『所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…』 iBasso Audio iBasso Audio DC01 組紐屋の竜.さんのレビュー・評価

2019年 8月30日 発売

iBasso Audio DC01

  • 最大384kHz/32bitのPCMと、DSD256×のネイティブ再生に対応するDACケーブルアダプター。端末にイヤホンジャックがなくてもイヤホンで音楽が楽しめる。
  • USB-Cコネクタを採用。多くのAndroidスマートフォン・タブレットと互換性があり、付属のUSBコンバーターを利用することでMacやWindowsのPCと接続できる。
  • DACチップは「AK4493EQ」、ケーブルにはオーディオグレードの8芯タイプを採用。専用アプリの利用で64段階のハードウェアボリュームを実現。
iBasso Audio DC01 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥6,920

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥6,920〜¥7,556 (4店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥6,920 〜 ¥6,920 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ハイレゾ:○ iBasso Audio DC01のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • iBasso Audio DC01の価格比較
  • iBasso Audio DC01の店頭購入
  • iBasso Audio DC01のスペック・仕様
  • iBasso Audio DC01のレビュー
  • iBasso Audio DC01のクチコミ
  • iBasso Audio DC01の画像・動画
  • iBasso Audio DC01のピックアップリスト
  • iBasso Audio DC01のオークション

iBasso Audio DC01iBasso Audio

最安価格(税込):¥6,920 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 8月30日

  • iBasso Audio DC01の価格比較
  • iBasso Audio DC01の店頭購入
  • iBasso Audio DC01のスペック・仕様
  • iBasso Audio DC01のレビュー
  • iBasso Audio DC01のクチコミ
  • iBasso Audio DC01の画像・動画
  • iBasso Audio DC01のピックアップリスト
  • iBasso Audio DC01のオークション

『所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…』 組紐屋の竜.さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

iBasso Audio DC01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:195件
  • 累計支持数:370人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
10件
871件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
531件
イヤホン・ヘッドホン
6件
85件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質4
操作性3
機能性3
所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…
 

 

【デザイン】
シルバーが基調で良いと思います。
【音質】
解像度高めでバランス駆動式なので若干低音域が効いている感じですかね。
音に厚みとかは感じられませんが。
【操作性】
C端子採用のアンドロイド端末に突っ込むだけです。ボリューム調整はアンドロイド端末本体でします。
アンドロイド版 課金TEAC HR player、課金Maiden Audioでは音量1目盛でも音量が取れ過ぎるのでplayストアからiBasso UACをインストールしてバックグラウンドアプリとして音量調整します。
課金 ONKYO HF player、課金ラディウスNE playerなら1メモリでは音量が取れ過ぎる事は無いのでiBasso UACを使わなくても大丈夫ですかね。より細かく音量調節したいならバックグラウンドアプリで使用すると宜しいかと思います。
【機能性】
本体ゲイン調整無し、ボリューム調整無し→アンドロイド端末で音量調整します。C端子のUSBバスパワーのみで駆動。2.5mm4極バランス駆動のみ。
付属USB変換アダプターでPCとのデジタル接続も可能。PCとデジタル接続して音楽鑑賞も可能です。専用ドライバーのインストールは要りません。
【再生環境】
HUAWEI MediaPad M5 WiFiモデル→DC01→ノブナカラボ2.5mm4極端子、オーディオテクニカ A2DCコネクタ、ビスパ 7N相当の純素銅ケーブルで作ったイアホンケーブル→オーテクCKR100他
【総評】
手持ちのC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCでストリーミング再生等を気軽に楽しむ為に試聴して購入しました。
DACチップに旭化成のAK4493EQと拘りのオーディオグレードの8芯ケーブル採用にも興味が有ったので。

価格からすると大変コストパフォーマンスの良いUSBバスパワー方式のDACアンプですね。

ただ、バックグラウンドアプリで音量調節するiBasso UACが使い難く音量を絞り過ぎるとデジタル接続が切断されてしまって、端子を引っこ抜いて再接続するとか、音量が取れ過ぎる再生アプリでは予め音量を絞っておかないと大音量で鳴ったりするので慣れないとバックグラウンド音量調節アプリiBasso UACは使い難くかったりします。

本体のアップデートも株MUSINのホームページより出来るのでアップデートで、もっと使いやすくなれば良いなと思います。

本体で細かく音量調節出来るポタアンとかDAPでは無いのでDAPの変わりにはならないですが(端子も2.5mm4 極端子だけなので…)、C端子採用のイアホン端子の無いアンドロイド端末には安価でコストパフォーマンスの高いバスパワー方式のDACアンプだと思います。

