『技術の進歩はスゴい!』 CANON EOS 90D ボディ mshsdさんのレビュー・評価

2019年 9月20日 発売

EOS 90D ボディ

  • 有効約3250万画素のCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC 8」を搭載したデジタル一眼レフカメラ。「EOS 80D」の後継機種でハイアマチュア向けモデル。
  • 視野率約100%の光学ファインダーを採用。動く被写体にも高い捕捉性能を発揮する「オールクロス45点AF」に加え、最高約10コマ/秒の高速連写を実現。
  • ファインダー撮影時に被写体の顔を検知して追尾する「EOS iTR AF」が可能。顔検知により人物の合焦率が向上し、動きの速い被写体も高精度に追従する。
EOS 90D ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥144,345

(前週比:-601円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥144,839

JP-TRADE plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥135,800 (14製品)


価格帯:¥144,345〜¥177,400 (35店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥144,347 〜 ¥148,500 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:3440万画素(総画素)/3250万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.3mm×14.8mm/CMOS 重量:619g EOS 90D ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS 90D ボディの価格比較
  • EOS 90D ボディの中古価格比較
  • EOS 90D ボディの買取価格
  • EOS 90D ボディの店頭購入
  • EOS 90D ボディのスペック・仕様
  • EOS 90D ボディの純正オプション
  • EOS 90D ボディのレビュー
  • EOS 90D ボディのクチコミ
  • EOS 90D ボディの画像・動画
  • EOS 90D ボディのピックアップリスト
  • EOS 90D ボディのオークション

EOS 90D ボディCANON

最安価格(税込):¥144,345 (前週比:-601円↓) 発売日:2019年 9月20日

  • EOS 90D ボディの価格比較
  • EOS 90D ボディの中古価格比較
  • EOS 90D ボディの買取価格
  • EOS 90D ボディの店頭購入
  • EOS 90D ボディのスペック・仕様
  • EOS 90D ボディの純正オプション
  • EOS 90D ボディのレビュー
  • EOS 90D ボディのクチコミ
  • EOS 90D ボディの画像・動画
  • EOS 90D ボディのピックアップリスト
  • EOS 90D ボディのオークション

『技術の進歩はスゴい!』 mshsdさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 90D ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:270人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
0件
レンズ
3件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性3
液晶1
ホールド感5
技術の進歩はスゴい!
当機種JPEG撮って出しです。
当機種ライトルームで補正。高画素化の恩恵で階調があるのでJPEGでも充分なレタッチ耐性。
当機種こちらも輝度差のある被写体をJPEG撮って出し。

JPEG撮って出しです。

ライトルームで補正。高画素化の恩恵で階調があるのでJPEGでも充分なレタッチ耐性。

こちらも輝度差のある被写体をJPEG撮って出し。

当機種7D2でこれだけシャドーを持ち上げるとノイズが酷いけど90Dだと何とか耐えられます。
   

7D2でこれだけシャドーを持ち上げるとノイズが酷いけど90Dだと何とか耐えられます。

   

【デザイン】
良くも悪くもキャノンらしいデザインです。
あとはお好みで...笑

【画質】
高感度画質がかなり改善されました。
わたしは7D2との比較なのですが、勝負にならないほど高感度画質は改善されました。
7D2では敬遠していたISO3200が躊躇なく使えます。
NR使用時のディテール喪失も以前に比べると向上し、気にならないレベル、高画素の恩恵もあり、APSであきらめていた階調も滑らかになりJPEGで撮影し後から補正をかけてもそれなりに使えるようになりました。

【操作性】
小さくなったサブ電子ダイヤルの操作以外は、個人的には7D2よりも使いやすいです。

【バッテリー】
とても長持ちします。感覚的には7D2の1.5倍以上長持ちするように感じます。

【携帯性】
KISSなどと比較すれば大きいのですが、十分にコンパクトだと思います。
EOS Rなどのミラーレスの場合、ボディはコンパクトですがレンズが大きいので、セットした状態ではこちらの方が軽くコンパクトに感じますし、なによりバランスがいいので撮りやすいと感じます。

