『遂にコスパ最強スマホを手に入れてしまった!!』 ASUS ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック] inoko.comさんのレビュー・評価

ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]

180度回転フリップカメラ搭載のSIMフリースマホ

最安価格(税込): ¥70,792〜 登録価格一覧(27店舗)
発売日:2019年 8月23日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 9.0 販売時期:2019年夏モデル 画面サイズ:6.4インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:5000mAh ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ASUS > ZenFone 6 128GB SIMフリー > ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]

『遂にコスパ最強スマホを手に入れてしまった!!』 inoko.comさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
7件
デジタル一眼カメラ
1件
3件
カーナビ
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
遂にコスパ最強スマホを手に入れてしまった!!
別機種普通に画面を見てると気にならないが、反射部分は端が数ミリ浮いてます
   

普通に画面を見てると気にならないが、反射部分は端が数ミリ浮いてます

   

まず簡単に私のスマホに関する自己紹介と購入に至った経緯などです
基本的にSIM2枚差しドコモFOMA+IIJデータで運用中

私の欲しい機能
1DSDS
2USBタイプC

格安SIMを使い始めた2016年頃、スマホバッテリー容量が少なくガラケー+タブレットの2台持ちでした
その時気になったのがASUS
PC自作するのでマザーボードブランドからzenfone登場が気になってました
Amazonで見つけた台湾版「3」の使い心地の良さと安定感からキャリア端末に見切りをつけけました
その後「4」
ノッチデザインが流行り大画面化された「5」
そして日本発売から3日目に初めてスマホを衝動買いした「6」

私の楽しみは、
買う前に気になる全端末の情報(機能やスペック、サイズや価格等)を収集しスペック比較一覧表を作り、同時にメーカーや端末の特徴等、今後の流れを予測し、私流の使い方を考えて端末を選ぶ事です

価格コム等の評価も考慮し十分納得した上でコスパを優先して端末を選びます
私はかなり慎重派!
ケチでは無いけど安くて良い物は好きです
そんなことからZenfone沼から抜けらずにいますが、決して信者ではないです!


さてココから本題に入ります


遂にコスパ最強と言えるスマホを手に入れた気分です。
ZENFONE6は全方位の利便性を追求して、全ての期待に答えるスマホです
つまり、世界中の誰が使ってもすんごい使いやすいスマホを目指していて、新しいOS、セキュリティ対応、独自UIも優れていると思います(私感です)


この端末の購入動機は
1,フリップカメラの可能性
2,バッテリー5000mAh、
3,SIM2枚+SD1枚同時利用可能なトリプルスロット
4,ナノエッジ+ノッチレス画面
5,SND855の世界最高スペック
更にシリーズ4台使用のASUSへの信頼感

追記)2019年からgoogleドライブ100G無料券は無しでした


価格は高いですが、コスパは最強といえます
IIJでは「5000円引き+5000円のギフト券付き」慎重派の私は買う店もじっくり検討して保証も含めて選びます


【OS進化でセットアップが簡単】

Googleバックアップを復元してセットアップ完了までは数分、すると前機種5でインストール済アプリも見事に復元されスタンバイOK
心配された基盤不良(初期不良)はなくSND855の恩恵で処理速度や立上りは超高速だと実感した
アプリのログインや引継ぎの必要なLINEやゲームアプリはお好きなタイミングでOK
SIMを入れて電話1、データ2を選んで接続完了
あ〜、なんて楽ちんだ

【デザイン】
素晴らしい。けど画面に丸みがあるのでフィルムを貼ると端が浮く
私はTPUケースつけるので素材の耐久性だけ求めちゃう
ケースは裸より断然持ちやすく、衝撃緩和のため必須です

【携帯性】
この大きさに慣れて手に馴染んでいる
使いやすいスマホはどれも大画面で、3あたりから幅は殆ど変わらない
3:幅73.9(mm)
4:幅75.2
5:幅75.6
6:幅75.4
前機種5と比較すると25g重くなっているが、それ以上のズッシリ感がある