音質は、エントリークラスのバランス駆動式の中華DAPくらいにはグレードアップされる感じですかね。

尚、基本的にこちらのバスパワー方式のDACアンプはC端子のアンドロイド端末用のDACアンプなので、iOSディバス対応のC端子採用のDACアンプでは有りません。
所謂、iOSディバス対応のDACアンプでは無いのでiOSディバスでマトモに動くか分かりません。試してみないと何とも言えませんが…

手持ちのアンドロイド端末で上述したハイレゾ再生アプリでは、音が途中で止まったりする事もなく普通に使えてます。


追記…

たまに曲初でホワイトノイズが入る事が有ります。安価な中華DACアンプなので若干造り込みが甘いところも有りますが、6800円と安かったので許容範囲かな。



では、購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。










参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
音質4
操作性3
機能性3
所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…
 

 

【デザイン】
シルバーが基調で良いと思います。
【音質】
解像度高めでバランス駆動式なので若干低音域が効いている感じですかね。
音に厚みとかは感じられませんが。
【操作性】
C端子採用のアンドロイド端末に突っ込むだけです。ボリューム調整はアンドロイド端末本体でします。
アンドロイド版 課金TEAC HR player、課金Maiden Audioでは音量1目盛でも音量が取れ過ぎるのでplayストアからiBasso UACをインストールしてバックグラウンドアプリとして音量調整します。
課金 ONKYO HF player、課金ラディウスNE playerなら1メモリでは音量が取れ過ぎる事は無いのでiBasso UACを使わなくても大丈夫ですかね。より細かく音量調節したいならバックグラウンドアプリで使用すると宜しいかと思います。
【機能性】
本体ゲイン調整無し、ボリューム調整無し→アンドロイド端末で音量調整します。C端子のUSBバスパワーのみで駆動。2.5mm4極バランス駆動のみ。
付属USB変換アダプターでPCとのデジタル接続も可能。PCとデジタル接続して音楽鑑賞も可能です。専用ドライバーのインストールは要りません。
【再生環境】
HUAWEI MediaPad M5 WiFiモデル→DC01→ノブナカラボ2.5mm4極端子、オーディオテクニカ A2DCコネクタ、ビスパ 7N相当の純素銅ケーブルで作ったイアホンケーブル→オーテクCKR100他
【総評】
手持ちのC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCでストリーミング再生等を気軽に楽しむ為に試聴して購入しました。
DACチップに旭化成のAK4493EQと拘りのオーディオグレードの8芯ケーブル採用にも興味が有ったので。

価格からすると大変コストパフォーマンスの良いUSBバスパワー方式のDACアンプですね。

ただ、バックグラウンドアプリで音量調節するiBasso UACが使い難く音量を絞り過ぎるとデジタル接続が切断されてしまって、端子を引っこ抜いて再接続するとか、音量が取れ過ぎる再生アプリでは予め音量を絞っておかないと大音量で鳴ったりするので慣れないとバックグラウンド音量調節アプリiBasso UACは使い難くかったりします。

本体のアップデートも株MUSINのホームページより出来るのでアップデートで、もっと使いやすくなれば良いなと思います。

本体で細かく音量調節出来るポタアンとかDAPでは無いのでDAPの変わりにはならないですが(端子も2.5mm4 極端子だけなので…)、C端子採用のイアホン端子の無いアンドロイド端末には安価でコストパフォーマンスの高いバスパワー方式のDACアンプだと思います。

音質は、エントリークラスのバランス駆動式の中華DAPくらいにはグレードアップされる感じですかね。

尚、基本的にこちらのバスパワー方式のDACアンプはC端子のアンドロイド端末用のDACアンプなので、iOSディバス対応のC端子採用のDACアンプでは有りません。
所謂、iOSディバス対応のDACアンプでは無いのでiOSディバスでマトモ動くか分かりません。試してみないと何とも言えませんが手持ちのアンドロイド端末では音が途中で止まったりする事もなく普通に使えてます。



では、購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。





参考になった1

満足度4
デザイン5
音質4
操作性3
機能性3
所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…
 

 

