『それなりです・・・』 SONY サイバーショット DSC-RX100M7 クルマいじり大好きさんのレビュー・評価

2019年 8月30日 発売

サイバーショット DSC-RX100M7

  • フルサイズミラーレス一眼「α9」と同等の高速・AF性能を持つコンパクトカメラ。メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を搭載。
  • 高精度なAF/AE追従を可能にした最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影や、最高90コマ/秒の速度で撮影するワンショット連続撮影ができる。
  • AIにより動体を高精度に追従し続ける「リアルタイムトラッキング」や「リアルタイム瞳AF(動物対応含む)」にも対応。
サイバーショット DSC-RX100M7 製品画像

プロダクトアワード2019

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥125,992

(前週比:-2,609円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥126,800

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥111,100 (17製品)


価格帯:¥125,992〜¥159,500 (50店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥125,992 〜 ¥143,550 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2100万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:8倍 撮影枚数:260枚 サイバーショット DSC-RX100M7のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • サイバーショット DSC-RX100M7の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M7の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M7の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M7の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M7のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M7の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M7のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M7のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M7の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M7のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M7のオークション

サイバーショット DSC-RX100M7SONY

最安価格(税込):¥125,992 (前週比:-2,609円↓) 発売日:2019年 8月30日

  • サイバーショット DSC-RX100M7の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M7の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M7の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M7の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M7のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M7の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M7のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M7のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M7の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M7のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M7のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX100M7

『それなりです・・・』 クルマいじり大好きさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M7のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
2件
プリンタ
0件
3件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
それなりです・・・

【デザイン】
クルマにしろカメラにしろデザインが購入動機の半分くらいはあるわけです。当該カメラに限らずα7シリーズがダントツに売れるのも性能以外に垢抜けたデザインにあると思われ。
当該カメラもああだこうだ、四の五の言う以前にデザインが魅力的なわけであります。もちろん人それぞれ好みも異るわけで、GRVやTZ95やG9Xでしたっけ?が好みな人がいても全く不思議ではありません。

【画質】
α7RVがメインで当該機種をサブに持ち出していますが、やはりというか当然というかフルサイズ4200万画素のα7RVのかわりにはなりません。ええ、まず解像感、自然な色表現、暗所性能(ノイズ)がまるっきし違いますゆえ。ホッ・・・
細かいことは気にしない性格なんですが、やはりセンサーサイズの壁はそうとう高く厚いことを再確認することになります。
一時はRX100シリーズの評判があまりにもよろしいので、もう重い一眼は捨ててRX100シリーズにしようかと真剣に悩んだものですが、『ああ、早まって一眼捨てないでほんとにほんとによかった〜』と思う一瞬でした。かわりに今までのサブのα6000をドナドナしようかとも思いましたが、これはこれでオールドレンズ遊びにコンパクトで便利なので捨てられないし。
ちなみに画質比較は並べて比べると細部に目がいき評価眼が狂いますゆえパッと見で感じることが大切だと思います。

【操作性】
小さいので難しいのでしょうが、ISO感度の設定ダイヤルがほしいです。それ以外はαシリーズに慣れているせいか特に難儀しませんでした。ISO感度の設定はα7シリーズと同じになるようにコントロールホイールの右側に設定しました。Cボタンがゴミ箱ボタンのみなのでカスタマイズはあまりできません。
MF時、コントロールリングの左回りと右回りで減速比が異なるような動きをします。ピントを外したときに逆回りで戻すとかなり多めに回さないとジャスピンになりません。(ような気がする)コントロールリングに遊びがあるのかな〜

【バッテリー】
αシリーズのバッテリーの持ちを知っていれば特に不満は感じません。メニューをあれこれいじっているだけでどんどん減っていくのも同じです。予備バッテリーは必要です。モバイルバッテリーを外部電源として利用できるのはα同様で心強いです。

【携帯性】
言わずもがな、携帯性はバツグンです。めちゃ小さいので手のひらに入ってしまいます。最初は小さすぎてオロオロしましたが、慣れたらいつも左手に握っていたいと思うようになりました。大きさといい重量感といい、非常に心地いいです。

