮ならば比較しないと判らない程度に綺麗。
一方で音質にも言えるが、ミドルクラス故か再生時に非対応の機能も少なくはなく、録画ソースはともかくUHD再生時には不満が残る。
ミドルクラスなので仕方ないとはいえ、そもそもフラグシップを用意しない姿勢はどうかと思う。

【音質】
録画ソースの再生には問題無い。
機能面でも言えるがAVピュア出力に対応しているので、4K BRAVIAリンクを使いつつ音は直にAVアンプへ繋げられるのは良い。
また録画画質と同様で、フラグシップではない故の非対応機能が目立ち、UHD再生時には別途専用機が必要なのは残念。

【録画機能】
他社に一歩先んじた録画機能は健在。
二重録画禁止を含め、楽に連続録画可能であるのは便利。

【編集機能】
録画機能同様、編集も使いやすい。
けれど、上述の通り再生時の画質や音質で専用再生機に劣ることやBD/UHD媒体の方が数段上の画質・音質を持つためわざわざ保存用の編集機能自体、個人的に多用しない。
BD/UHD媒体の販売されにくい作品を残したい場合などは便利だろう。

【入出力端子】
非常にシンプルではあるが、AVピュアHDMI端子を持っているのは評価できる。
一方で再生用HDMI端子は一つだけであり、やはりミドルクラス故の廉価化が見て取れる。
一般的な利用の範囲では必要にして十分であり、気にする範囲ではない。

【サイズ】
省スペースかつ小体積で、消費電力が小さい=放熱が少ないことも含め、AVラックに入れても放熱性を気にしないで済むのは有難い。

【総評】
一番の心配だった操作性も問題無く、4K対応の3チューナー(4Kは2チューナーまで)である事も含め、昨今のSonyには珍しいほど完成度の高いレコーダー。
今や必須のサーバ機能も問題無く動作しており、画質・音質を気にしない作品はPCやタブレットで観られるのも楽で良い。
また、私の利用範囲では不具合らしい不具合もなく、その点でも安心できる。
タイミング次第でTVとの組合わせでの1万円キャッシュバックを行っており、コストパフォーマンス的にも満足度が高い

一方でBD/UHD再生機能には不満があり、再生機が別途必須(これ一台で済まない)のは、私としては大きなマイナス。
必要な機能をほぼ網羅したUBP-X800M2が廉価なので揃えるのに金銭的不満は無いが、不便ではある。

現在のSonyでは懐事情的に難しいのかも知れないが、かつての『技術の』Sonyを知る世代としては、やはり高価でも全部入りで満足感の高いフラグシップ機が欲しいと強く感じる。

比較製品
SONY > BDZ-EX200
SONY > BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]
SONY > UBP-X800M2
接続テレビ
有機EL

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「BDZ-FBT3000」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDZ-FBT3000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BDZ-FBT3000
SONY

BDZ-FBT3000

最安価格(税込):¥83,988発売日:2019年11月16日 価格.comの安さの理由は?

BDZ-FBT3000をお気に入り製品に追加する <655

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意