『主にフォンアウトからBluetooth対応パワードスピーカーの接続に』 iBasso Audio iBasso Audio DC02 組紐屋の竜.さんのレビュー・評価

2019年 8月30日 発売

iBasso Audio DC02

  • 最大384kHz/32bitのPCMと、DSD256×のネイティブ再生に対応するDACケーブルアダプター。端末にイヤホンジャックがなくてもイヤホンで音楽が楽しめる。
  • USB-Cコネクタを採用。多くのAndroidスマートフォン・タブレットと互換性があり、付属のUSBコンバータをー利用することでMacやWindowsのPCと接続できる。
  • DACチップは「AK4490EQ」、ケーブルにはオーディオグレードで4編のものを採用。専用アプリの利用で64段階のハードウェアボリュームを実現。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 ハイレゾ:○ iBasso Audio DC02のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • iBasso Audio DC02の価格比較
  • iBasso Audio DC02の店頭購入
  • iBasso Audio DC02のスペック・仕様
  • iBasso Audio DC02のレビュー
  • iBasso Audio DC02のクチコミ
  • iBasso Audio DC02の画像・動画
  • iBasso Audio DC02のピックアップリスト
  • iBasso Audio DC02のオークション

iBasso Audio DC02iBasso Audio

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 8月30日

  • iBasso Audio DC02の価格比較
  • iBasso Audio DC02の店頭購入
  • iBasso Audio DC02のスペック・仕様
  • iBasso Audio DC02のレビュー
  • iBasso Audio DC02のクチコミ
  • iBasso Audio DC02の画像・動画
  • iBasso Audio DC02のピックアップリスト
  • iBasso Audio DC02のオークション

『主にフォンアウトからBluetooth対応パワードスピーカーの接続に』 組紐屋の竜.さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

iBasso Audio DC02のレビューを書く

組紐屋の竜.さん 殿堂入り

  • レビュー投稿数:236件
  • 累計支持数:643人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
18件
1096件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
8件
613件
イヤホン・ヘッドホン
14件
90件
もっと見る
満足度3
デザイン4
音質3
操作性2
機能性2
主にフォンアウトからBluetooth対応パワードスピーカーの接続に

mediaPad m5 8.4インチ(Amazon music HD)をJBL EXTREMEとアナログ接続で…

BISPABSP-HPCL-CXKHPMM(純素銅ケーブル)でJBL EXTREMEをアナログ接続

インターネットラジオ FM802

FM802の様なネットラジオは、その場で曲が気に入ればAmazonとかでダウンロードも可能

イアホンは、JVC FX1100→コンプライTS500で聴く事が多いかな。写真は、課金HF PLAYER

高いDAC等を使うともっと音質は良くなりますが、DC02の手軽さは素晴らしいと思います

手持ちのBluetooth対応 JBL EXTREMEへ手持ちのbispaの7N相当の純素銅ケーブル(mini to miniケーブル)でアナログ接続する為に購入しました。
主にAmazon music HD等のロスレスストリーミング再生、ハイレゾストリーミング再生、FM802等のインターネットラジオをニアフィールドリスニングで小ボリュームで聴く目的でです。

屋外使用→イアホン直挿しでは、手持ちのDX220(MANGO OS MANGO PLAYER→発熱も殆どなく音質も良いので…)、AK320、AK380MTで聴いています。

[音質]
解像感の有るフラットめの音質かな。音に厚みまでは有りません。
ハイレゾDAPのエントリーモデル程度の音質にはC端子のAndroid端末とデジタル接続すれば向上するのかな!?と思います。
バスパワー方式の小型のDACアンプなので、本体にボリューム調整は有りません。
ボリューム調整は、グーグルplayストアからIBASSOのボリューム調整アプリをインストールしてボリューム調整して下さい。
イアホン接続では…

[総評]
早々と生産終了していますが、この価格帯でDSDネイティブ再生にも対応していて低価格帯で有りそうで無かったアイテムだったので、話題を呼んだバスパワー方式のステックタイプのDACアンプでしたね。

DC01を先に買いましたが、DC01の方が解像度も高く、音の分離能も多少高く、音場も広いですね。mini to miniケーブルでアンプ内蔵のパワードスピーカーとはアナログ接続は出来ませんが…

今は、Amazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、インターネットラジオでもFM802等の人気のラジオ局が端末によっては気軽に聴ける様になったので、3.5mmのミニ端子のこう言ったC端子のバスパワー方式のDACアンプも需要が拡大するのかな!?とも思います。
出来れば、DC01の様にDACチップもAK4493EQを積んで、もう少し解像度を上げ、音場ももう少し広かったら良かったなとは思います。

