『α6400との違いをちゃんと理解すれば使えます。』 SONY α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック] taka741さんのレビュー・評価

2019年10月25日 発売

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]

  • 高速AFと高精度な「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」に対応した小型・軽量なデジタル一眼カメラ。瞳を検出してピントを合わせ続ける。
  • 「Exmor CMOSセンサー」と画像処理エンジン「BIONZ X」で高画質化を実現。解像感を維持したままノイズを抑制し、細部の質感描写が向上している。
  • 全画素読み出しによる高解像4K動画記録をはじめ、4K動画のスマートフォン転送など、動画制作をサポートする動画機能に対応。
α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック] 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥69,000 (3製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:352g α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の価格比較
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の買取価格
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の店頭購入
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の純正オプション
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のレビュー
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のクチコミ
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の画像・動画
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のオークション

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年10月25日

  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の価格比較
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の買取価格
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の店頭購入
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の純正オプション
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のレビュー
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のクチコミ
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]の画像・動画
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のオークション

『α6400との違いをちゃんと理解すれば使えます。』 taka741さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のレビューを書く

taka741さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
5件
デジタル一眼カメラ
1件
3件
キャプチャーボード・ビデオキャプチャ
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
α6400との違いをちゃんと理解すれば使えます。

α5100 →α6100と買い替えました。
基本機能としては大きさや重さ以外でα5100 やα6000に劣っている点はもちろんありません、強いて言えばPlaymemoriesアプリくらいですね。
ただし、α6400と比較するといくつか機能が削除されています。一世代前のα6300よりも劣っている点もあるので注意が必要です。そこを納得して購入するのであればアリです。
これからカメラを始める人、久しぶりに買い替える人であれば手放しでお勧めできますが、上位のα7RII以降の機種と同じ感覚で使えるサブ機を、という方には以下のα6400との差異に注意が必要です。

- ISO低速限界設定がありません。これは結構大きいです。絞りを決めて撮りたいけれどシャッター速度は常に一定以上を維持したい、という時にはMモードになります。ISOオートがあるのでまだマシですが夕方や早朝の明るさがダイナミックに変わる時間帯には注意が必要です。
- 拡張感度の幅が、最大51200までです。かと言ってセンサー感度が劣るわけではなく、あくまで102400が設定できるのかどうか、という違いのようです。

- 高速なAFとトラッキングがウリですが、ワイドとトラッキングの切り替えが液晶画面のタッチトラッキングを使うか最初からエリアを設定する場合のみです。α6400にはカスタムボタンに「押す間トラッキング」があり、ファインダー使用中ででもここぞという時だけトラッキングを発動させることが出来るのですがこの機種ではできません。また、カスタム設定呼び出しも使えません。

- ほかにフォーカスについては精度優先/速度優先、フォーカスエリア限定、縦横のフォーカスエリア位置設定、フォーカスエリア登録機能、フォーカスエリア循環設定などがありません。
- 測光設定関連では、最近の機種で追加された画面全体平均測光/ハイライト重点/スポット測光位置、露出基準調整がありません。
- 連写関連はほぼα6400のままです。若干枚数が少ないことと連射中AWBロックがないようです。

- クリエイティブスタイルが13→7に減ってます。
- カスタマイズ関連では、マイダイヤル、AVTVの回転方向、ズームリング操作方向が出来ません。
- 水準器ありません。また、ボディは防塵防滴無しのようです。
-ファインダーの解像度は低めで、フレームレートは変えられません。とは言ってもα6000よりは綺麗に感じました。
-AF/MF/AEL切換レバーがありません。AFロック/AEロックを切り替えられるだけではなく、それぞれにカスタムボタンを割り当てられるので工夫し甲斐があったのですがα6100はAELボタン一つのみです。

-動画関連は詳しくないのですが、ピクチャープロファイル設定がありません。また、 ガンマ表示アシスト、TC/UB設定、レックコントロールがありません。

- その他、赤外線リモコンが使えません。また、著作権設定、ファイル名設定が出来ません。ファイル名設定はαを複数台持つ人はファイル名かぶりを避けるために頭の3桁(DSC)を変える人が多いと思うのでやはりここでも複数台持ちの罠があります。

- センサークリーニングが無い、という記述をよく見かけますがクリーニングモードはあります。電源オフ時に自動稼働はしませんがメニューから実行はできます。スペック上の違いからはセンサーに帯電防止コートがないという事のようです。

一応α6400のマニュアルからメニューを一つ一つ比較してみました。コスト的な制限で削られているものもあるかもしれませんが、α上位機のサブ機として全くそのままの操作感を!と期待して使うと足りなくなるように作っているのでは?と思いました。逆にちゃんとこれらを理解して使うのであれば全然不足はないし、これ以外はAFも画質もα6400と変わりません(見落としあったらすみません)。むしろ2台持ちのサブであればあまり手をかけずに使えるので自分の用途では不足は感じません(個人的にはISO低速限界だけは欲しかったですが)。
これを最初の一台と思っている人には十分な機能が備わっており、おすすめできます。

