『新定番レンズの大本命かも!』 富士フイルム フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR ダポンさんのレビュー・評価

2019年 9月26日 発売

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR

  • 5倍ズームを備えたXシリーズ用標準ズームレンズ。広角から中望遠までの焦点距離全域で、開放F値4の明るさを実現。
  • 6.0段手ブレ補正機能を搭載し、手持ちによる夜景撮影や室内撮影でも独自の「X-Trans CMOSセンサー」の性能を引き出し、高画質な写真撮影ができる。
  • 一般的な35mm判ミラーレスデジタルカメラ用3倍ズームレンズとほぼ同等の質量・全長ながら、より幅広い焦点距離をカバーする5倍ズームが可能。
フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥89,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥89,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥88,800 (2製品)


価格帯:¥89,000〜¥110,001 (29店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥105,000

店頭参考価格帯:¥89,000 〜 ¥90,900 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:標準ズーム 焦点距離:16〜80mm 重量:440g 対応マウント:Xマウント系 フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの価格比較
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの中古価格比較
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの買取価格
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの店頭購入
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのスペック・仕様
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのレビュー
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのクチコミ
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの画像・動画
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのピックアップリスト
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのオークション

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR富士フイルム

最安価格(税込):¥89,000 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 9月26日

  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの価格比較
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの中古価格比較
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの買取価格
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの店頭購入
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのスペック・仕様
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのレビュー
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのクチコミ
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRの画像・動画
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのピックアップリスト
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのオークション

『新定番レンズの大本命かも!』 ダポンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:173人
  • ファン数:47人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2739件
レンズ
4件
226件
自動車(本体)
0件
64件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
新定番レンズの大本命かも!
当機種写真1 (JPEG:PROVIA)
当機種写真2 (JPEG:PROVIA)
別機種写真3 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)

写真1 (JPEG:PROVIA)

写真2 (JPEG:PROVIA)

写真3 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)

当機種写真4 (JPEG:ASTIA)
別機種写真5 等倍切出 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)
当機種写真6 等倍切出 (JPEG:ASTIA)

写真4 (JPEG:ASTIA)

写真5 等倍切出 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)

写真6 等倍切出 (JPEG:ASTIA)

XF16-80mmF4の開発が発表されてからしばらく、
待てども待てどもなかなか発売にならないので、
ものは試しと今年の5月にXF18-135mmF3.5-5.6を買ってみたところ、
僕の予想を裏切る描写の良さにすっかりこのレンズを気に入ってしまい、
約5ヶ月間、風景撮影のメインレンズとして活躍してもらいました。

ただこのXF18-135mmF3.5-5.6の素晴しい描写はF8以上に絞ってからで、
F5.6あたりの描写は少々心許ないものだったんですよね。

XF18-135mmF3.5-5.6にXF16-55mmF2.8も所有していますので、
今となっては僕にXF16-80mmF4は不要かもなぁ、とも考えましたが、
メーカーサンプルなどによるとこの辺りが改善されている感じがしましたので、
XF18-135mmF3.5-5.6を下取りに、XF16-80mmF4を購入しました。

それでは、主にXF18-135mmF3.5-5.6との比較という視点でレビューしてみます。


【操作性】
やはり絞りリングに値が刻印されているのは使い勝手に優れますね。
絞りとピントのリングの回転フィールは雑味もなく上々。
絞りリングの感触はXF18-135mmF3.5-5.6よりもややねっとりとしていて、
F2単焦点シリーズのそれに近いものがあります。

【携帯性】
XF18-135mmF3.5-5.6と同等、としか書きようがないかな(^_^;)
撮影に持ち出すレンズとして好ましいサイズ感だと思います。

【機能性】
手振れ補正スイッチが無くなったことがトピックですが、
僕の愛機X-H1の場合はカメラ側で機能のオンオフが可能なので、
三脚での使用おける懸念も、まったく気にする必要なし。

手振れ補正機能が三脚使用時に逆に悪さをすることがないのか?については、
他の方のレビューや書き込みをご参照ください。

【表現力】
XF18-135mmとの比較で特筆すべきは、画面内の画質の均質性の高さ。
XF16-80mmF4の解像感は、中央から周辺部まで安定した素晴らしいものです。
この均質性の高さは、ボケの描写の素直さにも繋がっている感じがします。
XF16-80mmF4の描写はまとまりの良い非常に好ましいものです(*^_^*)

XF16-55mmF2.8と比べると、色ノリの良さはXF16-55mmのほうが上かな?
まだXF16-80mmF4とXF16-55mmF2.8を直接比較して撮影していないので、
後日時間があれば試してみようと思います。

(※広角端の画質について、最後に追記あり。)


以下、掲載した写真について順番に。

≪写真1≫
遠景の描写、とても良いですね(*^_^*)
画面中央と周囲との画質の均質性が高いのが非常に好ましいです。

このレンズでの初撮りは奈良県宇陀市の鳥見山でした。
雲海の名所にて雲海を待つも出会うこと叶わずでしたが、
なんとも素晴しい光芒を堪能することができました(*^_^*)


≪写真2≫
近景の描写も文句なし。
ピント面からボケに至る際の像の溶け方も自然でとても好ましいもの。
質感描写も、ものの質感の違いがきちんと表現されていて素晴らしい。
フジノンレンズらしい発色の良さは言わずもがな、ですね(*^_^*)


≪写真3≫ XF18-135mmF3.5-5.6
風景撮影ではホントに使い勝手の良い描写です。
画面中央の解像感が高いのが特徴なのですが、意地悪な見方をすれば、
描写の線が少し太くて、デジタル臭がちょっと強めかも?