その変わり、発熱はDC02の方がDC01より多少少ない感じですね。
発熱を考慮して、敢えてAK4490EQ、シングルエンドにしたのかもしれませんね。このモデルは…

使用用途が自宅使用でBluetooth対応パワードスピーカーへのアナログ接続なので、私のこのDACアンプのケーブルは緑化していません。

自宅もオーディオ機器が割と多いので、埃対策と湿気対策はキチンとしているので…

星3つと、ちょっと厳しめの評価ですが、この価格帯ではDSDネイティブ再生にも対応していて良いオーディオ機器だと思います。

DAPのスレッドでは、DAPとアナログ接続して予算約2万円くらいでアンプ内蔵のパワードスピーカーと繋いでAmazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング再生を楽しみたいと言うニーズも有るので、次回の機種はAK4493EQ搭載でケーブルもDC01のケーブルとかのグレードで、もう少し解像度、音場を向上させて同価格帯くらいでリリースすれば、十分ニーズの有る小型のバスパワー方式のDACアンプなのかな!?とも思います。

次回の機種にも期待したいところです。

Bluetooth対応パワードスピーカーとアナログ接続してニアフィールドで主に聴いているので、マンションでも小ボリューム(テレビを点けているくらいの小ボリューム)で近隣に迷惑をかけずにリスニング出来るのは重宝しています。テレビを点けているくらいの小ボリュームで有れば朝6時から夜11時までくらい迄RC造のマンションでも聴ける感じですかね。

フルサイズのバラコンも所有していますが、スピーカーから鳴らすのには、ちょっと近隣に気を遣い早朝とか夜遅い時間帯は使えないので…

因みに接続しているC端子のAndroid端末は、GALAXY A20とHUAWAI Media Pad M5  8.4インチと接続しています。

イアホンは、JVCの元フラッグシップモデル FX1100→イアホンピースはコンプライTS500 アジアンフィットで、この再生環境では丁度良い感じの出音が出るので、気軽にロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、FM802等のインターネットラジオ等を聴いています。
スパイラルドット++では、この再生環境では音が籠る感じなので、イアーピースで調整しています、
AK320直挿しの場合は、スパイラルドット++で丁度良い感じなんですけどね。

他、課金ONKYO HF PLAYERでDSDネイティブ再生なども…


追記…

当然、DACを据え置き環境の解像度の高いオーディンストHUD DX1とか、DC02より高額でちょっとクセは有りますがDAC性能が普通なMOJOとかでオーディオグレードの相性の良いケーブル類を使用した再生環境で鳴らしたり、はたまた割りと良いクロックを積んだUSB DDCの高精度クロックを利用すると、もっともっと音質は物量投入で良くなります。(6枚目の写真参照)

しかし、このスティックタイプの小型のDACアンプ一つと言う手軽さでDSDネイティブ再生も出来てしまうと言うのは、この販売価格では消費者の購買意欲を掻き立てたのではないでしょうか。

確かに音質面では、DC02にはもう少し頑張って欲しい感は有りましたので、次回作のシングルエンドの改良機 DC03には期待したいところですね。
中国ではもう発売されている様ですが、デュアルDAC、3.5mmシングルエンド構成の同様のスティックタイプの小型のDACアンプの様ですが…

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
音質3
操作性2
機能性2
主にフォンアウトからBluetooth対応パワードスピーカーの接続に

mediaPad m5 8.4インチ(Amazon music HD)をJBL EXTREMEとアナログ接続で…

BISPA BSP-HPCL-CXKHPMM(純素銅ケーブル)でJBL EXTREMEをアナログ接続

インターネットラジオ FM802

FM802は、昔転勤で車通勤していた頃、良く聴いていたので懐かしいです。

FM802の様なネットラジオは、その場で曲が気に入ればAmazonとかでダウンロードも可能

イアホンは、JVC FX1100→コンプライTS500で聴く事が多いかな。写真は、課金HF PLAYER

手持ちのBluetooth対応 JBL EXTREMEへ手持ちのbispaの7N相当の純素銅ケーブル(mini to miniケーブル)でアナログ接続する為に購入しました。
主にAmazon music HD等のロスレスストリーミング再生、ハイレゾストリーミング再生、FM802等のインターネットラジオをニアフィールドリスニングで小ボリュームで聴く目的でです。

