『コンパクトで高性能なAPS-Cミラーレス機の代表格』 SONY α6600 ILCE-6600 ボディ ありゃいんさんのレビュー・評価

2019年11月 1日 発売

α6600 ILCE-6600 ボディ

  • 光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載したミラーレス一眼カメラ。従来機の約2.2倍の容量を持つ高容量バッテリー「NP-FZ100」(Zバッテリー)に対応。
  • APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」と画像処理エンジン「BIONZ X」および「フロントエンドLSI」を搭載している。
  • リアルタイムトラッキング、リアルタイム瞳AFなどのAIを活用したAF性能を兼ね備え、タッチパネル対応180度チルト可動式液晶モニターを装備。
α6600 ILCE-6600 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥173,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥173,800¥208,000 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥199,800 〜 ¥199,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:418g α6600 ILCE-6600 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6600 ILCE-6600 ボディの価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの中古価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの買取価格
  • α6600 ILCE-6600 ボディの店頭購入
  • α6600 ILCE-6600 ボディのスペック・仕様
  • α6600 ILCE-6600 ボディの純正オプション
  • α6600 ILCE-6600 ボディのレビュー
  • α6600 ILCE-6600 ボディのクチコミ
  • α6600 ILCE-6600 ボディの画像・動画
  • α6600 ILCE-6600 ボディのピックアップリスト
  • α6600 ILCE-6600 ボディのオークション

α6600 ILCE-6600 ボディSONY

最安価格(税込):¥173,800 (前週比:±0 ) 発売日:2019年11月 1日

  • α6600 ILCE-6600 ボディの価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの中古価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの買取価格
  • α6600 ILCE-6600 ボディの店頭購入
  • α6600 ILCE-6600 ボディのスペック・仕様
  • α6600 ILCE-6600 ボディの純正オプション
  • α6600 ILCE-6600 ボディのレビュー
  • α6600 ILCE-6600 ボディのクチコミ
  • α6600 ILCE-6600 ボディの画像・動画
  • α6600 ILCE-6600 ボディのピックアップリスト
  • α6600 ILCE-6600 ボディのオークション

『コンパクトで高性能なAPS-Cミラーレス機の代表格』 ありゃいんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6600 ILCE-6600 ボディのレビューを書く

ありゃいんさん

  • レビュー投稿数:104件
  • 累計支持数:1214人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
25件
372件
スマートフォン
19件
87件
デジタルカメラ
1件
69件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5
コンパクトで高性能なAPS-Cミラーレス機の代表格
当機種
当機種
当機種

当機種
   

   

ボディデザインと富士の色に魅力を感じX-T4を半年ほど使ってきました。
しかし重さと大きさに問題を感じ始めていたのに加え、EVFの見え具合が鮮明でない点も徐々に気になってしまい、メインで使っているα7R3と同じソニーのα6600に乗り換えることにしました。
過去には動画用に6500、6000なども使っていたので、収まるべきところに収まった感があります。
レンズはE16-70F4、タムロン11-28、70-180を同時に購入しています。
αのAPS-C系はレンズも充実しているので安心して乗り換えできますね。

【デザイン】
αのAPS-Cのデザインを踏襲。
しかし、ボディーごとに少しずつ変わっているんですよね。
持ちやすくて小型軽量なので優れたデザインだと思いますが、そろそろ飽きが来そうな感じもなくはない。
SDカードがバッテリーと同じ場所にあるのは、そろそろ考えてほしいと思いますね。
ワタシ的にはダブルスロットは不要です。
メインカメラはα7R3なのでフルサイズのα7系とレンズが共有化できるところはアルファ・システムの美点です。

【画質】
一切問題なくしっかりとした描写をしてくれます。
以前使っていたX-T4と比較するとシャープネス、コントラストが弱めに感じます。
しかし、一見優しい感じの描写に見えますが、細かな部分まできちんと解像しています。
α6600も初期設定のシャープネスを1段プラスにすれば同等なシャープネス感になります。
ソニーの色合いはナチュラルですが、AEは比較的自然な設定で逆光だと黒つぶれは早めの印象。VIVIDにすれば富士っぽい感じになりますが、彩度を1段下げると良い感じになります。
X-T4は明暗差の激しい描写が実に上手でしたが、α6600も悪いわけではありません。
α系は黒つぶれに見えてもディテールは残っていることが多く、総じてレタッチしやすいと感じます。
しかし、富士のカメラはX-T4で画質を一気に底上げしてきた感じはしました。

【操作性】
操作性はα系のメニューに慣れた私としては非常に使いやすい。
露出補正なんて、他のカメラも全部こうしてほしいと思うほど好きです。
他のレビューに書かれている誤操作は私にはまったくありません。
基本的なところはブラインドでも操作可能なレベルになっております。
詳細な設定もマイメニューとFnボタンを併用すれば何ら問題ありません。
NEX時代からずっと使っているので身にしみているせいもありますが、α系に慣れていない人だと結構厳しいかもしれませんね。
でもこれ、どのメーカーのカメラでも慣れていないと難しく感じますよね。
私にはフジのメニューが難解に思えました。

【バッテリー】
Zバッテリー最高です。
6400でなく6600にした理由はここにあります。
本日はRAW+Jpegで330枚撮影して残量78%でした。
十分な容量で日帰りなら予備は不要です。
Zバッテリーの予備はα7R3と共有している関係で3個あったりします。

【携帯性】
携帯性の良さは最高のお気入りポイント。
X-T4から乗り換えた最大の理由でもあります。
α6600は軽くて小さいのに、逆にグリップはしっかりとして持ちやすく、携帯性に関しては文句無しにα6600が優れています。
これはレンズを含めても変わりません。