【機能性】
必要にして充分だと感じています。
7D2と比較すると、連射速度の設定やファイル名の設定などなど...欲しいと思う機能もありますが、普段使いには充分です。

【液晶】
個人的な見解ですが、なぜバリアングル???なのです。
例えばライブビューでローアングル狙いの時、レンズの中心にモニターがないことがとても違和感あります。
以前中判カメラなどを使っていた人は、真上から覗いて撮影することに慣れていますし、横に出っ張るバリアングルよりも、三軸チルトの方が絶対的にいいと思います。
ここが唯一で最大の不満点です。

【ホールド感】
5D系や7D系に慣れている人はグリップが細いと感じる思います。
ただ特に親指AFを使用する人は、AFボタンが自然な位置にあるので、是非握ってみて欲しいと思います。
一番使用頻度の高いAFボタンが1DX系に近い操作感であることは非常によく、長時間の撮影でも疲労が少なくてすみます。

【総評】
一眼レフとミラーレスのいいトコ取りしたカメラという噂は本当です。
個人的にはライブビューで使うとAFの食い付き、精度、露出などにおいてEOS R、EOS RPよりも向上したと感じます。
こどもの撮影では、激しく動き回るときは光学ファインダーで、何かに夢中になってじっとしているシーンではライブビュー&電子シャッターでひっそりと...、ファインダーとライブビューを使い分けながら、カメラの設定に気をとられることなくガシガシ撮影しても、補正の効かない失敗は少ないです。
おかげで最高の表情なのに救いようのないアンダー・オーバーで使えないという悔しい思いをせずに済みました。
画質についてわたしは今までフルサイズじゃないと”ダメ!”って決めつけていたのですが、このカメラを使ってAPS-Cもまだまだ捨てたもんじゃないっと思えるようになりました。
いままで7D2は1DX2のテレコン替わりのサブ機的位置付けで、とりあえず写ってないと困る時に仕方なく使っていましたが、90Dならもっと積極的に使ってもいいかな?って思えます。
APS-Cですから、焦点距離の短いレンズを使用した時はレンズの都合もあってイマイチですが、中望遠以上のレンズであれば無理にフルサイズでなくていいかもと思える充分な画質だと感じます。
作例は、絞り優先オート(補正なし)、WBオート(雰囲気重視)、オートライティングオプティマイザー、デジタルレンズオプティマイザーともにOFF。
レンズは17-55の並ズームのため解像力も色乗りもイマイチだと思われる方も多いと思いますがそこはご愛嬌、駄作ですが参考にしていただければ嬉しいです。

最後に作品展などに出展される方にはオススメしませんが、家族の日常や旅行などの記録で失敗したくない人にはオススメです。

主な被写体
人物
風景
室内
スポーツ

参考になった31人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性3
液晶1
ホールド感5
技術の進歩はスゴい!

【デザイン】
良くも悪くもキャノンらしいデザインです。
あとはお好みで...笑

【画質】
高感度画質がかなり改善されました。
わたしは7D2との比較なのですが、勝負にならないほど高感度画質は改善されました。
7D2では敬遠していたISO3200が躊躇なく使えます。
NR使用時のディテール喪失も以前に比べると向上し、気にならないレベル、高画素の恩恵もあり、APSであきらめていた階調も滑らかになりJPEGで撮影し後から補正をかけてもそれなりに使えるようになりました。

【操作性】
小さくなったサブ電子ダイヤルの操作以外は、個人的には7D2よりも使いやすいです。

【バッテリー】
とても長持ちします。感覚的には7D2の1.5倍以上長持ちするように感じます。

【携帯性】
KISSなどと比較すれば大きいのですが、十分にコンパクトだと思います。
EOS Rなどのミラーレスの場合、ボディはコンパクトですがレンズが大きいので、セットした状態ではこちらの方が軽くコンパクトに感じます。