【操作性】
大画面スマホは片手操作出来ない
ホームダブルタップで操作領域が変更出来るが、小さいとタップミスが増えるのであまり使わない
一番使うホームと戻るボタン、アプリの下配置、これだと右上にあるスマートキーが遠く押しにくい
個人的にサイドボタンはもう少し下、又は左サイドでもOK

【レスポンス】
旧端末でも大きな不満はなく、今は快適この上ないです
5の場合、ストレージ空き容量が残り2GBでもレスポンスは悪くない
SDは未使用、現在選定中

【画面表示】
画面が大きく、とても綺麗です
屋外でも室内でも調光自動で見やすい。たまに手がかかったりして暗くなる時があるが輝度センサーが働いているのが実感できる

【バッテリー】
これが最大の購入動機です
5の1.5倍の容量とは嬉しい


追記)発熱ロスは5より多い気がする
5より性能が高いので単純では無いが、充電を気にする回数は減ったし、十分に長持ちしてると思います

【カメラ】
フリップカメラも購入動機の一つ

早速、白熱ライトがおしゃれなスペインバルでパノラマ撮影しました!
7人テーブル端に座り、正面の友人からフリップカメラが180度して私まで
カメラの動きに驚く仲間「何じゃこりゃ〜!」といってる間に撮影終了、画像に一同感動!!
今後の活躍が目に浮かぶ‥

基本的な撮影はAIオート
感動レベルではないが5より格段に使いやすく画質は同サイズでも綺麗!

撮影は
左からタイムラプス、スローモーション、モーショントラッキング、動画、写真(デフォルト)、ポートレート、パノラマ、夜景、PROをフリック切替可能

運動会などの動きモノや望遠では一眼レフを使いますが、スマホ写真→googleフォトに自動アップロードが楽ちんなので普段の一眼レフの出番が更に減りそう

心配な点はフリップ動作の耐久性
落下時の収納動作は期待してないので気をつけて使います

【総評】
Zenfone6は本当にほしかった機能が揃いつつあります
価格が少し高いのはzenfoneらしくないですが、私の中でSIMフリースマホのコスパは最強です!
トリプルスロットはかなり嬉しい誤算でした

残念な点、防水防塵、Felicaが未搭載
Felicaに関しては必要性は低く、未搭載でも問題はありません。世界でICカード、チップを使う人が増えれば搭載されるだろうけど今はNFCまでかな!?
おかげでコード決済が増えて、LINEpay、paypayの使い勝手は向上中
私は車移動が多く出張時以外は電車を殆ど使わないのでSUICAやID、クレジット決済などの使用頻度は少ない人ですが、
6はハイスペックなのでFelica搭載を期待してましたが、次の楽しみが出来たってことでOKです
よくここまでやったな!と褒めてやりたい!(上から目線でごめん)
今後の期待も含めて☆6点です。

私自身、カカクコムのレビューを参考に商品選びをして役立ててきましたので、私のレビューでも参考になる人がいれば幸いです。
長くなりましたが読んでくれた人、ありがとう。

参考になった75人(再レビュー後:46人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
この欲望は抑えられない!遂にコスパ最強スマホを手に入れました
別機種普通に画面を見てると気にならないが、反射部分は端が数ミリ浮いてます
   

普通に画面を見てると気にならないが、反射部分は端が数ミリ浮いてます

   

まず簡単に私のスマホに関する自己紹介と購入に至った経緯などです
基本的にSIM2枚差しドコモFOMA+IIJデータで運用しています

私の欲しい機能
1DSDS
2USBタイプC

3年程前、格安SIMを使い始めた頃はスマホバッテリー容量が少なくガラケー+タブレットの2台持ちでした
その時気になってたのがASUS
PC自作時にマザーボードブランドからzenfone登場で気にはなってました
Amazonで見つけた台湾版「3」は、その使い心地の良さと安定感からキャリア端末に見切りをつけけました
その後「4」
ノッチデザインが流行り大画面化された「5」
そして日本発売から3日目に初めてスマホを衝動買いしたのが「6」