【機能性】
リアルタイムトラッキングは素晴らしいですね。一度食いついた対象は放しません。α7RVにも欲しい機能です。
ちなみに通常、静物以外は AF-Cでフォーカスエリアは「トラッキング:フレキシブルスポットM」にしています。

【液晶】
老眼が入っているので何万画素だろうと知ったことではありませぬ。全体像さえ確認できればいいです。たまに物撮りで DMFやMFを使いますが、そのときは EVFを使います。

【ホールド感】
小さいので握るというよりツマム感じですかね。しかたないでしょう。

【その他】
(1) 圧縮RAWがないのでRAWのファイルサイズが大きいです。α7RVの圧縮RAWと同じくらいで約20MBあります。連写の足を引っ張るので圧縮プロセスを省いたのかもしれませんね。
(2) 小さいのにけっこう重量があり、またスベスベの表面塗装でもあり、不器用な小生なら間違いなく落として泣くはめになりそうなので純正の縦型ケース LCS-RXG(キャメル色)を買いました。ええ、ピッタシで高級感もあります。ストラップは同梱品のあの携帯ストラップのようなのが邪魔にならずいいです。Peak Designの CUFFもつけてみましたが大げさ過ぎて CUFFにカメラが付いているような感じでイマイチです。結局、携帯電話用のハンドストラップがよろしいのではないかと。気張って高級なハンドストラップをつけてもアンバランスで「アチャー、やっちまった」になります。なにせごく小さいカメラですから。

【総評】
スマホのカメラの性能があがってきている上にホワイトバランスとノイズ処理がかなり巧みで強めにシャープネスをかけているので一見スマホの写真のほうがシャープできれいに見えますが、当該カメラでRAWで撮り、入念に現像をしてシャープネスを強めにかけると「ああ、やっぱりこっちのほうがいいじゃん」とわかります。逆にフルサイズやAPS-Cと比べると当然ながら少々質感に欠けノッペリとした感じでやはり不利です。
とはいえ、AFバツグンで24mm広角から200mm望遠までレンズ交換不要で、鬼連写、積層型CMOSでブラックアウトフリー、道具としてかなり上質、小さく軽く携帯性も最高なわけです。
α7RV+巨大な SEL24105Gを持ち出すのが億劫or気恥ずかしい場面が多いので重宝しています。

【追記】
RX100Zとは直接関係ない情報ですが、東洋経済2019年7月6日号に「ソニーに学べ」という特集記事があるのですが、その中で SONYはNVIDIAと提携してCMOSの中にAIを担う機能を作り込み、写ったものが人なのかクルマなのかの判断とか標識を認識したりするエッジAIを開発しているとありました。元はカメラ(写真機)ではなくクルマの自動運転やADAS用途を目的としていますが、その技術がカメラ(写真機)のCMOSにも落ちてくると考えるのが自然です。SONYの独走は留まることがないですね。

【追記の追記】
しばらく絞り優先(A)で撮っていましたが、RAWでもAUTO(おまかせオート)やSCN(シーンセレクション)が使えることを知り使ってみたところ、とても良い驚きの色調なのです。Lightroomであれこれいじるよりよっぽどいいのです。今はもうAUTOで撮っています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった26人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
それなりです・・・

【デザイン】
クルマにしろカメラにしろデザインが購入動機の半分くらいはあるわけです。当該カメラに限らずα7シリーズがダントツに売れるのも性能以外に垢抜けたデザインにあると思われ。
当該カメラもああだこうだ、四の五の言う以前にデザインが魅力的なわけであります。もちろん人それぞれ好みも異るわけで、GRVやTZ95やG9Xでしたっけ?が好みな人がいても全く不思議ではありません。