ちなみにですが、このような状況ですので今は外で使うよりもビデオ会議用カメラとして大活躍しています。180度チルト、マイク端子、高速AFなどを使い、ほぼ理想的な会議システムが作れています。ちょっと足りないのが欠点だったWバッテリーも、互換品のカプラーが入手しやすく安定しています。

個人的には非常に満足しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった15人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
α6400との違いをちゃんと理解すれば使えます。

α5100 →α6100と買い替えました。
基本機能としては大きさや重さ以外でα5100 やα6000に劣っている点はもちろんありません、強いて言えばPlaymemoriesアプリくらいですね。
ただし、α6400と比較するといくつか機能が削除されています。一世代前のα6300よりも劣っている点もあるので注意が必要です。そこを納得して購入するのであればアリです。
これからカメラを始める人、久しぶりに買い替える人であれば手放しでお勧めできますが、上位のα7RII以降の機種と同じ感覚で使えるサブ機を、という方には以下のα6400との差異に注意が必要です。

- ISO低速限界設定がありません。これは結構大きいです。絞りを決めて撮りたいけれどシャッター速度は常に一定以上を維持したい、という時にはMモードになります。ISOオートがあるのでまだマシですが夕方や早朝の明るさがダイナミックに変わる時間帯には注意が必要です。

- 高速なAFとトラッキングがウリですが、ワイドとトラッキングの切り替えが液晶画面のタッチトラッキングを使うか最初からエリアを設定する場合のみです。α6400にはカスタムボタンに「押す間トラッキング」があり、ファインダー使用中ででもここぞという時だけトラッキングを発動させることが出来るのですがこの機種ではできません。また、カスタム設定呼び出しも使えません。

- ほかにフォーカスについては精度優先/速度優先、フォーカスエリア限定、縦横のフォーカスエリア位置設定、フォーカスエリア登録機能、フォーカスエリア循環設定などがありません。
- 測光設定関連では、最近の機種で追加された画面全体平均測光/ハイライト重点/スポット測光位置、露出基準調整がありません。
- 連写関連はほぼα6400のままです。若干枚数が少ないことと連射中AWBロックがないようです。

- クリエイティブスタイルが13→7に減ってます。
- カスタマイズ関連では、マイダイヤル、AVTVの回転方向、ズームリング操作方向が出来ません。
- 水準器ありません。また、ボディは防塵防滴無しのようです。
-ファインダーの解像度は低めで、フレームレートは変えられません。とは言ってもα6000よりは綺麗に感じました。
-AF/MF/AEL切換レバーがありません。AFロック/AEロックを切り替えられるだけではなく、それぞれにカスタムボタンを割り当てられるので工夫し甲斐があったのですがα6100はAELボタン一つのみです。

-動画関連は詳しくないのですが、ピクチャープロファイル設定がありません。また、 ガンマ表示アシスト、TC/UB設定、レックコントロールがありません。

- その他、赤外線リモコンが使えません。また、著作権設定、ファイル名設定が出来ません。ファイル名設定はαを複数台持つ人はファイル名かぶりを避けるために頭の3桁(DSC)を変える人が多いと思うのでやはりここでも複数台持ちの罠があります。

- センサークリーニングが無い、という記述をよく見かけますがクリーニングモードはあります。電源オフ時に自動稼働はしませんがメニューから実行はできます。スペック上の違いからはセンサーに帯電防止コートがないという事のようです。

一応α6400のマニュアルからメニューを一つ一つ比較してみました。コスト的な制限で削られているものもあるかもしれませんが、α上位機のサブ機として全くそのままの操作感を!と期待して使うと足りなくなるように作っているのでは?と思いました。逆にちゃんとこれらを理解して使うのであれば全然不足はないし、これ以外はAFも画質もα6400と変わりません(見落としあったらすみません)。むしろ2台持ちのサブであればあまり手をかけずに使えるので自分の用途では不足は感じません(個人的にはISO低速限界だけは欲しかったですが)。
これを最初の一台と思っている人には十分な機能が備わっており、おすすめできます。

ちなみにですが、このような状況ですので今は外で使うよりもビデオ会議用カメラとして大活躍しています。180度チルト、マイク端子、高速AFなどを使い、ほぼ理想的な会議システムが作れています。ちょっと足りないのが欠点だったWバッテリーも、互換品のカプラーが入手しやすく安定しています。

個人的には非常に満足しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]
SONY

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年10月25日

α6100 ILCE-6100 ボディ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <109

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意