私の買う前の楽しみは、
気になる全端末の情報(機能やスペック、サイズや価格等)をネットで収集しスペック比較一覧表を作り、同時にメーカーや端末の特徴を知り、今後の予測をする事で私流の使い方を考えて端末を選ぶ事です

価格コム等の評価も考慮し十分納得した上でコスパを優先して端末を選びます
私はかなり慎重派!
ケチでは無いけど安くて良い物は好きです
そんなことからZenfone沼から抜けらずにいますが、決して信者ではないです!


さてココから本題に入ります


遂にコスパ最強と言えるスマホを手に入れた気分です。
ZENFONE6は全方位の利便性を追求して、全ての期待に答えるスマホです
つまり、誰が使ってもすんごい使いやすいスマホで、新しいOS、セキュリティへ対応、独自のUIも優れていると思います


この端末の購入動機は
1,フリップカメラの可能性
2,バッテリー5000mAh、
3,SIM2枚+SD1枚同時利用可能なトリプルスロット
4,ナノエッジ+ノッチレス画面
5,SND855の世界最高スペック
6,Googleドライブ100GB1年間無料
更にシリーズ4台使用のASUSへの信頼感

価格は高いですが、コスパは最強といえます
IIJでは「5000円引き+5000円のギフト券付き」ケチで慎重派の私は買う店も慎重に検討して保証も含めて選びます


【OS進化でセットアップが簡単】

Googleバックアップを復元してセットアップ完了までは数分、すると前機種5でインストール済アプリも見事に復元されスタンバイOK
心配された基盤不良(初期不良)もなくSND855の恩恵で処理速度や立上りは超高速だと実感した
アプリのログインや引継ぎの必要なLINEやゲームアプリはお好きなタイミングでOK
あ〜、なんて楽ちんだ

【デザイン】
素晴らしい。けど画面に丸みがあるのでフィルムを貼ると端が浮く
私はTPUケースつけるので素材の耐久性だけ求めちゃう
ケースは裸より断然持ちやすく、衝撃緩和のため必須です

【携帯性】
この大きさに慣れて手に馴染んでいる
使いやすいスマホはどれも大画面で、3あたりから幅は殆ど変わらない
3:幅73.9(mm)
4:幅75.2
5:幅75.6
6:幅75.4
前機種5と比較すると25g重くなっているが、それ以上のズッシリ感がある

【操作性】
大画面スマホは片手操作出来ない
ホームダブルタップで操作領域が変更出来るが、小さいとタップミスが増えるのであまり使わない
一番使うホームと戻るボタン、アプリの下配置、これだと右上にあるスマートキーが遠く押しにくい
個人的にサイドボタンはもう少し下、又は左サイドでもOK

【レスポンス】
旧端末でも大きな不満はなく、今は快適この上ないです
5の場合、ストレージ空き容量が残り2GBでもレスポンスはそれほど悪くない
SDは未使用、現在選定中

【画面表示】
画面が大きく、とても綺麗です。
屋外でも室内でも調光自動で見やすい。たまに手がかかったりして暗くなる時があるが輝度センサーが働いているのが実感できる。

【バッテリー】
これが最大の購入動機です
5の1.5倍の容量とは嬉しすぎる
液晶表示の時間を気にせず使える、充電を気にする回数は確実に減る

【カメラ】
フリップカメラも購入動機の一つ

早速、白熱ライトがおしゃれなスペインバルでパノラマ撮影しました!
7人テーブル端に座り、正面の友人からフリップカメラが180度して私まで
カメラの動きに驚く仲間「何じゃこりゃ〜!」といってる間に撮影終了、画像に一同感動!!
今後の活躍が目に浮かぶ‥

基本的な撮影はAIオート
感動レベルではないが5より格段に使いやすく画質は同サイズでも綺麗!