屋外使用→イアホン直挿しでは、手持ちのDX220(MANGO OS MANGO PLAYER→発熱も殆どなく音質も良いので…)、AK320、AK380MTで聴いています。

[音質]
解像感の有るフラットめの音質かな。音に厚みまでは有りません。
ハイレゾDAPのエントリーモデル程度の音質にはC端子のAndroid端末とデジタル接続すれば向上するのかな!?と思います。
バスパワー方式の小型のDACアンプなので、本体にボリューム調整は有りません。
ボリューム調整は、グーグルplayストアからIBASSOのボリューム調整アプリをインストールしてボリューム調整して下さい。
イアホン接続では…

[総評]
早々と生産終了していますが、この価格帯でDSDネイティブ再生にも対応していて低価格帯で有りそうで無かったアイテムだったので、話題を呼んだバスパワー方式のステックタイプのDACアンプでしたね。

DC01を先に買いましたが、DC01の方が解像度も高く、音の分離能も多少高く、音場も広いですね。mini to miniケーブルでアンプ内蔵のパワードスピーカーとはアナログ接続は出来ませんが…

今は、Amazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、インターネットラジオでもFM802等の人気のラジオ局が端末によっては気軽に聴ける様になったので、3.5mmのミニ端子のこう言ったC端子のバスパワー方式のDACアンプも需要が拡大するのかな!?とも思います。
出来れば、DC01の様にDACチップもAK4493EQを積んで、もう少し解像度を上げ、音場ももう少し広かったら良かったなとは思います。

その変わり、発熱はDC02の方がDC01より多少少ない感じですね。
発熱を考慮して、敢えてAK4490EQ、シングルエンドにしたのかもしれませんね。このモデルは…

使用用途が自宅使用でBluetooth対応パワードスピーカーへのアナログ接続なので、私のこのDACアンプのケーブルは緑化していません。

自宅もオーディオ機器が割と多いので、埃対策と湿気対策はキチンとしているので…

星3つと、ちょっと厳しめの評価ですが、この価格帯ではDSDネイティブ再生にも対応していて良いオーディオ機器だと思います。
使用用途、環境に合えば販売価格を考慮すれば星4つくらいでも良いくらいかな!?とも思います。

DAPのスレッドでは、DAPとアナログ接続して予算約2万円くらいでアンプ内蔵のパワードスピーカーと繋いでAmazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング再生を楽しみたいと言うニーズも有るので、次回の機種はAK4493EQ搭載でケーブルもDC01のケーブルとかのグレードで、もう少し解像度、音場を向上させて同価格帯くらいでリリースすれば、十分ニーズの有る小型のバスパワー方式のDACアンプなのかな!?とも思います。

次回の機種にも期待したいところです。

Bluetooth対応パワードスピーカーとアナログ接続してニアフィールドで主に聴いているので、マンションでも小ボリューム(テレビを点けているくらいの小ボリューム)で近隣に迷惑をかけずにリスニング出来るのは重宝しています。テレビを点けているくらいの小ボリュームで有れば朝6時から夜11時までくらい迄RC造のマンションでも聴ける感じですかね。

フルサイズのバラコンも所有していますが、スピーカーから鳴らすのには、ちょっと近隣に気を遣い早朝とか夜遅い時間帯は使えないので…

因みに接続しているC端子のAndroid端末は、GALAXY A20とHUAWAI Media Pad M5  8.4インチと接続しています。

イアホンは、JVCの元フラッグシップモデル FX1100→イアホンピースはコンプライTS500 アジアンフィットで、この再生環境では丁度良い感じの出音が出るので、気軽にロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、FM802等のインターネットラジオ等を聴いています。
スパイラルドット++では、この再生環境では音が籠る感じなので、イアーピースで調整しています、
AK320直挿しの場合は、スパイラルドット++で丁度良い感じなんですけどね。

他、課金ONKYO HF PLAYERでDSDネイティブ再生なども…


参考になった2

満足度3
デザイン4
音質3
操作性2
機能性2
主にフォンアウトからBluetooth対応パワードスピーカーの接続に

mediapad m5 8.4インチ(Amazon music HD)をJBL EXTREMEとアナログ接続で…

BISPA BSP-HPCL-CXKHPMM(純素銅ケーブル)でJBL EXTREMEをアナログ接続

インターネットラジオ FM802

FM802は、昔転勤で車通勤していた頃良く聴いていたので懐かしいです。

FM802の様なインターラジオは、その場で曲が気に入ればAmazonとかでダウンロードも可

イアホンは、JVC FX1100→コンプライTS500で聴く事が多いかな。

手持ちのBluetooth対応 JBL EXTREMEへ手持ちのbispaの7N相当の純素銅ケーブル(mini to miniケーブル)でアナログ接続する為に購入しました。
主にAmazon music HD等のロスレスストリーミング再生、ハイレゾストリーミング再生、FM802等のインターネットラジオをニアフィールドリスニングで小ボリュームで聴く目的でです。