【機能性】
必要にして充分だと感じています。
7D2と比較すると、連射速度の設定やファイル名の設定などなど...欲しいと思う機能もありますが、普段使いには充分です。

【液晶】
個人的な見解ですが、なぜバリアングル???なのです。
例えばライブビューでローアングル狙いの時、レンズの中心にモニターがないことがとても違和感あります。
以前中判カメラなどを使っていた人は、真上から覗いて撮影することに慣れていますし、横に出っ張るバリアングルよりも、三軸チルトの方が絶対的にいいと思います。
ここが唯一で最大の不満点です。

【ホールド感】
5D系や7D系に慣れている人はグリップが細いと感じる思います。
ただ特に親指AFを使用する人は、AFボタンが自然な位置にあるので、是非握ってみて欲しいと思います。
一番使用頻度の高いAFボタンが1DX系に近い操作感であることは非常によく、長時間の撮影でも疲労が少なくてすみます。

【総評】
一眼レフとミラーレスのいいトコ取りしたカメラという噂は本当です。
ライブビューで使うとAFの食い付き、精度、露出などにおいてEOS R、EOS RPよりも向上したと感じます。
特にオート露出は優秀で、今まで逆光で潰れてしまった人物などは顔あわせでそれなりに補正してくれます。
この部分は1DX2よりも確度が高く、積極的にオート露出を使えばスポーツ撮影などでは被写体の向きに関わらず撮影できます。
こどもの撮影では、激しく動き回るときは光学ファインダーで、何かに夢中になってじっとしているシーンではライブビュー&電子シャッターでひっそりと...、ファインダーとライブビューを使い分けながら、カメラの設定に気をとられることなくガシガシ撮影しても、補正の効かない失敗は皆無。
おかげで最高の表情なのにピンボケや救いようのないアンダー・オーバーで使えないという悔しい思いをせずに済みました。
最後に画質ですが、わたしは今までフルサイズじゃないとダメ!っと決めつけていたのですが、このカメラを使ってAPS-Cもまだまだ捨てたもんじゃないっと思えるようになりました。
いままで7D2は1DX2のテレコン替わりのサブ機的位置付けで、とりあえず写ってないと困る時に仕方なく使っていましたが、90Dならもっと積極的に使ってもいいかな?って思えます。
APS-Cですから、焦点距離の短いレンズを使用した時はボケも立体感もイマイチですが、中望遠以上のレンズであれば無理にフルサイズでなくていいかもと思える充分な画質だと感じます。

最後に作品展などに出展される方にはオススメしませんが、家族の日常や旅行などの記録で失敗したくない人にはオススメです。

主な被写体
人物
風景
室内
スポーツ

参考になった16

 
 
 
 
 
 

「EOS 90D ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
スペックだけ見ると見劣りする所があるが…  5 2020年9月7日 08:10
素晴らしいです!  5 2020年8月26日 21:28
スーパーサブ機!  5 2020年7月10日 23:34
やっと本当の60Dが出た(マルコンの意味で)  4 2020年6月28日 00:07
わんこ撮影用途では最高です  5 2020年6月24日 12:50
aps-cの完成形  5 2020年6月18日 22:53
ペンタックスKs-2からのマウント替え  4 2020年5月20日 19:16
いいんだけど、、、  5 2020年4月23日 12:23
使用した感想です  5 2020年4月11日 01:37
後悔ー70Dのままでよかった  1 2020年4月8日 22:55

EOS 90D ボディのレビューを見る(レビュアー数:33人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 90D ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EOS 90D ボディ
CANON

EOS 90D ボディ

最安価格(税込):¥144,345発売日:2019年 9月20日 価格.comの安さの理由は?

EOS 90D ボディをお気に入り製品に追加する <849

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意