撮影は
左からタイムラプス、スローモーション、モーショントラッキング、動画、写真(デフォルト)、ポートレート、パノラマ、夜景、PROをフリック切替可能

運動会などの動きモノや望遠では一眼レフを使いますが、スマホ写真→googleフォトに自動アップロードが楽ちんなので普段の一眼レフの出番が更に減りそう

心配な点はフリップ動作の耐久性
落下時の収納動作はあまり期待してないので気をつけて使います

【総評】
Zenfone6は本当にほしかった機能が揃いつつあります
価格が少し高いのはzenfoneらしくないですが、私の中でSIMフリースマホのコスパは最強です!
トリプルスロットはかなり嬉しい誤算でした

残念な点、防水防塵、Felicaが未搭載。
Felicaに関しては必要性は低く、未搭載でも問題はありません
おかげでコード決済が増えて、LINEpay、paypayの使い勝手は向上中!
私は車移動が多く出張時以外は電車を殆ど使わないのでSUICAやID、クレジット決済などの使用頻度は少ない人ですが、
6はハイスペックなのでFelica搭載を期待してました。でも次の楽しみが出来たってことでOKです
これらの部分ではまだまだ可能性を残しつつも、一方でよくここまでやったな!と褒めてやりたい!(上から目線でごめん)
今後の期待も含めて☆6点です。

私自身、カカクコムのレビューを参考に商品選びをして役立ててきましたので、私のレビューでも参考になる人がいれば幸いです。
長くなりましたが読んでくれた人、ありがとう。

参考になった0

満足度5
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
遂にコスパ最強スマホを手に入れました

まず簡単に私のスマホに関する自己紹介と購入に至った経緯などです
基本的にSIM2枚差しドコモFOMA+IIJデータで運用しています

私の欲しい機能
1DSDS
2USBタイプC

3年程前、格安SIMを使い始めた頃はスマホバッテリー容量が少なくガラケー+タブレットの2台持ちでした
その時気になってたのがASUS
PC自作時にマザーボードブランドからzenfone登場で気にはなってました
Amazonで見つけた台湾版「3」は、その使い心地の良さと安定感からキャリア端末に見切りをつけけました
その後「4」
ノッチデザインが流行り大画面化された「5」
そして日本発売から3日目に初めてスマホを衝動買いしたのが「6」

私の買う前の楽しみは、
気になる全端末の情報(機能やスペック、サイズや価格等)をネットで収集しスペック比較一覧表を作り、同時にメーカーや端末の特徴を知り、今後の予測をする事で私流の使い方を考えて端末を選ぶ事です

価格コム等の評価も考慮し十分納得した上でコスパを優先して端末を選びます
私はかなり慎重派!
ケチでは無いけど安くて良い物は好きです
そんなことからZenfone沼から抜けらずにいますが、決して信者ではないです!


さてココから本題に入ります


遂にコスパ最強と言えるスマホを手に入れた気分です。
ZENFONE6は全方位の利便性を追求して、全ての期待に答えるスマホです
つまり、誰が使ってもすんごい使いやすいスマホで、新しいOS、セキュリティへ対応、独自のUIも優れていると思います


この端末の購入動機は
1,フリップカメラの可能性
2,バッテリー5000mAh、
3,SIM2枚+SD1枚同時利用可能なトリプルスロット
4,ナノエッジ+ノッチレス画面
5,SND855の世界最高スペック
6,Googleドライブ100GB1年間無料
更にシリーズ4台使用のASUSへの信頼感

価格は高いですが、コスパは最強といえます
IIJでは「5000円引き+5000円のギフト券付き」ケチで慎重派の私は買う店も慎重に検討して保証も含めて選びます


【OS進化でセットアップが簡単】

Googleバックアップを復元してセットアップ完了までは数分、すると前機種5でインストール済アプリも見事に復元されスタンバイOK
心配された基盤不良(初期不良)もなくSND855の恩恵で処理速度や立上りは超高速だと実感した
アプリのログインや引継ぎの必要なLINEやゲームアプリはお好きなタイミングでOK
あ〜、なんて楽ちんだ