屋外使用→イアホン直挿しでは、手持ちのDX220(MANGO OS MANGO PLAYER→発熱も殆どなく音質も良いので…)、AK320、AK380MTで聴いています。

[音質]
解像感の有るフラットめの音質かな。音に厚みまでは有りません。
ハイレゾDAPのエントリーモデル程度の音質にはC端子のAndroid端末とデジタル接続すれば向上するのかな!?と思います。
バスパワー方式の小型のDACアンプなので、本体にボリューム調整は有りません。
ボリューム調整は、グーグルplayストアからIBASSOのボリューム調整アプリをインストールしてボリューム調整して下さい。
イアホン接続では…

[総評]
早々と生産終了していますが、この価格帯でDSDネイティブ再生にも対応していて低価格帯で有りそうで無かったアイテムだったので、話題を呼んだバスパワー方式のステックタイプのDACアンプでしたね。

DC01を先に買いましたが、DC01の方が解像度も高く、音の分離能も多少高く、音場も広いですね。mini to miniケーブルでアンプ内蔵のパワードスピーカーとはアナログ接続は出来ませんが…

今は、Amazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、インターネットラジオでもFM802等の人気のラジオ局が端末によっては気軽に聴ける様になったので、3.5mmのミニ端子のこう言ったC端子のバスパワー方式のDACアンプも需要が拡大するのかな!?とも思います。
出来れば、DC01の様にDACチップもAK4493EQを積んで、もう少し解像度を上げ、音場ももう少し広かったら良かったなとは思います。

その変わり、発熱はDC02の方がDC01より多少少ない感じですね。
発熱を考慮して、敢えてAK4490EQ、シングルエンドにしたのかもしれませんね。このモデルは…

使用用途が自宅使用でBluetooth対応パワードスピーカーへのアナログ接続なので、私のこのDACアンプのケーブルは緑化していません。

自宅もオーディオ機器が割と多いので、埃対策と湿気対策はキチンとしているので…

星3つと、ちょっと厳しめの評価ですが、この価格帯ではDSDネイティブ再生にも対応していて良いオーディオ機器だと思います。
使用用途、環境に合えば販売価格を考慮すれば星4つくらいでも良いくらいかな!?とも思います。

DAPのスレッドでは、DAPとアナログ接続して予算約2万円くらいでアンプ内蔵のパワードスピーカーと繋いでAmazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング再生を楽しみたいと言うニーズも有るので、次回の機種はAK4493EQ搭載でケーブルもDC01のケーブルとかのグレードで、もう少し解像度、音場を向上させて同価格帯くらいでリリースすれば、十分ニーズの有る小型のバスパワー方式のDACアンプなのかな!?とも思います。

次回の機種にも期待したいところです。

Bluetooth対応パワードスピーカーとアナログ接続してニアフィールドで主に聴いているので、マンションでも小ボリューム(テレビを点けているくらいの小ボリューム)で近隣に迷惑をかけずにリスニング出来るのは重宝しています。テレビを点けているくらいの小ボリュームで有れば朝6時から夜11時までくらい迄RC造のマンションでも聴ける感じですかね。

フルサイズのバラコンも所有していますが、スピーカーから鳴らすのには、ちょっと近隣に気を遣い早朝とか夜遅い時間帯は使えないので…

因みに接続しているC端子のAndroid端末は、GALAXY A20とHUAWAI Media Pad M5  8.4インチと接続しています。

イアホンは、JVCの元フラッグシップモデル FX1100→イアホンピースはコンプライTS500 アジアンフィットで、この再生環境では丁度良い感じの出音が出るので、気軽にロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、FM802等のインターネットラジオ等を聴いています。
スパイラルドット++では、この再生環境では音が籠る感じなので、イアーピースで調整しています、
AK320直挿しの場合は、スパイラルドット++で丁度良い出音なんですけどね。