【画質】
α7RVがメインで当該機種をサブに持ち出していますが、やはりというか当然というかフルサイズ4200万画素のα7RVのかわりにはなりません。ええ、まず解像感、自然な色表現、暗所性能(ノイズ)がまるっきし違いますゆえ。ホッ・・・
細かいことは気にしない性格なんですが、やはりセンサーサイズの壁はそうとう高く厚いことを再確認することになります。
一時はRX100シリーズの評判があまりにもよろしいので、もう重い一眼は捨ててRX100シリーズにしようかと真剣に悩んだものですが、『ああ、早まって一眼捨てないでほんとにほんとによかった〜』と思う一瞬でした。かわりに今までのサブのα6000をドナドナしようかとも思いましたが、これはこれでオールドレンズ遊びにコンパクトで便利なので捨てられないし。
ちなみに画質比較は並べて比べると細部に目がいき評価眼が狂いますゆえパッと見で感じることが大切だと思います。

【操作性】
小さいので難しいのでしょうが、ISO感度の設定ダイヤルがほしいです。それ以外はαシリーズに慣れているせいか特に難儀しませんでした。ISO感度の設定はα7シリーズと同じになるようにコントロールホイールの右側に設定しました。Cボタンがゴミ箱ボタンのみなのでカスタマイズはあまりできません。
MF時、コントロールリングの左回りと右回りで減速比が異なるような動きをします。ピントを外したときに逆回りで戻すとかなり多めに回さないとジャスピンになりません。(ような気がする)コントロールリングに遊びがあるのかな〜

【バッテリー】
αシリーズのバッテリーの持ちを知っていれば特に不満は感じません。メニューをあれこれいじっているだけでどんどん減っていくのも同じです。予備バッテリーは必要です。モバイルバッテリーを外部電源として利用できるのはα同様で心強いです。

【携帯性】
言わずもがな、携帯性はバツグンです。めちゃ小さいので手のひらに入ってしまいます。最初は小さすぎてオロオロしましたが、慣れたらいつも左手に握っていたいと思うようになりました。大きさといい重量感といい、非常に心地いいです。

【機能性】
リアルタイムトラッキングは素晴らしいですね。一度食いついた対象は放しません。α7RVにも欲しい機能です。
ちなみに通常、静物以外は AF-Cでフォーカスエリアは「トラッキング:フレキシブルスポットM」にしています。

【液晶】
老眼が入っているので何万画素だろうと知ったことではありませぬ。全体像さえ確認できればいいです。たまに物撮りで DMFやMFを使いますが、そのときは EVFを使います。

【ホールド感】
小さいので握るというよりツマム感じですかね。しかたないでしょう。

【その他】
(1) 圧縮RAWがないのでRAWのファイルサイズが大きいです。α7RVの圧縮RAWと同じくらいで約20MBあります。連写の足を引っ張るので圧縮プロセスを省いたのかもしれませんね。
(2) 小さいのにけっこう重量があり、またスベスベの表面塗装でもあり、不器用な小生なら間違いなく落として泣くはめになりそうなので純正の縦型ケース LCS-RXG(キャメル色)を買いました。ええ、ピッタシで高級感もあります。ストラップは同梱品のあの携帯ストラップのようなのが邪魔にならずいいです。Peak Designの CUFFもつけてみましたが大げさ過ぎて CUFFにカメラが付いているような感じでイマイチです。結局、携帯電話用のハンドストラップがよろしいのではないかと。気張って高級なハンドストラップをつけてもアンバランスで「アチャー、やっちまった」になります。なにせごく小さいカメラですから。

【総評】
スマホのカメラの性能があがってきている上にホワイトバランスとノイズ処理がかなり巧みで強めにシャープネスをかけているので一見スマホの写真のほうがシャープできれいに見えますが、当該カメラでRAWで撮り、入念に現像をしてシャープネスを強めにかけると「ああ、やっぱりこっちのほうがいいじゃん」とわかります。逆にフルサイズやAPS-Cと比べると当然ながら少々質感に欠けノッペリとした感じでやはり不利です。
とはいえ、AFバツグンで24mm広角から200mm望遠までレンズ交換不要で、鬼連写、積層型CMOSでブラックアウトフリー、道具としてかなり上質、小さく軽く携帯性も最高なわけです。
α7RV+巨大な SEL24105Gを持ち出すのが億劫or気恥ずかしい場面が多いので重宝しています。