ただ、XF18-135mmF3.5-5.6の本領が発揮されるのは絞りF8からで、
F5.6のこの写真では、画面周辺部のボケの描写などにやや難が見られます。


≪写真4≫
ピントの位置がちょっと怪しいのはご勘弁を<(_ _)>
まだまだ使い始めたばかりで検証中なのですが、
僕のこのレンズは少しだけ後ピンの傾向があるみたいです。

描写のほうは文句なし。
風景撮りだけならばXF18-135mmF3.5-5.6くらいの解像感が好ましいのかも、
でも僕は、XF16-80mmF4の描写の線の細さが気に入りました。
XF18-135mmF3.5-5.6をポートレイトに使おうとは思いませんでしたが、
XF16-80mmF4の描写なら使ってみるのもアリかなと思います。


≪写真5≫ XF18-135mmF3.5-5.6
写真3の画面右上の等倍切出しです。
周辺部の像の流れや、明るい背景の中にある細い枝の色ズレなど、
XF18-135mmF3.5-5.6の残念な部分がすべて表れてしまっています。

XF18-135mmF3.5-5.6の絞りF8での描写はホントに素晴らしいのですが、
絞りを開けていくと、画面周辺部の画質が徐々に落ちてきてしまいます。
それでも写真の主題を置くことの多い画面中央の画質は高いままなので、
写真表現という意味では困ることはあまりなかったのですが、
このレンズの唯一とも言えるこの欠点がずっと気になっていました。


≪写真6≫
写真4の画面右上の等倍切出しです。
僕がXF18-135mmF3.5-5.6に感じていた不満がすべて見事に解決されています。
これに期待してXF16-80mmF4を買ったので、この結果には大満足です(*^_^*)


【総評】
高い描写力とレンズのサイズ感のバランスが最高です♪
しばらくすれば価格もこなれてくるでしょうから、
Xの新定番レンズとなることは間違いなし!だと思います(*^_^*)


【再レビュー追記】
画面内の画質の均質性が高いとレビューしましたが、
実は、広角端の16mmだけはそうでもないので、追記します。

XF16-80mmF4の16mmの画質は、
広角が本職のXF10-24mmF4の16mmには及ばないし、
XF16-55mmF2.8の16mmにも劣ります。
正直言って、過度に期待してはいけません。

とは言え、全然ダメってわけでもないのですが、
もうちょっと頑張ってほしかったかなぁ、
と思ってしまったのも事実です。

まぁ、価格とサイズのバランスを考えると、
このくらいの画質が落としどころだったんでしょう。

レビュー記事では画像を6枚しか掲載できませんので、
クチコミ掲示板のほうにより詳しく記載しました。
よろしければ、こちらもご覧ください。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001175406/SortID=22999099/#tab

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった36人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
新定番レンズの大本命かも!
当機種写真1 (JPEG:PROVIA)
当機種写真2 (JPEG:PROVIA)
別機種写真3 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)

写真1 (JPEG:PROVIA)

写真2 (JPEG:PROVIA)

写真3 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)

当機種 写真4 (JPEG:ASTIA)
別機種写真5 等倍切出 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)
当機種写真6 等倍切出 (JPEG:ASTIA)

写真4 (JPEG:ASTIA)

写真5 等倍切出 XF18-135mmF3.5-5.6 (JPEG:ASTIA)

写真6 等倍切出 (JPEG:ASTIA)

XF16-80mmF4の開発が発表されてからしばらく、
待てども待てどもなかなか発売にならないので、
ものは試しと今年の5月にXF18-135mmF3.5-5.6を買ってみたところ、
僕の予想を裏切る描写の良さにすっかりこのレンズを気に入ってしまい、
約5ヶ月間、風景撮影のメインレンズとして活躍してもらいました。

ただこのXF18-135mmF3.5-5.6の素晴しい描写はF8以上に絞ってからで、
F5.6あたりの描写は少々心許ないものだったんですよね。

XF18-135mmF3.5-5.6にXF16-55mmF2.8も所有していますので、
今となっては僕にXF16-80mmF4は不要かもなぁ、とも考えましたが、
メーカーサンプルなどによるとこの辺りが改善されている感じがしましたので、
XF18-135mmF3.5-5.6を下取りに、XF16-80mmF4を購入しました。