【デザイン】
素晴らしい。けど画面に丸みがあるのでフィルムを貼ると端が浮く
私はTPUケースつけるので素材の耐久性だけ求めちゃう
ケースは裸より断然持ちやすく、衝撃緩和のため必須です

【携帯性】
この大きさに慣れて手に馴染んでいる
使いやすいスマホはどれも大画面で、3あたりから幅は殆ど変わらない
3:幅73.9(mm)
4:幅75.2
5:幅75.6
6:幅75.4
前機種5と比較すると25g重くなっているが、それ以上のズッシリ感がある

【操作性】
大画面スマホは片手操作出来ない
ホームダブルタップで操作領域が変更出来るが、小さいとタップミスが増えるのであまり使わない
一番使うホームと戻るボタン、アプリの下配置、これだと右上にあるスマートキーが遠く押しにくい
個人的にサイドボタンはもう少し下、又は左サイドでもOK

【レスポンス】
旧端末でも大きな不満はなく、今は快適この上ないです
5の場合、ストレージ空き容量が残り2GBでもレスポンスはそれほど悪くない
SDは未使用、現在選定中

【画面表示】
画面が大きく、とても綺麗です。
屋外でも室内でも調光自動で見やすい。たまに手がかかったりして暗くなる時があるが輝度センサーが働いているのが実感できる。

【バッテリー】
これが最大の購入動機です
5の1.5倍の容量とは嬉しすぎる
液晶表示の時間を気にせず使える、充電を気にする回数は確実に減る

【カメラ】
フリップカメラも購入動機の一つ

早速、白熱ライトがおしゃれなスペインバルでパノラマ撮影しました!
7人テーブル端に座り、正面の友人からフリップカメラが180度して私まで
カメラの動きに驚く仲間「何じゃこりゃ〜!」といってる間に撮影終了、画像に一同感動!!
今後の活躍が目に浮かぶ‥

基本的な撮影はAIオート
感動レベルではないが5より格段に使いやすく画質は同サイズでも綺麗!

撮影は
左からタイムラプス、スローモーション、モーショントラッキング、動画、写真(デフォルト)、ポートレート、パノラマ、夜景、PROをフリック切替可能

運動会などの動きモノや望遠では一眼レフを使いますが、スマホ写真→googleフォトに自動アップロードが楽ちんなので普段の一眼レフの出番が更に減りそう

心配な点はフリップ動作の耐久性
落下時の収納動作はあまり期待してないので気をつけて使います

【総評】
Zenfone6は本当にほしかった機能が揃いつつあります
価格が少し高いのはzenfoneらしくないですが、私の中でSIMフリースマホのコスパは最強です!
トリプルスロットはかなり嬉しい誤算でした

残念な点、防水防塵、Felicaが未搭載。
Felicaに関しては必要性は低く、未搭載でも問題はありません
おかげでコード決済が増えて、LINEpay、paypayの使い勝手は向上中!
私は車移動が多く出張時以外は電車を殆ど使わないのでSUICAやID、クレジット決済などの使用頻度は少ない人ですが、
6はハイスペックなのでFelica搭載を期待してました。でも次の楽しみが出来たってことでOKです
これらの部分ではまだまだ可能性を残しつつも、一方でよくここまでやったな!と褒めてやりたい!(上から目線でごめん)
今後の期待も含めて☆6点です。

私自身、カカクコムのレビューを参考に商品選びをして役立ててきましたので、私のレビューでも参考になる人がいれば幸いです。
長くなりましたが読んでくれた人、ありがとう。

参考になった29

「ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]
ASUS

ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]

発売日:2019年 8月23日

ZenFone 6 128GB SIMフリー [ミッドナイトブラック]をお気に入り製品に追加する <142

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意