【追記】
RX100Zとは直接関係ない情報ですが、東洋経済2019年7月6日号に「ソニーに学べ」という特集記事があるのですが、その中で SONYはNVIDIAと提携してCMOSの中にAIを担う機能を作り込み、写ったものが人なのかクルマなのかの判断とか標識を認識したりするエッジAIを開発しているとありました。元はカメラ(写真機)ではなくクルマの自動運転やADAS用途を目的としていますが、その技術がカメラ(写真機)のCMOSにも落ちてくると考えるのが自然です。SONYの独走は留まることがないですね。

【追記の追記】
・小さいので普通に持つと意図せずボタンやホイールを押してしまう。それを避けるには上面と下面をつまむようにしないとならない。しかたないですね。
・露出補正が一発でできない。Fnまたはメニューでしかできないので撮影時に「えっ、えっ、えっ、?」とアタフタしてしまう。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった8

満足度4
デザイン4
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
それなりです・・・

【デザイン】
クルマにしろカメラにしろデザインが購入動機の半分くらいはあるわけです。当該カメラに限らずα7シリーズがダントツに売れるのも性能以外に垢抜けたデザインにあると思われ。
当該カメラもああだこうだ、四の五の言う以前にデザインが魅力的なわけであります。もちろん人それぞれ好みも異るわけで、GRVやTZ95やG9Xでしたっけ?が好みな人がいても全く不思議ではありません。

【画質】
α7RVがメインで当該機種をサブに持ち出していますが、やはりというか当然というかフルサイズ4200万画素のα7RVのかわりにはなりません。ええ、まず解像感、自然な色表現、暗所性能(ノイズ)がまるっきし違いますゆえ。ホッ・・・
細かいことは気にしない性格なんですが、やはりセンサーサイズの壁はそうとう高く厚いことを再確認することになります。
一時はRX100シリーズの評判があまりにもよろしいので、もう重い一眼は捨ててRX100シリーズにしようかと真剣に悩んだものですが、『ああ、早まって一眼捨てないでほんとにほんとによかった〜』と思う一瞬でした。かわりに今までのサブのα6000をドナドナしようかとも思いましたが、これはこれでオールドレンズ遊びにコンパクトで便利なので捨てられないし。
ちなみに画質比較は並べて比べると細部に目がいき評価眼が狂いますゆえパッと見で感じることが大切だと思います。

【操作性】
小さいので難しいのでしょうが、ISO感度の設定ダイヤルがほしいです。それ以外はαシリーズに慣れているせいか特に難儀しませんでした。ISO感度の設定はα7シリーズと同じになるようにコントロールホイールの右側に設定しました。Cボタンがゴミ箱ボタンのみなのでカスタマイズはあまりできません。
MF時、コントロールリングの左回りと右回りで減速比が異なるような動きをします。ピントを外したときに逆回りで戻すとかなり多めに回さないとジャスピンになりません。(ような気がする)コントロールリングに遊びがあるのかな〜

【バッテリー】
αシリーズのバッテリーの持ちを知っていれば特に不満は感じません。メニューをあれこれいじっているだけでどんどん減っていくのも同じです。予備バッテリーは必要です。モバイルバッテリーを外部電源として利用できるのはα同様で心強いです。

【携帯性】
言わずもがな、携帯性はバツグンです。めちゃ小さいので手のひらに入ってしまいます。最初は小さすぎてオロオロしましたが、慣れたらいつも左手に握っていたいと思うようになりました。大きさといい重量感といい、非常に心地いいです。

【機能性】
リアルタイムトラッキングは素晴らしいですね。一度食いついた対象は放しません。α7RVにも欲しい機能です。
ちなみに通常、静物以外は AF-Cでフォーカスエリアは「トラッキング:フレキシブルスポットM」にしています。

【液晶】
老眼が入っているので何万画素だろうと知ったことではありませぬ。全体像さえ確認できればいいです。たまに物撮りで DMFやMFを使いますが、そのときは EVFを使います。