他、課金ONKYO HF PLAYERでDSDネイティブ再生なども…


参考になった0

満足度3
デザイン4
音質3
操作性2
機能性2
主にフォンアウトからBluetooth対応パワードスピーカーの接続に

手持ちのBluetooth対応 JBL EXTREMEへ手持ちのbispaの7N相当の純素銅ケーブル(mini to miniケーブル)でアナログ接続する為に購入しました。
主にAmazon music HD等のロスレスストリーミング再生、ハイレゾストリーミング再生、FM802等のインターネットラジオをニアフィールドリスニングで小ボリュームで聴く目的でです。

屋外使用→イアホン直挿しでは、手持ちのDX220(MANGO OS MANGO PLAYER→発熱も殆どなく音質も良いので…)、AK320、AK380MTで聴いています。

[音質]
解像感の有るフラットめの音質かな。音に厚みまでは有りません。
ハイレゾDAPのエントリーモデル程度の音質にはC端子のAndroid端末とデジタル接続すれば向上するのかな!?と思います。
バスパワー方式の小型のDACアンプなので、本体にボリューム調整は有りません。
ボリューム調整は、グーグルplayストアからIBASSOのボリューム調整アプリをインストールしてボリューム調整して下さい。
イアホン接続では…

[総評]
早々と生産終了していますが、この価格帯でDSDネイティブ再生にも対応していて低価格帯で有りそうで無かったアイテムだったので、話題を呼んだバスパワー方式のステックタイプのDACアンプでしたね。

DC01を先に買いましたが、DC01の方が解像度も高く、音の分離能も多少高く、音場も広いですね。mini to miniケーブルでアンプ内蔵のパワードスピーカーとはアナログ接続は出来ませんが…

今は、Amazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、インターネットラジオでもFM802等の人気のラジオ局が端末によっては気軽に聴ける様になったので、3.5mmのミニ端子のこう言ったC端子のバスパワー方式のDACアンプも需要が拡大するのかな!?とも思います。
出来れば、DC01の様にDACチップもAK4493EQを積んで、もう少し解像度を上げ、音場ももう少し広かったら良かったなとは思います。

その変わり、発熱はDC02の方がDC01より多少少ない感じですね。
発熱を考慮して、敢えてAK4490EQ、シングルエンドにしたのかもしれませんね。このモデルは…

使用用途が自宅使用でBluetooth対応パワードスピーカーへのアナログ接続なので、私のこのDACアンプのケーブルは緑化していません。

自宅もオーディオ機器が割と多いので、埃対策と湿気対策はキチンとしているので…

星3つと、ちょっと厳しめの評価ですが、この価格帯ではDSDネイティブ再生にも対応していて良いオーディオ機器だと思います。
使用用途、環境に合えば販売価格を考慮すれば星4つくらいでも良いくらいかな!?とも思います。

DAPのスレッドでは、DAPとアナログ接続して予算約2万円くらいでアンプ内蔵のパワードスピーカーと繋いでAmazon music HD等のロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング再生を楽しみたいと言うニーズも有るので、次回の機種はAK4493EQ搭載でケーブルもDC01のケーブルとかのグレードで、もう少し解像度、音場を向上させて同価格帯くらいでリリースすれば、十分ニーズの有る小型のバスパワー方式のDACアンプなのかな!?とも思います。

次回の機種にも期待したいところです。

Bluetooth対応パワードスピーカーとアナログ接続してニアフィールドで主に聴いているので、マンションでも小ボリューム(テレビを点けているくらいの小ボリューム)で近隣に迷惑をかけずにリスニング出来るのは重宝しています。テレビを点けているくらいの小ボリュームで有れば朝6時から夜11時までくらいRC造のマンションでも聴ける感じですかね。
フルサイズのバラコンも所有していますが、スピーカーから鳴らすのには、ちょっと近隣に気を遣い早朝とか夜遅い時間帯は使えないので…

因みに接続しているC端子のAndroid端末は、GALAXY A20とHUAWAI Media Pad M5  8.4インチと接続しています。

イアホンは、JVCの元フラッグシップモデル FX1100→イアホンピースはコンプライTS500 アジアンフィットで、この再生環境では丁度良い感じの出音が出るので、気軽にロスレスストリーミング、ハイレゾストリーミング、FM802等のインターネットラジオ等を聴いています。

他、課金ONKYO HF PLAYERでDSDネイティブ再生なども…


参考になった0

「iBasso Audio DC02」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

iBasso Audio DC02のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

iBasso Audio DC02
iBasso Audio

iBasso Audio DC02

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 8月30日

iBasso Audio DC02をお気に入り製品に追加する <47

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意