【デザイン】
シルバーが基調で良いと思います。
【音質】
解像度高めでバランス駆動式なので若干低音域が効いている感じですかね。
音に厚みとかは感じられませんが。
【操作性】
C端子採用のアンドロイド端末に突っ込むだけです。ボリューム調整はアンドロイド端末本体でします。
アンドロイド版 課金TEAC HR player、課金Maiden Audioでは音量1目盛でも音量が取れ過ぎるのでplayストアからiBasso UACをインストールしてバックグラウンドアプリとして音量調整します。
課金 ONKYO HF player、課金ラディウスNE playerなら1メモリでは音量が取れ過ぎる事は無いのでiBasso UACを使わなくても大丈夫ですかね。より細かく音量調節したいならバックグラウンドアプリで使用すると宜しいかと思います。
【機能性】
本体ゲイン調整無し、ボリューム調整無し→アンドロイド端末で音量調整します。C端子のUSBバスパワーのみで駆動。2.5mm4極バランス駆動のみ。
付属USB変換アダプターでPCとのデジタル接続も可能。PCとデジタル接続して音楽鑑賞も可能です。専用ドライバーのインストールは要りません。
【再生環境】
HUAWEI MediaPad M5 WiFiモデル→DC01→ノブナカラボ2.5mm4極端子、オーディオテクニカ A2DCコネクタ、ビスパ 7N相当の純素銅ケーブルで作ったイアホンケーブル→オーテクCKR100他
【総評】
手持ちのC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCでストリーミング再生等を気軽に楽しむ為に試聴して購入しました。
DACチップに旭化成のAK4493EQと拘りのオーディオグレードの8芯ケーブル採用にも興味が有ったので。

価格からすると大変コストパフォーマンスの良いUSBバスパワー方式のDACアンプですね。

ただ、バックグラウンドアプリで音量調節するiBasso UACが使い難く音量を絞り過ぎるとデジタル接続が切断されてしまって、端子を引っこ抜いて再接続するとか、音量が取れ過ぎる再生アプリでは予め音量を絞っておかないと大音量で鳴ったりするので慣れないとバックグラウンド音量調節アプリiBasso UACは使い難くかったりします。

本体のアップデートも株MUSINのホームページより出来るのでアップデートで、もっと使いやすくなれば良いなと思います。

本体で細かく音量調節出来るポタアンとかDAPでは無いのでDAPの変わりにはならないですが(端子も2.5mm4 極端子だけなので…)、C端子採用のイアホン端子の無いアンドロイド端末には安価でコストパフォーマンスの高いバスパワー方式のDACアンプだと思います。

音質は、エントリークラスのバランス駆動式の中華DAPくらいにはグレードアップされる感じですかね。

尚、基本的にこちらのバスパワー方式のDACアンプはC端子のアンドロイド端末用のDACアンプなので、iOSディバス対応のC端子採用のDACアンプでは有りません。
所謂、iOSディバス対応のDACアンプでは無いのでiOSディバスでマトモ動く可能性が乏しいと言う事です。
又、iOSディバス対応のDACアンプではないのでiOSディバスでの動作保証とかは有りません。


では、購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。

参考になった1

満足度4
デザイン5
音質4
操作性3
機能性3
所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…
 

 

【デザイン】
シルバーが基調で良いと思います。
【音質】
解像度高めでバランス駆動式なので若干低音域が効いている感じですかね。
音に厚みとかは感じられませんが。
【操作性】
C端子採用のアンドロイド端末に突っ込むだけです。ボリューム調整はアンドロイド端末本体でします。
アンドロイド版 課金TEAC HR player、課金Maiden Audioでは音量1目盛でも音量が取れ過ぎるのでplayストアからiBasso UACをインストールしてバックグラウンドアプリとして音量調整します。
課金 ONKYO HF player、課金ラディウスNE playerなら1メモリでは音量が取れ過ぎる事は無いのでiBasso UACを使わなくても大丈夫ですかね。より細かく音量調節したいならバックグラウンドアプリで使用すると宜しいかと思います。
【機能性】
本体ゲイン調整無し、ボリューム調整無し→アンドロイド端末で音量調整します。C端子のUSBバスパワーのみで駆動。2.5mm4極バランス駆動のみ。
【再生環境】
HUAWEI MediaPad M5 WiFiモデル→DC01→ノブナカラボ2.5mm4極端子、オーディオテクニカ A2DCコネクタ、ビスパ 7N相当の純素銅ケーブルで作ったイアホンケーブル→オーテクCKR100他
【総評】
手持ちのC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCでストリーミング再生等を気軽に楽しむ為に試聴して購入しました。
DACチップに旭化成のAK4493EQと拘りのオーディオグレードの8芯ケーブル採用にも興味が有ったので。