【ホールド感】
小さいので握るというよりツマム感じですかね。しかたないでしょう。

【その他】
(1) 圧縮RAWがないのでRAWのファイルサイズが大きいです。α7RVの圧縮RAWと同じくらいで約20MBあります。連写の足を引っ張るので圧縮プロセスを省いたのかもしれませんね。
(2) 小さいのにけっこう重量があり、またスベスベの表面塗装でもあり、不器用な小生なら間違いなく落として泣くはめになりそうなので純正の縦型ケース LCS-RXG(キャメル色)を買いました。ええ、ピッタシで高級感もあります。ストラップは同梱品のあの携帯ストラップのようなのが邪魔にならずいいです。Peak Designの CUFFもつけてみましたが大げさ過ぎて CUFFにカメラが付いているような感じでイマイチです。結局、携帯電話用のハンドストラップがよろしいのではないかと。気張って高級なハンドストラップをつけてもアンバランスで「アチャー、やっちまった」になります。なにせごく小さいカメラですから。

【総評】
スマホのカメラの性能があがってきている上にホワイトバランスとノイズ処理がかなり巧みで強めにシャープネスをかけているので一見スマホの写真のほうがシャープできれいに見えますが、当該カメラでRAWで撮り、入念に現像をしてシャープネスを強めにかけると「ああ、やっぱりこっちのほうがいいじゃん」とわかります。逆にフルサイズやAPS-Cと比べると当然ながら少々質感に欠けノッペリとした感じでやはり不利です。
とはいえ、AFバツグンで24mm広角から200mm望遠までレンズ交換不要で、鬼連写、積層型CMOSでブラックアウトフリー、道具としてかなり上質、小さく軽く携帯性も最高なわけです。
α7RV+巨大な SEL24105Gを持ち出すのが億劫or気恥ずかしい場面が多いので重宝しています。

【追記】
RX100Zとは直接関係ない情報ですが、東洋経済2019年7月6日号に「ソニーに学べ」という特集記事があるのですが、その中で SONYはNVIDIAと提携してCMOSの中にAIを担う機能を作り込み、写ったものが人なのかクルマなのかの判断とか標識を認識したりするエッジAIを開発しているとありました。元はカメラ(写真機)ではなくクルマの自動運転やADAS用途を目的としていますが、その技術がカメラ(写真機)のCMOSにも落ちてくると考えるのが自然です。SONYの独走は留まることがないですね。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった9

満足度4
デザイン4
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
それなりです・・・

【デザイン】
クルマにしろカメラにしろデザインが購入動機の半分くらいはあるわけです。当該カメラに限らずα7シリーズがダントツに売れるのも性能以外に垢抜けたデザインにあると思われ。
当該カメラもああだこうだ、四の五の言う以前にデザインが魅力的なわけであります。もちろん人それぞれ好みも異るわけで、GRVやTZ95やG9Xでしたっけ?が好みな人がいても全く不思議ではありません。

【画質】
α7RVがメインで当該機種をサブに持ち出していますが、やはりというか当然というかα7RVのかわりにはなりません。明るい条件ではよろしいのですがちょっと暗い条件ではノイズが気になりザラザラ感が拭えません。例えば夕日を入れた逆光のショットでは当然のごとく風景はアンダーになるわけですが、Lightroomでシャドウを持ち上げるとアンダー部分のノイズが酷いのでノイズの除去をするわけです。そうすると解像感が低下するので使い物にならなくなるわけです。RAWの現像時、暗部の耐性が弱いのもいただけません。JPEGで撮影しへんにいじらないのがこのカメラの王道なのかもしれません。
細かいことは気にしない性格なんですが、やはりセンサーサイズの壁はそうとう高く厚いことを再確認することになります。

【操作性】
小さいので難しいのでしょうが、ISO感度の設定ダイヤルがほしいです。それ以外はαシリーズに慣れているせいか特に難儀しませんでした。ISO感度の設定はα7シリーズと同じになるようにコントロールホイールの右側に設定しました。Cボタンがゴミ箱ボタンのみなのでカスタマイズはあまりできません。
MF時、コントロールリングの左回りと右回りで減速比が異なるような動きをします。ピントを外したときに逆回りで戻すとかなり多めに回さないとジャスピンになりません。(ような気がする)コントロールリングに遊びがあるのかな〜

