『GT4は個人的に楽しめる範囲のクルマで楽しい』 ポルシェ 718 ケイマンGT4 2019年モデル ファンタグレープさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ポルシェ > 718 ケイマンGT4 2019年モデル

『GT4は個人的に楽しめる範囲のクルマで楽しい』 ファンタグレープさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

718 ケイマンGT4 2019年モデルのレビューを書く

ファンタグレープさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
21件
レンズ
2件
15件
自動車(本体)
1件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格4
GT4は個人的に楽しめる範囲のクルマで楽しい

987.2ボクスターMT、991.2カレラSPDKからの、718GT4への乗り換えましての感想です。

【エクステリア】
スポーツカーらしいスタイルで視覚的に刺激がありますね。車高の低さと大きなウイングは街中ではやや悪目立ちする感もありますが、ワインディングや車好きの集まる趣味の場に持ち込むとケイマンブランドとして控えめな点も含め思ったより大人しくも映ります。

【インテリア】
アルカンターラでまとめられた室内は過去の車に比べ狭く暗く閉塞感があるかと思いきや、リアハッチまでの空間があるため2シーターにしては明るく逆に広く感じます。ボクスターやスパイダーで2名乗車するとポーチの置き場もないところ、こちらはバックやジャケットまで室内から後部に置くことができます。
BOSEオプションは、この車では快速走行時は全く無効ですが、渋滞などでもとてもスッキリとした抜けのよい耳に心地よい音を流してくれます。

【エンジン性能】
4Lエンジンは低回転ではイージードライブ感が強く、トルクの立上りもスムーズで荒々しさを想像するGT系を疑うほどエンジンはマイルドで、逆に主張が薄い感ががありました。慣らし中や街乗りでは、気分が高揚する要素は少ないところありますが、ショートシフトのマニュアル操作の楽しさがそれを補ってくれます。
4千回転以上では、ポルシェフラット6を存分に楽しませてくれます。アクセルのとおりリニアに反応するNAエンジンは、991.2のターボエンジンからNAに戻って良かったと納得の快感、乗るたびに満足感が高く、すぐにお腹いっぱいになります。

【走行性能】
クラッチは987より軽く、繋ぎはマイルドでダイレクト感が少なく感じました。最大の美徳はやはりコーナリング。ミッドシップならではのスッキリした軽やかなコーナリングのヌケ感は抜群、上着を1枚脱いだ身軽さでヒラリヒラリと、気負わず楽に走れるところ最高です。知らないうちにどんどんペースが上がってしまうのが毎度の反省ですが、これはもうどうしようもありません。。

【乗り心地】
標準で車高調がセットアップされていますが、思ったほどガチガチではありません。標準のCUP2タイヤも思ったよりしなやかです。しかし大きな入力をいなすキャパは全くなく、跳ねることはないですが体幹にGがガツンと跳ね返ってきますので助手席のお方は特に辛いかもです。

【燃費】
街乗り2、高速5、ワインディング3で、8-9km/l程度です。街中流しているとメーター読みで4km/l台です。

【価格】
バーゲンプライスとまでは感じませんが、役付きとしては破格かもです。

【総評】
GT4はロードカーとして全体の性能を感じて楽しめる範囲ギリギリのクルマのような気がしています。NAでマニュアルのポルシェに乗りたい方はには兎に角おすすめすですが、マックスバリューを求める方はやはり911GT3系でしょう。
P.S.
最近はアクラポのリンクパイプを装着しました。低回転からのトルクアップとなによりの快音、乗るたびに痺れています(笑)

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格4
GT4は個人的に楽しめる範囲のクルマで楽しい

987.2ボクスターMT、991.2カレラSPDKからの、500km走行の718GT4への乗り換えの感想です。

【エクステリア】
スポーツカーらしいスタイルで視覚的な刺激が強めです。車高の低さとウイングが街中では悪目立ちする感がありますが、趣味の場に持ち込むとケイマンブランドとして控えめにも映ります。

【インテリア】
アルカンターラでまとめられた室内は暗いかと思いきや、リアハッチまでの空間があるためか2シーターにしては明るく広く感じます。スパイダーでは2名乗車するとポーチの置き場もないところ、こちらはジャケットまで室内からリアに置くことができます。
BOSEオプションは走行時は全く無効ですが、渋滞では満足できる仕事をしてくれます。

【エンジン性能】
4Lエンジンは低回転ではイージードライブ感が強くGT系を疑うほどエンジンの主張が薄い感ががあります。その点、慣らし中や街乗りでは気分が高揚する要素は少ないものです。
しかし、4千回転以上で走れるステージになると、そのエンジンレスポンスと同GTSよりやや固めのショートシフトが、フラット6を存分に楽しませてくれます。NA好きには堪らないこの時間は最高です。繰り返してしまうシフト操作は快楽の追求へと本能的なものとなってしまいます。(笑)

【走行性能】
クラッチは987より軽く、繋ぎはマイルドでダイレクト感が少ないです。シフト中の回転落ちも今ひとつなのでリズムが悪く上述のとおり街中では今ひとつです。最大の美徳はやはりコーナリング。ミッドシップならではのスッキリしたコーナリングのヌケ感は抜群、上着を1枚脱いだような身軽さと気軽さでヒラリヒラリと、気負わず楽に走れるところ速度に関係なく最高です。

【乗り心地】
標準で車高調がセットアップされていますが、思ったほどガチガチではありません。CUP2タイヤも思ったよりしなやかです。しかし大きな入力をいなすキャパは全くなく、跳ねることはないですが体幹にガツンとGが跳ね返ってきます。

【燃費】
街乗り2、高速5、ワインディング3で8-9km/l程度です。街中流しているとメーター読みで4km/l台です。

【価格】
バーゲンプライスとまでは感じませんが、役付きとしては破格かもです。

【総評】
GT系として煮詰め上げたクルマではないところはありますが、全体の性能を感じて楽しめる範囲の中にあるギリギリのクルマのような気がします。NAでマニュアルのポルシェに乗りたい方はには、おすすめすですが、マックスバリューを求める方はやはり911GT系でしょう。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
中古車

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「718 ケイマンGT4 2019年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
GT4は個人的に楽しめる範囲のクルマで楽しい  5 2022年11月25日 10:14
運転の楽しさは多分世界一  5 2022年2月1日 19:14
MRの楽しさ  5 2021年2月1日 00:21
初めてのミッドシップ  5 2020年5月13日 10:33

718 ケイマンGT4 2019年モデルのレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

718 ケイマンGT4 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

718 ケイマンGT4 2019年モデル
ポルシェ

718 ケイマンGT4 2019年モデル

新車価格:1377〜1878万円

中古車価格:1400〜1538万円

718 ケイマンGT4 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <6

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

718ケイマンGT4の中古車 (7物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意