価格からすると大変コストパフォーマンスの良いUSBバスパワー方式のDACアンプですね。

ただ、バックグラウンドアプリで音量調節するiBasso UACが使い難く音量を絞り過ぎるとデジタル接続が切断されてしまって、端子を引っこ抜いて再接続するとか、音量が取れ過ぎる再生アプリでは予め音量を絞っておかないと大音量で鳴ったりするので慣れないとバックグラウンド音量調節アプリiBasso UACは使い難くかったりします。

本体のアップデートも株MUSINのホームページより出来るのでアップデートで、もっと使いやすくなれば良いなと思います。

本体で細かく音量調節出来るポタアンとかDAPでは無いのでDAPの変わりにはならないですが(端子も2.5mm4 極端子だけなので…)、C端子採用のイアホン端子の無いアンドロイド端末には安価でコストパフォーマンスの高いバスパワー方式のDACアンプだと思います。

音質は、エントリークラスのバランス駆動式の中華DAPくらいにはグレードアップされる感じですかね。

尚、基本的にこちらのバスパワー方式のDACアンプはC端子のアンドロイド端末用のDACアンプなので、iOSディバス対応のC端子採用のDACアンプでは有りません。
所謂、iOSディバス対応のDACアンプでは無いのでiOSディバスでマトモ動く可能性が乏しいと言う事です。
又、iOSディバス対応のDACアンプではないのでiOSディバスでの動作保証とかは有りません。


では、購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。

参考になった0

満足度4
デザイン5
音質4
操作性3
機能性3
所有のC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCに…
 

 

【デザイン】
シルバーが基調で良いと思います。
【音質】
解像度高めでバランス駆動式なので若干低音域が効いている感じですかね。
音に厚みとかは感じられませんが。
【操作性】
C端子採用のアンドロイド端末に突っ込むだけです。ボリューム調整はアンドロイド端末本体でします。
アンドロイド版 課金TEAC HR player、課金Maiden Audioでは音量1目盛でも音量が取れ過ぎるのでplayストアからiBasso UACをインストールしてバックグラウンドアプリとして音量調整します。
課金 ONKYO HF player、課金ラディウスNE playerなら1メモリでは音量が取れ過ぎる事は無いのでiBasso UACを使わなくても大丈夫ですかね。より細かく音量調節したいならバックグラウンドアプリで使用すると宜しいかと思います。
【機能性】
本題ゲイン調整無し、ボリューム調整無し→アンドロイド端末で音量調整します。C端子のUSBバスパワーのみで駆動。2.5mm4極バランス駆動のみ。
【再生環境】
HUAWEI MediaPad M5 WiFiモデル→DC01→ノブナカラボ2.5mm4極端子、オーディオテクニカ A2DCコネクタ、ビスパ 7N相当の純素銅ケーブルで作ったイアホンケーブル→オーテクCKR100他
【総評】
手持ちのC端子のイアホン端子の無いアンドロイドタブレットPCでストリーミング再生等を気軽に楽しむ為に試聴して購入しました。
DACチップに旭化成のAK4493EQと拘りのオーディオグレードの8芯ケーブル採用にも興味が有ったので。

価格からすると大変コストパフォーマンスの良いUSBバスパワー方式のDACアンプですね。

ただ、バックグラウンドアプリで音量調節するiBasso UACが使い難く音量を絞り過ぎるとデジタル接続が切断されてしまって、端子を引っこ抜いて再接続するとか、音量が取れ過ぎる再生アプリでは予め音量を絞っておかないと大音量で鳴ったりするので慣れないとバックグラウンド音量調節アプリiBasso UACは使い難くかったりします。

本体のアップデートも株MUSINのホームページより出来るのでアップデートで、もっと使いやすくなれば良いなと思います。

本体で音量調節出来るポタアンとかDAPでは無いのでDAPの変わりにはならないですが(端子も2.5mm4 極端子だけなので…)、C端子採用のイアホン端子の無いアンドロイド端末には安価でコストパフォーマンスの高いバスパワー方式のDACアンプだと思います。

音質は、エントリークラスのバランス駆動式の中華DAPくらいにはグレードアップされる感じですかね。


では、購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。

参考になった0

あなたのレビューを投稿しませんか?

iBasso Audio DC01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

iBasso Audio DC01
iBasso Audio

iBasso Audio DC01

最安価格(税込):¥6,920発売日:2019年 8月30日 価格.comの安さの理由は?

iBasso Audio DC01をお気に入り製品に追加する <110

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
viibee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意