【バッテリー】
αシリーズのバッテリーの持ちを知っていれば特に不満は感じません。メニューをあれこれいじっているだけでどんどん減っていくのも同じです。予備バッテリーは必要です。モバイルバッテリーを外部電源として利用できるのはα同様で心強いです。

【携帯性】
言わずもがな、携帯性はバツグンです。めちゃ小さいので手のひらに入ってしまいます。最初は小さすぎてオロオロしましたが、慣れたらいつも左手に握っていたいと思うようになりました。大きさといい重量感といい、非常に心地いいです。

【機能性】
リアルタイムトラッキングは素晴らしいですね。一度食いついた対象は放しません。α7RVにも欲しい機能です。
ちなみに通常、静物以外は AF-Cでフォーカスエリアは「トラッキング:フレキシブルスポットM」にしています。

【液晶】
老眼が入っているので何万画素だろうと知ったことではありませぬ。全体像さえ確認できればいいです。たまに物撮りで DMFやMFを使いますが、そのときは EVFを使います。

【ホールド感】
小さいので握るというよりツマム感じですかね。しかたないでしょう。

【その他】
(1) 圧縮RAWがないのでRAWのファイルサイズが大きいです。α7RVの圧縮RAWと同じくらいで約20MBあります。連写の足を引っ張るので圧縮プロセスを省いたのかもしれませんね。
(2) 小さいのにけっこう重量があり、またスベスベの表面塗装でもあり、不器用な小生なら間違いなく落として泣くはめになりそうなので純正の縦型ケース LCS-RXG(キャメル色)を買いました。ええ、ピッタシで高級感もあります。ストラップは同梱品のあの携帯ストラップのようなのが邪魔にならずいいです。Peak Designの CUFFもつけてみましたが大げさ過ぎて CUFFにカメラが付いているような感じでイマイチです。結局、携帯電話用のハンドストラップがよろしいのではないかと。気張って高級なハンドストラップをつけてもアンバランスで「アチャー、やっちまった」になります。なにせごく小さいカメラですから。

【総評】
スマホのカメラの性能があがってきている上にホワイトバランスとノイズ処理がかなり巧みで強めにシャープネスをかけているので一見スマホの写真のほうがシャープできれいに見えますが、当該カメラでRAWで撮り、入念に現像をしてシャープネスを強めにかけると「ああ、やっぱりこっちのほうがいいじゃん」とわかります。逆にフルサイズやAPS-Cと比べると当然ながら少々質感に欠けノッペリとした感じでやはり不利です。
とはいえ、AFバツグンで24mm広角から200mm望遠までレンズ交換不要で、鬼連写、積層型CMOSでブラックアウトフリー、道具としてかなり上質、小さく軽く携帯性も最高なわけです。
α7RV+巨大な SEL24105Gを持ち出すのが億劫or気恥ずかしい場面が多いので重宝しています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「サイバーショット DSC-RX100M7」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ベストコンデジ  5 2020年3月24日 02:02
旅行にも使えます。  5 2020年3月20日 20:48
正常進化の最終形態かもしれない。  5 2020年3月13日 22:52
スマホ以上、デジタル一眼未満の常用出来るコンデジ  5 2020年3月8日 17:01
中途半端です  3 2020年2月27日 15:52
次女が海外旅行に持っていきますが、小生も使いたいな〜ぁ!?  5 2020年1月15日 07:57
登山で風景なら使える1台。  4 2020年1月14日 13:26
それなりです・・・  4 2020年1月12日 12:50
キヤノン(G7X)から戻ってきました  4 2020年1月7日 06:31
約14万円の価値はある  4 2019年12月6日 13:56

サイバーショット DSC-RX100M7のレビューを見る(レビュアー数:20人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M7のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

サイバーショット DSC-RX100M7
SONY

サイバーショット DSC-RX100M7

最安価格(税込):¥125,992発売日:2019年 8月30日 価格.comの安さの理由は?

サイバーショット DSC-RX100M7をお気に入り製品に追加する <1312

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意