【機能性】
手ブレ補正はまぁ効かないですね。
本当はIBIS入っていないんじゃないかと思うほど。
X-T4がめちゃめちゃ効いたので比較にすらなりません。
その他の機能は充実していて、使いこなしが大変なレベルです。
説明書を添付してほしいのが本音です・・・。

【液晶】
あまり代わり映えしませんよね。
色々体験してきましたが、どのカメラも似たようなものです。
α6600のEVFは最新とはいえないデバイスを使っているようですが、X-T4に比べると自然な感じに見えて変えて良かった点の一つです。
でもここに金を掛ける必要はないのでEVFをもっと良くしてほしいです。

【ホールド感】
大きなグリップが持ちやすく、片手で持った状態で山を歩けます。
しかも軽く重量がグリップに集中しているため負担感は全くありません。
αのAPS-Cシステムはレンズも軽いものが多く、かなり助かりますね。

【総評】
分かっていたことなのでマイナス評価にはなりませんが、X-T4から乗り換えて手ブレ補正以外は大満足。手ブレ補正については、しっかり構えて撮影することで対処可能なので実は大きな問題では無いということもあります。
しかし、α6600のグリップが素晴らしくてここまで違うとは驚くレベルです。X-T4はあの大きなボディをうまく使えていないという見方もでるのかもしれません。
α6600のグリップを握ると安心感が感じられてカメラを持っている事に対し嬉しささえ感じます。
X-T4は持って歩きたいなんて一度として思いませんでした。
APS-C用のタムロンのレンズも買い増しして色々と楽しませてもらおうと期待しています。

比較製品
富士フイルム > FUJIFILM X-T4 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
スポーツ

参考になった14人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5
コンパクトで高性能なAPS-Cミラーレス機の代表格
当機種奥裾花自然園
当機種
当機種

奥裾花自然園

当機種
   

   

X-T4を半年ほど使ってきました。
しかし重さと大きさに問題を感じ始めていたのに加え、EVFの見え具合が鮮明でない点も徐々に気になってしまい、メインで使っているα7R3と同じメーカーのα6600に乗り換えることにしました。過去には動画用に6500、6000なども使っていたので、収まるべきところに収まった感があります。
レンズはE16-70F4、タムロン11-28、70-180を同時に購入しています。
αのAPS-C系はレンズも充実しているので安心して乗り換えできますね。

【デザイン】
αのAPS-Cのデザインを踏襲。
しかし、ボディーごとに少しずつ変わっているんですよね。
持ちやすくて小型軽量なのでいいデザインだと思いますが、そろそろ飽きが来そうな感じもなくはない。
SDカードがバッテリーと同じ場所にあるのは、そろそろ変えてほしいと思いますね。
メインカメラはα7R3なんですが、フルサイズのα7系とレンズが共有化できるところも良い。

【画質】
一切問題なくしっかりとした描写をしてくれます。
以前使っていたX-T4と比較するとシャープネス、コントラストが弱めに感じます。
しかし、一見優しい感じの描写に見えますが、細かな部分まできちんと解像しています。
色合いはナチュラルですが、AEは比較的自然な設定で逆光だと黒つぶれが多めです。
X-T4は明暗差の激しい描写が実に上手でしたが、悪いわけではありません。
α系は総じてレタッチしやすいと感じます。

【操作性】
操作性はαのメニューに慣れた私としては非常に使いやすい。
露出補正なんて、他のカメラも全部こうしてほしいと思うほど好きです。
誤操作もまずありません。
基本的なところはブラインドでも操作可能なレベルになっております。
詳細な設定もマイメニューとFnボタンを併用すれば何ら問題ありません。
NEX時代からずっと使っているので身にしみているせいもありますが、α系に慣れていない人だと結構厳しいかもしれませんね。
でもこれ、どのメーカーのカメラでも慣れていないと難しく感じますよね。
私にはフジのメニューが難解に思えました。

【バッテリー】
Zバッテリー最高です。
本日はRAW+Jpegで330枚撮影して残量78%でした。
十分な容量で日帰りなら予備は不要です。

【携帯性】
これが最高のお気入りポイント。
X-T4から乗り換えた最大の理由がここでした。
α6600は軽くて小さいし、逆にグリップはしっかりとして持ちやすく、携帯性に関してはα6600が優れていると感じます。

【機能性】
手ブレ補正はまぁ効かないですね。
X-T4がめちゃめちゃ効いたので比較にすらなりません。
その他の機能は充実していて、使いこなしが大変なレベルです。

【液晶】
あまり代わり映えしませんね。
どのカメラも似たようなものです。
EVFは左心とは言えないデバイスを使っているようですが、X-T4に比べると自然な感じに見えて、これも変えて良かった点の一つです。

【ホールド感】
大きなグリップが持ちやすく、片手で持った状態で山を歩けます。
しかも軽いので負担感は全くありません。
αのAPS-Cシステムはレンズも軽いものが多く、かなり助かりますね。

【総評】
X-T4から乗り換えて手ブレ補正以外は大満足。
手ブレ補正については、しっかり構えて撮影することで対処可能なので実は大きな問題ではありません。
しかし、α6600のグリップが素晴らしくてここまで違うとは驚くレベルです。X-T4はあの大きなボディをうまく使えていないという見方もでるのかもしれません。

比較製品
富士フイルム > FUJIFILM X-T4 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
スポーツ

参考になった2

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6600 ILCE-6600 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α6600 ILCE-6600 ボディ
SONY

α6600 ILCE-6600 ボディ

最安価格(税込):¥173,800発売日:2019年11月 1日 価格.comの安さの理由は?

α6600 ILCE-6600 ボディをお気に入り製品に追加する <850

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意