それでは、主にXF18-135mmF3.5-5.6との比較という視点でレビューしてみます。


【操作性】
やはり絞りリングに値が刻印されているのは使い勝手に優れますね。
絞りとピントのリングの回転フィールは雑味もなく上々。
絞りリングの感触はXF18-135mmF3.5-5.6よりもややねっとりとしていて、
F2単焦点シリーズのそれに近いものがあります。

【携帯性】
XF18-135mmF3.5-5.6と同等、としか書きようがないかな(^_^;)
撮影に持ち出すレンズとして好ましいサイズ感だと思います。

【機能性】
手振れ補正スイッチが無くなったことがトピックですが、
僕の愛機X-H1の場合はカメラ側で機能のオンオフが可能なので、
三脚での使用おける懸念も、まったく気にする必要なし。

手振れ補正機能が三脚使用時に逆に悪さをすることがないのか?については、
他の方のレビューや書き込みをご参照ください。

【表現力】
XF18-135mmとの比較で特筆すべきは、画面内の画質の均質性の高さ。
流石に望遠端の80mmでは画面中央に比べると周辺の解像感は落ちますが、
XF16-80mmF4の解像感は、中央から周辺部まで安定した素晴らしいものです。
この均質性の高さは、ボケの描写の素直さにも繋がっている感じがします。

ピント面の解像感が絞り開放から高いので、ボケの素直さと相まって、
XF16-80mmF4の描写はまとまりの良い非常に好ましいものです(*^_^*)

XF16-55mmF2.8と比べると、色ノリの良さはXF16-55mmのほうが上かな?
まだXF16-80mmF4とXF16-55mmF2.8を直接比較して撮影していないので、
後日時間があれば試してみようと思います。


以下、掲載した写真について順番に。

≪写真1≫
遠景の描写、とても良いですね(*^_^*)
画面中央と周囲との画質の均質性が高いのが非常に好ましいです。

このレンズでの初撮りは奈良県宇陀市の鳥見山でした。
雲海の名所にて雲海を待つも出会うこと叶わずでしたが、
なんとも素晴しい光芒を堪能することができました(*^_^*)


≪写真2≫
近景の描写も文句なし。
ピント面からボケに至る際の像の溶け方も自然でとても好ましいもの。
質感描写も、ものの質感の違いがきちんと表現されていて素晴らしい。
フジノンレンズらしい発色の良さは言わずもがな、ですね(*^_^*)


≪写真3≫ XF18-135mmF3.5-5.6
風景撮影ではホントに使い勝手の良い描写です。
画面中央の解像感が高いのが特徴なのですが、意地悪な見方をすれば、
描写の線が少し太くて、デジタル臭がちょっと強めかも?

ただ、XF18-135mmF3.5-5.6の本領が発揮されるのは絞りF8からで、
F5.6のこの写真では、画面周辺部のボケの描写などにやや難が見られます。


≪写真4≫
ピントの位置がちょっと怪しいのはご勘弁を<(_ _)>
まだまだ使い始めたばかりで検証中なのですが、
僕のこのレンズは少しだけ後ピンの傾向があるみたいです。

描写のほうは文句なし。
風景撮りだけならばXF18-135mmF3.5-5.6くらいの解像感が好ましいのかも、
でも僕は、XF16-80mmF4の描写の線の細さが気に入りました。
XF18-135mmF3.5-5.6をポートレイトに使おうとは思いませんでしたが、
XF16-80mmF4の描写なら使ってみるのもアリかなと思います。


≪写真5≫ XF18-135mmF3.5-5.6
写真3の画面右上の等倍切出しです。
周辺部の像の流れや、明るい背景の中にある細い枝の色ズレなど、
XF18-135mmF3.5-5.6の残念な部分がすべて表れてしまっています。

XF18-135mmF3.5-5.6の絞りF8での描写はホントに素晴らしいのですが、
絞りを開けていくと、画面周辺部の画質が徐々に落ちてきてしまいます。
それでも写真の主題を置くことの多い画面中央の画質は高いままなので、
写真表現という意味では困ることはあまりなかったのですが、
このレンズの唯一とも言えるこの欠点がずっと気になっていました。


≪写真6≫
写真4の画面右上の等倍切出しです。
僕がXF18-135mmF3.5-5.6に感じていた不満がすべて見事に解決されています。
これに期待してXF16-80mmF4を買ったので、この結果には大満足です(*^_^*)


【結論】
高い描写力とレンズのサイズ感のバランスが最高です♪
しばらくすれば価格もこなれてくるでしょうから、
Xの新定番レンズとなることは間違いなし!だと思います(*^_^*)

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった20

 
 
 
 
 
 

「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR
富士フイルム

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR

最安価格(税込):¥89,000発売日:2019年 9月26日 価格.comの安さの理由は?

フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRをお気に入り製品に追加する <283

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意